So-net無料ブログ作成
検索選択

アルビレックス新潟 vs FC東京(2015 J1 1st 第8節) [FC東京]

伊國流勝点収奪法
 
015.jpg  
 
2015年04月29日(水祝) 14:04 デンカビッグスワンスタジアム
J1 1st 第8節  アルビレックス新潟  0 - 1  FC東京
得点者 (東京)87分 森重真人、観客数 22,318人、
天候 晴れ、無風、気温 20.8度、湿度 50%、主審:木村博之
 
 
020.jpg
 
8日間で、山形、新潟、仙台でビジターゲームとは
日程くんは、ずいぶん偏ったスケジュールにしてくれたものです。

日程発表当初は、仕事のこともあるので
4/29 新潟戦と 5/6 仙台戦の生観戦は諦めていましたが、 

新潟はキックオフ時間が14時、十分日帰りできる
ということで急遽 出陣しました。 
 
021m.jpg 023m.jpg
 
ビッグスワンのグルメと言えば、なんといっても串焼き
イカ、エビ、その他ニシ貝、つぶ貝、ホタテ、はまぐりなど貝や魚の海鮮系
その他、広場に出ている売店のフーズはお薦め

ビジター側のスタジアム内は今一今二今三ですが、
外は、青赤の胃袋を満足させるいい品売ってます。

値段もリーズナブル・・・といっても写真はありません(笑) 
 
001.jpg
 
新潟と言えば、アルビレックスのチアリーダー
最近は観客席のコールと一体化しているんですね。

一時、人数が減って心配しましたが、
いい感じでスタジアムの景色に溶け込んでいるように見えました。
 
004.jpg
 
ビッグスワンは一時、30000人を超える
大観衆で埋まるJリーグの優等生というイメージでしたが

今年は明らかに集客に苦労していますね。 
 
006.jpg
 
いいサッカーをしているけど、
ライト層に足を運んでもらえない 
 
浦和あたりと同じ悩みを抱えている感じです。

過去何度かビッグスワンに来ていますが、
今回が一番人が少なかったです。

とはいえ、来場者は22000人以上

もともと、30000人、40000人が特別だったわけで
世間の日本サッカーへの関心度合いを考えれば、
新潟で20000人入れば御の字
 
東京こそ、この2倍以上集めなければいけない。
他人事ではありません。 
 
007.jpg
 
さて、試合は4日前の山形戦同様、
相手の気迫あふれる攻撃に押し込まれました。

中盤に君臨するレオシルバには、
米本が果敢に戦いを挑みましたが
ときにボールを操られ、何度か効果的なパスを配給されてしまいました。

しかし、最終ラインでは森重、吉本らが身体を張って跳ね返す
あるいは相手がシュートを外してくれる。
 
008.jpg
 
東京のFW陣は新潟の厳しいマークに遭い
なかなかシュートが撃てない。 
 
この日、シュートの数は新潟14本、東京4本

明らかにシュートへの意識が新潟と比べ足りないし 

正直、前半は 面白くねえなぁ~ 

と思いながらの観戦でした。 
 
012.jpg 010.jpg
 
スコアレスのまま前半終了

出場停止の梶山の代わりに高橋を入れたが、
今一つしっくりきていない感じで、
 
後半途中で4-4-2にシステムを変えましたが 
あまり効果がなかったですね。 
 
011.jpg 
 
攻撃に切り替わった時の、押上げが遅いし
運動量も足りないということで、後半途中から投入の
三田と林に期待がかかったんだけど、

新潟の勢いが止まりませんでした。
 
66分のラファエルシルバのシュート
80分のゴール前で立て続けにシュートを撃たれた場面など
 
危機一髪が続き、やばいと思っていた、そんな時間帯
 
009.jpg 013.jpg
 
86分、
PA手前右寄りから東京がFKゲット
 
太田が蹴ったボールは林がヘッドでコースを変え、
ゴール右隅へと一直線
GK守田が左手で触れたボールがポストに当たると

斜め左から、DFのすき間を抜けて走りこんできた
森重の前に跳ね返り、難なく

GOOOOOAL!!
  
014.jpg
 
よく、ツキも実力のうち、というけれど、
東京の得点シーンは、かなり緻密な計算と
高い技術に裏づけられていて、
運だけじゃないぞ、ということです。

新潟としては、
東京にほとんどシュートを撃たせなかったし、
ボールを中盤で支配できたし、ビッグチャンスもあったし

あの時決めていれば・・・の「たられば」状態でしょう。
レオシルバがいらつくのもわからないでもありませんが、 

足を蹴っちゃだめだよォ 
 
016.jpg
 
東京の攻撃は、前の試合で迫力不足と思ったけれど、

同日、あの高い攻撃力のフロンターレが、柏に4失点で粉砕!
上へ行くためには、やはり守備が大事だなあと改めて実感しました。

これで、東京はリーグ戦8試合で、1-0の試合が4
この試合も、相手に一方的に押されながらも、
ワンチャンスで勝利をものにしたゲーム。

下位チームから取りこぼしをしないというところは
かつてのイタリア代表のような憎たらしさがあります。

もしかして、これがイタリア流のリアリズム?

この闘い方で優勝という結果につながるのなら
それはそれでうれしいのですが、が、
観ていてあまり面白くないなぁ

個人的には、バカリズムも捨てがたい???  
 
017.jpg
 
エース武藤は無得点に終わりましたが、
後半、ダイレクトで撃てる絶好のシュートチャンスがありました。

周りを観てしまいましたが、もっと貪欲にゴールを狙っても
サポーターは文句言わないよ。

後半、試合が荒れたせいか、森重のシャー!はなし。

吉本の We Are Tokyo で盛り上がっての帰還となりました。

次は多摩川クラシコ

イタリア流の真価が問われます。負けるなよ。
 
018m.jpg 019m.jpg
 

モンテディオ山形 vs FC東京(2015 J1 1st 第7節) [FC東京]

一手勝ち

024.jpg 

2015年4月25日(土) 18:34 NDソフトスタジアム山形
J1 1st 第7節  モンテディオ山形  0 - 1  FC東京 
得点者:(東京) 22分 太田宏介、観客数 11,524人、

天候 晴れ、無風、気温 11.5度、湿度 33%、主審 佐藤隆治 

001-4.jpg

4月25日 土曜日
東京の桜は花が散ってしまいましたが、
山形ではまだ木々にピンクが残っていました。

この日、天童は桜祭りが開催され
山の上の鶴舞公園の広場では、
恒例の人間将棋イベントがあるということで、見物してきました。

本番のサイレントな対局と違い、
棋士同士が心中を語りながらの掛け合いが面白いし、
プロ棋士のわかりやすい解説もあるし
将棋をよく知らない私でも、十分楽しめました。

002.jpg

山形地方、いい天気でした。

陽気もいいので、鶴舞公園からNDソフトスタジアムへは歩いていきました。

山の上のライトバンのおやじさんに、
地元の人しか通らないという、山中の近道を教えていただき、
一気に下山。

ぶらぶらと、国道を南にてくてく歩けば
すももの白い花、レンゲや土筆の出た野っ原がきれい!

003.jpg

で、NDソフトスタジアムに到着したのが午後3時 

004.jpg

2009年以来、久しぶりです。

⇒ 2009年の山形戦

もう6年も経っていました。

長谷川悠のヘッド一発にやられたんだよなぁ。 

007.jpg

あのときよりも、グルメの売店が増えていました。

いろいろありますが、胃は一つしかないので、とりあえず定番の「炎のカリーパン」と「芋煮」を
お腹に入れて、いざ出陣! 

006s.jpg 005s.jpg

日中は半袖でも大丈夫なほど暖かな陽気でしたが、
夕方になるにつれ気温が下がり、
私が陣取ったメインスタンド側は日陰で寒い寒い。

着ないつもりで、念のためリュックに詰め込んできた上着がすべて使用され、
それでも足りないくらいでした。

やはり、北国を侮ってはいけません。

010s.jpg 009s.jpg

012.jpg

試合の方は、
東京の堅守が、山形の気持ちの入った攻撃を跳ね返した。
そんな感じでしょうか。

015.jpg

017s.jpg 016s.jpg

山形の選手は開始直後から気合い十分
東京の選手にボールが渡ると、激しくチェックをかけ
パスを分断する。

しかし、東京は集中して守りながら、
徐々にペースを握ると、

22分、右からの太田のFKに、
吉本が飛び込むと、ボールが隙間をするりと抜けてそのまま

GOOO
OAL!!

025.jpg 

山形は前半明らかにオーバーペースだったので、
後半は疲れが出て、東京に追加点のチャンスが来るだろうと
思っていたのですが 

逆に前に出てきて、東京はピンチの連続
アドレナリン分泌しまくりのディエゴを中心に
最後まで選手の運動量が落ちませんでした。

何とか90分を守りきり
勝ち点3をゲット!!

019s.jpg 020s.jpg

ところでこの日、試合とは別に
モンテディオ山形のスポンサー様の新入社員が
自社をアピールするという企画がありました。

これ、なかなかいいアイデアだと思います。
まだ擦れていない、フレッシュさがある意味うらやましい。

そんな中、インパクトがあったのは、
ハーフタイムに登場したすし海道の新入社員。

スクリーンにチャラい髪型のにいちゃんが登場したとたん、
会場がざわつき、マイクを持ったらたどたどしい山形弁で
そのギャップに東京サポーターほっこり

すし海道! すし海道!(笑)

すし海道のウェブサイトは少しアクセス数が増えたのではないかな?

021.jpg 

この試合、東京が手堅く勝ったという見方もできるけど、
1-0が多い という結果の評価は人によって分かれるでしょうね。 

応援している側からすれば、
力が下の相手には、将棋の一手勝ちのような勝ち方ではなく、
二手、三手 もっと圧勝してほしい。

順位は4位ですが、
上の三つ、レッズ、ガンバ、フロンターレと比べ
攻撃に切り替わったときの迫力
ワーーー!と集団で襲いかかるような怖さが足りない。

いつの間にか、地上jからの攻撃は武藤頼みになり、
あとはセットプレーしかないみたいな

気分がスカッとしないんだよなぁ

022.jpg 

次は曲者 越後屋
東京にひと泡吹かせようと
いろいろ、手を打ってくるでしょうね。

越後屋相手に、負けない、
儲けて帰るぞ!

023.jpg 


FC東京 vs サガン鳥栖 (2015 ナビスコ杯予選リーグ 第4節) [FC東京]

タマ 二発命中

29.jpg

2015年4月22日(水) 19:04 味の素スタジアム
ナビスコ杯予選リーグ 第4節 
  FC東京 
 2 - 0  サガン鳥栖 
得点者:(東京) 18分、57分 三田啓貴、観客数 8,583人、
天候 雨のち曇、無風、気温 15.4度、湿度 74%、主審 松尾一

04.jpg 

天気予報は大外れ

日中晴れていたので、まさか雨が
それも本降りになるとはだれも予想していませんでした。
傘を持っていない方も多かったですね。 

ビール売りのおねえさんの横にぶら下げている袋に
ミンチ天を見つけ、
佐賀、馬郡蒲鉾製ミンチ天をゲット 

02m.jpg 01m.jpg

「ビールが出ないで、ミンチ天ばかり売れる」と
おねえさんがぼやいていました。

でも、これ美味いんだよなぁ。

完売したかな?

6月に鳥栖でまた食べようと思います。

ネットで購入できるんですけどね。 

03.jpg

リーグ戦の合間に開催されるナビスコ杯

リーグ戦にポストシーズンという一発勝負の要素を入れてしまったので、
カップ戦の意味というか、価値を下げてしまったような気がします。

東京は武藤も森重も出ない、鳥栖は豊田がいない
相手が東京だとやたら張りきる水沼もいない。

05.jpg

飛車角抜きで将棋をするようなもので、
物足りなさがあるとはいえ、
入場者数が10000人に届かないのはさびしいです。

もっと、一試合一試合興味が沸くような
そういう仕掛けがほしいですね。
ヤマザキナビスコ様に申し訳ない。

公式HPもつまらなくなった、という話も聞こえてくるし、
何となく、今のJリーグはサポーター目線じゃない感じがします。

もともと、あの広告代理店 好きじゃない

と文句を書いてはみたが、
ナビスコ杯予選リーグ グループAで首位

気分上々です。

06m.jpg 07m.jpg

鳥栖は、今年から監督が森下さんに代わりましたが、
根性のディフェンスとサイドからの速攻に磨きをかける
韓国式?サッカーは、面白くないけど手ごわい。

まあ、これでJ1  5シーズン目
結果を出してますからねぇ。

この日も、身長187cmの山崎と183cmの早坂の二人を前線に置き、
東京とのフィジカル勝負を仕掛けて来ました。

キックオフからしばらくは、鳥栖にサイドを破られ、チャンスを作られるなど
危ない場面もありましたが、吉本、丸山の若いCBコンビが身体をはって凌ぎました。

08.jpg 

すると、18分、徳永の右からのクロスに羽生が反応
左の石川にボールを渡すと、石川が走りこんだタマにパス
タマのグラウンダーのシュートがゴール右に滑り込んで先制!!

相手ペースの時間帯に
ありゃ、入っちゃった 
気合いで入れた、という感じでした。

前半はこの1点のみ

09.jpg 

ハーフタイムのドロンパウォッチング
まずは、傘の上で円筒をころころ回すパフォーマンス。
回している円筒をよくよく見れば、ナビスコのポテトチップス。 

11m.jpg 12m.jpg 

一輪車に乗って・・・
と思ったら、落っこちてしまい・・・

13m.jpg 15m.jpg 

しょぼん 

16m.jpg 17m.jpg

気を取り直して、相手サポーターへのあいさつに向かう。

かわいい・・・ 

14m.jpg 18m.jpg 

後半、
パスをつなぎながら、東京が攻撃をスピードアップ。

51分、東京のビッグチャンス、
徳永の右からのクロスに中央に飛び込んだ林が
頭で合わせるが、鳥栖の林がセーブ
鳥栖も反撃、シュートを撃つが枠に飛ばない。

19m.jpg 

後半12分、左でボールをキープし、
太田がファーでフリーになっていたタマめがけクロスを入れると
タマが右足でチョコンと合わせて、

東京が2点目をゲット!!

この2点目が効きました。

鳥栖の選手のメンタルにダメージを与えたか、
この辺りから、運動量が落ちていきました。

21.jpg

試合はそのまま、2-0で終了 

22.jpg

正直、とりわけ面白い試合ではありませんでしたが、
敵に背を向けているGK林めがけての、「林コール」は面白かったです。 

鳥栖の林か、東京の林なのか、どちらかわからない、
「紛らわしさ」が面白かった。

23.jpg 

鳥栖では、先日キムミンヒョク選手が鹿島の金崎選手の顔を踏みつけ
問題になりましたが、この日もプレーは荒っぽかったですね。

24s.jpg 25s.jpg

もちろんヒーローは、タマ 

26.jpg 

リーグ戦もよろしく 

28.jpg 


FC東京 vs サンフレッチェ広島 (2015 J1 1st 第6節) [FC東京]

広島風にひっくり返される

026.jpg

2015年4月18日(土) 16:03 味の素スタジアム
J1 1st 第6節  FC東京  1 - 2  サンフレッチェ広島  
得点者:(東京) 1分 武藤嘉紀、(広島)11分 柴崎晃誠、82分 
浅野拓磨、
観客数 24,369人、天候 晴、中風、気温 17.6度、湿度 46%、主審 山本雄大
 
003m.jpg 005m.jpg

青赤横丁、一番人気の「広島風お好み焼き」ではありませんが、 
 
試合をひっくり返されました。 
 
002.jpg 004m.jpg
 
お天気がよかったので、散歩がてら、
早めに味スタへ行くことにしました。

陽ざしはポカポカして春を感じさせてくれたものの、
スタジアムの周囲では強い風が吹きまくり
ちょっとした嵐みたいでした。

広島戦は過去にも突風の中のゲームがありました。
 
 
キックオフの頃に弱まりましたが、
選手はやりにくかったんじゃないかな? 
 
006.jpg
 
広島との対戦成績は、通算で7勝12敗5分、ホームで3勝6敗3分

あまり相性がよくありません。

特に、天敵 佐藤寿人にやられたときの印象が強く、
上記の数字以上の苦手感があります。  
 
009.jpg 
 
広島は、過去に2度J2落ちしていますが、
戦術がしっかりと選手に浸透しているチーム。

2009年にJ1に復帰してからは、
毎年のようにオフに有力選手を引き抜かれながら
それでも、安定して上位にいる。

うちリーグ制覇2度、しかも連覇
 
010.jpg 
 
しかし、今季の広島は
地元開幕戦で甲府相手に2-0勝利、
第2節の松本戦では、ロスタイムギリギリでなんとか勝ち点3をゲット。

以後は3戦で2敗1分、

この試合まで、チーム状態は良くなかった。

東京としては、このまま沈めておきたかったですね。
 
011.jpg
 
012m.jpg 013m.jpg

試合は、開始1分で東京が先制!!

広島の選手がクリアしたボールが味方に当たり、
それが武藤の前にこぼれる。

そのボールを、武藤がGKの股間を抜いて、GOOOOOOAL!!

014.jpg 

スポーツの試合など勝負事の世界では、
最初にあっさり点が入ってしまうと
得てしてその後パッタリと得点が止まってしまうということがあります。

野球でもスミイチという言葉がありますが、
この日の東京は、まさにその状態。
結果的にですが、よっちのゴールから92分間、沈黙してしまいました。
 
この得点後、徐々に広島にペースを握られると、
11分、梶山のパスがインターセプトされ、
ミキッチに右サイドを疾走されーの
中央で待ち構えた柴崎に決められーの、で

失点。 
 
015.jpg 
 
19分には、左45度からの柏のシュートが直接ゴールマウスに突き刺さりましたが
ゴール前にいたドウグラスがプレーに関与したとしてオフサイド判定。

ラッキーでした。

東京は両サイドの攻防で、
広島のミキッチと柏に席巻されてしまい、

途中でシステムを変え、太田、徳永を前に出して反撃を試みましたが、
実を結びませんでした。 
 
016m.jpg 017m.jpg
 


最近はハーフタイムにドロンパウォッチングしていますが、相手サポーターの反応も様々です。
どうやら自チームのマスコット愛の強いチームはドロンパにも優しく接してくれるようです。 

019.jpg 
 
020m.jpg 018m.jpg
 

後半10分、太田のFKから、森重がヘッドで押し込みましたが、
ファウルを取られてノーゴール

前半の柏のゴール却下の帳尻合わせに感じました。

羽生を入れ、中盤を活性化させ、チャンスを作りだすものの、
逆に82分、再び梶山が出したパスをカットされ、

021.jpg 

カウンターを食らい 
若い浅野にゴール前で横にクイックイッと、

森重、吉本の東京自慢の最終ラインが翻弄されてしまい逆転・・・

大迫、宇佐美に続き、
またもや若手育成のためのゴールをプレゼントしてしまいました。
 
ああ、情けない。

梶山は狙われていましたかね。
あるいは、ミスをした梶山の軽さに問題があるか
本当のところはよくわかりません。 
 
023m.jpg 024m.jpg
 
わかりませんが、シロウト目にも
広島の選手のほうが、身体に切れがある
コンディションが上だと思いました。
 
いずれにしても、

11分の失点につながったあの梶山のミスパスから
勝負の風向きが変わってしまいました。 
 
025.jpg 
 
この敗戦で、今季開幕戦からの無敗記録がストップ。

ふ~ぅ

優勝するためには、
勝たなければいけない試合だったと思いますが、
まだ、終わったわけじゃない。 

気を取り直して、

週末は山形でお花見と行きましょう。 
 
001.jpg 
 

湘南ベルマーレ vs FC東京 (2015 J1 1st 第5節) [FC東京]

東京VICTORY!! 

015.jpg

2015年4月12日(日) 16:04 Shonan BMWスタジアム平塚
J1 1st 第5節  湘南ベルマーレ  0 - 1  FC東京 
得点者:(東京) 64分 武藤嘉紀、観客数 14,581人、
天候 曇、弱風、気温 16.1度、湿度 44%、主審 廣瀬格

25.jpg 

桜吹雪舞うBMWスタジアム平塚 です。

勝ちました。

何となくですが、東京強いっす。

33s.jpg 21s.jpg

ところで、青赤ボールペンもらえました?

スタジアムの入り口のまん前にパイロットの工場がありまして、
この日の試合は、そのパイロットさんが協賛ということで、

太っ腹 パイロット!

ビジターの東京サポーターにも特製ボールペンが配られました。

私は全然意識していませんでしたが、
数に限りがあったそうで、なんかラッキー。 

32.jpg 06m.jpg


2年ぶりの平塚は、スタジアムグルメが以前より充実していました。

カレーパン、メンチカツ、ソーセージ、からあげ・・・
揚げ物が多いですけど、
美味いものが多いというイメージ

なかなかいいんじゃないすか? 

(↓ クリックすると大きくなります)
07b.jpg

スタジアムの収容人員は15100人
もっとキャパがあると思っていたのですが、

私が陣取ったバックスタンドは激混み。

権田でしょ、森重でしょ、太田でしょ、武藤もいる、
日本代表が4人もいるFC東京は、今注目のチーム?

プレミアリーグ行きが噂されるよっち人気が本物なのか?

何なのか、よくわかりませんが
(↓ クリックすると大きくなります)
08b.jpg

いずれにしても、立ち見スペースのない構造が災いし、
後から後から詰めかける観客の行き場がない。

係のにいさんが、椅子に荷物を置いているサポーター一人一人すべてチェックし、
席を詰めさせ、さらに階段にも座らせ、
それでも席が足りませんでしたね。

明らかに、座席数よりもチケットの数のほうが多いでしょ。 

09.jpg

試合は、湘南の血気盛んな若い衆の殴り込みを、
落ちついた大人の守備で凌ぎ、隙をみてエースのパンチ一発で勝負を決めた。 

そんな感じでしたかね。 

いい勝ち方、強いチームの勝ち方だと思います。

20.jpg 12m.jpg

カニーニ、森重のいる最終ラインは、
Jで今一番固いラインではないでしょうか。

武藤は、日々逞しくなっていってる印象ですね。

この日は、
ヘディングシュートがGK正面に飛んだり、
決定的場面でクロスバーに当ててしまったり、不可解なオフサイドもあったし、

”持ってない”かな?と思ったら
64分の太田のクロスにしっかり合わせてゴールを決めてしまう。

”持ってます” 

28.jpg 

13m.jpg 29m.jpg

諦めない湘南に手を焼きましたが、
1-0で手堅く、勝利という結果を手にした東京の強さ。

本物・・・・・かもしれない。

この勝ち点3は大きい。

014.jpg

次は天敵寿人のいる広島。

東京サポーターは、いい記憶があまりない。

でも、負けそうな気がしていないんですよね。 

16.jpg

試合後、大竹が東京サポーターの前まで
あいさつに来てくれました。

ドリブル、パス、能力の高さは折り紙付きだし、
東京以外のチームから勝ち点を奪い取ってください。 

17.jpg

ヒーローよっち

本当にチェルシーに行ってしまうのかな?

日本で得点王を獲ってからでも遅くないように思うが、
こればっかりは本人の問題です。

とりあえず、
本場のチェルシーは甘くないぞ!!

なぜなら・・・・・・・・・・・”むとう” だから

ふと思いついたオヤジギャグを書き留めておきます。

18.jpg 30m.jpg

茅ヶ崎から平塚、出発する電車のドアが閉まる時
聞こえてきるサザンの「希望の轍」。

そう、湘南といえばサザン だよな。

よっちが今、
FC東京に残してくれている轍が、

優勝への「希望の轍」になると信じてます。

31.jpg 


FC東京 vs ヴァンフォーレ甲府 (2015 J1 1st 第4節) [FC東京]

みたか!番長の実力を!! 

027s.jpg

2015年4月4日(土) 16:03 味の素スタジアム
J1 1st 第4節   FC東京  1 - 0  ヴァンフォーレ甲府 
得点者:(東京) 15分 石川直宏、観客数 20,743人、
天候 曇、弱風、気温 13.9度、湿度 53%、主審 池内明彦

034m.jpg 031m.jpg

東京地方はエイプリルフールの日に桜が満開になりました。

4月2日、3日に吹いた風が、
花びらを散らしてしまったのではないかと配しましたが、
味スタ周辺には、まだ桜の花が残っていました。
この日はサッカー観戦を兼ね、
お花見を楽しむサポーターもちらほら見かけました。

ただ残念だったのはお天気 

001.jpg

花曇りってやつですかね。
天気予報では傘マークが出ていたので、
雨が降らなかっただけでもまし。

しかし、寒かったですね。
スタジアムの外側を、冷たい風が回っていました。

青赤横丁には、甲府のソウルフードのお店も出店
煮込んだもつ鍋は、私の連れがスタジアムに到着したころは品切れになっていたそうで、
想定内とはいえ、東京サポーターの胃袋にしっかり収まってしまったようです。

033m.jpg 030m.jpg

開幕からモタモタした戦いぶりで、
公式戦を5試合こなして黒星はなし。

結果が出ているうちに、
勢いをつけて本当の強さにしてしまいたい

そういう意味で、この試合は絶対に勝ちたかったですね。 

003.jpg

中盤にちゃんとした梶山がいると、心安らかに観戦できます。
でも、彼に依存してしまうとリスクが大きい。

004.jpg

とはいえ、この日は梶山がいて
キックオフ直後から東京のペース
石川が流れて甲府DFを撹乱する、河野がボールめがけて走る、武藤が裏へ抜け出す
いい感じなんだけど、シュートが枠へ飛ばない 

005.jpg

007m.jpg 010m.jpg

しかし、開始から15分

米本がハーフウェイライン付近からぽーーーんと、前線にパスを送ると
走りこんだ石川がワントラップから左足一閃

GOOOOOOOOAL!!!! 

ナビスコ杯、新潟戦に続き、公式戦2点目! 

009.jpg

30分には石川がファウルを受けて、いい場所でFKを獲得。
森重のシュートはGKにキャッチされるものの、
東京の勢いは途切れない。 

012.jpg

直後に、梶山からのロングパスを受けた武藤がDFをかわしながら
ゴールを狙ったが、右にはずれ、
よっちのスーパーゴールはお預けになりました。

甲府の攻撃では下田に何度かシュートを撃たれましたが、これといったチャンスは与えることなく前半終了。  

消える泡で遊ぶドロンパ。あれ「バニシング・スプレー」という名前なんですね
014m.jpg 015m.jpg016m.jpg 017m.jpg

ビジターサポにも、ドロンパを楽しんでほしいですね。ちょっとほほえましい風景018.jpg

後半6分、武藤が腰を傷め退場。

019.jpg

交代で入った前田を使い、2点目を獲ろうと積極的に前に向かって仕掛けるが
フィニッシュまで行けない。
前田の調子、どうなんでしょうねえ?
ベストコンディションには見えません。

甲府は、前半終了間際に電柱盛田を投入し、後半はロングボール作戦を敢行。
ボールが右に左に忙しい展開になる中、
72分、ゴール前で甲府のクリアボールがDFの手に当たりPKゲット!

森重が蹴って、試合を決めるか、と思ったら
ボールがポストに当たってパカーーーン! 

020.jpg

森重は神戸でヘディングシュートを決めてから、ゴールに嫌われている。
お祓いに行った方がよさそうです。 

追加点は奪えなかったものの、その後の甲府の攻撃を凌ぎ
終わってみれば、手堅く勝ち点3を積み上げる結果になりました。

甲府は阿部拓など、馬力のある選手はいるけど、コマ不足は否めませんね。
これから厳しい戦いを強いられそうです。 

024.jpg

ここ数年、けがに泣かされていた石川が、
リーグ戦で2年ぶりのゴール

輝きを取り戻し、東京サポーターとしてはうれしいことこのうえなしです。 

022s.jpg 025s.jpg

ゴール裏だけでなく、バックスタンドに向けてのシャー!は、
バクスタ住民にとってはたまらない、テンションが上がりますね。

番長にはこのまま爆走してほしい!!

頼むから怪我しないでおくれよ。 

026s.jpg 028s.jpg


南長野のスタジアムへ行く [サッカー]

土曜日、松本までドライブついでに、
こけら落としをしたばかりの南長野のスタジアムを観てきました。

短時間しかいなかったので、
あまり参考にはならないかもしれませんが、

せっかくなので、写真をアップしておきましょう。

014.jpg

日曜日に長野パルセイロのレディーズの試合があると知っていましたが、

翌日から仕事だったので、身体がきつい。

今回は外から眺めただけでしたが、
いいスタジアムなので、
中を見学したかったなぁ 

観戦は次の機会にします。

007.jpg

とにかく、立派!!

006.jpg 

景色も最高!!

雪をかぶっているのは、黒姫山かな? 

005.jpg

駐車場も広いですね。

015.jpg 

このスタジアムをホームとする長野パルセイロは

現在J3で苦戦していますが、

東京サポーターとしては、

いつか、ここで観戦したいです。

012.jpg 

広島ではサッカー専用スタジアム建設の話がなかなか進まない。

東京には、J1仕様のまともなサッカースタジアムがない。

そんな中、長野では松本とのライバル関係があるとはいえ、
あっさりとこんないい球技専用スタジアムが出来てしまう。

うらやましい!!

010.jpg 

002.jpg

長野オリンピックから引きずっている、
自治体の借金問題など、
いろいろ問題があると聞いていますが、

これから、まちがいなく、
ここでいろいろなドラマが起きるのでしょう。

松本山雅との信州ダービーは、早く実現してほしいですね。

何のカンの言っても、結局楽しんだ者勝ちです。

013.jpg 

南長野運動公園総合球技場へのアクセスは、

クルマの場合、更埴インターから一般道を走り、
信号など考慮して、15分ほどかかるでしょうか。

ロードサイドに、食べ物屋さんが並んでいますが、
ちょっと数が少ないかな?

写真は、おそばの「一松亭」さん。
錦鯉を見ながら、本場の手打ちそばが食べられます。

いつの日か、

東京サポーターの胃袋を満たすことになる・・・のかな?

004s.jpg 003s.jpg 


メッセージを送る