So-net無料ブログ作成
検索選択

松本山雅FC vs FC東京 (2015 J1 1st 第15節) [FC東京]

信州で辛勝!?

017.jpg

2015年6月7日(日) 16:04 松本平広域公園総合球技場
J1 1st 第15節  松本山雅FC  1 - 2  FC東京 
得点者:(東京) 27分 橋本拳人、45+3分 武藤嘉紀(松本) 63分 大久保裕樹、
観客数 17,617人、天
候 晴のち曇、中風、気温 22.5度、湿度 54%、主審 扇谷健司 

019s.jpg 001s.jpg

アルウィン到着が11時少し前。
16時キックオフ、14時開門で、12時に列整理をするというので、
急いで近くの蕎麦処で昼食をとり、アルウィンに戻りました。

人数を聴いてそのスペースを確保する作業(と思われる)で、
一組ごとにご丁寧に対応するものだから、普通なら列整理で前に詰まるのが、逆に後ろに下げさせられてしまいました。
おかげで、列整理の時間に戻らなかった人の荷物が前に進むことになり、これにはさすがの東京サポからもブーイング。

004.jpg

松本のルールがあって、”郷に従え”もわかるけど、
東京のコアサポは行列に慣れているし、空気読めるから
最初に並んでいた状態で大丈夫。混乱しませんぜ。

大きくなります ↓
002.jpg

やるなら、10時くらいに列整理し、あとから来た人たちは人数を確認してシート貼らせればいいのに、
これでは、観光できない、落ち着いて昼食をとれない、スタグルにも出動できない
まあ、無駄な時間と労力を費やしているな~と思いました。
松本にとって経済損失が大きかったのでは?(そうでもないか)

021.jpg

ナビスコ杯に続き、今年二回目の松本遠征
人の多さ、列の長さ、やはりリーグ戦が本番だなと再確認。

3日の湘南戦では、相手チームに大竹、岡田がいて、
先発にアカデミー出身7人という状態になりましたが、
この日は、東京だけでスタメン7人がアカデミー出身者
ユース時代から応援しているサポーターには感慨深いものがあったでしょう。

006.jpg

試合。

結果は勝利。

しかし苦しめられました。

007.jpg

008s.jpg 009s.jpg

球際で激しく当たられ、武藤も厳しいマークに遭い
なかなかいい形が作れない。
均衡を破ったのは前半27分
丸山のフィード、太田につながって左サイドからクロス
飛び込んだ拳人がつま先でコースを変え GOOOOAL!!

010.jpg

おめでとう!

J1初先発で、初ゴール
マッシモの期待に応え、結果を出しました。

松本はサイドを起点に、人数をかけて攻め込んできましたが
東京のDF陣が落ち着いて対応
前半ロスタイムに、松本DFのハンドでPKをもらい
よっちがきっちり決めて2-0

011.jpg

後半は、前に出てくる松本の攻撃を凌ぎながら
カウンターでとどめをさす
というシナリオを描いていましたが、これが大外れ

012s.jpg 020s.jpg


アルウィンの大声援に、スイッチが入った松本の選手たちの執念
ど根性サッカーに圧倒され、一点返されてからは
ハラハラドキドキの連続。

013.jpg

なんとか逃げ切って、胸をなでおろしました。 

第1ステージの優勝争いからは脱落しましたが、
頭を切り替え、年間最多勝ち点を目指しポイント稼ぎ
貴重な一勝ですが、リーグのレギュレーションが複雑で
あまり歓びが沸いてきません。

2ステージ制は、プレイオフのために戦っている感じ。
やはり、リーグ戦の一試合の重み、価値がおかしくなってます。

いずれにしても、第1ステージもあと2試合
2位を獲る意味はあるし、大事に戦わないといけません。

014.jpg

おまけは、せっかく松本まで行ったので、
足を伸ばして

上高地の美しい景色を観て和んでください。

001.jpg

大きくなります ↓
002.jpg

003.jpg

004.jpg 

005.jpg 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

湘南ベルマーレ vs FC東京 (2015 ナビスコ杯 予選リーグ 第7節) [FC東京]

予選リーグ突破!!

001.jpg

2015年6月3日(水) 16:04 Shonan BMWスタジアム平塚
ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第7節 
 湘南ベルマーレ  0 - 0  FC東京 
観客数 6,582人、天候 曇、中風、気温 23.1度、湿度 77%、主審 村上伸次

平日の平塚は遠いです。

002s.jpg 003s.jpg

翌日の仕事のことが頭をよぎり、
今ひとつ弾けられない。

とはいえ、雨止んだし

来ちゃったもんね。

004.jpg

夕方から気温が下がり、
湿度も心配したほど高くない。

後は、マインツに移籍が決まったよっちのゴールが見れれば、
いい気分で東海道線で帰れる、、、

と思ったのですが、正直

つまらなかった。

008.jpg

結果が全てとはいえ、プロだからいろいろ楽しませてほしいわけですが、
これといった大きな見せ場もなく、
スコアレスで試合終了

注目といえば、東京5人、湘南2人、
先発メンバーにアカデミー出身者が7人いたこと。
ユースから応援しているサポーターには感慨深いメンバーだったかもしれません。

005.jpg


予選突破。
日程、組み合わせはまだですが、
名古屋、大阪、神戸、

ナビスコ杯でまた西へ遠征できそうな感じですね。 
もちろん、お金が使えれば、の話。

リーグ戦が短期決戦になったため、
どうもカップ戦、ナビスコ杯に興味が沸きません。

ナビスコ様には申し訳ないけど。

006.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京 vs 柏レイソル(2015 J1 1st 第14節) [FC東京]

うれしさ半分未満

028.jpg

2015年05月30日(土) 19:04 味の素スタジアム
J1 第14節  FC東京  2 - 1  
柏レイソル  
得点者:(東京) 32分 三田啓貴、68分 武藤嘉紀 (柏) 62分 レアンドロ、観客数 23,439人、

天候 曇、弱風、気温 24.6度、湿度 57%、主審 榎本一慶 

004.jpg

勝つには勝ったが、素直に喜べない。

第一ステージの優勝にはもう手が届きそうもない。

看板息子のよっちは、マインツ移籍が決定、

001m.jpg 002m.jpg
(ステーキ丼、FC東京ベンツ)

年間の総収入が3000億円になるプレミアリーグやブンデスリーガと
約600億円のJリーグとの規模の差は歴然。

中小企業から大企業に転職するのは、
本人にとって大きなチャンスだし、
気持ちよく送り出してあげたいけど、

もう少し日本での実績を残してから
行ってほしいという気持ちもあります。

日本サッカーのためにも、レギュラーを獲って
いいニュースを届けてほしいですね。 

007.jpg 

さて、対戦相手の柏レイソル。 

いくらリーグ戦で低迷しているとはいえ、ACLを闘っている。
しかも、決勝トーナメントでの大勝負が待っている。
正直、うらやましいです。 

008.jpg

そんなチームをリスペクトしながらも、
しっかり勝ち点3をいただきました。 

009.jpg

キックオフ直後から、お互いがゴールに迫りアグレッシブな展開に。
東京は東のパスを受けた林、柏はクリスティアーノのクロスから藤田、

17分にアクシデント発生。
米本がジャンプで競り合ったあと、工藤の下敷きになってしまい負傷退場。
東京サポーターの脳裏に過去の悪夢がよぎりましたが、
全治1ヶ月ということで、軽めでよかったですね。

交代は野澤、今季初出場。
彼が大活躍すれば災い転じて・・・となったところですが、とりあえず無難にプレーしたという印象です。 

010m.jpg 011m.jpg

交代後、柏に押し込まれる展開になると、
マッシモはFWの東を配置転換し、武藤、林の2トップに変更。

これが功を奏し、

32分、ゴール前で武藤から林へ流したボールが
抜けてきたところを、タマが滑り込み先制!! 

013m.jpg 014m.jpg

後半は、開始直後から試合巧者の柏に攻め込まれ
ミスからビッグチャンスを作られてしまいましたが、
何とか15分は凌ぎました。

しかし、60分に森重がPAでファウルをとられPK献上
これをレアンドロに手堅く決められ追いつかれる。

しかーーーーーし

その3分後、よっち武藤が足を引っかけられ
今度は東京がPKゲット!

と、ここで、グラグラグラ・・・味スタが揺れました。

018m.jpg 020m.jpg

サポーターがジャンプして揺れたのではなく、
本物の地震。

試合が2分間中断、びっくりしました。

PKのキッカーは倒されたよっち
集中力を切らすことなく、これをゴール右に決め勝ち越し。 

86分には大津に抜けだされ、第ピンチがありましたが、
吉本がクリアー。

最後は相手の猛攻をしのいで、勝点3を確保。

連敗を3で止めました。

1stステージはあと2試合。
レギュレーションが複雑で、これからどうなるかわからんけど、

とにかく、勝点を積み上げて行こう。 

024.jpg 

最近は、アカデミー出身選手の活躍が目立つ東京。

東京サポとしては、彼らが大黒柱になったチームの優勝が見たい!
そう考えると、よっちの移籍はさびしいものがあります。 

022m.jpg 026m.jpg

おまけはローソンデーのドロンパ 

015.jpg 

次は松本遠征です。

003.jpg 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京 vs 名古屋グランパス(2015 J1 1st 第13節) [FC東京]

二歩後退

016.jpg

2015年5月23日(土) 19:03 味の素スタジアム

J1 1st 第13節   FC東京  0 - 1  名古屋グランパス 
得点者 (名古屋) 73分 オウンゴール、観客数 23,460人
天候 曇、弱風、気温 21.6度、湿度 56%、主審 中村太 

019.jpg 

長いはずのリーグ戦。
チーム、サポーターは年間優勝という一つの目標に向かって走り
勝敗に一喜一憂しているわけで、

それが、第13節で
優勝が厳しくなった云々と嘆く、とのはどうも・・・??。

確かに2ndステージがあるとはいえ、
気持ちの切り替え、修正が難しいです。

018m.jpg 017m.jpg
深川めしと、一般の長い行列

一歩後退 二歩前進
という言葉がありますが、
連敗で 二歩後退

先週の浦和戦大敗のショックが尾を引いていましたかね。
何となく、うまくいかない。

002.jpg

カニーニ、東が出場停止

試合の入りはよかったですね。
開始2分で、太田のクロス、米本のヘッド
バーの上に外れたものの

球際へ激しく行けていたし、
アグレッシブに行こうという姿勢は感じました。 

004m.jpg 008m.jpg

16分CK、21分 森重のヘッド、
チャンスはあったけど、決められない。 

後半、名古屋は川又を入れて反撃

48分は東京武藤、60分には名古屋 ノバコヴィッチのシュートを権田がセーブ
一進一退の状態になりながら、

001.jpg

ポイントになったのは65分からの10分間の攻防でしたね。

68分、太田のクロスを、武藤がゴール前に飛び出し
フリーで合わせたが決められず。

70分、相手スローインからボールを奪い、東京のカウンター
前田がドリブルで疾走、シュートまで持ち込むがキーパーにキャッチされる。
この場面、右サイドに河野がいましたが、ガス欠状態で
サイドにDFをひきつけられませんでした。

この2回の絶好機を逃したことが、
73分の相手のゴールにつながってしまいましたね。
しかも森重のオウンゴール
もったいないです。 

013.jpg 

結局、ここという勝負がかかった局面での
あと一歩、一走が足りないということなのでしょう。

これが優勝できるチームとの勝ち点の差になっているように感じます。

三歩進んで二歩下がる
になってしまいましたが、 

まだ、第2ステージもあるし、終わったわけではないので、
次に期待。

015.jpg

今日のドロンパは、スポンサーの三菱電機様をリスペクトして
顔に三菱のマークを付けて登場。 

009m.jpg 010m.jpg

赤の三菱

ん?

三菱で赤は、ちょっとまずいという気がしましたが・・・・。

011.jpg 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

浦和レッズ vs FC東京 (2015 J1 1st 第12節) [FC東京]

埼スタ 嫌い 

007.jpg

2015年05月16日(土) 15:34 埼玉スタジアム2002
J1 1st 第12節  浦和レッズ  4 - 1  FC東京
得点者:(東京) 74分 前田遼一、(浦和) 5分 李忠成、42分 関根貴大、47分 武藤雄樹、76分 梅崎司、観客数 42,995人、天候 曇り、気温 23.6度、湿度69%、主審:村上伸次

015.jpg 

羽生、河野に替え、三田、林が先発
二人を走らせ、前線から浦和DFにプレッシャーをかけ
ショートカウンターから決定機を作る。
前半0-0でもいいから、失点を防ぎ、
後半、前田、機をみて中島投入で得点し、
東京ペースでリードを守り、ゲームを締める。

おそらく、そんなプランだったでしょう。

ところが、開始5分でその目論見がくずれました。

左サイドからの宇賀神のクロスを
飛び込んできた李忠成に、
つま先でコースをずらされ失点

011.jpg

速いクロスだったし、結果論ですが
権田があと一歩前に出ていれば防げました。

この失点が、この日の大敗
負のスパイラルへの入り口になってしまいました。

マッシモは浦和との大一番に向け、
きっちり戦術を練っていたとおもいます。

ただ、メンタル面

最初の失点の場面、相手FWと衝突しても
ゴールを死守するため一歩前へ出る。

守備も、中途半端に距離を取るのではなく、
ファウル覚悟で相手と1対1の勝負を挑む。

倒れるまで走るんだ!

そういうポジティブなモチベーションを与え、
ピッチへ送り出していないのではないか。
選手は頭でわかっていても、身体で表現できていない。

そんな、印象を受けました。

ならば、マネジメントの失敗ではないか?

優勝争いの厳しいゲームは経験不足、
といえば、聞こえはいいが、ポポさんのときと同様、

肝心のゲームで、監督同士の勝負で負けているということでしょう。

008.jpg

林、三田の起用は、
マッシモが思っているほど、二人が浦和DFに通用しなかった。

機能しない中盤は、高橋を投入し立て直しを図ったが

浦和の選手に比べ運動量が乏しく、
徳永、太田の攻め上がりでぽっかり空く両サイドをフォローできない。

結果、サイドチェンジをくりかえされ、チャンスを作られ、

42分には関根にどフリーでシュートを放たれ、2点目献上。

相手の術中にはまっているんですよ。

 

006s.jpg 003s.jpg 

中盤の3人も期待はずれでしたね。

パスも大胆に、スペースに出せばいいのに、
浦和の選手が待ち構える方へ、敢えて厳しい選択をしてミスになる。

米本は浦和の4点目につながる致命的ミスがありました。
最近、精彩がない。

試合前にピッチに水をまかれ、

東京の選手はすべってころころ
ボールも滑る

梶山が以前、清水で水が捲かれたピッチで
致命的なパスミスをしたことを思い出しました。

軽率に見えるプレーは、梶山、馬場、草民
FC東京ユースから上がったMFの伝統というか
集合表象みたいなものですが、

長年、ここを相手チームに狙われています。

水撒きも、戦術の一つだったのかな?

ミシャの広島時代、彼の術中にはまって負けた試合があったし、
彼は東京との戦い方には、絶対の自信を持っているんじゃないでしょうかね。

010.jpg

救いは前田のスーパーゴールと、
翔哉に感じる可能性・・・ですかね。

いずれにしても、
太田の神クロス、FKと武藤頼みだけでは限界

流れからシュートへ持ち込むための連携
チーム全体の連動性を高めないと、
上位にとどまれないと思います。

多摩川クラシコには勝った。
下位チームには取りこぼさなかった。
しかし、G大阪、広島、鹿島、浦和、

優勝経験のあるチームには勝てない。

お前なんか、まだ仲間に入れてやらねえよ、

と、上から目線で言われているようで、悔しいです。

012.jpg 

しかし、浦和側の目線では、

■ この勝利で首位独走の形になった
■ 4点とも、いい時間帯での得点だった
■ いずれもきれいなゴールだった。
■ 東京自慢のDF陣を翻弄しぶちのめした
■ 武藤は浦和の武藤だい、という自尊心を満足させることもできた

浦和、出来すぎ 

でしょ?

ペトロビッチ監督自身は、優勝争いはするものの優勝していない。
古いスポーツファンは、故西本監督の顔が浮かびます。 

このまま浦和が突っ走るとは思えないし、

な~んてね。


要は、ボロ負け  

013.jpg 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京 vs 鹿島アントラーズ(2015 J1 1st 第11節) [FC東京]

シカの壁ふたたび

033.jpg
(大きくなります)

2015年5月10日(日) 16:04 味の素スタジアム
J1 1st 第11節   FC東京   0 - 1  鹿島アントラー 
得点者 (鹿島)34分 土居聖真、観客数 42,060人、
天候 晴れのち曇、弱風、気温 22.8度、湿度 23%、主審 西村雄一

001s.jpg 002s.jpg

ドネルケバブと東京イナゴに人気のYASS角煮カレー 

004s.jpg 005s.jpg

しかし、悔しいですねぇ~

いい天気で、相手は強豪鹿島ということで
よっち人気も手伝って、この日の入場者数は
第9節の多摩川クラシコに続き、42000人超え

FC東京の通算入場者数が600万人を達成し、
今季の平均も30000人超え
商売繁盛のホクホク顔と行きたかったですが、

勝たなけりゃ意味がない。

008.jpg

敗者としては、悔しくて仕方がありませんが、
こぼれ球のボール奪取能力、ゴールマウスに飛ばすキックの正確さ
ピッチの上で勝負に徹する姿勢 等など

まだ鹿島の方が1枚上手だと、しょんぼりさせられるゲームでした。 

009.jpg

公式戦で鹿島とは36回対戦、
うちリーグ戦では29回対戦して、5勝7分17敗

リーグ戦で、鹿島に最後に勝ったのは、2008年10月26日
ホーム味スタで、シュートをバンバン撃ちこみ
カボレ、長友、大竹の3人のゴールで快勝した試合。

 ⇒ 2008年のベストゲーム

その後は、ナビスコ杯では勝利があるものの
大事なリーグ戦では、これで11試合勝利なし! 

011.jpg
(ゲストはJXの女子バスケットボールチームの選手たち)

020.jpg

思い起こせば12年前
やはり味スタで、ケリー、アマラオの大活躍で
5-1で粉砕した試合がありまして、
そのときの鹿島の監督が、今と同じ トニーニョ・セレーゾ。

東京は鹿島に8回勝っていますが、うち6勝は
トニーニョ・セレーゾが監督のときの鹿島です。

したがって、鹿島の手堅いゲーム運びは
セレーゾの過去の記憶が影響したかもしれません。

少なくとも、トニーニョ・セレーゾは天敵じゃない! 

014s.jpg 016s.jpg

この日は、ハリルホジッチ代表監督も観戦に来ていましたが、
何せ、敵の若手育成には定評のある東京。

過去には鹿島時代の大迫、ガンバの宇佐美
先日は広島の浅野、そしてこの日は
鹿島期待の22才、土居聖真にゴールをプレゼントしてしまい、またいい選手見〜つけた、みたいになっているかも知れません。

チッ!お人よしもいいところです。
育成費用でも請求してよ。

018.jpg

いずれにしても、東京のシュートはたったの5本
この数字は、鹿島戦の過去最低記録。
そもそも攻め込んでいるようにみえるが、シュートは撃てていない。
クロスは上がるが、跳ね返されているということでしょ?

なら、羽生や河野の小兵ではなく、
最初から前田を使ったり、
未知数だけど長身のラサッドを試してみてももよかったのでは?

といいたくなります。 

017.jpg

問題の78分、東のハンド

スタジアムで観ていたときは、手を出さなくてもゴールしてんじゃないの?
東が「持ってない」のはわかっているけど

そのレベルじゃないだろ!!余計なことしやがって!!

怒っていましたが

028m.jpg

上のピンボケ写真を観る限り

速いクロスだったし、微妙ですね。
ポストに当たっていたかもしれません。 

でも、岡崎慎司なら、まちがいなく頭から飛び込んでますよ。 

026.jpg

というわけで、

負けてはいけないゲームで、最低条件のドローにも持ち込めなかった。

痛い一敗になってしまいました。

次節は、崖っぷち状態で首位浦和と対戦。

直接上位を引きずり落とす絶好の機会だし、
この敗戦から心機一転、勝利に向け集中できるだろうし、
悪い部分が見えてかえってよかったかもしれない。

と、ポジティブに考えましょう。

030.jpg


最後は、今日のドロンパ 

テーマは母の日 

021m.jpg 022m.jpg

エネゴリくんとのコラボで、

「東京のママへ いつもありがとう」 

023.jpg

週末が楽しみ! 

024m.jpg 025m.jpg 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京 vs 川崎フロンターレ(2015 J1 1st 第9節) [FC東京]

ごちそうさま 

004.jpg
 
2015年5月2日(土) 16:04 味の素スタジアム
J1 1st 第9節   FC東京  2 - 1  川崎フロンターレ 
得点者:(川崎) 21分 大久保嘉人、(東京)71分 太田宏介、87分 武藤嘉紀 
観客数 42,604人、天候 晴、弱風、気温 25.6度、湿度 38%、主審 東城穣
 
010.jpg
 
こういう試合を待ってたんですよ。

敵も味方も、それぞれの役者が活躍
一番美味しいところは地元のスターが持っていく。。。
 
011.jpg
 
この日から、本格的なGWへと突入。

お天気も最高。

この日、お子様は300円で入場できるということもあり、
普段、スタジアムへ足を運びづらいお父さん、お母さんも、
小さなお子さんの手を引いてスタジアムにお越しでした。
 
私のいるバクスタは日が当って暑かったので、
汗をふきふきの観戦でしたが、
 
この試合で衝撃を受けて東京サポになる
 
そんなお子さんがいっぱい出てくれると、うれしいですね。   
 
009m.jpg 013m.jpg
 
第25回 多摩川クラシコ

多摩川クラシコは、元は試合を盛り上げるため、
無理やり作ったクラシコですね。
いわば隣町の学校との対抗戦みたいなものですが、
近年、意地と意地がぶつかり、好ゲームも多く
今や、東京、川崎両サポーターにとって、贅沢な娯楽となっています。
 
昨年の味スタでのタマシコでは、東京が惨敗。
ちょうど同じ時期に浦和サポーターの事件もありまして 
今一盛り上がりに欠けました。

しかし、今年は大盛況、
東京サポーターは盛り上がるどころか、燃え上がりました。
 
012.jpg 
 
試合は、前半は川崎のプラン通りだったと思います。
 
両サイドバックを高い位置に置き、
太田にクロスを上げさせない、
ボールの出所を抑え、エース武藤に仕事をさせない

一方、東京は林、河野を先発させ、
前線で川崎DFを撹乱させる狙いがあったと思いますが
 
前半は風間監督の術中にはまっている感がありました。 
 
015.jpg
 
前半21分、川崎のFK。

中村憲剛がファーサイドへボールを送ると、
大久保が頭で合わせて先制!

ここが東京の穴 と分析していたんでしょうね。
その後も、2度同じパターンがありました。

いずれにしても中村に自由にボールを蹴らせてはいかんです。

先制ゴールの大久保には、カズダンスを踊らせてしまい、
よりによって・・・・

それを悔しそうに見つめる東京のDF陣
 
この1点を気持ちで跳ね返してくれると
信じながら観戦していました。
 
017.jpg
 
016m.jpg 006m.jpg
 
後半、マッシモも手を打つ。
 
まずは、河野に替えて東
相手の戦術を破壊するために
能力の高い前田の使い時だ、と思っていましたが、

その前田は後半5分に林に替えて投入。
 
018.jpg 
 
前田は闘志あふれるプレーで
それが他の選手にも伝わったか、
いつもは淡白な梶山の動きにもスピリット注入

東京サポーターの大歓声の後押しもあってか、
攻撃のテンポ、スピードがアップ、前半とは別のチームのようになりました。

川崎は、守りが後手に回りファウルで止めざるをえなくなる。

64分、車屋が二枚目のカードをもらい退場

ここからはもう完全に東京のペースでした。
 
007.jpg
 
71分、太田がFKを直接決めて同点!!

宏介がFKを蹴る前
等々力での直接FKの記憶がよみがえった東京サポーター見多いんじゃないかな?

決まりそうな気がしましたよね。

それからはもうイケイケ

2006年11月11日 5-4の大逆転
2008年4月19日 大竹ビューティフルゴール

味スタ 久々の逆転劇が見えてきました
 
008m.jpg 019.jpg
 
87分、左サイドでゴールラインを切りそうなボールを
武藤が粘り、ファウルをもらう

この場面、憲剛が怒っていましたね。
無理もない、彼は敵ながらリスペクトに値する素晴らしい選手です。

武藤は、自分でお膳立てしたこのFKから
自分でゴールを決めてしまいました。

しかも残り3分、逆転の決勝ゴール、劇的!!
いまさら言うのもなんですが・・・
 
持ってるんです

スーパースター!

千両役者!

すげえ! 
 
005m.jpg 020m.jpg 

東京には、味スタでたくさんお客さんが入ると勝てない
というジンクスがありましたが、

そんなものを一蹴してしまったゴール

42604人といえば、味スタのサッカー観戦のキャパとしてはほぼ満杯
GWでよっち武藤を目当てに味スタへ来たライトなお客さん多数

そんな環境の中で、劇的ゴールを決めてしまう。
しかもイケメン、細マッチョ・・・

大した選手です。
 
021.jpg 
 
宏介18番のFKも出た

川崎も、

大久保のカズ越えのメモリアルゴール。

中村憲剛のいいプレーも見れた。

スタジアムの雰囲気も素晴らしかった
 
で、結果はFC東京が第一ステージ優勝争いのための
重要な一戦で逆転勝ち 
 
ごちそうさま、です。 
 
023m.jpg 024m.jpg
 
025.jpg
 
2位浮上

浦和の背中が見えています。  
 
028.jpg
 
しかし、5月16日のさいスタでの直接対決の前に

鬼門のユアスタ、天敵鹿島 の2戦を
クリアしなければなりません。

でも、よっちを中心にフォローの風が吹いている感じがします。
 
026m.jpg 029.jpg
 
次の仙台戦は欠席

吉報は、東京で待ちます。 
 
031.jpg 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

アルビレックス新潟 vs FC東京(2015 J1 1st 第8節) [FC東京]

伊國流勝点収奪法
 
015.jpg  
 
2015年04月29日(水祝) 14:04 デンカビッグスワンスタジアム
J1 1st 第8節  アルビレックス新潟  0 - 1  FC東京
得点者 (東京)87分 森重真人、観客数 22,318人、
天候 晴れ、無風、気温 20.8度、湿度 50%、主審:木村博之
 
 
020.jpg
 
8日間で、山形、新潟、仙台でビジターゲームとは
日程くんは、ずいぶん偏ったスケジュールにしてくれたものです。

日程発表当初は、仕事のこともあるので
4/29 新潟戦と 5/6 仙台戦の生観戦は諦めていましたが、 

新潟はキックオフ時間が14時、十分日帰りできる
ということで急遽 出陣しました。 
 
021m.jpg 023m.jpg
 
ビッグスワンのグルメと言えば、なんといっても串焼き
イカ、エビ、その他ニシ貝、つぶ貝、ホタテ、はまぐりなど貝や魚の海鮮系
その他、広場に出ている売店のフーズはお薦め

ビジター側のスタジアム内は今一今二今三ですが、
外は、青赤の胃袋を満足させるいい品売ってます。

値段もリーズナブル・・・といっても写真はありません(笑) 
 
001.jpg
 
新潟と言えば、アルビレックスのチアリーダー
最近は観客席のコールと一体化しているんですね。

一時、人数が減って心配しましたが、
いい感じでスタジアムの景色に溶け込んでいるように見えました。
 
004.jpg
 
ビッグスワンは一時、30000人を超える
大観衆で埋まるJリーグの優等生というイメージでしたが

今年は明らかに集客に苦労していますね。 
 
006.jpg
 
いいサッカーをしているけど、
ライト層に足を運んでもらえない 
 
浦和あたりと同じ悩みを抱えている感じです。

過去何度かビッグスワンに来ていますが、
今回が一番人が少なかったです。

とはいえ、来場者は22000人以上

もともと、30000人、40000人が特別だったわけで
世間の日本サッカーへの関心度合いを考えれば、
新潟で20000人入れば御の字
 
東京こそ、この2倍以上集めなければいけない。
他人事ではありません。 
 
007.jpg
 
さて、試合は4日前の山形戦同様、
相手の気迫あふれる攻撃に押し込まれました。

中盤に君臨するレオシルバには、
米本が果敢に戦いを挑みましたが
ときにボールを操られ、何度か効果的なパスを配給されてしまいました。

しかし、最終ラインでは森重、吉本らが身体を張って跳ね返す
あるいは相手がシュートを外してくれる。
 
008.jpg
 
東京のFW陣は新潟の厳しいマークに遭い
なかなかシュートが撃てない。 
 
この日、シュートの数は新潟14本、東京4本

明らかにシュートへの意識が新潟と比べ足りないし 

正直、前半は 面白くねえなぁ~ 

と思いながらの観戦でした。 
 
012.jpg 010.jpg
 
スコアレスのまま前半終了

出場停止の梶山の代わりに高橋を入れたが、
今一つしっくりきていない感じで、
 
後半途中で4-4-2にシステムを変えましたが 
あまり効果がなかったですね。 
 
011.jpg 
 
攻撃に切り替わった時の、押上げが遅いし
運動量も足りないということで、後半途中から投入の
三田と林に期待がかかったんだけど、

新潟の勢いが止まりませんでした。
 
66分のラファエルシルバのシュート
80分のゴール前で立て続けにシュートを撃たれた場面など
 
危機一髪が続き、やばいと思っていた、そんな時間帯
 
009.jpg 013.jpg
 
86分、
PA手前右寄りから東京がFKゲット
 
太田が蹴ったボールは林がヘッドでコースを変え、
ゴール右隅へと一直線
GK守田が左手で触れたボールがポストに当たると

斜め左から、DFのすき間を抜けて走りこんできた
森重の前に跳ね返り、難なく

GOOOOOAL!!
  
014.jpg
 
よく、ツキも実力のうち、というけれど、
東京の得点シーンは、かなり緻密な計算と
高い技術に裏づけられていて、
運だけじゃないぞ、ということです。

新潟としては、
東京にほとんどシュートを撃たせなかったし、
ボールを中盤で支配できたし、ビッグチャンスもあったし

あの時決めていれば・・・の「たられば」状態でしょう。
レオシルバがいらつくのもわからないでもありませんが、 

足を蹴っちゃだめだよォ 
 
016.jpg
 
東京の攻撃は、前の試合で迫力不足と思ったけれど、

同日、あの高い攻撃力のフロンターレが、柏に4失点で粉砕!
上へ行くためには、やはり守備が大事だなあと改めて実感しました。

これで、東京はリーグ戦8試合で、1-0の試合が4
この試合も、相手に一方的に押されながらも、
ワンチャンスで勝利をものにしたゲーム。

下位チームから取りこぼしをしないというところは
かつてのイタリア代表のような憎たらしさがあります。

もしかして、これがイタリア流のリアリズム?

この闘い方で優勝という結果につながるのなら
それはそれでうれしいのですが、が、
観ていてあまり面白くないなぁ

個人的には、バカリズムも捨てがたい???  
 
017.jpg
 
エース武藤は無得点に終わりましたが、
後半、ダイレクトで撃てる絶好のシュートチャンスがありました。

周りを観てしまいましたが、もっと貪欲にゴールを狙っても
サポーターは文句言わないよ。

後半、試合が荒れたせいか、森重のシャー!はなし。

吉本の We Are Tokyo で盛り上がっての帰還となりました。

次は多摩川クラシコ

イタリア流の真価が問われます。負けるなよ。
 
018m.jpg 019m.jpg
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

モンテディオ山形 vs FC東京(2015 J1 1st 第7節) [FC東京]

一手勝ち

024.jpg 

2015年4月25日(土) 18:34 NDソフトスタジアム山形
J1 1st 第7節  モンテディオ山形  0 - 1  FC東京 
得点者:(東京) 22分 太田宏介、観客数 11,524人、

天候 晴れ、無風、気温 11.5度、湿度 33%、主審 佐藤隆治 

001-4.jpg

4月25日 土曜日
東京の桜は花が散ってしまいましたが、
山形ではまだ木々にピンクが残っていました。

この日、天童は桜祭りが開催され
山の上の鶴舞公園の広場では、
恒例の人間将棋イベントがあるということで、見物してきました。

本番のサイレントな対局と違い、
棋士同士が心中を語りながらの掛け合いが面白いし、
プロ棋士のわかりやすい解説もあるし
将棋をよく知らない私でも、十分楽しめました。

002.jpg

山形地方、いい天気でした。

陽気もいいので、鶴舞公園からNDソフトスタジアムへは歩いていきました。

山の上のライトバンのおやじさんに、
地元の人しか通らないという、山中の近道を教えていただき、
一気に下山。

ぶらぶらと、国道を南にてくてく歩けば
すももの白い花、レンゲや土筆の出た野っ原がきれい!

003.jpg

で、NDソフトスタジアムに到着したのが午後3時 

004.jpg

2009年以来、久しぶりです。

⇒ 2009年の山形戦

もう6年も経っていました。

長谷川悠のヘッド一発にやられたんだよなぁ。 

007.jpg

あのときよりも、グルメの売店が増えていました。

いろいろありますが、胃は一つしかないので、とりあえず定番の「炎のカリーパン」と「芋煮」を
お腹に入れて、いざ出陣! 

006s.jpg 005s.jpg

日中は半袖でも大丈夫なほど暖かな陽気でしたが、
夕方になるにつれ気温が下がり、
私が陣取ったメインスタンド側は日陰で寒い寒い。

着ないつもりで、念のためリュックに詰め込んできた上着がすべて使用され、
それでも足りないくらいでした。

やはり、北国を侮ってはいけません。

010s.jpg 009s.jpg

012.jpg

試合の方は、
東京の堅守が、山形の気持ちの入った攻撃を跳ね返した。
そんな感じでしょうか。

015.jpg

017s.jpg 016s.jpg

山形の選手は開始直後から気合い十分
東京の選手にボールが渡ると、激しくチェックをかけ
パスを分断する。

しかし、東京は集中して守りながら、
徐々にペースを握ると、

22分、右からの太田のFKに、
吉本が飛び込むと、ボールが隙間をするりと抜けてそのまま

GOOO
OAL!!

025.jpg 

山形は前半明らかにオーバーペースだったので、
後半は疲れが出て、東京に追加点のチャンスが来るだろうと
思っていたのですが 

逆に前に出てきて、東京はピンチの連続
アドレナリン分泌しまくりのディエゴを中心に
最後まで選手の運動量が落ちませんでした。

何とか90分を守りきり
勝ち点3をゲット!!

019s.jpg 020s.jpg

ところでこの日、試合とは別に
モンテディオ山形のスポンサー様の新入社員が
自社をアピールするという企画がありました。

これ、なかなかいいアイデアだと思います。
まだ擦れていない、フレッシュさがある意味うらやましい。

そんな中、インパクトがあったのは、
ハーフタイムに登場したすし海道の新入社員。

スクリーンにチャラい髪型のにいちゃんが登場したとたん、
会場がざわつき、マイクを持ったらたどたどしい山形弁で
そのギャップに東京サポーターほっこり

すし海道! すし海道!(笑)

すし海道のウェブサイトは少しアクセス数が増えたのではないかな?

021.jpg 

この試合、東京が手堅く勝ったという見方もできるけど、
1-0が多い という結果の評価は人によって分かれるでしょうね。 

応援している側からすれば、
力が下の相手には、将棋の一手勝ちのような勝ち方ではなく、
二手、三手 もっと圧勝してほしい。

順位は4位ですが、
上の三つ、レッズ、ガンバ、フロンターレと比べ
攻撃に切り替わったときの迫力
ワーーー!と集団で襲いかかるような怖さが足りない。

いつの間にか、地上jからの攻撃は武藤頼みになり、
あとはセットプレーしかないみたいな

気分がスカッとしないんだよなぁ

022.jpg 

次は曲者 越後屋
東京にひと泡吹かせようと
いろいろ、手を打ってくるでしょうね。

越後屋相手に、負けない、
儲けて帰るぞ!

023.jpg 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京 vs サガン鳥栖 (2015 ナビスコ杯予選リーグ 第4節) [FC東京]

タマ 二発命中

29.jpg

2015年4月22日(水) 19:04 味の素スタジアム
ナビスコ杯予選リーグ 第4節 
  FC東京 
 2 - 0  サガン鳥栖 
得点者:(東京) 18分、57分 三田啓貴、観客数 8,583人、
天候 雨のち曇、無風、気温 15.4度、湿度 74%、主審 松尾一

04.jpg 

天気予報は大外れ

日中晴れていたので、まさか雨が
それも本降りになるとはだれも予想していませんでした。
傘を持っていない方も多かったですね。 

ビール売りのおねえさんの横にぶら下げている袋に
ミンチ天を見つけ、
佐賀、馬郡蒲鉾製ミンチ天をゲット 

02m.jpg 01m.jpg

「ビールが出ないで、ミンチ天ばかり売れる」と
おねえさんがぼやいていました。

でも、これ美味いんだよなぁ。

完売したかな?

6月に鳥栖でまた食べようと思います。

ネットで購入できるんですけどね。 

03.jpg

リーグ戦の合間に開催されるナビスコ杯

リーグ戦にポストシーズンという一発勝負の要素を入れてしまったので、
カップ戦の意味というか、価値を下げてしまったような気がします。

東京は武藤も森重も出ない、鳥栖は豊田がいない
相手が東京だとやたら張りきる水沼もいない。

05.jpg

飛車角抜きで将棋をするようなもので、
物足りなさがあるとはいえ、
入場者数が10000人に届かないのはさびしいです。

もっと、一試合一試合興味が沸くような
そういう仕掛けがほしいですね。
ヤマザキナビスコ様に申し訳ない。

公式HPもつまらなくなった、という話も聞こえてくるし、
何となく、今のJリーグはサポーター目線じゃない感じがします。

もともと、あの広告代理店 好きじゃない

と文句を書いてはみたが、
ナビスコ杯予選リーグ グループAで首位

気分上々です。

06m.jpg 07m.jpg

鳥栖は、今年から監督が森下さんに代わりましたが、
根性のディフェンスとサイドからの速攻に磨きをかける
韓国式?サッカーは、面白くないけど手ごわい。

まあ、これでJ1  5シーズン目
結果を出してますからねぇ。

この日も、身長187cmの山崎と183cmの早坂の二人を前線に置き、
東京とのフィジカル勝負を仕掛けて来ました。

キックオフからしばらくは、鳥栖にサイドを破られ、チャンスを作られるなど
危ない場面もありましたが、吉本、丸山の若いCBコンビが身体をはって凌ぎました。

08.jpg 

すると、18分、徳永の右からのクロスに羽生が反応
左の石川にボールを渡すと、石川が走りこんだタマにパス
タマのグラウンダーのシュートがゴール右に滑り込んで先制!!

相手ペースの時間帯に
ありゃ、入っちゃった 
気合いで入れた、という感じでした。

前半はこの1点のみ

09.jpg 

ハーフタイムのドロンパウォッチング
まずは、傘の上で円筒をころころ回すパフォーマンス。
回している円筒をよくよく見れば、ナビスコのポテトチップス。 

11m.jpg 12m.jpg 

一輪車に乗って・・・
と思ったら、落っこちてしまい・・・

13m.jpg 15m.jpg 

しょぼん 

16m.jpg 17m.jpg

気を取り直して、相手サポーターへのあいさつに向かう。

かわいい・・・ 

14m.jpg 18m.jpg 

後半、
パスをつなぎながら、東京が攻撃をスピードアップ。

51分、東京のビッグチャンス、
徳永の右からのクロスに中央に飛び込んだ林が
頭で合わせるが、鳥栖の林がセーブ
鳥栖も反撃、シュートを撃つが枠に飛ばない。

19m.jpg 

後半12分、左でボールをキープし、
太田がファーでフリーになっていたタマめがけクロスを入れると
タマが右足でチョコンと合わせて、

東京が2点目をゲット!!

この2点目が効きました。

鳥栖の選手のメンタルにダメージを与えたか、
この辺りから、運動量が落ちていきました。

21.jpg

試合はそのまま、2-0で終了 

22.jpg

正直、とりわけ面白い試合ではありませんでしたが、
敵に背を向けているGK林めがけての、「林コール」は面白かったです。 

鳥栖の林か、東京の林なのか、どちらかわからない、
「紛らわしさ」が面白かった。

23.jpg 

鳥栖では、先日キムミンヒョク選手が鹿島の金崎選手の顔を踏みつけ
問題になりましたが、この日もプレーは荒っぽかったですね。

24s.jpg 25s.jpg

もちろんヒーローは、タマ 

26.jpg 

リーグ戦もよろしく 

28.jpg 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京 vs サンフレッチェ広島 (2015 J1 1st 第6節) [FC東京]

広島風にひっくり返される

026.jpg

2015年4月18日(土) 16:03 味の素スタジアム
J1 1st 第6節  FC東京  1 - 2  サンフレッチェ広島  
得点者:(東京) 1分 武藤嘉紀、(広島)11分 柴崎晃誠、82分 
浅野拓磨、
観客数 24,369人、天候 晴、中風、気温 17.6度、湿度 46%、主審 山本雄大
 
003m.jpg 005m.jpg

青赤横丁、一番人気の「広島風お好み焼き」ではありませんが、 
 
試合をひっくり返されました。 
 
002.jpg 004m.jpg
 
お天気がよかったので、散歩がてら、
早めに味スタへ行くことにしました。

陽ざしはポカポカして春を感じさせてくれたものの、
スタジアムの周囲では強い風が吹きまくり
ちょっとした嵐みたいでした。

広島戦は過去にも突風の中のゲームがありました。
 
 
キックオフの頃に弱まりましたが、
選手はやりにくかったんじゃないかな? 
 
006.jpg
 
広島との対戦成績は、通算で7勝12敗5分、ホームで3勝6敗3分

あまり相性がよくありません。

特に、天敵 佐藤寿人にやられたときの印象が強く、
上記の数字以上の苦手感があります。  
 
009.jpg 
 
広島は、過去に2度J2落ちしていますが、
戦術がしっかりと選手に浸透しているチーム。

2009年にJ1に復帰してからは、
毎年のようにオフに有力選手を引き抜かれながら
それでも、安定して上位にいる。

うちリーグ制覇2度、しかも連覇
 
010.jpg 
 
しかし、今季の広島は
地元開幕戦で甲府相手に2-0勝利、
第2節の松本戦では、ロスタイムギリギリでなんとか勝ち点3をゲット。

以後は3戦で2敗1分、

この試合まで、チーム状態は良くなかった。

東京としては、このまま沈めておきたかったですね。
 
011.jpg
 
012m.jpg 013m.jpg

試合は、開始1分で東京が先制!!

広島の選手がクリアしたボールが味方に当たり、
それが武藤の前にこぼれる。

そのボールを、武藤がGKの股間を抜いて、GOOOOOOAL!!

014.jpg 

スポーツの試合など勝負事の世界では、
最初にあっさり点が入ってしまうと
得てしてその後パッタリと得点が止まってしまうということがあります。

野球でもスミイチという言葉がありますが、
この日の東京は、まさにその状態。
結果的にですが、よっちのゴールから92分間、沈黙してしまいました。
 
この得点後、徐々に広島にペースを握られると、
11分、梶山のパスがインターセプトされ、
ミキッチに右サイドを疾走されーの
中央で待ち構えた柴崎に決められーの、で

失点。 
 
015.jpg 
 
19分には、左45度からの柏のシュートが直接ゴールマウスに突き刺さりましたが
ゴール前にいたドウグラスがプレーに関与したとしてオフサイド判定。

ラッキーでした。

東京は両サイドの攻防で、
広島のミキッチと柏に席巻されてしまい、

途中でシステムを変え、太田、徳永を前に出して反撃を試みましたが、
実を結びませんでした。 
 
016m.jpg 017m.jpg
 


最近はハーフタイムにドロンパウォッチングしていますが、相手サポーターの反応も様々です。
どうやら自チームのマスコット愛の強いチームはドロンパにも優しく接してくれるようです。 

019.jpg 
 
020m.jpg 018m.jpg
 

後半10分、太田のFKから、森重がヘッドで押し込みましたが、
ファウルを取られてノーゴール

前半の柏のゴール却下の帳尻合わせに感じました。

羽生を入れ、中盤を活性化させ、チャンスを作りだすものの、
逆に82分、再び梶山が出したパスをカットされ、

021.jpg 

カウンターを食らい 
若い浅野にゴール前で横にクイックイッと、

森重、吉本の東京自慢の最終ラインが翻弄されてしまい逆転・・・

大迫、宇佐美に続き、
またもや若手育成のためのゴールをプレゼントしてしまいました。
 
ああ、情けない。

梶山は狙われていましたかね。
あるいは、ミスをした梶山の軽さに問題があるか
本当のところはよくわかりません。 
 
023m.jpg 024m.jpg
 
わかりませんが、シロウト目にも
広島の選手のほうが、身体に切れがある
コンディションが上だと思いました。
 
いずれにしても、

11分の失点につながったあの梶山のミスパスから
勝負の風向きが変わってしまいました。 
 
025.jpg 
 
この敗戦で、今季開幕戦からの無敗記録がストップ。

ふ~ぅ

優勝するためには、
勝たなければいけない試合だったと思いますが、
まだ、終わったわけじゃない。 

気を取り直して、

週末は山形でお花見と行きましょう。 
 
001.jpg 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

湘南ベルマーレ vs FC東京 (2015 J1 1st 第5節) [FC東京]

東京VICTORY!! 

015.jpg

2015年4月12日(日) 16:04 Shonan BMWスタジアム平塚
J1 1st 第5節  湘南ベルマーレ  0 - 1  FC東京 
得点者:(東京) 64分 武藤嘉紀、観客数 14,581人、
天候 曇、弱風、気温 16.1度、湿度 44%、主審 廣瀬格

25.jpg 

桜吹雪舞うBMWスタジアム平塚 です。

勝ちました。

何となくですが、東京強いっす。

33s.jpg 21s.jpg

ところで、青赤ボールペンもらえました?

スタジアムの入り口のまん前にパイロットの工場がありまして、
この日の試合は、そのパイロットさんが協賛ということで、

太っ腹 パイロット!

ビジターの東京サポーターにも特製ボールペンが配られました。

私は全然意識していませんでしたが、
数に限りがあったそうで、なんかラッキー。 

32.jpg 06m.jpg


2年ぶりの平塚は、スタジアムグルメが以前より充実していました。

カレーパン、メンチカツ、ソーセージ、からあげ・・・
揚げ物が多いですけど、
美味いものが多いというイメージ

なかなかいいんじゃないすか? 

(↓ クリックすると大きくなります)
07b.jpg

スタジアムの収容人員は15100人
もっとキャパがあると思っていたのですが、

私が陣取ったバックスタンドは激混み。

権田でしょ、森重でしょ、太田でしょ、武藤もいる、
日本代表が4人もいるFC東京は、今注目のチーム?

プレミアリーグ行きが噂されるよっち人気が本物なのか?

何なのか、よくわかりませんが
(↓ クリックすると大きくなります)
08b.jpg

いずれにしても、立ち見スペースのない構造が災いし、
後から後から詰めかける観客の行き場がない。

係のにいさんが、椅子に荷物を置いているサポーター一人一人すべてチェックし、
席を詰めさせ、さらに階段にも座らせ、
それでも席が足りませんでしたね。

明らかに、座席数よりもチケットの数のほうが多いでしょ。 

09.jpg

試合は、湘南の血気盛んな若い衆の殴り込みを、
落ちついた大人の守備で凌ぎ、隙をみてエースのパンチ一発で勝負を決めた。 

そんな感じでしたかね。 

いい勝ち方、強いチームの勝ち方だと思います。

20.jpg 12m.jpg

カニーニ、森重のいる最終ラインは、
Jで今一番固いラインではないでしょうか。

武藤は、日々逞しくなっていってる印象ですね。

この日は、
ヘディングシュートがGK正面に飛んだり、
決定的場面でクロスバーに当ててしまったり、不可解なオフサイドもあったし、

”持ってない”かな?と思ったら
64分の太田のクロスにしっかり合わせてゴールを決めてしまう。

”持ってます” 

28.jpg 

13m.jpg 29m.jpg

諦めない湘南に手を焼きましたが、
1-0で手堅く、勝利という結果を手にした東京の強さ。

本物・・・・・かもしれない。

この勝ち点3は大きい。

014.jpg

次は天敵寿人のいる広島。

東京サポーターは、いい記憶があまりない。

でも、負けそうな気がしていないんですよね。 

16.jpg

試合後、大竹が東京サポーターの前まで
あいさつに来てくれました。

ドリブル、パス、能力の高さは折り紙付きだし、
東京以外のチームから勝ち点を奪い取ってください。 

17.jpg

ヒーローよっち

本当にチェルシーに行ってしまうのかな?

日本で得点王を獲ってからでも遅くないように思うが、
こればっかりは本人の問題です。

とりあえず、
本場のチェルシーは甘くないぞ!!

なぜなら・・・・・・・・・・・”むとう” だから

ふと思いついたオヤジギャグを書き留めておきます。

18.jpg 30m.jpg

茅ヶ崎から平塚、出発する電車のドアが閉まる時
聞こえてきるサザンの「希望の轍」。

そう、湘南といえばサザン だよな。

よっちが今、
FC東京に残してくれている轍が、

優勝への「希望の轍」になると信じてます。

31.jpg 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京 vs ヴァンフォーレ甲府 (2015 J1 1st 第4節) [FC東京]

みたか!番長の実力を!! 

027s.jpg

2015年4月4日(土) 16:03 味の素スタジアム
J1 1st 第4節   FC東京  1 - 0  ヴァンフォーレ甲府 
得点者:(東京) 15分 石川直宏、観客数 20,743人、
天候 曇、弱風、気温 13.9度、湿度 53%、主審 池内明彦

034m.jpg 031m.jpg

東京地方はエイプリルフールの日に桜が満開になりました。

4月2日、3日に吹いた風が、
花びらを散らしてしまったのではないかと配しましたが、
味スタ周辺には、まだ桜の花が残っていました。
この日はサッカー観戦を兼ね、
お花見を楽しむサポーターもちらほら見かけました。

ただ残念だったのはお天気 

001.jpg

花曇りってやつですかね。
天気予報では傘マークが出ていたので、
雨が降らなかっただけでもまし。

しかし、寒かったですね。
スタジアムの外側を、冷たい風が回っていました。

青赤横丁には、甲府のソウルフードのお店も出店
煮込んだもつ鍋は、私の連れがスタジアムに到着したころは品切れになっていたそうで、
想定内とはいえ、東京サポーターの胃袋にしっかり収まってしまったようです。

033m.jpg 030m.jpg

開幕からモタモタした戦いぶりで、
公式戦を5試合こなして黒星はなし。

結果が出ているうちに、
勢いをつけて本当の強さにしてしまいたい

そういう意味で、この試合は絶対に勝ちたかったですね。 

003.jpg

中盤にちゃんとした梶山がいると、心安らかに観戦できます。
でも、彼に依存してしまうとリスクが大きい。

004.jpg

とはいえ、この日は梶山がいて
キックオフ直後から東京のペース
石川が流れて甲府DFを撹乱する、河野がボールめがけて走る、武藤が裏へ抜け出す
いい感じなんだけど、シュートが枠へ飛ばない 

005.jpg

007m.jpg 010m.jpg

しかし、開始から15分

米本がハーフウェイライン付近からぽーーーんと、前線にパスを送ると
走りこんだ石川がワントラップから左足一閃

GOOOOOOOOAL!!!! 

ナビスコ杯、新潟戦に続き、公式戦2点目! 

009.jpg

30分には石川がファウルを受けて、いい場所でFKを獲得。
森重のシュートはGKにキャッチされるものの、
東京の勢いは途切れない。 

012.jpg

直後に、梶山からのロングパスを受けた武藤がDFをかわしながら
ゴールを狙ったが、右にはずれ、
よっちのスーパーゴールはお預けになりました。

甲府の攻撃では下田に何度かシュートを撃たれましたが、これといったチャンスは与えることなく前半終了。  

消える泡で遊ぶドロンパ。あれ「バニシング・スプレー」という名前なんですね
014m.jpg 015m.jpg016m.jpg 017m.jpg

ビジターサポにも、ドロンパを楽しんでほしいですね。ちょっとほほえましい風景018.jpg

後半6分、武藤が腰を傷め退場。

019.jpg

交代で入った前田を使い、2点目を獲ろうと積極的に前に向かって仕掛けるが
フィニッシュまで行けない。
前田の調子、どうなんでしょうねえ?
ベストコンディションには見えません。

甲府は、前半終了間際に電柱盛田を投入し、後半はロングボール作戦を敢行。
ボールが右に左に忙しい展開になる中、
72分、ゴール前で甲府のクリアボールがDFの手に当たりPKゲット!

森重が蹴って、試合を決めるか、と思ったら
ボールがポストに当たってパカーーーン! 

020.jpg

森重は神戸でヘディングシュートを決めてから、ゴールに嫌われている。
お祓いに行った方がよさそうです。 

追加点は奪えなかったものの、その後の甲府の攻撃を凌ぎ
終わってみれば、手堅く勝ち点3を積み上げる結果になりました。

甲府は阿部拓など、馬力のある選手はいるけど、コマ不足は否めませんね。
これから厳しい戦いを強いられそうです。 

024.jpg

ここ数年、けがに泣かされていた石川が、
リーグ戦で2年ぶりのゴール

輝きを取り戻し、東京サポーターとしてはうれしいことこのうえなしです。 

022s.jpg 025s.jpg

ゴール裏だけでなく、バックスタンドに向けてのシャー!は、
バクスタ住民にとってはたまらない、テンションが上がりますね。

番長にはこのまま爆走してほしい!!

頼むから怪我しないでおくれよ。 

026s.jpg 028s.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

南長野のスタジアムへ行く [サッカー]

土曜日、松本までドライブついでに、
こけら落としをしたばかりの南長野のスタジアムを観てきました。

短時間しかいなかったので、
あまり参考にはならないかもしれませんが、

せっかくなので、写真をアップしておきましょう。

014.jpg

日曜日に長野パルセイロのレディーズの試合があると知っていましたが、

翌日から仕事だったので、身体がきつい。

今回は外から眺めただけでしたが、
いいスタジアムなので、
中を見学したかったなぁ 

観戦は次の機会にします。

007.jpg

とにかく、立派!!

006.jpg 

景色も最高!!

雪をかぶっているのは、黒姫山かな? 

005.jpg

駐車場も広いですね。

015.jpg 

このスタジアムをホームとする長野パルセイロは

現在J3で苦戦していますが、

東京サポーターとしては、

いつか、ここで観戦したいです。

012.jpg 

広島ではサッカー専用スタジアム建設の話がなかなか進まない。

東京には、J1仕様のまともなサッカースタジアムがない。

そんな中、長野では松本とのライバル関係があるとはいえ、
あっさりとこんないい球技専用スタジアムが出来てしまう。

うらやましい!!

010.jpg 

002.jpg

長野オリンピックから引きずっている、
自治体の借金問題など、
いろいろ問題があると聞いていますが、

これから、まちがいなく、
ここでいろいろなドラマが起きるのでしょう。

松本山雅との信州ダービーは、早く実現してほしいですね。

何のカンの言っても、結局楽しんだ者勝ちです。

013.jpg 

南長野運動公園総合球技場へのアクセスは、

クルマの場合、更埴インターから一般道を走り、
信号など考慮して、15分ほどかかるでしょうか。

ロードサイドに、食べ物屋さんが並んでいますが、
ちょっと数が少ないかな?

写真は、おそばの「一松亭」さん。
錦鯉を見ながら、本場の手打ちそばが食べられます。

いつの日か、

東京サポーターの胃袋を満たすことになる・・・のかな?

004s.jpg 003s.jpg 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

松本山雅FC vs FC東京 (2015 ナビスコ杯 予選リーグ 第2節) [FC東京]

山雅ある風景

016.jpg 
 
2015年3月28日(土) 17:03 松本平広域公園総合球技場
ナビスコ杯 予選リーグA  松本山雅FC  1 - 1  FC東京 
得点者:(松本)33分 オウンゴール(東京) 56分 東慶悟、観客数 13,870人、
天候 晴れ、中風、気温 15.7度、湿度 17%、主審 上田益也

001.jpg
 
松本へは長野道経由で行きました。

更埴JCから、長いトンネルを抜け、松本盆地へ出た途端
雪を被った北アルプスの巨大な壁が現れました。

ハンドルを握っていたので、写真で紹介できないのが残念ですが、
いやあ、本当に美しかった!! 
 
002.jpg
 
信州の春の緑と、槍・穂高が競う3000メートル級の山々の純白とのコントラストは、
今の時期しか見られないのかもしれませんね。

(↓ 大きくなります) 
033.jpg 

この絶景を眺めるだけでも、松本へ来る価値があると思いました。
  
007.jpg
 
 
FC東京は過去、アルウィンで何度かホームゲームを開催していますが、
そのころと、スタジアムの風景が様変わりしてしまいました。

松本に緑のサポーターが大量発生したことは、知っていましたが
実際に、その姿を目の当たりにしてビックリです。 
 
リーグ戦ではなく、ナビスコ杯でこの人数。 
 

 
IMG_5839.jpg
 
010.jpg 
 
003s.jpg 004s.jpg
(コンコードジュース と からしいなり) 
 
005.jpg
 
東京のサポーターも、たくさん駆けつけました。

日中、気温は20度を超えポカポカ陽気。
しかも湿度が低いので、大変過ごしやすかったです。

しかし、青赤が陣取る、北側のスタンドは
南風とはいえ、絶え間なく風が吹き付けていたため
日が沈むころには、分厚いブルゾンが必要でした。

 
012.jpg
 
試合は、その南風を利用した松本が前半攻勢。

代表4人が抜けた東京は、特に太田のいない左サイドが狙われ
オビナ、池元ら、松本の攻撃陣の侵入を許してしまい、
フィニッシュまで持ち込まれるシーンが続きました。

017.jpg
 
カニーニ、吉本が身体を張って防戦しますが、
球際の厳しさ、ボールへ向かう第一歩の早さ
いずれも松本が上回る、歯がゆい戦いぶり。

米本が長めのシュートを狙うが枠に飛ばない。

均衡が破られたのは前半33分
松本 岩上のロングスローに、東とオビナが反応、
競り合いで流れたボールが前田の頭に当たり、オウンゴール!

もしかして、いわゆる デスゴール?

いや、ナビスコ杯は対象外だそうです。 
 
020s.jpg 021s.jpg
 
後半は風上に立った東京が反撃

49分には東がDFの裏へ抜けだし、ゴール近くでシュートを放つが、
GKにセーブされて決まらず。
このままだと、「いつもの東」になってしまう・・・
 
56分、三田が潰れてもどってきたボールを
再び東が中央から右足一閃!!

GOOOOOOOAL!!  
 
022.jpg
 
以後はもう東京の時間。
前半のハードワークで、松本の選手の運動量が低下。
東京に何度も逆転のチャンスが訪れますが決められない。 
 
河野なんか、シュートを撃たずに、ペナルティエリアを横に突っ切ってしまったし、
アディショナルタイムも、東がゴール前まで迫り、かなり追いつめたんですがねぇ。 
 
023.jpg 024s.jpg
 
それをしないところが、
東京のバランス感覚というか、人がいいというか・・・

ということで、1対1のドローー

振り返れば、2015年のJリーグ開幕から、
公式戦5試合連続で負けがありません。

悪い結果ではありませんが、まだまだ勢いが足りません。  
 
025.jpg
 
松本とは、リーグ戦で6月にまた対戦します。
 
次はどんな風景が見られるのかな? 
 
027.jpg 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ヴィッセル神戸 vs FC東京 (2015 J1 1st 第3節) [FC東京]

お得なカード

007.jpg 

2015年3月22日(日) 17:04 ノエビアスタジアム神戸
J1 1st 第3節   ヴィッセル神戸 
 0 - 2  FC東京 
得点者:(東京) 33分 森重真人、68分 武藤嘉紀、
観客数 21,218人、
天候 晴、無風、気温 17.1度、湿度 36%、主審 吉田寿光
 

018.jpg

正直、FC東京はヴィッセル神戸と相性がよろしい。

過去10年間で17戦して、負けたのは2回だけ。

うち1敗が昨年でした。
アウェイ ノエスタで自滅してしまい、勝ち点3を献上、
しかし、この日、しっかりポイントを還元してもらいました

020.jpg 014.jpg

002.jpg IMG_5783 (553x415).jpg

東京の得点は前半33分
左CKから、森重が頭で合わせたボールが
なめらかに線を描きながら、ゴール左に飛び込んだ!!

押され気味の展開の中、この得点で試合の流れをつかみました。

003.jpg 

神戸は両サイドの奥井と安田がワイドに開き
サイドチェンジを多用しながら、東京のDF陣をゴール前から引っ剥がそうとしました。 

しかし、カニーニが、森重が、徳永が、
冷静に対応し、穴を塞ぎました。

017.jpg

この試合における東京サポーターの心配事は、
渡邊千真の決定力復活でしたが、

17分の決定的なミドルシュートはポストに当たって

パカーーーン!

まだ2014年モデルの千真でしたね。
青赤軍団一安心。 

しかし、前半41分、その千真がPA内で倒れ
主審の吉田さんはPKの判定。

こう言っては失礼ですが、主審の吉田さんといえば、W杯のアジア予選のPK判定を巡り、ウズベキスタン を怒らせた過去がありましたよね。

疑惑のPKと縁があるレフリーなのでしょうか?

明らかにシミュレーション

権田は千真の脚に触れていないし、
倒れたのは千真の勝手でしょ?

レフリーのポジションに問題はなかったのでしょうか?

004.jpg

ピンチ到来でしたが、
PJが蹴ったシュートを、権田がスーパーセーブ!!

その瞬間、この試合もらった! と思いました。 

005.jpg

後半、ポンポンとボールが繋がる神戸ペース
52分には、小川が決定的シュートを放つが権田がセーブ!!

神戸は攻撃のテンポはいいが、点は入らない。

逆に78分、
タッチライン際で神戸DFが粘って残したボールを武藤が奪う、
その武藤が一気に右サイドを駆け上がり、

ななめ45度シューート!

ボールはGK山本の手をかすめ

GOOOO
OOAL!! 

ガンバ戦のゴールもえげつなかったが、
このゴールも、後でVTRを見たら
DFをぶっちぎっての素晴らしいゴールです。 

013.jpg 

1点目は太田→森重のホットライン
PKゴールを阻止した権田
そして、ぶっちぎりの2点目を決めた武藤
日本代表の4人が額面通りに価値を見せました。

神戸のPKシーンで、千真は自らシミュレーションを認めていたそうで、
東京サポから千真への「うそつき」→「ごめんね」→「がんばれ」

相変わらずのお調子者ぶりについては

多少大目に見てくださいな。

016.jpg 009.jpg

日曜の夕方の試合で、神戸で20000人超えは立派
人がよく入ったな、という感想です。
神戸市を挙げての集客が実を結んできている、ということでしょうか?

街の中心部から近く、雨に濡れない、素晴らしいスタジアムがある。

神戸市民は恵まれているなぁ~と思います。 

015.jpg 

三木谷さんは、神戸をビッグクラブにしたいと考えているようだし、
このままチームを強化し、
Jリーグを盛り上げていってほしいですね。

ただし、東京サポとしては、ノエスタでのヴィッセル神戸戦は、

いつまでも 「お得なカード」であってほしい!

011.jpg 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京 vs アルビレックス新潟 (2015 ナビスコ杯 予選リーグ 第1節) [FC東京]

戦術石川

017.jpg
 
2015年03月18日(水) 19:04 味の素スタジアム
ヤマザキナビスコカップ 予選リーググループA 第1節 

 FC東京  2 - 1  アルビレックス新潟 
得点者 (東京)65分 石川直宏、78分 林容平、(新潟)2分 山本康裕、
観客数 9,476人、天候 曇り、弱風、気温 15.5度、湿度 69%、主審:榎本一慶

002s.jpg 001s.jpg
 
カップ戦は結果がすべてだから、とりあえず勝ったので良しとしましょう。

昨年の今頃、東京はどうだったか振り返ると、
リーグ開幕戦はアウェイ柏で手堅くドロー。
第2節のホームでは、勝ち点3を計算していた甲府相手に再びドロー。

ナビスコカップ初戦は、鹿島アントラーズに快勝!!
展開としては今季とよく似ています。
 
012.jpg

しかし、その中身は⁇

第3節、昨年は神戸にビジターで敗戦。

ここで問題

今年も第3節の対戦相手が神戸なんですけどぉ〜
どうなるでしょうか?

2014 第3節 ヴィッセル神戸 vs FC東京
http://boccheruna-sports.blog.so-net.ne.jp/2014-03-19

011.jpg 

試合は、いきなりジュビロ新潟?山本康裕に決められ
ビハインドの状況に。
以後、新潟はレオシルバ指揮のもと、いいようにパスを回し
ゲームを支配。
 
010.jpg

どちらのチームがホームなのかわからない。
 
003.jpg 

東京はボールを前線に放り込むばかり。
セカンドボールは新潟に奪われる。

一対一の競り合いで勝てないし、
ボールの落下地点への走り出しも新潟の選手のほうが速い。

グダグダ

先発メンバーを7人入れ替え
何をやろうとしているのか、よくわからない

「シュート撃て」コールが出ましたが、
まず、シュートを撃つ態勢に持ちこむ工夫、
というか、その意識が足りないと感じました。

東はいつもの東だったし・・・
 
015s.jpg 016.jpg

結局、個人技

救世主はな〜お〜、石川でした。

前半、東のスルーパスをダイアナゴルに走り込んで受け
決定的シュートを放った場面がありましたが、
この日の戦術は結果的に「石川」でしたね。

圧巻は後半20分
右サイドでボールを受けると、
ドリブルで中央に新潟DFを3人引きずりながら
豪快にシュート!!

このゴールでスタジアムの空気が一変しました。
 
008.jpg 
 
78分には、林がPA内でジュビロ新潟?大井に倒されPKゲット。

東京にとってはラッキーなPKでしたが、

新潟としては、自分たちがゲームを支配している時間帯に得点できなかった。
こういうときは、得てして相手にチャンスが回ってしまう。
サッカーでよくあるパターンに陥ってしまいましたね。
 
007.jpg 006.jpg 

ロスタイムには、二度のピンチを権田がスーパーセーブ!!

サッカーでは、内容がいいから勝てるとは限らないし、
また、それがこの競技の魅力でもあるわけですが、

ゴールキーパーとベテランが目立つチームでいいのか?

先行き心配になってきました。
 
018.jpg 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京 vs 横浜F・マリノス (2015 J1 1st 第2節) [FC東京]

初御膳は塩味?

007.jpg 

2015年3月14日(土) 14:06 味の素スタジアム
1 1st 第2節  FC東京  0 - 0  横浜F・マリノス 
観客数 30,492人、天候 曇、無風、気温 11.4度、湿度 29%、主審 西村雄一 

031.jpg 030.jpg

FC東京のホーム開幕戦は、イタリアンとフレンチ

代表監督に就任したてのハリルホジッチ氏にお越しいただき、
どちらが美味しいか、ご賞味いただこうという趣向でしたが、
結果はスコアレスドロー

満腹にならなかったんじゃないでしょうかね。

しかも、イタリアンのほうはややしょっぱかったし・・・

味の素を使っても、それほど味がよくならなかった・・・みたいな?

005.jpg

開幕戦恒例、今年のゲストは、
いま売り出し中の歌手で女優の 大原櫻子さんでした。

「この娘 誰?」てな感じで、ハリルホジッチ監督が身を乗り出して観ていたとのことですが、
可愛い娘さんです。

これまでのゲストの中一番暖かい目で見られていた感じですね。
「無敵の東京」ならぬ「無敵のガールフレンド」

名前だけ聞くと、浦和レッズの練習グラウンドとセレッソの合体みたいだけど、
東京だったら小平ガス子になってしまうから、それはないな。

006.jpg

東京のサポーターに、
Jリーグで、絶対に負けたくないクラブを5つ選べと言われたら、
間違いなくその中の一つに入るマリノス。 

そのマリノスは、一週間前に川崎に完敗。

その後、反則っぽいいいブラジル人を入団させたそうですが、
老朽化しているチームの立て直しを図っているところで
チーム状態はいいと思えない。

008.jpg

一方、FC東京は大阪でドシャ降りの雨の中
ガンバ相手に、終盤根性を出してドローに持ち込んだ。
流れとしては悪くない。

東京にはニュースターよっちがいる。

彼を目当てに、ライトなお客さんが、おそらく5000人は詰めかけていたでしょう。
ここで、新しいお客さんのハートを捉え
甘い甘い青赤天国(地獄ともいう)へとご案内するチャンスでしたが、
ゴールという一般受けする場面のないしょっぱい展開に

武藤のドンピシャヘッドはバーをたたく

こういうことだから、いつまでたっても味スタが「聖地」と呼ばれない。
毎年、管轄違いの氏神様に必勝祈願しているのではないかと疑いたくなるほど
ホーム東京にツキが来ない。

どうでもいいから、こういう試合は勝てよ!!

010.jpg

話題を北陸新幹線開通に持っていかれちゃったし、 

002.jpg 033.jpg

東京ガールズコレクションとのコラボですか?
いろいろやっているのはわかります。 

013.jpg

そんな中、一人気を吐いていたのが守護神権田

兵藤の決定的なシュートを2本、スーパーセーブ
早速、ハリルホジッチに目をつけられた模様です。

19日発表の代表メンバーには誰が呼ばれるのやら

016.jpg

2ステージ制用、
ロケットスタートを期待していたのですが、
2試合連続で勝ち点1で、
自転車キコキコ状態です。

やはり、攻撃が今一つ迫力不足
サイド攻撃が多く、意外性がないですな。
中村憲剛のような縦にピシッと切り裂くパスがほしい。

梶山に期待していますが、
野澤あたりを試してもいいんじゃないでしょうかねえ。 

019.jpg

ナビスコ杯では、控え組が起用されるでしょうが、
チームの活性化のため、活躍してアピールしてほしいところです。

美味しい試合をお願いします。 

020.jpg 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ガンバ大阪 vs FC東京 (2015 J1 1st 第1節)  [FC東京]

主役は俺だ!! 

016.jpg

2015年3月7日(土) 14:04 万博記念競技場
J1 1st 第1節  ガンバ大阪  2 - 2  FC東京 
得点者:46分 パトリック、53分 宇佐美貴史 (G大阪)、75分、90+1分 武藤嘉紀、
観客数 18,322人、天候 雨、弱風、気温 9.3度、湿度 81%、主審 岡部拓人

017.jpg 

2015年のJリーグが開幕しました。
FC東京のシーズンは今年で見納めの万博競技場でスタート 

J1は今年から2ステージ制に変わりました。
そのレギュレーションの是非は別にして前田と武藤の強力2トップがいる、守備堅い、ACLで疲弊することもない

私は密かに「第1ステージ、行けるんじゃね?」と思っていまして
この日も敗戦という文字は頭の中にありませんでした。

020s.jpg 001s.jpg

しかし、天候は最悪でしたね。

予報では雨雲が近畿地方南部を通過するとのことで
摂津地方は傘が不要と思っていたのですが、
実際には、午前中止んでいた雨が、キックオフ前から激しくなり、
その勢いは試合中に弱まることはありませんでした。

レインコートは重いので、なるべく持ち歩きたくないのですが、
この日は必携、雨の中の苦行に役立ちました。

004.jpg 

試合内容は、途中まで
「れ?おかしいな?」

ドシャ降りとともに開幕前の期待も流れてしまいそうな雰囲気でした。

ボールを前へ運べない、シュート撃てない、勢いない

おまけに前半ロスタイムには、レフェリーの中途半端なジャッジ?というか、
宇佐美のドリブルは明らかにゴールラインを割っていたから、ミスジャッジでしょ?

東京DF陣に隙ができたところをパトリックに決められて失点。 

007.jpg

久しぶりに中盤に君臨する梶山が見られたのはよかったのですが、
後半に入って間もなく、その梶山が、ペナルティエリアに侵入した宇佐美の足をひっかけてPK献上

0-2

前線へと押し上げるための運動量が不足し、
完全に負けムードになっていました。

苛立った周囲のサポーターから「何やってんだよ」「走れよ」と檄が飛ぶ
もうびしょ濡れだし、大阪まで何しに来たのやら

そんな状況の中で、マッシモは58分に林、65分に東を投入
ムードが徐々にポジティブに変わっていきました。
特に林が、東京の攻撃に勢いを与えましたね。

011.jpg

ダメもとでもいいから前線に走りこむ、ガンバDFを押し込むようになり、
75分、前田の落としに武藤が反応、

クルリと体を捻りながら、ゴール右隅にボールを流し込んで1点

技ありゴール。

そして、圧巻は後半ロスタイム
岩下のクリアボールが、足元で滑り
武藤へのパスになってしまい、その武藤が間髪入れず
右脚でシューーーート!!

GOOOOOOAL!!

まあ、えげつないシュートでしたわ。
この一発で、東京サポーター全員が
大阪まで「ごくろうさん」が、「来てよかった」に変わりました。

びしょ濡れになりながらハイタッチ!!

014.jpg

というわけで、

結果は、ガンバの勝ち点を2つ減らし、
東京が勝ち点を1もぎ獲った試合になりました。
宇佐美君気の毒、霞んじゃったね。

次節以降どうなるかわからないけど、

やっぱり、サッカーは面白い。 

015.jpg 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2014シーズン FC東京ホームゲーム ビジターゴール裏 [FC東京]

2014年のJリーグシーズンが終了しました。

2014120701.jpg

J1は大逆転でガンバ大阪が優勝。
降格は大宮アルディージャ、セレッソ大阪、徳島ヴォルティスの3クラブ。
J2からはモンテディオ山形、松本山雅、湘南ベルマーレが昇格。
リーグ戦終盤、昇格プレーオフでは
波乱があって面白かったですね。 

今年のJ1の観客数は、5275387人
2013年の5271047人から横ばい、という数字ですが、
浦和の無観客試合、動員力の弱い徳島の存在などを考慮すれば
まあまあと評価していいんじゃないでしょうかね。

PC070247 (553x415).jpg

FC東京のリーグ戦観客数は
17試合で合計428184人、
平均 25187人、収容率は50.2%でした。
2013年の合計は426246人、平均25073人からは微増。

この数字は、ビジターのお客さんと一見さんに
どれだけ足を運んでいただけるかに大きく左右されるわけですが

今年はどうだったでしょうか?

ビジターゴール裏の定点観察
今年も写真をアップしておきます。

ちなみに昨年はこんな感じでした。

2013シーズンFC東京ホームゲームビジターゴール裏
http://boccheruna-sports.blog.so-net.ne.jp/2014-01-19

ご参考に6年前も

2008年ビジター ゴール裏
http://boccheruna-sports.blog.so-net.ne.jp/2009-01-10

なお、2014年6月1日のナビスコ杯予選リーグ第7節 サガン鳥栖戦は欠席です。


********************************

2014年3月8日(土) 15:03 味の素スタジアム
J1 第2節 FC東京 1 - 1 ヴァンフォーレ甲府
得点者:(東京) 5分 エドゥー、(甲府) 72分 クリスティアーノ、
観客数 22,398人、晴れ、弱風、気温 7.9度、湿度 37%、主審 高山啓義

0308 (553x369).jpg

2014年03月19日(水) 19:00 味の素スタジアム
ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第1節

FC東京 3 - 1 鹿島アントラーズ
得点者 (東京)8分 河野広貴、10分 太田宏介、71分 三田啓貴、(鹿島)72分 本山雅志
観客数 10,353人、曇り弱風、気温 9.9度、湿度 43%、主審:村上伸次

0319 (553x394).jpg

2014年3月23日(日) 19:04 味の素スタジアム
J1 第4節 FC東京 0 - 4 川崎フロンターレ
得点者:(川崎) 31分、79分 小林悠、45+4分、59分 大久保嘉人
観客数 23,172人、晴れ、弱風、気温 9.6度、湿度 54%、主審 岡部拓人

0323 (553x369).jpg


2014年4月6日(日) 16:04 味の素スタジアム
J1 第6節 FC東京 2 - 1 サガン鳥栖
得点者:(東京) 50分、河野広貴、76分 平山相太、(鳥栖)85分 豊田陽平
観客数 14,165人、曇のち晴、中風、気温 10.0度、湿度 31%、主審 中村太

0406 (553x415).jpg


2014年4月19日(土) 16:04 味の素スタジアム
J1 第8節 FC東京 2 - 0 セレッソ大阪
得点者:(東京) 66分、平山相太、77分 武藤嘉紀、
観客数 40,761人、 曇り、弱風、気温 13.2度、湿度 46%、主審 家本政明

0419 (553x415).jpg


2014年04月29日(火祝) 13:04 国立競技場
J1 第10節  FC東京  0 - 1 名古屋グランパス
得点者:(名古屋) 48分 矢野 貴章
観客数 25,851人、 曇り、弱風、気温 19.8度、湿度 54%、主審:村上 伸次

0429 (553x415).jpg


2014年5月6日(火)
13:04 味の素スタジアム
J1 第12節 FC東京 0 - 1 大宮アルディージャ
得点 : 90+3分 長谷川 悠(大宮)、
観客数 23,722人、 曇り、 弱風、気温 13.2度、湿度 70%、主審 扇谷 健司

0506 (553x415).jpg


2014年5月17日(土) 18:04 味の素スタジアム
J1 第14節 FC東京 3 - 0 ガンバ大阪
得点 : 1分 エドゥー、3分 武藤 嘉紀、52分エドゥー(東京)、
観客数 26,485人、晴れ、 弱風、気温 20.5度、湿度 44%、主審 佐藤 隆治

0517 (553x415).jpg


2014年05月21日(水) 19:00 味の素スタジアム
ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第4節 

 FC東京  2 - 3  清水エスパルス 
得点者 (東京)18分 87分 エドゥー、(清水)8分 高木俊幸、21分 大前元紀、57分 ノヴァコヴィッチ
観客数 8,749人曇り、弱風、気温 18.7度、湿度 64%、主審:榎本一慶

0521 (553x415).jpg


2014年07月12日(水)
 18:00 味の素スタジアム
第94回天皇杯 2回戦  FC東京  8 - 0  ブラウブリッツ秋田 
得点者 (東京)11分 三田啓貴、22分 河野広貴、26分 森重真人、29分 58分 エドゥー、48分 太田宏介、62分 平山相太、84分 渡邊千真
観客数 5,860人曇り、気温 27.7度、湿度 51%、主審:村上伸次

0712 (553x415).jpg


2014年7月19日(土) 18:34 味の素スタジアム
J1 第15節 
FC東京 1 - 1  鹿島アントラーズ 
得点 : 60分 三田 啓貴(東京)、86分 豊川 雄太、
観客数 27,387人、 曇時々雨、無風、気温 24.1度、湿度 82%、主審 山本 雄大

0719 (553x415).jpg


2014年7月27日(日) 18:34 味の素スタジアム 
J1 第17節 
FC東京 3 - 0  ベガルタ仙台  
得点 : 18分 平山相太、33分 河野広貴、43分 高橋秀人、
観客数 15,491人、 曇一時雨、無風、気温 28.3度、湿度 75%、主審 前田拓哉


0727 (553x415).jpg



2014年8月2日(土) 18:34 味の素スタジアム
J1 第18節 FC東京 4 - 0 清水エスパルス
得点者:(東京) 15分 エドゥー、43分 武藤嘉紀、45+3分 太田宏介、58分 武藤嘉紀、
観客数 24,119人、晴れ、無風、気温 31.3度、湿度 58%、主審 木村博之

0802 (553x415).jpg


2014年8月20日(水) 19:04 味の素スタジアム
第94回天皇杯 3回戦 FC東京 2 - 0 松本山雅FC
得点者:(東京) 41分 河野広貴、54分 平山相太、
観客数 9,446人、、無風、気温 26.9度、湿度 82%、主審 西村雄一

0820 (553x415).jpg


2014年08月23日(土) 18:34 味の素スタジアム
J1 第21節  FC東京 4 - 4   浦和レッズ
得点者:(東京) 9分 高橋 秀人、15分 武藤 嘉紀、23分 河野 広貴、64分 武藤 嘉紀、(浦和)6分 梅崎 司、43分 興梠 慎三、60分 平川 忠亮、80分 李 忠成
観客数: 32,759人、晴れ、弱風 気温 27度 湿度 69%、 主審 岡部 拓人

0823 (553x415).jpg


2014年09月07日(日)
 19:04 味の素スタジアム
第94回天皇杯 4回戦  FC東京  1 - 2  清水エスパルス 
得点者 (東京)75分 河野広貴、(清水)69分 大前元紀、76分 イ キジェ
観客数 8,494人曇り、気温 21.2度、湿度 72%、主審:高山啓義

0907 (553x415).jpg


2014年09月13日(土) 18:34 味の素スタジアム
J1 第23節 FC東京 1 - 1 ヴィッセル神戸
得点者:(東京) 70分 エドゥー、(神戸) 71分 マルキーニョス
観客数 19,097人、晴れ、弱風、気温 24度、湿度 65%、主審 佐藤隆治

0913 (553x415).jpg


2014年9月23日(土) 味の素スタジアム 15:03
J1 第25節 FC東京 4 -0 徳島ヴォルティス
得点者 : (東京)33分 河野広貴、52分 エドゥー、77分 武藤嘉紀、90+1分 渡邉千真
観客数 22187人、晴れ、弱風、気温 25.0度、湿度 35%、主審 山本雄大

0923 (553x415).jpg


2014年09月27日(土) 16:03 味の素スタジアム
J1 第26節 FC東京 4 - 0 柏レイソル
得点者:(東京) 4分、45+1分 武藤嘉紀、50分、73分 エドゥー、
観客数 22,945人、曇り、弱風、気温 21.5度、湿度 54%、主審 福島孝一郎

0927 (553x415).jpg


2014年10月22日(水) 19:04 味の素スタジアム
J1 第29節 FC東京 2 - 1 サンフレッチェ広島
得点者:(東京) 25分 渡邉千真、74分 武藤嘉紀、(広島)54分 佐藤寿人、
観客数 13,048人、、無風、気温 14.1度、湿度 87%、主審 榎本一慶

1023 (553x415).jpg


2014年11月22日(土) 17:04 味の素スタジアム
J1 第32節 FC東京 1 - 3 アルビレックス新潟
得点者:(東京) 7分 河野広貴、(新潟)33分 指宿洋史、69分 レオシルバ、78分 山本康裕、
観客数 42,059人、晴れ、無風、気温 13.8度、湿度 67%、主審 飯田淳平
  
1122 (553x415).jpg


2014年12月06日(土) 15:34 味の素スタジアム
J1 第34節 FC東京 1 - 1 横浜F・マリノス
得点者:(東京) 42分 高橋秀人、(横浜)59分 伊藤翔、
観客数 32,538人、晴れ、無風、気温 5.8度、湿度 57%、主審 中村太

1207 (553x415).jpg

来年は2ステージ制
スタジアムの景色は変わるかな? 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る