So-net無料ブログ作成
検索選択

FC東京 vs 浦和レッズ(2017 J1 第7節) [FC東京]

勝てねえなぁ
00060006.JPG
 
2017年4月16日(日) 14:04 味の素スタジアム 

J1 第7節  FC京  0 - 1  浦和レッズ 
得点 : (浦和)14分 興梠慎三、観客数 38,248人、
天候 晴
、弱風、気温 26.3度、湿度 30%、主審 家本政明
 

00040004.JPG

前回、味スタで勝利したときに生まれた子供が
もう中学生

とにかく勝てない
いくつもチャンスはあったけれど
ボールはつながらないし、判断遅いし、ミスは多いし

負けるべくして負けました。

00020002.JPG


新しいメンバー
鳴り物入りで獲得した、高萩、大久保,ウタカが欠場
永井はいるものの、
頼りになったのは林だけ

去年と同じメンバーになったとき、

今年の東京は去年とここが違うとか

あるのでしょうか


????

00030003.JPG 

とにかく、いつかみてろよ、

と呟くだけですね。

いつになるかわからないが・・・


00010001.JPG


北海道コンサドーレ札幌 vs FC東京(2017 J1 第6節) [FC東京]

まさかの力負け009.JPG

2017年4月8日(土) 19:04 札幌ドーム 
J1 第6節  北海道コンサドーレ札幌  2 - 1  FC東京 
得点 : 8分 東慶悟、42分 ジュリーニョ、59分 都倉賢、
観客数 16,948人、天候 屋内、無風、気温 22.9度、湿度 50%、主審 松尾一
   

011.JPG

まだ、雪が残っている北海道で、

勝ち点3をもらった気になり、ラーメン、ジンギスカン、海鮮丼と
食うことにうつつを抜かしていた間抜けな奴らだと笑わば笑え!!

やけくそだーい

ちなみに私は試合前、ラーメン食べに小樽まで行ってました。

001.JPG 

東京がJ2にいた2011年最終節
札幌大通公園でも膝までズボッと入ってしまうほど雪が積もった日
内村にやられた負け試合が記憶に残っていますが、

あのときは,東京がJ1昇格を決めた後だったから、
今年とはモチベーションが違うし、
割り引いて考えなきゃ、

さらに、今年はお金を使って名のある選手を補強し、
優勝目指して突っ走らなければいけない時期のの試合は
負けるわけにいかない。

いや♫ 負けるわけはないさ 

だったのですが・・・

004.JPG 

選手は精一杯のことをしているはずだから、
責めたくないけど、

スタンドから観た印象としては、
本当に優勝を目指しているチームなのかよ?

と言いたくなるような、闘いぶりでした。

キックオフから10分ほどは、東京が相手を圧倒!
東の先制ゴールが決まったし、

ゴール裏も大量得点狙っちゃおう、
みたいな雰囲気でした。 

012.JPG

そこから東京は受けに入ってしまったか

この日絶好調のジュリーニョから
ロングボールが都倉に収まり出すと、

あっさり最終ラインを突破され
シュートシュートでピンチの連続

しかし、林が立ちふさがり、
枠内シュートを左手1本でクリアするなど
スーパーセーブで、当たっている と思った矢先

005.JPG

前半42分,ついにセットプレーからジュリーニョに頭で叩き込まれ失点

以後は,東京のリズムで試合が進むことは、
ほとんどありませんでした。 

とにかく、この日のジュリーニョは、
走って,決めて、パス出して、と抜群の存在感でした。

都倉もこんなフィジカル強かったっけ、というくらい
東京と札幌のコンディションに差を感じました。

59分には、ジュリーニョのシュートを顔面でブロックした室屋が
倒れて最終ラインに残ってしまい、都倉にフリーで逆転のシュートを撃たれてしまいました。
 

007.JPG

残り15分で攻撃で効いていたジュリーニョが交代し、

残りの時間、試合を引っかき回して、強引にでも流れを東京サイドに持って来れば、
追いつき、逆転できると,考えていましたが、

引っかき回せる翔哉はベンチに下げてしまったし、
ガムシャラなバーンズ、インスはいないし、
目に映るのは,ペナルティエリアの外でボールを回す選手たち 

大久保がボールをもらいに下がってしまうので、
ゴール前が手薄になって、ウタカも思うような仕事ができない

札幌にリードされたときのプランはどうなっていたんでしょうかね?

で、終わってみればまさかの力負け 

....

次節は レッズ 

正直、勝てそうな気がしない。

010.JPG 

 


FC東京 vs サガン鳥栖(2017 J1 第5節) [FC東京]

さんさん

002.jpg 
 
2017年4月1日(土) 19:04 味の素スタジアム 
J1 第5節  FC東京  3 - 3  サガン鳥栖 
得点 : (東京)70分、86分 ピーターウタカ、76分 橋本拳人、
(鳥栖)4分 豊田陽平、88分 鎌田大地、90分 趙東建、
観客数 19,669人、天候 曇晴、無風、気温 11.4度、湿度 62%、主審 三上正一郎 
 
004.jpg 
 
双方のGKが入れ替わり、どちらも背番号は33
二人ともに好セーブはあったものの、
DFとの連携ミスからやらかして失点
東京の失点は3番森重が絡んで
結果は3対3のドロー 
 
4月になったのが嘘だよーんとばかりに、
3が目立ったゲームで、
33が「燦々」なら太陽が輝いて清々しいけれど、
朝から冷たい雨がちらつき、
桜の花が咲き始めても、冬に逆戻りしたのではないかと思う寒さに
みんな震えていました。 
 
016.jpg
 

試合は開始2分で森重が鳥栖のイバルボを倒してしまいPK献上
キッチリ豊田に決められ
いきなり鳥栖に1点ハンディを与えてしまいました。 
 
東京は前半から選手の動きが悪く
特にセンターバックの二人は、代表戦の疲れもあってか
体の切れが悪かった。

攻撃陣も
鳥栖のしつこい守備をなかなか攻略できず 
大久保、永井は消えたまま  
 
009.JPG
 
東京主導になったのは、
後半、ピーターウタカが投入されてから

同点ゴールは70分、
右サイドで抜けた阿部がクロスを上げ
ウタカが、頭で合わせてズドーン!! 見事な攻撃

これで勢いに乗り、リズムもよくなったし
逆転は時間の問題。
 
76分、ハイボールを処理しようとした権田が、
豊田の背中に乗っかり、ボールをつかみそこね
こぼれたところを拳人が左足を振り抜いてゴール

86分には、権田とキムミンヒョクとの連携ミスからこぼれたボールを
ウタカが無人のゴールに蹴り込んで3点。
 
権田の判断ミスから東京が2点をもらった形となり、
 
010.JPG
 
鳥栖移籍の経緯から
可愛さ余って憎さ100倍で
ゴール裏からは、やっちゃったコール が出ましたが、

実際に権田と話したり、
彼と1回でもふれあったことのある東京サポーターなら
複雑な気持ちになるコールではなかったでしょうかね。
可哀想と感じた人も結構いたでしょう。
 
勝利の女神もそんな空気を感じたか、終了間際に鳥栖に2点与え
権田のちょんぼを帳消しにしてしまいました。 
 
まあ、白髪の疫病神もいたし(笑)
 
守備固めの采配が裏目に出た結果でもありますが。。。 
 
014.JPG  
 
合計で6点入り、結果は劇的でしたが、
全体的にはミスが多い,ピリッとしない試合でした。
 
特に東京サポーターにとっては、
権田に心をかき乱され
空模様と一緒のもやもやしたゲームになってしまいました。
 
試合後、権田がゴール裏へ挨拶に来たそうで、
ネット上に東京サポーターが「土下座」をさせたかのような
印象操作と思しきものもありましたが、 
DAZNで確認したら、東京サポーターの励ましの言葉に
号泣して跪いてしまった流れと解釈しました。
 
育成の頃から東京にお世話になった選手だから
自分の不義理を相当気にしていたんだろうけど、
勝負の世界にいる人間なんだから、
もっと冷徹になっていい。
 
ウェットで、非情と無情がごっちゃになるところが、
FC東京の文化で、それが長所であり、短所でもあるんだけど、
 
彼の場合、ウェットな部分はほどほどでいいです。
 
次回は東京のシュートをバンバン弾き
どや顔でゴール裏に振り向いてほしい。

思い切りブーイングしてあげます。
 
001.jpg 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る