So-net無料ブログ作成
検索選択

FC東京 vs アルビレックス新潟 (2014 J1 第32節) [FC東京]

10分で失速

025.jpg 

2014年11月22日(土) 17:04 味の素スタジアム
J1 第32節
 
  FC東京 
 1 - 3  アルビレックス新潟 
得点者:(東京) 7分 河野広貴、(新潟)33分 指宿洋史、69分 レオシルバ、78分 山本康裕、
観客数 42,059人、天候 晴れ、無風、気温 13.8度、湿度 67%、主審 飯田淳平
 

009.jpg 

紅葉の行楽シーズン
11月の3連休初日
ということで、新潟からもたくさんのサポーターにお越しいただきました。 

005.jpg

雨にたたられることの多い青赤横丁も、
大青赤横丁にしたところ、
抜けるような青空が広がり

伊豆大島ブースで配られる伊勢えびの味噌汁には長蛇の列ができ・・・・

美味しい

006s.jpg 003s.jpg

早々と自由席のチケットは売り切れ、

東京愛が深いSOCIOは、リピーターを一人でも増やそうと
「イケメン武藤を観に行かない?」
「モリゲアシストが見られるかもよ」
てな感じで知人を招待し、

これら努力の甲斐あって、
来場者数は42059人

人であふれかえった味の素スタジアム

わーい!大繁盛! 

てな雰囲気で・・・・ 

016.jpg 

どうです?

FC東京 強いでしょ? 

青赤の選手、カッコいいでしょ?

40000人のスタジアムの歓声 

旦那、この雰囲気楽しいでしょ?

どう?サッカー面白いでしょう???

と、15000人の一見さんたちに

東京サポが胸を張れたのはキックオフからわずか10分間でした。(泣)

011s.jpg 012s.jpg

7分、右サイドでエドゥーがボールをキープ
グラウンダーのクロスを送ると

DFの隙に飛び込んだ河野が合わせ先制!

いい雰囲気

017.jpg

ところが、この後は終始新潟にペースを握られたまま。

新潟は、中盤を支配しDFの裏のスペースをうまく使ってきました。

019.jpg 

33分には田中からの縦パスを受けた指宿が抜けだし
冷静にゴール左に決め同点

020.jpg

新潟のペースが続いていたので、
どう局面を打開して盛り返すのか
マッシモ采配に期待しましたが、
最後までパッとしませんでした。 

023.jpg 024s.jpg

レオシルバに中盤に君臨され、豪快な直接FKを決められる。 

78分にはまたもDFラインの間に縦パスを入れられ失点。
東京の中に絞った守備の裏に選手が走りこみ、
サイドを使うと見せかけて中央をサクッと切り裂く

完全にしてやられました。

026.jpg

新潟は伝統的にいい外国人選手を連れてきますね。
他の選手も知名度は低いが、いい選手が多い。

大井、小林、山本の元ジュビロの3選手はクオリティが高い 

順位が下なので少しなめていましたが、
新潟強いと思いました。

027.jpg

期待した後半にいいところなし。
点を取り返すんだ、という気持ちはあっても
鬼気迫る迫力は感じられませんでした。

そんなふがいない東京の戦いぶりに
選手より帰りの足が気になる人たちが早々と退散。

情けないぞ!

勝負事だから負けることがあっても仕方がないけれど、
胸が熱くなる試合をしてほしい。 

028.jpg 


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

名古屋グランパス vs FC東京(2014 J1 第31節) [FC東京]

スーパーよっち

PB020545 (553x400).jpg

2014年11月02日(日) 13:04 名古屋市瑞穂陸上競技場
J1 第31節  名古屋グランパス 
 2 - 2  FC東京
得点者:(東京)21分 エドゥー、76分 武藤嘉紀(名古屋)19分 OG、29分 田中マルクス闘莉王
観客数 13,983人、天候 曇り、無風、気温 20.3度、湿度 85%、主審:今村義朗

PB020488 (553x414).jpg

2014年のJ1リーグも早いもので残り4試合。

FC東京はナビスコ杯、天皇杯ともに敗退、

リーグ戦は優勝争いから脱落

残る目標はACL出場権獲得ですが、ほとんど絶望に近い状況

PB020505 (553x415).jpg

名古屋の瑞穂陸上競技場

試合前は雨が心配されましたが
スタジアム上空には灰色の厚い雲が覆ってはいたものの
ゲーム中レインコートをひっぱり出すことはありませんでした。

その代り、熱戦の終了を待っていたかのように帰り道は大粒の雨。
びしょ濡れになってしまいました。

PB020510 (553x442).jpg 

そんな状況の中、東京サポーターは名古屋へ大移動
ビジター自由席は立ち見客が出るほど

青赤でギッシリ満員でした。

残り試合を全勝したい。
そのためには先制点をとり、試合の主導権を握りたい。
そう意気込んで臨みましたが・・・

前半19分、右サイドに展開した名古屋矢野からのクロスを
森重が処理ミス、OG

PB020514 (553x398).jpg

早くもプランが狂ってしまいましたが、
2分後、この日気合い十分のエドゥ

太田のクロスに、こんなにジャンプ力あったの?
とびっくりする高い打点のヘディングシュートを決め

同点!

PB020516 (553x400).jpg

しかし、この日の東京の守備陣は体が重い感じがしました。
フィジカルとメンタル、どういう調整のし方をしているのか知りませんが、
 
名古屋の永井や松田らに走り負けしているという印象でした。

29分、高橋が永井を倒してしまい、FKを与えると、
矢田が放ったボールがファーの闘莉王にピタリと合ってしまい
再び失点。

PB020527 (553x398).jpg

その後も田鍋の決定的シュートを塩田のビッグセーブで防ぐなど、
ピンチが続きましたが、前半は1点のビハインドのまま終了。

PB020530 (553x400).jpg PB020535 (553x399).jpg

後半は、立ち上がりからアグレッシブに前に出て、
武藤の突破力を頼みにいい形でゴールに迫るも、
パスが合わなかったり、名古屋の最終ラインの網にかかり
なかなか得点できず、
逆にカウンターを浴びてピンチになるいやな展開

PB020558 (553x399).jpg

そんな悪いムードを一瞬で払しょくさせたのはヨッチ

76分、東京のパスをカットし、
前に展開しようとしていた闘莉王からボールを奪うと
抜群のボディバランスを生かし名古屋DFをかわしながら
左へドリブル

さらに左のスペースへ展開するかと思ったら
鋭角に左足を振りぬくと、
ボールが楢崎の左手をかわし
ゴール右隅に突き刺さりました。

すーーーぱーーーごーーーーる!! 

001.jpg 

このシュートを見れただけで
名古屋へ来てよかったと思いました。

できれば、勝って勝利のシャー!をしたかったのですが、
結果はドロー

代表戦のため、しばらくJ1の試合がありませんが、
武藤にはこのまま日本代表の中心選手へと駆け上ってほしい。

PB020574 (553x399).jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る