So-net無料ブログ作成
検索選択

鹿島アントラーズ vs FC東京(2015 J1 2nd 第4節) [FC東京]

鬼門鹿島 

017.jpg

2015年07月25日(土) 18:34 県立カシマサッカースタジアム
J1 2nd 第4節  鹿島アントラーズ   2 -1   FC東京
得点者:(東京)70分 ネイサン・バーンズ、(鹿島)30分 柴崎岳、81分 昌子源
観客数: 17,804人、天候 晴、無風 気温 27.8度 湿度 80%、主審 村上伸次  

018.jpg 

暑かったすねえ~
今年もFC東京にとって鹿島は鬼門でした。

そもそも、鬼門とは何か?
丑と寅の間の方位、要するに東北の方角を言います。
日光東照宮が江戸にとって鬼門に建てられたと聞いたことがありますが、

鹿島もどちらかといえば方角は東北
リーグ戦で全然勝てないカシマスタジアムは、
FC東京にとっては、もともと鬼門なんですよ。

話のついでですが、

東京から鹿島へと向かう途中、利根川と北浦を超えますよね。 
だだっ広い湖面が見えます。

かつて、ここには霞ヶ浦も北海も一緒になった香取海という巨大な内海があり、
古代から海上交通の重要な拠点でした。
経済的に繁栄していた地域なんですね。

それゆえ、時代時代の権力者たちから狙われ
平安時代ではあの平将門が支配したり、
源平の頃は相馬御厨を巡り内乱になったり
実はこの地域の歴史はダイナミックなんです。 

021.jpg
(香取神宮本殿) 

鹿島神宮と香取神宮(写真)
やたら立派で、格のある二つの神社が、至近距離で存在する理由は、
内海への海からの入り口を北と南から護るためで
それほど、重要な土地だったんですね。

と、諸々ありますが、

都心に平将門の首塚がある東京にとって、
この地はそもそも相性がよくないのかもしれません。 

027.jpg
(香取神宮の鹿) 

前節負傷した梶山が戦線離脱。太田と東もいない。
そこで丸山をSBにし、サンダサ、河野を先発起用。

前節途中交代で見せ場を作ったサンダサには
期待に胸が膨らんだわけですが・・・・
世の中そううまく行きません。 

002.jpg

鹿島は、今シーズン成績不振。
前節は松本に敗れ、セレーゾ監督が解任されたばかり。
どん底状態で、逆に選手のモチベーションが高くなる
東京にとっては嫌な状況での対戦となりました。 

005.jpg

試合開始から15分間は、東京がボールを支配、
鹿島は積極的にパンチを繰り出してくるいつもの鹿島と違う
この時間にゴールを決めてしまえ!!

と思ったわけですが、自分たちのミスが流れを変えてしまいました。 

004.jpg

19分、右に展開され伊東が撃ったシュートはポストをヒット!
さらに、26分の赤崎のシュートはバー直撃

ツキは東京にあり!

006m.jpg 007m.jpg

と思ったのもつかの間

柴崎岳をフリーにしてしまい、
ミドルシュートが吉本に当たってコースが変わり
さすがの権田も反応できなかった

失点。。。

それでも、前半は1失点に抑えることができ、
まだまだ逆転可能と希望が残りました。

009.jpg

マッシモ監督は、後半から左SBに松田を投入、DFを配置換えし、
反撃に入りました。

すると、53分、前田のスライディングしながらのシュートはポストをヒット!
惜しい!!
しかし、前半より得点の匂いは強くなりました。
さらに攻撃活性化のため、61分にサンダサに代えネイサン投入

すると69分、権田がFKから前線に送ったロングボールを
前田がヘッドで前に送ると、走りこんだネイサンがゴールマウスにボールを流し込む
GOOOOOAL!!  

012.jpg

さあ、行け!

勢いを増した東京攻撃陣が鹿島ゴールに迫るが
決められない。
すると81分、ちょっとした隙が生まれたか?

鹿島の右CKから、この日大活躍の昌子にヘッドで決まられ
再度リードを許してしまう 

015.jpg

残り10分と少しで、必死に反撃しましたが、

そのまま 1-2 で敗戦。。。。 

016.jpg 

やはりミスしてはいけません。
相手に勢いを取り戻させてしまいました。

鹿島の選手たちは石井監督の初陣に勝ち点3をプレゼント。
東京にとっては、相手のツキのなさを逆手にとって
キッチリ勝つチャンスがあっただけに、
もったいないことをしました。

年間王者になるためには、こういう試合に勝たなければいけないけど、

気持ちを切り替え
次です 次 

019.jpg 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

川崎フロンターレ vs FC東京(2015 J1 2nd 第1節) [FC東京]

ムトロス症候群 

021.jpg

2015年7月11日(土) 18:30 等々力陸上競技場
J1 2nd 第1節  川崎フロンターレ  2 - 0   FC東京 
得点者:(川崎) 52分 エウシーニョ、74分 レナト、観客数 23,793人、
天候 晴、弱風、気温 26.1度、湿度71%、主審 佐藤隆治 

024m.jpg

早くも、今年2度目の多摩川クラシコ 

023m.jpg 022m.jpg

フロンターレの裏方さんたち、がんばってますよねぇ。  

001.jpg

第26回 多摩川クラシコの会場は、
新装なった等々力陸上競技場です。

002.jpg

いつも観ているゴール裏ではなく

今回はメインスタンドの2階に陣取って観戦しました。

メイン側は、広いコンコースがあり、飲食できるテラスがあり、一見豪華

しかし、問題は座席。2階は前の席との間隔が狭く窮屈

一度中に入ったら、なかなか抜け出せない感じ。

身体の大きい方は避けた方がいいです。 

004.jpg  

003.jpg 

東京はいつもの4バック、梶山がアンカー
ボランチ米本が復帰し、羽生とともにサイドに張り
前は東と石川、前田のツートップの布陣。

東京としては激しくプレスをかけ、ボールを奪ったらパスをすばやくつなぎゴール前に迫りたい。
そのために、運動量が多く、俊敏な選手を配しました。

007.jpg

一方の川崎も技術力は高い。
中盤には中村憲剛、エウシーニョ
前線には大久保、レナトの強力なFWがいる。
殴り合いのような試合になるだろうと思いましたが・・・・  

009.jpg

前半は東京の狙い通り。

相手のバックパスを奪い、東がもらったFKを太田が狙う。
パスカットからの逆襲で、石川、東、前田でチャンスを作る
しかし、ゴールにならない。 

タイミングが合っていないし、
この場面で武藤がいたら、
スペースに抜け出てチャンスになっただろうなぁ・・・

と、ムトロス症候群?が出てしまいました。 

008.jpg

この日の主審、佐藤さんの笛が不安定で

特に後半、52分に川崎に先制されて以降、

東京としては流してほしい場面で、
試合を止められFKにされたり、

逆に、明らかに相手のファウルなのに
流されてしまったり、

いいリズムでサッカーができなくなってしまったように感じました。  

011m.jpg 012m.jpg

014m.jpg 015m.jpg

61分、東に代わり期待のネイサン・バーンズが登場
闘志が伝わってくる良さげな選手ですが、
コンビネーションが今一つ 

スペースへ抜け出してもパスが出てこない。
逆方向へのパスを選択し、奪われ、カウンターをくらう 

016m.jpg 017m.jpg

018m.jpg 020m.jpg

65分には高橋を投入
ダブルボランチにし、流れを変えようと組織変更するも功を奏さず

74分、レナトにFKから直接決められ万事休す。

その後、中島を入れるも、後の祭り
攻撃にリズムができないまま 終了の笛 


終わってみれば完敗で、
2ndステージの闘いの出ばなをくじかれてしまいました。

主審のジャッジにイライラさせられたし、
武藤がいない攻撃陣に不安を感じたし、

後味の良くない試合で

帰りの南武線のすし詰め状態が
身体にこたえました。

026.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る