So-net無料ブログ作成
検索選択
なでしこ ブログトップ
前の20件 | -

2014 AFC女子アジアカップの注目点 [なでしこ]

5月14日からベトナムで女子サッカーのアジアカップが開催されています。

大会は予選免除の4ヶ国と、予選を勝ち抜いた4ヶ国の計8チームが参加。
AB2つのグループに分かれ、なでしこが入っているのは、グループA

14日は、前回覇者のオーストラリアと対戦しました。
2点のビハインドから、後半、川澄の左サイドを起点に反撃。
大儀見の技ありゴールで同点に追いつき、結果は2-2のドローでした。

今大会は、来年6月カナダで開催される 2015 FIFA女子ワールドカップの出場権がかかっていますが、正直、なでしこのW杯の出場権獲得は問題ないでしょう。

2015年の女子W杯では、出場国数が前大会の16から24に増えました。
そのうち、アジア枠は5つもあります。
現在行われているアジアカップのグループリーグで、2位以内に入れば4位以内が確定、
その時点で本大会出場決定です。
日本がベトナムかヨルダンに負け、3位以下になることはないでしょう。

現在のアジアにおける各国の実力からみて、
5枚の切符は、日本、オーストラリア、中国、北朝鮮、韓国で決まりという感じですが、

今大会では、2011年W杯でのドーピング問題で、北朝鮮が出場停止。

4枚は日本、オーストラリア、中国、韓国で固い。
この4ヶ国の大会での興味はどこが優勝するかという点だけです。
なでしこの選手のコメントも、W杯出場権獲得より優勝になっていますね。

でも、私がもう一つ、この大会で注目しているのは、

W杯出場の5つ目の切符をどこが獲得するかという点です。
上記以外の参加チーム、地元ベトナム、タイ、ヨルダン、ミャンマーの4ヶ国は千載一遇のチャンスが到来していますからね。

おそらくベトナムとタイのプレーオフになるのではないかと思っていますが、
地元ベトナムが有利かな?
サッカーの世界大会にベトナムが出場したことなんてあったのでしょうか?

とりあえず、ベトナムと中国が同じグループじゃなくてよかったですね。

注目しています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

U-20女子ワールドカップ 3位決定戦 ナイジェリアvs 日本 [なでしこ]

銅メダル おめでとう!!

006.jpg

9月8日(土) 15:30 国立競技場
FIFA U-20女子ワールドカップ ジャパン2012 
3位決定戦
  ナイジェリア 1 - 2 日本
得点:[日本] 田中陽子(24分)、西川明花(50分)、
[ナイジェリア]デザイア・オパラノジー(73分)
入場者数 29427人、主審 マーガレット・ドムカ(USA)


011s.jpg

ヤングなでしこ、自国開催の国際大会で3位。
結果を出しました。

素晴らしい。

キックオフが午後3時半、
ときどき雲がかかってくれたので助かりましたが、
かなり暑かったです。

入場者数は29427人、
ホーム側の自由席はギッシリ満席状態、
この大観衆の後押しが効きました。

001.jpg 

日本はボールがうまく繋がらず、
押し込まれる時間が多かったわけですが、
そのいやな状況を、
田中陽子のスーパーゴールが打開してくれました。

西川の2点目も、後半開始直後。
相手の反撃の出端をくじく
効果的な追加点でした。

運も日本の方に転がってきていましたね。

003-s.jpg 015s.jpg

オパラノジーの得点で1点差になってからは、
ドキドキハラハラの連続。

残り時間を何度も確認。
45分を示す針が動いていなかったので、
電光ボードに映るテレビ中継画面の
小さな数字が頼りでした。

最終ラインの高木と土光中心に
身体能力の高いナイジェリア相手に
冷静に守り抜きました。

で、勝利の笛。
ナイジェリアの選手たちがピッチに崩れ落ちました。

写真は2番のエドホ。
土光と中村が慰めにかけ寄りますが、
岩みたいになって動きませんでした。

成長しているのは日本だけではありません。

007.jpg

ヤングなでしこから
何人がフル代表に上がるか楽しみですが、
W杯優勝メンバーに割り込むはまだ厳しそうです。

今大会、最大の収穫は柴田でしょうね。
ナイジェリア戦、終了間際のピンチで
スルスルと前線から戻ってきてクリアーしたのも彼女でした。
本当に素晴らしい選手です。

田中陽子もFKという飛び道具に磨きをかけてほしいです。

今大会、チームがよくまとまっていましたが、
ドイツにはパワー、スピードでは勝負にならなかったし、
戦術を実行する技術もまだ足りないと感じました。

3年後のW杯出場に向け、これからチームでがんばってほしいです。
応援します。

おめでとうございます。

024.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

U-20女子ワールドカップ 準決勝 日本 vs ドイツ [なでしこ]

ドイツに完敗

009.jpg

9月4日(火) 19:30 国立競技場
FIFA U-20女子ワールドカップ ジャパン2012 
準決勝
  日本 0 - 3 ドイツ
得点:[ドイツ] ロイポルツ(1分)、マロジャン(13分)、
ロッツェン(19分) 入場者数 28306人

フィジカルの差は明らかでした。
体格だけみていると、フル代表とユースの試合のようでしたが、
やりようはあったと思います。

それ以前に、試合の入り方で失敗しましたね。

001.jpg 002.jpg

初対戦のドイツがどう出て来るか、
様子をみる間もなくいきなりパンチをくらい、
浮足だってしまいました。

猶本は狙われていましたね。
いきなり3人に囲まれ、ボールを奪われ、前線にパスを送られ、
そのボールも、土光がカットできたボールでしたが、
ロイポルツに脱け出され、

開始1分で失点。

003.jpg

前半はビビってしまったか、みんな動きが悪かったです。
最初の一歩がドイツの選手より遅い。

マイボールになるタイミングで飛んだボールが
猛然とダッシュするドイツの選手に奪われる場面が目立ちました。

セカンドボールがドイツの方に飛ぶ不運もありましたが、
絶対に勝ちに行くという気持ちは、ドイツの方が強いと感じました。

ドイツが最初からエンジン全開で来るのは、
ここまでの闘いぶりからわかっていたわけで、
対策をとれなかったのかなぁ?

後半落ち着きを取りもどし、
リズムよく攻撃できた時間帯があっただけに、
わずか19分で3失点してしまったのはもったいなかったです。

004.jpg

試合後、土光が号泣していましたが、 
いずれ熊谷となでしこの最終ラインを張る選手ですからね。
この悔しさをバネに、飛躍してほしいです。

そのほか、浜田も西川も、ダブル田中も
なでしこのお姉さんたちと比べ、
一つ一つのプレーに対する執念のようなのものが足りないと感じました。

今すぐフル代表でも使えそう
と思ったのは柴田かな。

とはいえ、ヤングなでしこにはあと1試合、
ナイジェリアとの3位決定戦が残されています。


勝って終わろう。

005.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

U-20女子ワールドカップ 準々決勝 日本 vs 韓国 [なでしこ]

華はなでしこ

012.jpg

8月30日(木) 19:20 国立競技場
FIFA U-20女子ワールドカップ ジャパン2012 
準々決勝
  日本 3 - 1 韓国
得点:(日本) 柴田華絵(前半8分、19分)、田中陽子(前半37分)、
(韓国) 全銀河(前半15分),
入場者数 24097人

韓国との因縁の対決は、日本が快勝!!

001.jpg

国立競技場に到着したときは、
第一試合のナイジェリアvsメキシコが延長戦を行っていました。

109分、ナイジェリアのFWオパラノジーのヘディングシュートが
美しい軌道を描き、ゴールマウスに吸い込まれ、
これが決勝点になり、ナイジェリアが準決勝に進出!!

002-1.jpg 003-2.jpg

ナイジェリア サポーターのリズムに乗った応援が楽しく、
国際試合らしくていいですね。
ヤングなでしこを目当てにきましたが、
ナイジェリアとメキシコの息詰まる攻防は見ごたえがあり、
少し得をした気分になりました。

005-2.jpg 014s.jpg

さて、肝心の韓国戦ですが、
日本と韓国との実力差を見せつけた格好になりました。

1失点はしましたが、田中陽子の3点目が入ってからは
ほとんど相手に試合の主導権を渡しませんでした。

終わってみれば快勝。

初めての4強 おめでとう!!

007.jpg

日本では柴田華絵が大活躍。
8分、DFラインの裏にツーと脱け出し、
GKより一瞬早くボールに追いつき足のつま先でシュート!!

先制!!

19分には、キレキレの田中美南からのパスを受け、
思い切りよく左足で撃ったシュートがポストに当ってゴールイン!!
韓国に同点に追いつかれ、相手にペースを握られそうな雰囲気だっただけに
値千金のゴールでした。
その後も走り回って相手の攻撃の芽を摘む、
スペースに走り込んでは猶本からのパスを引き出す、
いやあ、豊富な運動量に周囲からも絶賛の声が飛んでいました。

013.jpg

左サイドに入った田中陽子は厳しいマークを受けましたが、
代わりに右サイドで田中美が躍動。

勝負を決定づけた3点目は
右サイドを田中美と高木でえぐり、
ファーで待っていた田中陽がノープレッシャーで決めました。
ゴール前でDFをおびき寄せて潰れた西川のプレーもお見事でした。

後半は日本、韓国ともにペースダウン。

藤田が相手にボールを渡してしまったり、
西川、濱田がボールを奪われ、
カウンターを受けてヒヤリとしたり、
危ない場面もありましたが、
声を掛け合ってみんなで守り切りました。

010.jpg

良く考えれば、もともと韓国は予選で敗退していたチーム。

ウズベキスタンの準備不足で、大会が日本開催となり、
すでに出場権を得ていた日本の開催国枠が空いたため
韓国は出場できたわけで、
「ボイコット」などという言葉がなぜ口にできるのか理解できません。
まあ、選手には罪はないですけどね。

とにかく勝ってよかったです。

006.jpg


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

U-20女子ワールドカップ スイス vs 日本 [なでしこ]

これからが本番
 
011.jpg

8月19日から開催されている
U-20 女子のワールドカップ

ヤングなでしこは、グループリーグの最終戦で
決勝トーナメント進出をかけ、スイスと対戦しました。

001.jpg

8月26日(日) 19:20 国立競技場
U-20女子ワールドカップ ジャパン2012 
グループA 第3戦  スイス 0 - 4 日本
得点:(日本) 田中陽子(前半30分)、田中陽子(後半2分)、西川明花(後半7分)、猶本光(後半39分)入場者数 16914人

008s.jpg 009s.jpg

20歳以下の女子サッカーの大会を
地上波テレビがゴールデンタイムで生中継をするなど前代未聞の話で、

この日もホーム側に設置された桟敷の上にいる
ジョンカビラ、佐々木監督、お笑い芸人のピース など
有名人に子供たちが群がる光景に

ミーハー襲来を実感しましたよ。

002.jpg

正直、

いくらなでしこがロンドン五輪でメダルを獲得したとはいえ、
U-20代表までこんな大きく取り上げるのは
ちょっとチヤホヤしすぎなんじゃないのぉ?

と思っていましたが、

彼女達のこの日の闘いぶりを観ていると、
素直に応援しようという気になりますね。

005.jpg

明らかにスイスが格下。
(10年前には考えられないことでしたが・・・)

パフォーマンスを観れば
勝って当然という印象を持ちます。

技術、戦術、闘争心、

ともに日本がスイスを上回っていました。

前半、スイスに日本の左サイドを突破され、
危ないと思う場面がありましたが、

スイス10番がゴールに向かって全力で走っていなかったで、
クロスが誰もいないところに転がり事なきを得た・・・
ヒヤッとしたのはこれくらいでしたかね?

006s.jpg 004s.jpg


田中陽のFK、西川の振り向きざまのシュート、
PKを貰った猶本の突破、

いずれもおおおおと思わず声が出てしまう
素晴らしいプレーでした。

ただし、スイスは敗退が決まっていたせいか、
ガツガツきませんでした。
日本の選手はプレッシャーが少ないから、
のびのびとプレーできたのは良かったですが、

この緩い闘いが決勝トーナメントに影響しなければいいのですが。
次の相手はなりふり構わず勝負にこだわってくる韓国。

ちょっと心配です。

いずれにせよ、これからが本番ですね。

007.jpg

直接FKで2点を決めた田中陽子について、
改めてシロウトの私がいうことはないです。

素晴らしいの一言。
気持がサポーターにも伝わってくるし、
将来のなでしこのキャプテンはこの人でしょう。

なでしこの遺伝子をしっかり受け継いでいます。

INAC神戸では、
上が詰まっていてなかなか試合に出られないので
ちょっともったいないです。

010s.jpg 003s.jpg


これだけのタレントが揃っているんだし、
是非優勝してほしいけど、
仮に優勝できなかったとしても、がっかりすることはないですよ。

女子サッカーのステイタスの高い大会は
W杯、オリンピックなど、別にありますからね。

012.jpg


おまけは、日本のサポーターに挨拶するスイスの選手たち。

大きな拍手とSwitzlandコールで迎えられました。

グループリーグ敗退になりましたが、

グッドグッドルーザー。

スポーツはこうでなきゃ。

013.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこ 銀メダルおめでとう!! [なでしこ]

悔しいですねぇ。
なでしこロンドン五輪の決勝で米国に敗れてしまいました。
しかし、互角の戦い。素晴らしい試合だったじゃないですか。

レフェリーが米国のDFのプレーにPKを出してくれていたら
大野のシュートがもう少し左だったら、
宮間のシュートがもう少し下だったら
岩渕が決めていてくれたら・・・
”たられば”がたくさんあった試合ですが、

昨年のW杯には日本にあったツキが
今日の試合は米国にありました。

でも、モーガンが強引にシュートを撃ってくれたおかげで
2点は助かっているし、
岩清水のあわやオウンゴールという場面も、
頭に当てていなければゴールだっただろうし、
日本にも勝利のくじを掴むチャンスはあったと思います。

なでしこは、このプレッシャーの中
よく決勝まで来たと思います。
それに、負けた相手が米国でよかったじゃないですか。

頂きが見えているということは
まだまだ日本が強くなれるということ。
宮間の涙も無駄にはならないですよ。

19日から始まるヤングなでしこの戦いにも
いい流れが出来たし。

銀メダル おめでとう!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこ 4強!! [なでしこ]

やった~!!

なでしこ、ブラジルに勝って準決勝進出です。

ハチの一刺しのような、大野の2点目が効きました。

攻め込んで優勢にゲームを進めながら、
少ないチャンスでゴールを決められ、終わってみたら敗戦。
惜しかったね~、感動をありがとう・・・
というのがこれまでの日本のパターンだったのに、
今日のゲームでは、明らかに日本の方がブラジルよりも強かった。

なでしこの「勝者のマインド」を感じるとともに、
日本が女子サッカーの頂上決戦で闘うに相応しいチームであることを示してくれました。

コンディションで上回っていたこともありますが、
ブラジルの強力攻撃陣を失点0に抑えたのは見事でした。

特に熊谷の存在感が際立っていますね。
ハートが強く、プレーが安定していて、身体能力が高い。
北京大会以後、彼女がなでしこを一段上のステージへ押し上げたといっても過言ではないと思っています。

さあ、次の対戦相手はフランス。
なでしこは今日の勝利で、真のロンドン五輪行きチケットをゲットし、
サッカー聖地ウェンブリースタジアムに乗り込みます。

楽しみですねぇ。

試合後の宮間キャプテンのコメントがまた頼もしかった。
「4チームの中でも金メダルが欲しいという想いは(日本が)一番」

フランスに勝って、
決勝でラスボスの米国を返り討ちにしましょう!!

がんばれ!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

日テレベレーザ vs INAC神戸レオネッサ(2012 なでしこリーグ 第9節) [なでしこ]

Lクラシコ 観戦

2012061013.jpg 

2012年6月10日(日) 12:34 国立競技場
なでしこリーグ 第9節
 日テレベレーザ 
 0 - 1  INAC神戸レオネッサ 
得点:<神戸>60分 川澄奈穂美、入場者数 16,663人、
天気 晴れ、弱風、主審:千葉恵美

2012061001s.jpg 2012061002s.jpg

金曜日が代表のヨルダン戦ということで、週末のJ1リーグ戦はお休み。
日曜日、国立競技場へなでしこリーグの注目の一戦を観に行ってきました。

日テレベレーザ vs INAC神戸レオネッサ

第8節を終え、INACが7勝1分、ベレーザは6勝2分
無敗同士の対戦。
リーグ前半の天王山は「Lクラシコ」と命名されました。

とはいえ、試合前はのどかでした。

2012061005.jpg 2012061017.jpg

練馬区・新宿区・渋谷区サンクスマッチと銘打った関係で、
練馬区からは、ゆるキャラの「ねり丸」君が、
雰囲気をゆるゆるにしていました。

大量のキッズチアによるパフォーマンスもありました。
キッズチアが観客動員増に有効なのは
FC東京でも実証済みです。

2012061018.jpg

この日は、澤も復帰したし、
”なでしこジャパン”のメンバーも大勢出場。
そんな期待感からか、国立には16,000人以上の観客がつめかけ、
なかなかの盛況でした。

興味深かったのは、観客がメインとバックに集中し、
ゴール裏がスカスカだったことです。

この点が、J1のスタジアムの景色と違っていました。
一見さんが多いということですかね?

スポンサー主導の動員もかなりあったかもしれません。

2012061006.jpg 2012061004.jpg

さて、試合は、

1-0でINACの勝利。

後半13分、ペナルティエリアに侵入した川澄が
有吉に倒され、PKを獲得。

これを、川澄本人が確実に決め先制。
結局、この1点が、決勝点になりました。

川澄は以前より体がガッシリした感じです。
頼りになる姐御ですわ。

2012061007.jpg

大黒柱の澤は、代表のとき同様、
相手の攻撃の起点を潰しに、右に左に走り回っていました。
コンディションは悪くなさそうです。
ロンドン五輪でも活躍してくれるでしょう。

2012061010.jpg

試合は概ねINACのペースでした。

パワフルに攻めるINACに対し、
ベレーザも、正確にパスをつなぎ、
INACの最終ラインを何回も突破しましたが、

決められませんでした。

26分には、岩渕がキーパーの前に脱け出し、シューーート・・・
かと思ったら、右足に切り替えてコースがなくなり失敗。

左足でそのままシュートを撃てなかったかのなぁ。

INACのDF陣は、岩渕のドリブルに翻弄されていたし、
ケガで交代は残念でしたが、
岩渕はやはりただものじゃないと思いました。

2012061012s.jpg 2012061011s.jpg

終わってみれば、INACの貫禄勝ち。

そもそも、日本と韓国の女子代表の大黒柱のいるチームですからね。
強くても当然ですけどね。

無敗のINACに土をつけるのはどのチームかな?

2012061016.jpg


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

U-20女子ワールドカップの日本開催決定 [なでしこ]

U-20女子ワールドカップの日本開催が本決まりになりました。

開催予定だったウズベキスタンが準備不足ということで、
FIFAから開催地を変更させられてしまったそうで、

JFAとしては、ワールドカップ優勝後で女子サッカーが盛り上がっているし、
FIFAも、大震災から立ち上がろうとしている日本で開催することで世界にアピールできる。
両者の思惑が一致した、というところでしょうか。

一方、開催予定だったウズベキスタンはお気の毒。
開催国枠が無くなり、韓国が繰り上がりで出場しそうですね。
まだわかりませんが、
韓国は、日本ばかりにいい思いをさせてたまるかと、
いつも考えている節がありますよね。

韓国女子代表のこの世代は、2年前のU-17W杯で優勝したのに、 
今回の予選落ちにガッカリしていましたからね。
チャンスが転がり込んで来い!と期待しているでしょう。

しかし、ウズベキスタンという国は、ことサッカーに関しては
日本に美味しいところを渡してしまう
そんな巡り合わせみたいなものがあるようです。

フランスW杯アジア予選のときの日本戦での終了間際の失点。

GKブガロはアウェーUAE戦でシュートを防ぎまくり日本をアシスト。

アジアではサッカー強国なのになぜか日本と相性が悪い。

そして、今回は開催地の権利を日本に渡してしまいました。 

日本関連でウズベキスタンにいい思いをしていただいたのは、
1994年のアジア大会での男子サッカーの優勝くらいでしょうか。

あのときも、日本が韓国に不可解な判定で敗れた後、仇を取ってもらいました。

何かとウズベキスタンのお世話になっているのに
ドイツW杯のアジア予選では日本のレフェリーが大誤審。

申し訳ない気分です。


そんな経緯もあっての、今回の日本開催となったU-20女子サッカーのワールドカップ。

注目は「リトルなでしこ」たちですね。

今年からINAC神戸に入った、田中、仲田、京川のトリオは
実力もあるし、ルックスもいいので、
たくさんメディアで取り上げられるのでしょうね。

秋には人気者になっているだろうな。

あと、北朝鮮相手に5人抜きでゴールを決めた横山や、
飛び級でなでしこに入るかもしれない猶本、
体調万全ならなでしこへ行くであろう岩渕など、

日本のこの世代はタレントの宝庫ですね。

どうなるかな?
いい結果を出してほしいですね。

楽しみです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこ トップ通過!! [なでしこ]

女子サッカーのロンドン五輪アジア最終予選
なでしこがきっちり中国に勝って、堂々の1位通過です。

出場権獲得という当初の目的は達成済みだから、
最終戦は控え選手に経験を積ませる絶好の機会。

したがって、
どうしてもトップで通過しなければならない!
というこだわりは日本にありませんでしたが、彼の国はそうではなかったようです。

タイから5得点、コメントなどを読んでも一位通過にこだわっていた節があります。

そりゃ~ァ、そうでしょうよ。

将軍様の手厚い支援を受けた国家のエリートたち。
21世紀はアジアのトップに君臨してきたのに、昨年、FIFAランキングで日本に逆転され、今年はW杯の優勝まで先を越されてしまった。

だから、このアジア最終予選では日本を叩きのめしたかったでしょう。
それなのに、自分たちより内容が悪いのに、中国にも勝って、無敗のまま首位通過されてしまった。

すっごく、悔しいと思います。

そういう意味でも、なでしこ痛快!!

とはいえ、なでしこもアジアの女王だと、奢っていられる状況じゃないです。
11日の中国戦では、またまた、レギュラー組と控えとの差が見えてしまいましたね。

得点を決めた田中が試合後に落ち込んでいましたが、高瀬も田中も上尾野辺も、球際が甘いですもんね。ボールを奪われたらもっと必死に追いかけろ、一生懸命やっているのはわかるけど、なんでフル出場の鮫島の方が走っているのかよ、
と思いました。まだまだ全体のレベルアップが必要です。

それに澤がピッチにいないと、何か物足りない。
キャプテンマークをつけた宮間は、責任の重さからかいつもより表情が険しかったですね。
澤のスピリッツは、是非なでしこの遺伝子に刻みこんでほしいです。

その澤は中国戦勝利の笛が鳴っても心配顔。
ケガでピッチに倒れ込んだ丸山にみんなが駆けよっているシーンに
少しホロリとさせられました。大野が丸山の頭をポン!
本当にみんな仲がいいんですね。

さあ、ロンドン五輪という楽しみが出来ました。

次はなでしこリーグ。
これまで女子サッカーに興味のなかった関東のみなさん、
9月23日はフクアリへ行きましょう。

スター軍団 INAC神戸が参上しますぜ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこ ロンドン行きチケットゲット! [なでしこ]

女子サッカーのロンドン五輪のアジア最終予選。
2枚しかないチケットのうちの一枚をなでしこがゲットしました。

おめでとう!!

今回の予選は、7月のW杯と比べ、
リプレーして見たい場面が圧倒的に少ないし、
今一つ気分がスッキリしないけど、
3勝1分け無敗で最終戦を残しての予選突破!

結果は最高じゃないですか。

いいゲームをしながら惜敗、
よくやった! 感動をありがとう! 
日本の団体競技はこういうパターンが多いですからね。
泥臭くても結果を出せるのは強いチームの証。
本当に頼もしいです。


ところで、北朝鮮戦の後半40分、日本が1点をリード、
安藤のシュートが相手ディフェンダーに当りコーナーキックをゲットした場面。
ここで佐々木監督がボールキープを指示。
この采配がネットで批判されていました。

全国の視聴者が、コーナーキックに行った宮間の「まじか!」
という口の動きを目撃してしまいましたしね。

この5分後、ミスから失点。

なぜ、いい流れを断ち切ってしまったのか?
なぜ、攻撃的な気持ちを削いでしまったのか?
なぜ、交代枠を使い時間を稼がなかったのか?

私も「まじか?」「なぜか?」状態で
この8分間の監督采配には不満を覚えました。

気持が守りに入ったなでしこが、
サッカーの神様にダメだしされたように見えました。

北朝鮮戦の終了後は、

北朝鮮は残りが1弱タイとの試合だから負けるわけないな、
ロンドン行きはほぼ決定、
日本は、夜の試合でもし中国がオーストリアに勝ってしまうと、
最後は、超アウェー状態で中国と対戦しなければならないからいやだなぁ~

とまあ、計算して憂鬱になってしまったわけですが、

結局、オーストラリアが中国に勝利してくれたおかげで
北朝鮮戦の勝ち点1が効き、
最終戦を待たずにロンドン行きが決定!!

サッカーは変数の多い競技だから、
悪いと思った現象があとでいい方向に働いたりするんですよね。

だから面白い!

W杯のとき、グループリーグでイングランドに敗れ
相手がドイツに決まった時の失望感。
しかしドイツに勝ったおかげで、日程、移動など
いいコンディションで決勝まで行けた。
あの、イングランド戦の敗戦がなければ、
なでしこの優勝はなかったのではないかと言われていますよね。

勝負の行方を知っているのはボールだけだから

計算してもあまり意味がないんだけど、
つい楽をしたくて計算してしまうんだよなァ。
カオス状態を楽しめないという点で、
サッカー観戦者としては未熟ということなのでしょう。

なでしこのサッカーは、
これからもっと研究されるでしょうが、
意外性のあるプレーをする岩渕真奈の大ブレークに期待! 

ロンドンでは色はなんでもいいから、
是非メダルを獲得してほしいです!

あと、最近は小柄な宮間あやの中に
剣術に長けたサムライがいるように思えてしかたないです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこジャパン vs なでしこリーグ選抜 (東日本大震災復興支援チャリティーマッチ) [なでしこ]

ブームですね。

2011081903.jpg

東日本大震災復興チャリティーマッチ がんばろうニッポン!
2011年8月19日(金) 19:30 国立競技場 
なでしこジャパン(日本女子代表) 3 -2 なでしこリーグ選抜
得点:
<代表>近賀ゆかり(前半15分)、川澄奈穂美(前半18分)、阪口夢穂(前半23分)
<選抜>菅澤優衣香(後半4分)、渡辺彩香(後半46分)

2011081906s.jpg 2011081901s.jpg
(右はこの日配られたなでしこの種です)

国立競技場で、サッカー日本女子代表のとなでしこリーグ選抜との
チャリティーマッチを観戦しました。

8月19日、日中の東京都心は大雨でした。

試合前、国立競技場はメインスタンドの一部をのぞき屋根がないので
びしょ濡れになるのではないか、と心配しました。

しかし、そこはなでしこの強運。
キックオフ前に雨は一旦止み、
試合中少し降られましたが、大したことなくよかったです。

もっと天気がよければ、
観客数も増えたのでしょうが、
それでも22000人以上の入場者。
ホームゴール裏はほぼ満席状態でした。

4年前の国立競技場のW杯壮行試合とは隔世の感。
   ↓
キリンチャレンジ2007
http://cliff-pinder.blog.so-net.ne.jp/2007-08-30

人が多かったですよ。

2011081907.jpg

試合前のセレモニー。

総理大臣がブーイングを浴びていました。
チャリティーだからあまり野暮なことは言いたくないけど

一番輝いている人たちの前でダメだしされた人がご満悦って・・・

スピーチでもしようものなら大変なことになっていたでしょうね。

2011081910.jpg

総理の横は国歌斉唱の倉木麻衣。

こちらはよかったです。

2011081911.jpg

アウェーゴール裏では、なでしこリーグ選抜の応援。

なでしこリーグサポーターから選抜された人たちの合同応援。

微笑ましい光景…というか、お役目御苦労さまです。

2011081905.jpg


テレビ中継もされる注目の試合ということで、
報道陣の数も多かったですね。

試合前のコイントスでゴールの位置が入れ替わった途端
カメラマンの大移動が発生しました。

その慌てる様子に苦笑。

2011081913.jpg

カメラの密集。

2011081914l.jpg

代表の先発メンバーは海外でプレーしている
永里姉、安藤、鮫島、熊谷の4人が欠場。
その代わりとして、前線に丸山と川澄
最終ラインに田中、左サイドに矢野が入りました。

2011081912s.jpg 2011081909s.jpg

当然のことながら、
チームとして完成された代表と急造チームとでは
プレーの質に大きな差がありました。

特に前半は、なでしこが試合に集中し、
近賀、川澄、阪口で3点ゲット、
このまま大量得点かと思ったら

後半は選抜が意地をみせ、
一方代表は無理をせずといった感じで、
終わってみれば3-2。

落ち着くところに落ち着きました。

2011081915.jpg

テレビで解説の風間さんも言っていましたが、
パスのスピード、キック力、コンビネーション
すべてにおいてレベルアップしましたね。

特に川澄。
小柄だけど、速いし、強いし、上手いし
戦う気持ちが観ているものにも伝わる
本当にいい選手です。

女モリシといった感じ。

2011081918.jpg

ただ、澤が交代でいなくなってから、
芯が抜けた感じとなり、
ボールがうまく回らない時間帯がありました。

アジア予選では、当然澤が狙われるだろうし、
彼女が怪我したときにどうするか、
宇津木では少ししんどいような気もします。

この日選抜のメンバーだった宮本のような
闘うお姉さまタイプがもう一人必要かもしれません。

2011081919.jpg 2011081902s.jpg

選抜には、宮本の他に、
柳田、小林など代表の中心選手だったメンバーもいて、
久しぶりに元気な姿が見られてうれしかったです。

まだまだ、やれますよ。

この日いなかった浦和の荒川もそう、
なでしこリーグを盛り上げてほしいです。

アメリカへ行った山本も帰ってくればいいのに、
と思いました。 

2011081920.jpg

9月1日からのロンドン五輪予選は、
正直厳しい戦いになりそうです。

コンディションさえよければ、負けないとは思いますが、

このチームは、澤の他に、阪口、宮間、大野など純正品が多いので
ケガ人が出たときに、代えがききそうできかない。
2戦目であたる韓国は、厳しくチェックをすると思うのでケガが心配です。

試合日程も過酷。
すべてナイトゲームの中国と比べ、
日本は気温の高いデーゲームで強い豪州、北朝鮮と当る。

90分走るのは無理だから、
試合運びをうまくやってほしいです。

2011081921.jpg

最後はキャプテン澤がメッセージ

その姿を見守る選手たちの笑顔が頼もしいですね。

私の心配が杞憂に思えてきます。

がんばれ なでしこ!!

2011081922.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

マリーゼがJ1クラブに譲渡へ [なでしこ]

活動休止中の東京電力マリーゼのJ1クラブへ譲渡する話が進んでいるそうです。
川崎フロンターレが有力とのこと。

  活動休止中の東京電力マリーゼがJ1クラブに譲渡へ(2011.8.16 スポーツニッポン)

たしかにねぇ。

もともと、チームカラーもマスコットも
フロンターレのレディーズぽかったもんな。
いいと思いますよ。

チャレンジリーグから参戦ということですが、
鮫島と丸山がそのまま残っていれば、
今なら人気チームだったでしょうね。

     2009071950.jpg


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

女子サッカーを観に行こう [なでしこ]

女子サッカーW杯の優勝から一週間
なでしこジャパンをめぐる狂騒状態も
早く収まってほしいですね。

9月には、中国でロンドン五輪のアジア予選があります。
出場枠は2。
かなり厳しい闘いになりそうです。
マスコミは、なでしこたちを消耗させないで欲しいと思います。

そもそも、女子サッカーの場合、
大会のステータスでは
W杯よりオリンピックの方が上です。

その証拠に、ヨーロッパのチームは
W杯がオリンピック予選を兼ねていて、
その結果、フランスとスウェーデンの2チームが出場権獲得。

ドイツは自国開催で日本に負けて連覇を逃しただけでなく
オリンピックの出場権も失うという
ダブルショックを受けてしまいました。

とはいえ、日本の優勝は偉業。
今回の女子サッカーのW杯では、
サッカー好きなドイツ国民のおかげもあって
注目度が上がり、観客数も多かったので
十分、大会のステータスの高さを感じることができました。


日本も盛り上げていかなければなりませんね。


なでしこの選手が毎日のようにテレビに登場し、
雑誌の記者に追いかけられ、知名度が上がることで、
なでしこリーグの観客増を期待する向きもありますが、
どうなんでしょうかね。

私もよくスポーツ観戦に行きますが、
スタジアムに足を運ぶ理由、「意味」はだいたい三つに分けられます。

① そのスポーツ自体が好きだから
お芝居が好き、落語が好き。
演者に関係なく寄席の雰囲気が好き。こういうタイプですね。
女子サッカーの場合は少数です。

② チームが好きだから、チームは自分のアイデンティティだから
自分の国のチームだから、住む町のチームだから、母校だから
Jリーグの理念の地域密着はこれですね。
このタイプの観戦者が増えれば、安定的に観客数が見込めます。
なぜなら、アイデンティティー=自己同一性
自分の生活の一部になっちゃうわけですからね。

ただ、弱くなると観に行かないというタイプの観戦者も多いので、
レベルはさまざまです。

③ 有名人が観たいから
有名人やスター選手を間近で見たいから。

大金を投じてスター選手を集め、お客さんを呼ぶ手法は、
今でもプロ野球 読売巨人軍が採用していますね。
王、長島の国民的スターがいた時代は、
子供のうちに刷り込んでしまえば、巨人自体が自分のアイデンティティとなり、
その後、上記②の観客に変わったわけですが、
多様な価値観に触れることができる今の時代に、
通用しなくなってしまいましたね。

そこで女子サッカーですが、
確かに③の人たちで、しばらくはお客さんが増えるでしょうね。
澤がいるレオネッサの試合は観客激増かもしれません。

しかし、メディアが取り上げなくなれば、
足を運ぶ「意味」が失われてしまいます。


やはり、②の客を増やさないといけません。 

湯郷や伊賀など、地域性の強いチームもあるけど、
やはり、新潟や浦和のような
Jクラブにレディースのチームを作るのが
一番手っ取り早いでしょうね。


東京に限って言うなら、
①のタイプのサッカーファンも多いから
近くで試合があれば、スタジアムへ観に行く人も多くなると思います。

しかし、毎年なでしこリーグの日程をチェックしますが、
カードがJの試合と重なっていたり、開催地が遠方だったり
行きやすいカードがないんですよねぇ。

私の場合、FC東京を応援しているから、
緑のベレーザはちょっと・・・とうことになるし、
チャレンジリーグのスフィーダ世田谷があるけど、
できれば、FC東京レディースができて、
ベレーザと対決するとかの方がいいなぁ。

私が大金持ちならスポンサーになるのに、

とか、

だらだらと、駄文をしたためてしまいましたが、

これからは、できる限りスタジアムへ足を運び、
女子サッカーを応援しようと思っています。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこ 優勝!! 満開!! [なでしこ]

女子サッカーW杯 日本初優勝!!

なでしこ、やりました。

正直、優勝できるとは思いませんでした。

米国戦は、2回リードされて2回追いつく
粘って粘って、PK戦まで持ち込んでの勝利だけに
喜びもひとしお。

みんなハートが強い!

延長戦でワンバックに頭で決められたときは
観ているこちらの方が心が折れかけましたよ。

今年の海の日は最高の休日になりました。

おめでとう!! なでしこ

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこ ファイナルへ!! [なでしこ]

ドイツで開催されている女子サッカーのワールドカップ
なでしこがファイナル進出です。

おめでと~う!!

完勝だった準決勝スウェーデン戦から2日経ちましたが、
予想していたこととはいえ、
民放テレビ局の手のひら返しの過熱報道に辟易しています。

1ヶ月後にはロンドン五輪の出場権をかけた
アジア予選があるというのに、
W杯終了後、選手たちが追いかけられて
精神的に消耗してしまわないか心配です。

川澄は一夜でヒロインになってしまいましたね。、
鮫島も、あの「とてとて乙女走り」で
男たちのハートをつかんでしまったようです。
マリーゼ時代からのファンは少し複雑な思いを抱いているのでは?

まあ、ほかに明るい話題がないから仕方ないでしょう。

なでしこ人気に便乗し、
コメントを寄せる政治家や芸能人がいますが、
いい気分がしないですね。

おまえら、一度でもなでしこリーグの試合に足を運んだことがあるのかよっ!

こう突っ込みたくなりますが、
そういう私も、女子サッカーの試合を生で観戦したのは、、
リーグ戦と代表戦を合わせて、10年で 6試合。
偉そうなこと言えません。

佐々木監督や澤選手の家族を引っ張り出したり、
福島の東電のチームにいた丸山や鮫島の
心に秘めた思いをほじくり出すような野暮な報道は
見たくありません。

   20110715.jpg
  (2009.7.19 味の素スタジアムにて)


そんなことより、もっと女子サッカーの明日につながる報道
たとえば、彼女たちのこれまでの軌跡を特集するとか
してほしいですね。

今回で6回目の女子サッカーのワールドカップも
最初の頃は、注目度の低い結構ショボイ大会で、
そのころ日本はスウェーデンやアメリカに全く歯が立たなかったこと。

10万人の観客で埋まったアステカスタジアムでの超アウェーの試合を
ドローで凌ぎ、ホーム国立でメキシコに勝利してぎりぎりでW杯出場を決めた
2003年の予選プレーオフ。
あのときも澤と丸山がゴールを決めましたよ。

翌年、圧倒的に不利と言われながら、勝ってアテネ五輪出場を決めた
国立の北朝鮮戦。
今は解説をしている池田さん、旧姓磯崎の魂のディフェンス!!
凄かったです。
あのスピリッツは、今若い熊谷が受け継いでいます。

体格の差を、速いパス回しや豊富な運動量で埋めようと
小柄な大谷、川上、山本、小林(弥)などが頑張り、
もっと遡れば、木岡、高倉、大竹などたくさんのなでしこが
苦労して固めた土台の上に澤という大黒柱が出来、
ファンタジスタ宮間や仕事人阪口など
素晴らしい役者が揃う幸運もあって
北京五輪のベスト4につながっているのだと。。。

こういう一つ一つの積み上げがあってのW杯ファイナル進出ですから、
快挙、快挙と軽々しく言わないでほしい!

長年、女子サッカーを追いかけているファンはそう思っているはずですよ。
でも、間違いなく快挙。

北京五輪が4位で、今回がファイナリスト
北京のときと明らかに違うと感じるのは安藤のプレーですね。
これまではチェックを受けると、
倒されて簡単にボールを奪われていたのが
今大会では安心してみていられます。
得点こそありませんが、MVP級の働きだと思います。
キープという点では永里もそう。
二人のドイツ行きは吉、
大きな戦力の上乗せになっていますね。

さあ、残るは18日早朝、大一番アメリカ戦。
相手にとって不足なし。
世界ランク1位の大ボスを倒し
今回のなでしこの冒険をクリアーしないといけません。

でも、今のなでしこは強い!!

北京五輪で、日本の女子ソフトボールチームが
決勝で初めてアメリカに勝ったときのことを思い出します。

きっと素晴らしい闘いをしてくれると思います。

がんばれ!!


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこ 4強!! [なでしこ]

やったあ!! 素晴らしい!!起きてて良かったあ!!

ドイツで行われている女子サッカーのW杯
なでしこが地元ドイツに、延長の末1-0で勝利しました。
これで準決勝進出!!

グループリーグでイングランドに完敗したことで
かえって、いい流れになるのでは、と思っていましたよ。

フィジカルの強いドイツは、日本には勝てると過信し
きっと隙が生まれるだろうし、
なでしこも同じ失敗を二度繰り返さないはず
絶対にいいゲームになる、これは見のがせない、

と、午前3時にアラームをセットむっくり起きて観戦して大正解!

とにかく全員がよく走りました。
延長戦突入が決まった時点でテレビの前で拍手!!
感動して涙が出ましたよ。

なでしこは95年に一度ベスト8まで進んでいますが、
あのときのぽよよよーんとしたサッカーとは
レベルが全く違います。

イングランド、フランスなど
サッカー大国が強化してきたし、
今回のベスト8進出、ドイツ相手に90分ドローで、
十分に快挙です。

試合は押し込まれる時間が多かったので、
いつかやられる、いつかやられると思って見ていました。
よく最後まで守り切りましたね。

延長に入り、日本の弱点 海堀のプレーが急に安定しだして、
なにか神様が降りてきたような、そんな感覚になりましたね。
で、延長後半3分、丸山の決勝ゴール!!

相手選手のスパイクが股間に入り悶絶した澤が
痛みに耐えながら出したパスから
丸山が最高のシュートを決めました。

マリーゼ=福島にいた丸山が決めた、
というドラマ性にはマスコミが飛び付くだろうから
このあと情緒的な報道にうんざりしそうだけど、

代表歴が長く、イナズマのようなドリブルが特徴だと
ちゃんと報道してほしいです。

心配なのは岩渕。
駆けだし社員の仕事じゃないんだから、
早く自分で前に進んでゴールを獲ってくる
エースになってほしいです。

あと素晴らしいのは阪口、鮫島の豊富な運動量。
熊谷は若いし競り負けないし、
なでしこ不動のセンターバックになりましたね。

でも、最後はハラハラしましたよ。
イングランド戦のカナダ人レフェリーほどひどくなかったけど、
ジャッジがホーム寄りで、
いつPKを獲られるかと心配しました。

次はスウェーデンか、オーストラリア
勝てる相手だし、絶対勝ちたいですね。

おめでとう!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

日本女子代表 vs 韓国女子代表 [なでしこ]

なでしこ、優勝おめでとう!

2010021313.jpg 

東アジアサッカー選手権 2010決勝大会
日本女子代表 2 - 1  韓国女子代表
得点:(日本) 7分 大野、17分 山口、(韓国) 75分 ユ・ヨンア 


東京地方は朝からみぞれ混じりの悪天候。

日本女子代表の韓国戦キックオフ 40分前の味スタは、
国際大会の決勝が行われる会場の風景とは思えないほど閑散としていました。

2010021314.jpg

確かに、この日も寒かった。

先週の中国戦のときのような風はなかったものの、
ハーフタイムのころから、雨が雪になり、
気温もぐっと下がり、凍えながらの観戦でした。

私の周りには、身体を温めるため、
カップラーメンをすするファンの姿が見られました。
それにしても、売店の品揃えは相変わらず貧弱。

2010021316s.jpg 2010021315s.jpg

ポツンと離れ小島のようになっていたアウェー韓国サポーター。
しかし、声は大きい。

この日はメインスタンドに陣取りましたが、
普通のサッカーファンというより、
選手と何らかの関係がある人たちや、写真撮影が目的
という人が多いように感じました。
もっと、一般の人がたくさん入ってもいい試合なんだけど、
この寒さじゃなぁ。

2010021318.jpg

しかし、試合の方は熱かったです。

開始早々、なでしこ怒涛の攻撃。
7分、宮間の技ありのパスを受けた大野が左サイドを独走。
冷静にゴールに流し込んで先制。

17分には縦へ縦へと展開、
大野、山口の見事なコンビネーションで2点目。

私のご贔屓 鮫島の萌えな攻め上がりもあったし、

前半は、韓国弱し!
このまま日本の圧勝! と思ったのですが、

そう上手くいかないのがサッカーですね。

2010021304s.jpg 2010021305s.jpg

ハーフタイムが終了しても、
なかなかピッチに現れない韓国女子イレブン。

相当気合いを入れられているな、
と思っていたら、案の定。
後半の韓国は最終ラインを上げ、ガンガン前へ出てきました

それでも、2回の決定機に山口、大野どちらかが3点目を決めていれば、
楽な展開になったと思いますが、
日本選手の足が止まってしまい、ミスも目立つようになり、
韓国に押し込まれました。

75分にユ・ヨンアのゴールを決められてからは、ハラハラドキドキの連続。

日本は引き分けで優勝だったので、タイトルの心配はなかったのですが、
スカッと勝って格の違いを見せつけてほしかっただけに、
やや不満が残りました。

2010021306s.jpg 2010021312s.jpg

後半は相手のペースに合わせてしまったし、
ロスタイムも、キープして時間稼ぎをしていい場面で、
大野の対応が淡白だったり、
試合運びで課題が残りましたね。 

期待の岩渕もピッチに入ってからしばらくは何もできませんでした。
失点はDFの矢野を岩渕に交代した後だったし、
万一、逆転されるようなことがあったら、
この交代の是非が問われるところだったでしょう。

しかし、贅沢な不満かもしれません。

優勝という結果を素直に喜びます。

おめでとう!

2010021311.jpg

余談ですけど、

韓国のGKはキック力はあまりないけど、
スタイルがいいですね。

2010021302.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

日本女子代表 vs 中国女子代表 [なでしこ]

2010年最初のサッカー観戦。
味の素スタジアムでの、東アジアサッカー選手権の緒戦に行ってきました。

カードは女子代表とフル代表、それぞれの中国戦 二本立て。

10020602.jpg

東京の月別平均気温は統計では1月が一番低いのですが、
経験的にはこの時期が一番寒いという印象があります。

マフラーぐるぐる巻き、携帯カイロ、ユニクロのヒートテックと、
完全防寒体制で臨みましたが、それでも寒かったです。

2試合で6時間以上。
この寒さの中で、サッカーを見続ける奴はバカヤローだと思いました。

10020603.jpg

さて、まだ陽がさしていた3時30分にキックオフした
日本女子代表vs中国女子代表戦。

 東アジアサッカー選手権 2010決勝大会
 日本女子代表 2 - 0 中国女子代表
 
得点 : 19分、宮間 61分、近賀

快勝でしたね。

女子代表は本当に頼もしくなりました。
闘将池田(磯崎)と、ボランチの加藤(酒井)の守りの要二人が引退し、
後がどうなるか心配でしたが、
それぞれ熊谷と、宇津木でその穴が埋まっていますね。

熊谷は落ち着いているので、安心して観ていられるし、
宇津木は若いけど巧みですよね。
危険を察知する能力が高いし、パスも上手い。

ディフェンスは安定しているので、
あとは攻撃のコンビネーションですね。

10020606.jpg

この日のチケットを買った人のお目当てはフル代表の方だった思いますが、
結果的に、この日一番興奮した場面はこの試合での1点目でした。

山口が倒されてもらったFKで、
宮間がゴールマウス左に突き刺した得点。

あの小さな体から出た強烈なシュートに、
思わず 「凄え!」という感嘆の声をあげてしまいました。

10020607.jpg

それから、この試合で期待の16歳FW、岩渕が代表デビューしました。
2点リードした後半20分からの登場で、
大きな見せ場はありませんでしたが、
何かやってくれそうな雰囲気があるし、
これから自分がスターであることを証明する場面が来るでしょう。

ただ、ゴールもしていないのに、
試合後にインタビューというのはどうなんでしょうね。
マスコミのスターシステムに潰されはしないか心配になります。

10020605.jpg 10020609.jpg

女子代表は、北京五輪のベスト4ですっかり自信をつけましたね。
澤だけでなく、宮間にも風格みたいなものが出てきたし、
だんだん役者が揃っていく過程を見るというのは楽しいです。

若い選手のレベルも確実に上がっていますよね。
FWの岩渕が注目されていますが、
他にもDFの熊谷が19歳、宇津木が21歳、鮫島も22歳。
更にコンビネーションを磨いていけば、
フィジカルの問題は残るけど、アジアでは敵なしで行けるでしょう。

旬。

というわけで、冬のなでしこにいい気分にしてもらったあと
フル代表もと思ったのですが・・・・。

10020610.jpg


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

マリーゼ vs FC高槻 (2009 なでしこリーグ 第14節) [なでしこ]

7月19日、味の素スタジアムで、女子サッカーの試合を観ました。

 

2009071942.jpg

女子のサッカーは、代表の試合へは何度か行ったことがありますが、
国内のリーグ戦を観るのは今回が初めてです。


なでしこリーグ Division 1 第14節
マリーゼ 2 - 0 スペランツァ F.C.高槻

得点 :マリーゼ 五十嵐(36分)、宮崎(44分)




ホームのマリーゼは東京電力のチームですが、
ホームタウンは東京ではなく福島県です。

私のお目当ては、マリーゼの二人のアテネ五輪代表でした。
”ママさん”ボランチ宮本と、
稲妻のようなドリブルが魅力の丸山。

宮本はフル出場、その強さ、展開力はまだまだ代表でも行けるでしょう。
丸山は途中出場で大きな見せ場はありませんでした。

マリーゼのマスコットはイルカなんですね。
8月、FC東京はオスのイルカ(川崎フロンターレ)と川崎で戦いますが、
その前にメスイルカの試合を観戦した格好になりました。

2009071943.jpg

一方のFC高槻の前身は松下電器レディーサッカークラブ。
ユニフォームだけ見ると、ガンバの女子チームという感じです。

最終ラインには代表でも活躍した下小鶴がいますが、
今季リーグでは最下位と低迷、ここまで勝利がありません。

観客席は、マリーゼのホームゲームということもあり、
マリーゼ・サポーターが数で圧倒!

といっても立って応援は2~30人といったところでしょうか。
こじんまりした感じです。

2009071931.jpg

F.C.高槻 のサポーターは、立って応援が3人。

大阪からはるばる応援に来たのでしょうか?
このくそ暑い中、太鼓を叩いて必死に応援していました。
こういう(いい意味で)おバカさんたちには感動させられます。

練習中、名前をコールされた選手は、
手を挙げて応えてあげればいいのにと思いました。

2009071944.jpg 2009071945.jpg

試合は、開始直後から、マリーゼが猛攻。

高槻は、キーパー上野の好セーブもあり、
なんとか0に抑えていましたが、
36分にクロスからフリーの選手にボールが渡ってしまい、
失点してしまいました。

2009071941.jpg

判官びいきで、高槻の応援をしていましたが、
リーグ2位と最下位の対戦で、実力差は歴然。

キックオフが13時3分で、気温は30度超、
風もなく蒸し暑い最悪のコンディション。

そんな中で、選手はよく走っていましたよ。

2009071939.jpg


マリーゼでは、左サイドの鮫島がいいですね。

筋肉質で、動きが男っぽくなる選手が多い中、
内股走りで、男心をくすぐるナヨッとした部分がありますが、
守備はガッツンガッツンで、チャンスと見るやサイドを猛然と駆け上がり、
運動量豊富。

そのギャップが面白いです。

2009071946s.jpg 2009071937s.jpg

代表のフランス遠征のメンバーにも選ばれたそうで、
これから注目の選手ですね。

高槻は最後までよく闘いました。
エネルギーを使い果たしたのでしょう。
挨拶のとき、何人も下を向いている選手がいました。

早く1勝させてあげたい気分になりましたよ。

2009071932.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の20件 | - なでしこ ブログトップ
メッセージを送る