So-net無料ブログ作成
検索選択

清水エスパルス vs FC東京(2015 J1 2nd 第9節) [FC東京]

宏介一閃!!東京を救う 

012.jpg

2015年8月29日(土) 18:04 IAIスタジアム日本平
J1 2nd 第9節  
 清水エスパルス   1 - 1   FC東京  

得点者:(東京) 70分 太田宏介、(清水) 50分 鄭大世、観客数 14,954人、
天候 曇り、弱風、気温 25.3度、湿度 75%、主審 吉田寿光 

005.jpg

IAIスタジアム日本平は日本有数の絶景スタジアム
晴れた日は富士山がくっきりと見えるのですが、
この日はその姿を現わしませんでした。

残念! 

006m.jpg 001m.jpg

017.jpg 

しかし、心配された雨に会わずに済んだので
まあ、よかったな と

試合もこの天気のような感じでしたね。

勝利を期待したんだけど、
とりあえず、負けないでよかった~

みたいな 

002m.jpg 003m.jpg

004.jpg 

清水の選手は必死でしたね。
予想通り、厳しい試合になりました。

キックオフ直後からがんがんプレスに来られ
ウタカ、鄭大世にシュートを撃たれる
東京は15分、バーンズが抜け出して独走、

GKと1対1になるがシュートは撃てない。 

007.jpg

33分には4試合ぶりに帰ってきた太田のクロスから
バーンズがヘッドで後ろ向きに狙うがバーを超える。
バーンズが前線でいい動きをしていましたが、
結果が出ませんでした。

太田のクロスは観ていてほれぼれしますね。
存在感抜群です。

前半終盤は東京ペースでしたが、

スコアレスで折り返し

008m.jpg 009.jpg

後半も開始から清水がハイペースで来ました。

50分、ウタカのシュートを榎本が左手ではじくと、
ボールが鄭大世の前にこぼれ失点

その直後、今度は東京がCKをゲット
太田のクロスに森重がドンピシャで合わせるが
ポストに弾かれ・・・・いやな流れに。

その後しばらくは、清水に押し込まれピンチの連続。 

二人の怪物FW、ピーター・ウタカと鄭大世がいる
清水の前線は迫力があります。

ウタカは、ボールを受けるとパスコースを塞ごうと身体を張るDFの逆をつき
ドリブル突破を図るが、フィジカルが強いから本当に厄介な選手。
しかし、ウタカも背後から走りこむピーターデュークも
この日は決定機にシュートが決まらず助かりました。

また、この日は、天敵の大前がサブというのも、
東京サポとしてはラッキー 逆になぜ出さない? 
と思いました。   

東京では、丸山がいいですね。
今の東京の勝ち点数は、彼の成長なしには獲得できなかったでしょう。
 

014.jpg

67分、東京は平山を投入

東京サポにこよなく愛されているFWが
大ケガから復帰、帰ってきました。

彼がピッチに入って3分後

FKのチャンスに、

出ました!!

太田宏介 芸術的フリーキック

攻めて攻めまくってゴールが決まらない清水を尻目に
一撃で追いつきました。 

平山が運も引き寄せましたね。

011.jpg 

ロスタイムに大ピンチがありましたが、
デュークがサイドネットにシュートしてくれて

1-1のドロー

激しい攻防が続いた
見どころのあるいいゲームでしたね。 
選手はお疲れ様でした。

両チームともに
勝ち点2を失った感のあるくやしい結構ですが、

降格圏にいる清水の方が喪失感は大きいでしょうね。。

リーグ戦は残り8試合
東京は、2ndステージ 4位 首位鹿島との勝ち点差 7
年間順位 3位 首位広島との勝ち点差 5

いい位置にいるんじゃないすか?

013.jpg 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

名古屋グランパス vs FC東京(2015 J1 2nd 第8節) [FC東京]

もどかしい勝ち点1 

005.jpg 

2015年8月22日(土) 19:04 豊田スタジアム
J1 2nd 第8節  名古屋グランパス  0 - 0   FC東京
観客数:19,011人、天候 晴、無風、気温 28.8度、湿度62%、主審:今村義朗 

016m.jpg 017m.jpg

まだまだ暑いです。

豊田市は、トヨタ自動車のお膝元
基本的にはクルマで移動する町なのでしょう。

とにかく鉄道でのアクセスが良くない。

名古屋駅から豊田市まで
地下鉄で向かうと各駅停車で約1時間かかります。
しかも直通がないので、必ずどこか途中の駅で乗り換えなければなりません。
面倒くさい

帰路は満員電車で長時間立ったままの移動になります。
これがなかなか名古屋につかないんですよ。

001m.jpg 002m.jpg
MS OOJA

009m.jpg 008m.jpg

名古屋から名鉄特急で知立へ出て
三河線で豊田市へ行く方法もありますが、

1時間4本の各駅停車で
これまたチンタラしてます。
この電車も、復路の知立行きはかなり混みます。

また以前、中岡崎から愛知環状で
新豊田まで行ったことがあります。

これまた本数少ないし、
この行きかたは正直マニアック。

006.jpg

東京からバスで行く場合、
高速が渋滞すると7時間はかかる。
コストは安いが、身体への負担が大きい。

要するに、豊田スタジアムは
アウェイサポーター、特に年配者にとって
鬱なスタジアムの一つです。

正直、この日本有数のサッカー専用スタジアムを
名古屋市内に空間移動させてほしいです。

007.jpg

というわけで、

試合に勝ちたかったのですが、
結果はスコアレスドロー
なかなか、思うように行かないですねぇ。

チームは今けが人だらけ
この逆境の中、年間順位は3位をキープ
まあ、よくやっていると評価できるでしょう。

しかし、勝ち点3をかすめ取る勝負強さが足りません。

連係ミス、パス出し時の判断ミスからチャンスの芽を潰してしまう
もったいないシーンが何度もありました。

010m.jpg 011m.jpg

名古屋の西野監督のコメントは「攻めあぐねた」

しかし、東京目線では、永井の高くないスキルに救われたという印象です。

31分、永井が抜けだし榎本と1対1になったシーン
「うあああ」と目をふさぎたくなりましたが、
榎本が片足でスーパーセーブ!!

013.jpg

原因を作ったのは吉本のトラップミスでした。

あの凡プレーはいただけない。
決められなくて本当にラッキー!でした。

名古屋は68分、
レアンドロ・ドミンゲス、ノヴァコヴィッチ 同時投入で
勝負をかけてきましたね。

さすが、レドミ。攻撃が活性化し、
CKからの闘莉王のヘディングシュートには肝を冷やしました。

東京は直接ゴールを狙えるFKを2本得ましたが、
丸山のシュートは、相手DFの壁を抜けられずNG。

蹴った丸山に罪はないが、
「太田がいたら」症候群が発症しました。

014.jpg

で、第2ステージ6位

トップ鹿島との勝ち点差は5

優勝のためには、残り9試合 
おそらく一敗もできないでしょう。

年間順位は3位をキープ

東京は4位~6位のチームとの試合がもうありません。
代わりに、1位浦和、2位広島 の2チームとの直接対決が残っているので、
引きずり落とすことが可能。。

十分、チャンスはある。

さあ、次は、日本平で傷だらけのエスパルスとの対戦。

東京は降格圏にいるチームを相手に
非情な闘いをして
勝ちきるのが苦手なんだよな。

特に清水には
大前元紀がいる。

"Oh My God!”はやめてくれ

015.jpg  


FC東京 vs ガンバ大阪(2015 J1 2nd 第7節) [FC東京]

頼りになるネイサン 

037.jpg

2015年8月16日(日) 18:04 味の素スタジアム
J1 2nd 第7節  FC東京  2 - 1  ガンバ大阪 
得点者:(東京)15分 米本拓司、58分 ネイサン・バーンズ、(G大阪)47分 パトリック、
観客数 37,978人、天候 雨のち曇り、無風、気温 26.4度、湿度 87%、主審 扇谷健司 

001.jpg 

日曜日も暑かったですねぇ~

 

年間順位 3位と4位との直接対決

絶対に負けられない 

007m.jpg 018m.jpg

ガンバ大阪には、長年日本代表として活躍した遠藤と今野のほかに
ハリルホジッチ代表監督に呼ばれた
東口、丹羽、藤春、米倉など、

旬な選手がそろっている

そんなこともあってか
38000人近い観客が集まったこの試合

改めて、ガンバは人気チームだと認識した次第です。 

009.jpg

G大阪とはリーグ戦、ナビスコカップ戦で、
過去30回対戦し

11勝13敗6分

うち、アウェイゲームは

3勝10敗2分

万博で7年間勝っていないので、
苦手意識があるかといえば、そんなことはなくて

東京のホームでの対戦成績は

8勝3敗4分

うち3敗は2000年から2002年
国立で一つ、味スタになる前の東京スタジアムで二つ 

010.jpg

ホームで最後に敗れたのはなんと今から13年前

2002年9月4日
ナビスコカップ準々決勝

アマラオ、ケリーがいた時代ですよ。

以後、味の素スタジアムと呼ばれるようになってからは

6勝引き分け3つで 無敗!

今でも印象に残っている試合は

2006年10月22日 リーグ戦第28節

播戸、マグノアウベスのゴールで2点を奪われ
敗色濃厚と思った後半30分過ぎから
3点獲って逆転勝利した試合ですね。

この試合、反撃ののろしを上げたのは 
この日東京サポーターからブーイングを浴びていた今野です。

皮肉なものです。 

011.jpg

この試合

東京の選手は前半から気持ちがこもっていましたね。

森重が撃つ、逆に宇佐美がゴールを狙う
東京とG大阪とのジャブの応酬が続くなか

15分、羽生がスペースにボールを送り
ネイサン・バーンズがこれを確保

ドリブルで前進、相手DFを切り返し、中央へパス!

これを米本が合わせ、
GOOOOOAL!! 

今季初ゴール
ヨネのゴールは数は少ないが、記憶に残るものが多いですね。 

014.jpg

激しい雨が降りしきる中

ガンバに攻め込まれ、シュートを浴びましたが、
ゴール前で、榎本が立ちはだかる

31分、相手から奪ったボールを前田がキープ
右のスペースに走りこんだ河野にパス

これを河野がどフリーで

蹴ったループは、バーに当たって跳ね返って

あああああ 

017.jpg

後半、スタートから徳永が吉本と交替

徳永は甲府で橋爪と衝突し、でっかいタンコブ作っていたので心配。
これ以上、負傷者を出してほしくありません。

この交替で吉本がセンターに入り、
丸山は左サイドへ配置転換 

丸山はパトリックをよく抑えていたし、
バランスが気になりましたが

022.jpg

後半開始2分、東京のちょっとした隙をつかれ
パトリックに決められ

失点

サポーターの心の声は
「河野、なんで決めなかったんだよぉ」

だったのでは?

023.jpg

その後、勢いづくガンバの攻撃に苦しめられますが

58分、ドリブルで米本が前進、右の羽生にパス
羽生が上げたクロスは、ガンバDFを引きつけた前田の後ろ

走りこんだバーンズにピタリと合って
ダイビングヘッド!!
ズドーーーーン!

GOOOO
OOOAL!!
 

027.jpg

終盤にもガンバの猛抗に遭い
「うわ、やられた!」と
目をつぶるシーンがありましたが

榎本とポストがゴールを死守

あの名手遠藤が、軽率なパスミスをしたり、FKでふかしたり

ガンバにとっての「鬼門」ですね 

020m.jpg 025m.jpg

難敵を下して連勝!!

028.jpg

けが人続出のチームは

ベテラン榎本とバーンズに救われています。

029m.jpg 033m.jpg 

032.jpg

中でも、ネイサンバーンズ

俊敏で、ボール扱いが巧みだし、相手の裏をかく賢さもある

FC東京はいい選手を獲りましたよ。

甲府でも、決定的な場面のお膳立て(東が外したが・・・)をしていたし、
この日、2得点に絡む大活躍

第2ステージの注目選手の一人になるのは間違いないでしょう。 

030m.jpg 035m.jpg

前年覇者のガンバに対し、1点リードしたまま
ゲームをしっかり閉め、勝ち切ることができたことは、
選手の大きな自信に繋がるでしょうね。

これで2ndステージ 

首位鹿島と勝ち点3差の4位

年間順位でも2位広島と勝ち点1差 で3位

優勝を十分狙える位置にいます。


次は名古屋

039.jpg 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ヴァンフォーレ甲府 vs FC東京(2015 J1 2nd 第6節) [FC東京]

パパの甲斐性

015.jpg 

2015年8月12日(土) 19:04  山梨中銀スタジアム
J1 2nd 第6   ヴァンフォーレ甲府 
  0 - 1  FC東京 
得点者:(東京)62分 高橋秀人、観客数 12,164人、
天候 晴れ、弱風、気温 28.9度、湿度 53%、主審 松尾一

032m.jpg 031m.jpg
(勝沼 「かざま」のもつ煮は絶品)

前節、アイドロングで新潟に完勝
いい流れのまま次の試合に臨みたかったわけですが、

東アジア杯開催でJリーグは2週間中断
その間、東京は猛暑続きで
8月お盆のウィークに、クルマで甲府へ向かったサポーターは
渋滞にはまりイライラ

東京サポの勢いは、どこかへ飛んで行ってしまいましたよ。

002m.jpg 003m.jpg
(笛吹高校の生徒たちによるパフォーマンスとかわいいフェアプレイ宣言)

チームは独逸遠征を含め、リーグ戦再開に向け
調整していたと思いますが
石川が長期離脱、権田も心配、梶山、太田 
けが人だらけになってしまいました。

009.jpg

特にGKは、サブの圏までが負傷
これでベテラン榎本まで怪我をしてしまったら、
高校生の波多野しかいなくなるという非常事態

しかし、榎本はマリノスの正GKだった経験、貫録をみせてくれたし、
これまでベンチにいる時間が長かった高橋
期待の新外国人選手 バーンズも活躍

終わってみれば、手堅く勝ち点3をゲット! 

011.jpg

甲府は堅守が売りのチーム

しかし攻撃の方はいたってシンプル
ボールを奪っては、前線のバレーめがけてキック
バレーがポストで落とすか、自ら前を向いてシュートを放つ算段
戦術は「バレー」

他の選手は、あまりシュートを撃たないので

あまり怖さを感Jませんでした。   

008.jpg

キックオフは19時4分
開始直後から、甲府は東京の攻撃を封じようと
守備に人数をかけてきました。

東京も相手のカウンターを警戒
バレーに仕事をさせないよう、森重、丸山が奮闘   

前半は甲府の作戦通り、
東京はろくにシュートを撃てないまま、
スコアレスで前半折り返し

012m.jpg 013m.jpg

後半は一転、東京が猛抗
54分、バーンズが右から甲府DFを切り返しながら
中央へ侵入、クロスはファーにいた東のヘッドにドンピシャと合ってゴーーール!
かと思ったら、バーに当たってパカーーーーン!

東は東

東京サポーターの脳裏に、
惜しくも枠を外れる彼のシュートの映像がフラッシュバックしたことでしょう。
本当にゴールに嫌われています。

しかし、62分、
ゴール前の混戦から、こぼれたボールを高橋がジャンピング シュート
GOOOOOOAL!!

パパ おめでとう! 

017.jpg

失点を取り返さなければならなくなった甲府は
やっと攻撃のスイッチが入ったか
終盤、東京ははかなり押し込まれました。

最大のピンチは83分
自陣でボールを阿部に渡してしまい
榎本との1対1の状況でシュートを撃たれた場面

榎本はこれを右手一本でセーブ

しかし、これ以外、決定的なシュートは撃たせませんでした。 

019m.jpg 020m.jpg

この試合の甲府のシュートは3本
メインスタンドの甲府サポから
「シュート撃てよ」と劇が飛んでいましたが

「シュート撃て」コールは東京も得意(?)
お気持ちよくわかります。 

021.jpg

高橋が挙げた1点を守っての勝利
優勝するためには、こういう試合で、しっかり勝ちきることが大事。
そういう意味で、この勝利はチームの大きな自信になるでしょうね。

出番が少なかった高橋秀人がもらったチャンスをきっちりと生かしました。
長男が生まれたばかりということで、嬉しそうでした。

 

同じ青赤の甲府にはがんばってほしいです。
東京から遠征する場合、
距離が100キロ少しと手頃

甲府駅前の商店街は大分寂れましたが、
山梨県内には観光資源がいっぱいあるので、

来年も「青赤ダービー」があれば、来ようと思います。 

023.jpg

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京 vs ベガルタ仙台(2015 J1 2nd 第5節) [FC東京]

前田前田

017.jpg

2015年7月29日(水)19:03 味の素スタジアム
J1 2nd 第5節
  FC東京  3-1  ベガルタ仙台   
点:(東京)9分 森重真人、23分 34分 前田遼一 (仙台)68分 金久保清 
観客数 16,635人、天候 晴、弱風、気温 29.0度、湿度 70%、主審 福島孝一

001.jpg

FC東京の試合の観戦記をつけていますが、
パソコンの不具合とその他もろもろ余裕がなく
ご無沙汰になってしまいました。
その間の試合は思いだしだし
バックデートでアップしておこう思っています。

この試合の前の日曜日
軽飛行機が味の素スタジアムの近くに墜落し、
3人の方が亡くなりました。

見慣れた景色の中で起こった事故だけに
心が揺さぶられたサポーターも多かったことと思います。

キックオフ前に、黙祷が行われました。
亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。 

002.jpg

微妙な空気の中でのキックオフで、
前半、仙台の選手は調子が出なかったかもしれません。

また、仙台にとっては、味スタが鬼門だそうで
過去、東京に勝ったことがない。
そんな相性もあってか、

開始8分で、サンダサがPA外でもらったFKから、
太田がエグいクロスを送り、これを森重が点で合わせて先制 

003m.jpg 004m.jpg

東京はボールを支配するもののなかなかシュートに持ち込めない。
しかし、この日ケガの梶山、出場停止の高橋に代わり、
先発した野澤が活躍
23分、相手が攻め上がるところを、野澤がプレスをかけボール奪取し、前田にパス。
これを前田が左足で合わせGOOOOOOAL!! 

005.jpg

さらに34分には、相手DFがヘッドで落としたボールを跳ね返すと
そのまま、ゴールへ向かい突進
最後はキーパーをかわしながら、ボールをふんわりと技あり
GOOOOOOAL!!

翔哉には見習ってほしいですね。 

006m.jpg 010m.jpg

前半で3点をリード、
シュートは3本で3点なので、効率がいいとはいえ、
ほめられた攻撃ではなかったと思いますが、

気分的には左うちわ

54分には徳永がピッチ中央をドリブル突進しシュート!!
最後はGKにセーブされましたが、
これが決まっていれば、今年の東京のベストゴールだったかもしれません。

勝負が決まる、ダメ押しになったはずだし
惜しかった!

前半、バラバラだった仙台は、
後半、別のチームのようにボールが繋がり
77分に金久保に決められ、東京が劣勢に、

1stで仙台へ行かれたサポーターは
ユアスタでの反攻を思い出し
嫌な予感が していたたそうですが 

011m.jpg 012m.jpg

手堅く守り切り、ホームで快勝 

ヒーローはもちろん2得点の前田
よっちの移籍後、期待されながら、
今一つインパクトが欠けていただけに、

やっと”青赤の前田”が見れたという感想です。 

013m.jpg 016m.jpg

前節、鬼門鹿島で敗れ、
雰囲気が悪くなりかけていただけに、
勝ってよかったですよ。

年間順位も3位 キープ 

015.jpg

野澤はまずまず

後半は消えていた印象がありますが、
もっと、積極的にシュートを狙っていいと思います。

018.jpg 

(今日の東京ドロンパ) 

かわいいな

007.jpg 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る