So-net無料ブログ作成
検索選択

松本山雅FC vs FC東京 (2015 ナビスコ杯 予選リーグ 第2節) [FC東京]

山雅ある風景

016.jpg 
 
2015年3月28日(土) 17:03 松本平広域公園総合球技場
ナビスコ杯 予選リーグA  松本山雅FC  1 - 1  FC東京 
得点者:(松本)33分 オウンゴール(東京) 56分 東慶悟、観客数 13,870人、
天候 晴れ、中風、気温 15.7度、湿度 17%、主審 上田益也

001.jpg
 
松本へは長野道経由で行きました。

更埴JCから、長いトンネルを抜け、松本盆地へ出た途端
雪を被った北アルプスの巨大な壁が現れました。

ハンドルを握っていたので、写真で紹介できないのが残念ですが、
いやあ、本当に美しかった!! 
 
002.jpg
 
信州の春の緑と、槍・穂高が競う3000メートル級の山々の純白とのコントラストは、
今の時期しか見られないのかもしれませんね。

(↓ 大きくなります) 
033.jpg 

この絶景を眺めるだけでも、松本へ来る価値があると思いました。
  
007.jpg
 
 
FC東京は過去、アルウィンで何度かホームゲームを開催していますが、
そのころと、スタジアムの風景が様変わりしてしまいました。

松本に緑のサポーターが大量発生したことは、知っていましたが
実際に、その姿を目の当たりにしてビックリです。 
 
リーグ戦ではなく、ナビスコ杯でこの人数。 
 

 
IMG_5839.jpg
 
010.jpg 
 
003s.jpg 004s.jpg
(コンコードジュース と からしいなり) 
 
005.jpg
 
東京のサポーターも、たくさん駆けつけました。

日中、気温は20度を超えポカポカ陽気。
しかも湿度が低いので、大変過ごしやすかったです。

しかし、青赤が陣取る、北側のスタンドは
南風とはいえ、絶え間なく風が吹き付けていたため
日が沈むころには、分厚いブルゾンが必要でした。

 
012.jpg
 
試合は、その南風を利用した松本が前半攻勢。

代表4人が抜けた東京は、特に太田のいない左サイドが狙われ
オビナ、池元ら、松本の攻撃陣の侵入を許してしまい、
フィニッシュまで持ち込まれるシーンが続きました。

017.jpg
 
カニーニ、吉本が身体を張って防戦しますが、
球際の厳しさ、ボールへ向かう第一歩の早さ
いずれも松本が上回る、歯がゆい戦いぶり。

米本が長めのシュートを狙うが枠に飛ばない。

均衡が破られたのは前半33分
松本 岩上のロングスローに、東とオビナが反応、
競り合いで流れたボールが前田の頭に当たり、オウンゴール!

もしかして、いわゆる デスゴール?

いや、ナビスコ杯は対象外だそうです。 
 
020s.jpg 021s.jpg
 
後半は風上に立った東京が反撃

49分には東がDFの裏へ抜けだし、ゴール近くでシュートを放つが、
GKにセーブされて決まらず。
このままだと、「いつもの東」になってしまう・・・
 
56分、三田が潰れてもどってきたボールを
再び東が中央から右足一閃!!

GOOOOOOOAL!!  
 
022.jpg
 
以後はもう東京の時間。
前半のハードワークで、松本の選手の運動量が低下。
東京に何度も逆転のチャンスが訪れますが決められない。 
 
河野なんか、シュートを撃たずに、ペナルティエリアを横に突っ切ってしまったし、
アディショナルタイムも、東がゴール前まで迫り、かなり追いつめたんですがねぇ。 
 
023.jpg 024s.jpg
 
それをしないところが、
東京のバランス感覚というか、人がいいというか・・・

ということで、1対1のドローー

振り返れば、2015年のJリーグ開幕から、
公式戦5試合連続で負けがありません。

悪い結果ではありませんが、まだまだ勢いが足りません。  
 
025.jpg
 
松本とは、リーグ戦で6月にまた対戦します。
 
次はどんな風景が見られるのかな? 
 
027.jpg 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ヴィッセル神戸 vs FC東京 (2015 J1 1st 第3節) [FC東京]

お得なカード

007.jpg 

2015年3月22日(日) 17:04 ノエビアスタジアム神戸
J1 1st 第3節   ヴィッセル神戸 
 0 - 2  FC東京 
得点者:(東京) 33分 森重真人、68分 武藤嘉紀、
観客数 21,218人、
天候 晴、無風、気温 17.1度、湿度 36%、主審 吉田寿光
 

018.jpg

正直、FC東京はヴィッセル神戸と相性がよろしい。

過去10年間で17戦して、負けたのは2回だけ。

うち1敗が昨年でした。
アウェイ ノエスタで自滅してしまい、勝ち点3を献上、
しかし、この日、しっかりポイントを還元してもらいました

020.jpg 014.jpg

002.jpg IMG_5783 (553x415).jpg

東京の得点は前半33分
左CKから、森重が頭で合わせたボールが
なめらかに線を描きながら、ゴール左に飛び込んだ!!

押され気味の展開の中、この得点で試合の流れをつかみました。

003.jpg 

神戸は両サイドの奥井と安田がワイドに開き
サイドチェンジを多用しながら、東京のDF陣をゴール前から引っ剥がそうとしました。 

しかし、カニーニが、森重が、徳永が、
冷静に対応し、穴を塞ぎました。

017.jpg

この試合における東京サポーターの心配事は、
渡邊千真の決定力復活でしたが、

17分の決定的なミドルシュートはポストに当たって

パカーーーン!

まだ2014年モデルの千真でしたね。
青赤軍団一安心。 

しかし、前半41分、その千真がPA内で倒れ
主審の吉田さんはPKの判定。

こう言っては失礼ですが、主審の吉田さんといえば、W杯のアジア予選のPK判定を巡り、ウズベキスタン を怒らせた過去がありましたよね。

疑惑のPKと縁があるレフリーなのでしょうか?

明らかにシミュレーション

権田は千真の脚に触れていないし、
倒れたのは千真の勝手でしょ?

レフリーのポジションに問題はなかったのでしょうか?

004.jpg

ピンチ到来でしたが、
PJが蹴ったシュートを、権田がスーパーセーブ!!

その瞬間、この試合もらった! と思いました。 

005.jpg

後半、ポンポンとボールが繋がる神戸ペース
52分には、小川が決定的シュートを放つが権田がセーブ!!

神戸は攻撃のテンポはいいが、点は入らない。

逆に78分、
タッチライン際で神戸DFが粘って残したボールを武藤が奪う、
その武藤が一気に右サイドを駆け上がり、

ななめ45度シューート!

ボールはGK山本の手をかすめ

GOOOO
OOAL!! 

ガンバ戦のゴールもえげつなかったが、
このゴールも、後でVTRを見たら
DFをぶっちぎっての素晴らしいゴールです。 

013.jpg 

1点目は太田→森重のホットライン
PKゴールを阻止した権田
そして、ぶっちぎりの2点目を決めた武藤
日本代表の4人が額面通りに価値を見せました。

神戸のPKシーンで、千真は自らシミュレーションを認めていたそうで、
東京サポから千真への「うそつき」→「ごめんね」→「がんばれ」

相変わらずのお調子者ぶりについては

多少大目に見てくださいな。

016.jpg 009.jpg

日曜の夕方の試合で、神戸で20000人超えは立派
人がよく入ったな、という感想です。
神戸市を挙げての集客が実を結んできている、ということでしょうか?

街の中心部から近く、雨に濡れない、素晴らしいスタジアムがある。

神戸市民は恵まれているなぁ~と思います。 

015.jpg 

三木谷さんは、神戸をビッグクラブにしたいと考えているようだし、
このままチームを強化し、
Jリーグを盛り上げていってほしいですね。

ただし、東京サポとしては、ノエスタでのヴィッセル神戸戦は、

いつまでも 「お得なカード」であってほしい!

011.jpg 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京 vs アルビレックス新潟 (2015 ナビスコ杯 予選リーグ 第1節) [FC東京]

戦術石川

017.jpg
 
2015年03月18日(水) 19:04 味の素スタジアム
ヤマザキナビスコカップ 予選リーググループA 第1節 

 FC東京  2 - 1  アルビレックス新潟 
得点者 (東京)65分 石川直宏、78分 林容平、(新潟)2分 山本康裕、
観客数 9,476人、天候 曇り、弱風、気温 15.5度、湿度 69%、主審:榎本一慶

002s.jpg 001s.jpg
 
カップ戦は結果がすべてだから、とりあえず勝ったので良しとしましょう。

昨年の今頃、東京はどうだったか振り返ると、
リーグ開幕戦はアウェイ柏で手堅くドロー。
第2節のホームでは、勝ち点3を計算していた甲府相手に再びドロー。

ナビスコカップ初戦は、鹿島アントラーズに快勝!!
展開としては今季とよく似ています。
 
012.jpg

しかし、その中身は⁇

第3節、昨年は神戸にビジターで敗戦。

ここで問題

今年も第3節の対戦相手が神戸なんですけどぉ〜
どうなるでしょうか?

2014 第3節 ヴィッセル神戸 vs FC東京
http://boccheruna-sports.blog.so-net.ne.jp/2014-03-19

011.jpg 

試合は、いきなりジュビロ新潟?山本康裕に決められ
ビハインドの状況に。
以後、新潟はレオシルバ指揮のもと、いいようにパスを回し
ゲームを支配。
 
010.jpg

どちらのチームがホームなのかわからない。
 
003.jpg 

東京はボールを前線に放り込むばかり。
セカンドボールは新潟に奪われる。

一対一の競り合いで勝てないし、
ボールの落下地点への走り出しも新潟の選手のほうが速い。

グダグダ

先発メンバーを7人入れ替え
何をやろうとしているのか、よくわからない

「シュート撃て」コールが出ましたが、
まず、シュートを撃つ態勢に持ちこむ工夫、
というか、その意識が足りないと感じました。

東はいつもの東だったし・・・
 
015s.jpg 016.jpg

結局、個人技

救世主はな〜お〜、石川でした。

前半、東のスルーパスをダイアナゴルに走り込んで受け
決定的シュートを放った場面がありましたが、
この日の戦術は結果的に「石川」でしたね。

圧巻は後半20分
右サイドでボールを受けると、
ドリブルで中央に新潟DFを3人引きずりながら
豪快にシュート!!

このゴールでスタジアムの空気が一変しました。
 
008.jpg 
 
78分には、林がPA内でジュビロ新潟?大井に倒されPKゲット。

東京にとってはラッキーなPKでしたが、

新潟としては、自分たちがゲームを支配している時間帯に得点できなかった。
こういうときは、得てして相手にチャンスが回ってしまう。
サッカーでよくあるパターンに陥ってしまいましたね。
 
007.jpg 006.jpg 

ロスタイムには、二度のピンチを権田がスーパーセーブ!!

サッカーでは、内容がいいから勝てるとは限らないし、
また、それがこの競技の魅力でもあるわけですが、

ゴールキーパーとベテランが目立つチームでいいのか?

先行き心配になってきました。
 
018.jpg 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京 vs 横浜F・マリノス (2015 J1 1st 第2節) [FC東京]

初御膳は塩味?

007.jpg 

2015年3月14日(土) 14:06 味の素スタジアム
1 1st 第2節  FC東京  0 - 0  横浜F・マリノス 
観客数 30,492人、天候 曇、無風、気温 11.4度、湿度 29%、主審 西村雄一 

031.jpg 030.jpg

FC東京のホーム開幕戦は、イタリアンとフレンチ

代表監督に就任したてのハリルホジッチ氏にお越しいただき、
どちらが美味しいか、ご賞味いただこうという趣向でしたが、
結果はスコアレスドロー

満腹にならなかったんじゃないでしょうかね。

しかも、イタリアンのほうはややしょっぱかったし・・・

味の素を使っても、それほど味がよくならなかった・・・みたいな?

005.jpg

開幕戦恒例、今年のゲストは、
いま売り出し中の歌手で女優の 大原櫻子さんでした。

「この娘 誰?」てな感じで、ハリルホジッチ監督が身を乗り出して観ていたとのことですが、
可愛い娘さんです。

これまでのゲストの中一番暖かい目で見られていた感じですね。
「無敵の東京」ならぬ「無敵のガールフレンド」

名前だけ聞くと、浦和レッズの練習グラウンドとセレッソの合体みたいだけど、
東京だったら小平ガス子になってしまうから、それはないな。

006.jpg

東京のサポーターに、
Jリーグで、絶対に負けたくないクラブを5つ選べと言われたら、
間違いなくその中の一つに入るマリノス。 

そのマリノスは、一週間前に川崎に完敗。

その後、反則っぽいいいブラジル人を入団させたそうですが、
老朽化しているチームの立て直しを図っているところで
チーム状態はいいと思えない。

008.jpg

一方、FC東京は大阪でドシャ降りの雨の中
ガンバ相手に、終盤根性を出してドローに持ち込んだ。
流れとしては悪くない。

東京にはニュースターよっちがいる。

彼を目当てに、ライトなお客さんが、おそらく5000人は詰めかけていたでしょう。
ここで、新しいお客さんのハートを捉え
甘い甘い青赤天国(地獄ともいう)へとご案内するチャンスでしたが、
ゴールという一般受けする場面のないしょっぱい展開に

武藤のドンピシャヘッドはバーをたたく

こういうことだから、いつまでたっても味スタが「聖地」と呼ばれない。
毎年、管轄違いの氏神様に必勝祈願しているのではないかと疑いたくなるほど
ホーム東京にツキが来ない。

どうでもいいから、こういう試合は勝てよ!!

010.jpg

話題を北陸新幹線開通に持っていかれちゃったし、 

002.jpg 033.jpg

東京ガールズコレクションとのコラボですか?
いろいろやっているのはわかります。 

013.jpg

そんな中、一人気を吐いていたのが守護神権田

兵藤の決定的なシュートを2本、スーパーセーブ
早速、ハリルホジッチに目をつけられた模様です。

19日発表の代表メンバーには誰が呼ばれるのやら

016.jpg

2ステージ制用、
ロケットスタートを期待していたのですが、
2試合連続で勝ち点1で、
自転車キコキコ状態です。

やはり、攻撃が今一つ迫力不足
サイド攻撃が多く、意外性がないですな。
中村憲剛のような縦にピシッと切り裂くパスがほしい。

梶山に期待していますが、
野澤あたりを試してもいいんじゃないでしょうかねえ。 

019.jpg

ナビスコ杯では、控え組が起用されるでしょうが、
チームの活性化のため、活躍してアピールしてほしいところです。

美味しい試合をお願いします。 

020.jpg 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ガンバ大阪 vs FC東京 (2015 J1 1st 第1節)  [FC東京]

主役は俺だ!! 

016.jpg

2015年3月7日(土) 14:04 万博記念競技場
J1 1st 第1節  ガンバ大阪  2 - 2  FC東京 
得点者:46分 パトリック、53分 宇佐美貴史 (G大阪)、75分、90+1分 武藤嘉紀、
観客数 18,322人、天候 雨、弱風、気温 9.3度、湿度 81%、主審 岡部拓人

017.jpg 

2015年のJリーグが開幕しました。
FC東京のシーズンは今年で見納めの万博競技場でスタート 

J1は今年から2ステージ制に変わりました。
そのレギュレーションの是非は別にして前田と武藤の強力2トップがいる、守備堅い、ACLで疲弊することもない

私は密かに「第1ステージ、行けるんじゃね?」と思っていまして
この日も敗戦という文字は頭の中にありませんでした。

020s.jpg 001s.jpg

しかし、天候は最悪でしたね。

予報では雨雲が近畿地方南部を通過するとのことで
摂津地方は傘が不要と思っていたのですが、
実際には、午前中止んでいた雨が、キックオフ前から激しくなり、
その勢いは試合中に弱まることはありませんでした。

レインコートは重いので、なるべく持ち歩きたくないのですが、
この日は必携、雨の中の苦行に役立ちました。

004.jpg 

試合内容は、途中まで
「れ?おかしいな?」

ドシャ降りとともに開幕前の期待も流れてしまいそうな雰囲気でした。

ボールを前へ運べない、シュート撃てない、勢いない

おまけに前半ロスタイムには、レフェリーの中途半端なジャッジ?というか、
宇佐美のドリブルは明らかにゴールラインを割っていたから、ミスジャッジでしょ?

東京DF陣に隙ができたところをパトリックに決められて失点。 

007.jpg

久しぶりに中盤に君臨する梶山が見られたのはよかったのですが、
後半に入って間もなく、その梶山が、ペナルティエリアに侵入した宇佐美の足をひっかけてPK献上

0-2

前線へと押し上げるための運動量が不足し、
完全に負けムードになっていました。

苛立った周囲のサポーターから「何やってんだよ」「走れよ」と檄が飛ぶ
もうびしょ濡れだし、大阪まで何しに来たのやら

そんな状況の中で、マッシモは58分に林、65分に東を投入
ムードが徐々にポジティブに変わっていきました。
特に林が、東京の攻撃に勢いを与えましたね。

011.jpg

ダメもとでもいいから前線に走りこむ、ガンバDFを押し込むようになり、
75分、前田の落としに武藤が反応、

クルリと体を捻りながら、ゴール右隅にボールを流し込んで1点

技ありゴール。

そして、圧巻は後半ロスタイム
岩下のクリアボールが、足元で滑り
武藤へのパスになってしまい、その武藤が間髪入れず
右脚でシューーーート!!

GOOOOOOAL!!

まあ、えげつないシュートでしたわ。
この一発で、東京サポーター全員が
大阪まで「ごくろうさん」が、「来てよかった」に変わりました。

びしょ濡れになりながらハイタッチ!!

014.jpg

というわけで、

結果は、ガンバの勝ち点を2つ減らし、
東京が勝ち点を1もぎ獲った試合になりました。
宇佐美君気の毒、霞んじゃったね。

次節以降どうなるかわからないけど、

やっぱり、サッカーは面白い。 

015.jpg 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る