So-net無料ブログ作成

FC東京 vs 清水エスパルス (2015 J1 1st 第17節) [FC東京]

孝行息子の門出を祝う

139.jpg 

2015年6月27日(土) 19:04 味の素スタジアム
J1 1st 第17節 
  FC東京 
 3 - 2  清水エスパルス 
得点者:(東京) 38分 東慶悟、60分 66分 前田遼一 (清水) 51分 大前元紀、83分 石毛秀樹、観客数 41,363人、
天候 曇り、無風、気温 24度、湿度 83%、主審 山本雄大

 

127s.jpg 128s.jpg

Jリーグのクラブにはそれぞれコアなサポがいまして、
FC東京も例外なく、SOCIO歴、ビグフレ歴 10年以上というサポーターがゴロゴロいます。

こういうサポーターは、自由席でも自分の目線というものがあり、
だいたいいつも同じ場所に陣取ります。

そんなサポーターを、昨年から困惑させているよっち武藤。
いつもの調子でスタジアムへ来たら、
ありゃ、様子がおかしい、やけに人が多い
いつもの席に座れないかも・・・
 

130.jpg image4.JPG

9節の多摩川クラシコが42604人、5月の鹿島戦は42070人
そして、この日の清水戦が41363人
第1ステージで3度も40000人超えだなんて

ビックリです。

102.jpg

クラブ想いのコアサポは
FC東京が大都会東京のクラブでありながら
もっとお客さんが入っていいのに
もっと都民にスタジアムに足を運んでほしい
そう思ってはいたものの

チケットが完売し
長い長い入場待機列ができ
コンコースは大混雑
なかなか便器にたどりつけないトイレの行列

こういう現実をみると
面倒くせ~な
と、言いたくなってしまいます。

104b.jpg

これも、孝行息子のよっちのおかげ。

そのよっちが、8月からはドイツのマインツでプレーします。
彼が移籍した後もこれだけの一見さんがきてくださるのか?

そんな、余計な心配をしながら 

112.jpg

清水相手に壮行試合。

40000人の前で、華麗にゴールを決め
ヒーローインタビューはよっち
普段はサッカーを取り上げないメディアは
この予定調和なシナリオを準備していましたが、

108.jpg

清水だって、1stステージ、守備がボロボロだったとはいえ、
いい選手が揃ってます。
降格圏内から抜け出しため、落とせない一戦だったでしょう。 

109m.jpg 110m.jpg

東京は前半から積極的に前へ進出
22分には太田が仕掛け、東に送ったクロスは枠を外れ
ああ、またかよ

一方清水は、ウタカがフリーで撃ったシュートは権田がキャッチ
パスミスから招いたピンチに、リアに抜け出した水谷はシュートミス。
助けられました。 

38分、梶山がボール奪取すると、
東へスルーパス。そして東のGOOOOOAL!! 

やっと決めましたw 

113.jpg

後半、清水に同点に追いつかれましたが、

東京にも負けられない事情がある。 

114.jpg

66分、太田のFKからのボールを、

よっちではなく、前田が点で合わせて

GOOOOOAL!! 

117.jpg

さらに、前田がもう1点。

よっちの壮行会が
前田デーになってしまいました。

みんなが期待したヨッチのゴールは不発 

118.jpg

清水の石毛にミドルからスーパーゴールを決められ
1点差になってからは、

モチベーションが復活した清水に押し込まれハラハラ

何とか逃げ切り、しっかり勝ち点3をゲット 

120m.jpg 122m.jpg

とにかく、中断前の試合を勝って終えることができてよかった。

いい流れのまま、2ndステージへの準備ができるでしょう。 

125.jpg 

勝ちたかったのはよっちよりそっち(笑) 

101.jpg 125m.jpg

とにかく、よっち武藤には、ドイツで大活躍してほしい。

将来は日本代表のレジェンドとなり、

東京に戻ってきてほしいです。

135.jpg

141.jpg 

136s.jpg 138s.jpg

140.jpg 


サガン鳥栖 vs FC東京(2015 J1 1st 第16節) [FC東京]

祝 J1初ゴール

019.jpg 
 
2015年6月20日(土) 16:04 ベストアメニティスタジアム
J1 1st 第16節  サガン鳥栖  1 - 2  FC東京 
得点者:(鳥栖) 17分 金民友、(東京) 69分 中島翔哉、75分 森重真人
観客数 16,871人、天
候 晴、弱風、気温 26.1度、湿度 56%、主審 高山啓義
 
020.jpg
 
よっち武藤のプレーを生で観られるのも、
この試合を入れてあと二試合。

そんなプレミア感があってか、
ビジターゴール裏は激混み。

チケットを手にしながら、席を確保できない人たちが
通路に溢れかえっていました。 
 
002s.jpg 001s.jpg
 
サッカー観戦に慣れていない、家族連れが入り口で困惑していたり、
係員と口論になっていたり、

そもそもビジター自由は立ち見席しかないのだから
小さな子どもを連れた家族は、アウェーグッズを身につけないことを条件に
三階席へ券種変更を認めるとか
臨機応変に対応すればいいのに、

粋な計らいができるか、
折角お子さんのために思い腰を上げたお母さんとかが
この試合でスタジアムには懲りた、
みたいなことにならなければいいなと。

Jリーグのサポーターとして少し気になりました 
 
003.jpg
 
試合は2-1

逆転勝利です。 
 
005m.jpg 006m.jpg
 
鳥栖の攻撃はシンプル。

前線の豊田めがけ、ロングボールをポーーーン
強いフィジカル生かし、セカンドボールを奪取する。

豊田には吉本が勝負を挑み防衛するものの
ボールの落下地点に相手選手に先に走り込まれ
劣勢を強いられる場面が続きました。
 
004.jpg
 
14分には東京キラーの水沼に決定的場面でシュートを撃たれヒヤッとすると、
17分、コーナーから、藤田のクロスを金民友に合わされ失点!  
 
008.jpg
 
前半は、ボールが繋がらず、ほとんどいいところなく終了。

ただ、鳥栖は明らかに前半飛ばしていたので、
この高い気温の中、この運動量の多さが
いつまで続くか

後半は巻き返せるだろうとは思いました。 
 
 
012.jpg  
 
013.jpg
 
51分、タマに替え、中島翔哉を投入
翔哉はそのまま2列目で、忍者のような素早い動きで
東京の攻撃を活性化させる。

54分には武藤→太田とボールを回し
翔哉がやや強引にシュート!
試合の流れを東京に引き寄せました。

そして69分、徳永がクロスを上げ、武藤がヘッドで当てると、
ファーでボールに反応した翔哉が
左45度から思い切りよくシューーート!

ボールは狙い通り、ゴール右隅に突き刺さり
GOOOOOOAL!!
 
翔哉のJ1初ゴールで、追いつきました。

覚醒しましたね。 
 
014.jpg 

こうなると、もう東京は止まれない。

74分、武藤がゴールに突進、こぼれ球に反応した前田が
PA内で林に倒され、PKゲット!

キッカーは森重、冷静に決めて逆転!
 
016.jpg
 
ホームの大声援を受け
最後まで必死にボールを追いかける鳥栖の選手たちでしたが、
一歩及ばず無情の笛がなる。

いい勝負をしながらも黒星が増えて行く。
完全に負のスパイラルに陥ってしまったようですね。

でも、どこかが勝てば、どこかが負ける、仕方がないっす。
 
017.jpg
 
九州から、貴重な勝ち点3を持ち帰ることになりました。

そういえば、J1の1stステージ2位は、
チャンピオンシップへの出場権があるんでした。

→これは間違い。出場権は年間順位3位以内が条件で、ステージ2位は対象外でした。

17節の結果次第で、十分可能性があるし
世間では、次の清水戦はよっちの壮行試合みたいに見られていますが、
この日の勝利で、さらに絶対負けてはいけない試合になりましたね。 

翔哉、次も頼む。 
 
018.jpg 

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

松本山雅FC vs FC東京 (2015 J1 1st 第15節) [FC東京]

信州で辛勝!?

017.jpg

2015年6月7日(日) 16:04 松本平広域公園総合球技場
J1 1st 第15節  松本山雅FC  1 - 2  FC東京 
得点者:(東京) 27分 橋本拳人、45+3分 武藤嘉紀(松本) 63分 大久保裕樹、
観客数 17,617人、天
候 晴のち曇、中風、気温 22.5度、湿度 54%、主審 扇谷健司 

019s.jpg 001s.jpg

アルウィン到着が11時少し前。
16時キックオフ、14時開門で、12時に列整理をするというので、
急いで近くの蕎麦処で昼食をとり、アルウィンに戻りました。

人数を聴いてそのスペースを確保する作業(と思われる)で、
一組ごとにご丁寧に対応するものだから、普通なら列整理で前に詰まるのが、逆に後ろに下げさせられてしまいました。
おかげで、列整理の時間に戻らなかった人の荷物が前に進むことになり、これにはさすがの東京サポからもブーイング。

004.jpg

松本のルールがあって、”郷に従え”もわかるけど、
東京のコアサポは行列に慣れているし、空気読めるから
最初に並んでいた状態で大丈夫。混乱しませんぜ。

大きくなります ↓
002.jpg

やるなら、10時くらいに列整理し、あとから来た人たちは人数を確認してシート貼らせればいいのに、
これでは、観光できない、落ち着いて昼食をとれない、スタグルにも出動できない
まあ、無駄な時間と労力を費やしているな~と思いました。
松本にとって経済損失が大きかったのでは?(そうでもないか)

021.jpg

ナビスコ杯に続き、今年二回目の松本遠征
人の多さ、列の長さ、やはりリーグ戦が本番だなと再確認。

3日の湘南戦では、相手チームに大竹、岡田がいて、
先発にアカデミー出身7人という状態になりましたが、
この日は、東京だけでスタメン7人がアカデミー出身者
ユース時代から応援しているサポーターには感慨深いものがあったでしょう。

006.jpg

試合。

結果は勝利。

しかし苦しめられました。

007.jpg

008s.jpg 009s.jpg

球際で激しく当たられ、武藤も厳しいマークに遭い
なかなかいい形が作れない。
均衡を破ったのは前半27分
丸山のフィード、太田につながって左サイドからクロス
飛び込んだ拳人がつま先でコースを変え GOOOOAL!!

010.jpg

おめでとう!

J1初先発で、初ゴール
マッシモの期待に応え、結果を出しました。

松本はサイドを起点に、人数をかけて攻め込んできましたが
東京のDF陣が落ち着いて対応
前半ロスタイムに、松本DFのハンドでPKをもらい
よっちがきっちり決めて2-0

011.jpg

後半は、前に出てくる松本の攻撃を凌ぎながら
カウンターでとどめをさす
というシナリオを描いていましたが、これが大外れ

012s.jpg 020s.jpg


アルウィンの大声援に、スイッチが入った松本の選手たちの執念
ど根性サッカーに圧倒され、一点返されてからは
ハラハラドキドキの連続。

013.jpg

なんとか逃げ切って、胸をなでおろしました。 

第1ステージの優勝争いからは脱落しましたが、
頭を切り替え、年間最多勝ち点を目指しポイント稼ぎ
貴重な一勝ですが、リーグのレギュレーションが複雑で
あまり歓びが沸いてきません。

2ステージ制は、プレイオフのために戦っている感じ。
やはり、リーグ戦の一試合の重み、価値がおかしくなってます。

いずれにしても、第1ステージもあと2試合
2位を獲る意味はあるし、大事に戦わないといけません。

014.jpg

おまけは、せっかく松本まで行ったので、
足を伸ばして

上高地の美しい景色を観て和んでください。

001.jpg

大きくなります ↓
002.jpg

003.jpg

004.jpg 

005.jpg 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

湘南ベルマーレ vs FC東京 (2015 ナビスコ杯 予選リーグ 第7節) [FC東京]

予選リーグ突破!!

001.jpg

2015年6月3日(水) 16:04 Shonan BMWスタジアム平塚
ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第7節 
 湘南ベルマーレ  0 - 0  FC東京 
観客数 6,582人、天候 曇、中風、気温 23.1度、湿度 77%、主審 村上伸次

平日の平塚は遠いです。

002s.jpg 003s.jpg

翌日の仕事のことが頭をよぎり、
今ひとつ弾けられない。

とはいえ、雨止んだし

来ちゃったもんね。

004.jpg

夕方から気温が下がり、
湿度も心配したほど高くない。

後は、マインツに移籍が決まったよっちのゴールが見れれば、
いい気分で東海道線で帰れる、、、

と思ったのですが、正直

つまらなかった。

008.jpg

結果が全てとはいえ、プロだからいろいろ楽しませてほしいわけですが、
これといった大きな見せ場もなく、
スコアレスで試合終了

注目といえば、東京5人、湘南2人、
先発メンバーにアカデミー出身者が7人いたこと。
ユースから応援しているサポーターには感慨深いメンバーだったかもしれません。

005.jpg


予選突破。
日程、組み合わせはまだですが、
名古屋、大阪、神戸、

ナビスコ杯でまた西へ遠征できそうな感じですね。 
もちろん、お金が使えれば、の話。

リーグ戦が短期決戦になったため、
どうもカップ戦、ナビスコ杯に興味が沸きません。

ナビスコ様には申し訳ないけど。

006.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る