So-net無料ブログ作成

鹿島アントラーズ vs FC東京(2014 J1 第22節) [FC東京]

後ろからムゥートォー

020.jpg

2014年08月30日(土) 19:04 県立カシマサッカースタジアム
J1 第22節  鹿島アントラーズ   2 -2   FC東京
得点者:(東京)49分 エドゥー、87分 武藤嘉紀、(鹿島)10分 土居聖真、26分 ダヴィ
観客数: 19,839人、天候 曇、弱風 気温 22.2度 湿度 93%、主審 飯田淳平

033.jpg

前節の浦和戦は撃ち合いのドロー、
勝ち損ないました。

この試合は逆
負け試合から勝ち点1をもぎ取った。

とりあえず10戦負けなし
ということですが、
1勝1敗なら勝ち点3、引き分け2つだと勝ち点2
実はこの失った勝ち点1が終盤になって効いてくるんですよね。 
 

005.jpg

8月なのに、秋の涼しい風が吹く県立カシマサッカースタジアム。
肌感覚では寒い!!
半そでしか持ってこなかった人が震えていました。 

006.jpg

鹿島は喧嘩の仕方をよくわかっているチーム。
東京は育ちの良さがプレーに出てしまうようです。
隙があれば一気にボコボコにさせられ、考える余裕を与えられない。

 

008.jpg

この日も、キックオフ直後から、鹿島の猛攻にさらされる。
中央もサイドも、東京はボールが落ち着かず、
焦ってはミスを繰り返し、

5分、6分、8分、とたてつづけにピンチになる。 

010s.jpg 011s.jpg

こういうときは、頭ではなく身体で反応すべきなのですが、

秀人のようなクレバーにプレーしようとするタイプは、
ボールの出しどころをどうするかなど、
頭で判断して痛い目に遭ってしまう。

最初の失点では、秀人のパスミスから、
鹿島に一気に前線へと展開されてしまいました。

観客席からは、射的にボールを前へ送ればいいと思うのですが、
そう簡単にいかないのがサッカーです。

012s.jpg 013s.jpg

26分にもダヴィに放り込まれる。

この失点も秀人の判断ミス。
PKが怖かったのかもしれませんが、タイミング的には
反射的に体で突っ込めばダヴィのフィニッシュを防げたように見えました。

攻撃も守備も、負の連鎖が続いてしまい、前半はいいところなし。

東京ってこんなに弱かったっけ?
誰もがそう思ったのではないでしょうか?

014s.jpg 017s.jpg

それでも、1点返せば景色が変わるだろうと、期待はしていました。

ポポさんのときは、前半飛ばして後半失速、
という逆の試合展開を散々見せられましたからね。 

マッシモは後半、河野、羽生をタマ、エドゥーにそれぞれ交代。
千真と武藤を両サイドに常駐させ、トップにし立て直しを図る。

すると、この采配がズバリ当たりました。

後半4分、ゴール前に侵入した武藤が早速倒され、PKゲット!

これをエドゥーが冷静に決め1点差。

021.jpg

流動的になった東京の動きを阻止できず、
70分には、青木がエドゥーを倒して退場。
完全に東京の流れになりました。

しかし、10人になった相手に対し、
中盤に中島翔哉を入れ、ひっかきまわそうとしますが、、
なかなか、壁をこじ開けられない。

87分、徳永の右からの浮き球からの混戦で、
ボールがこぼれたところを
後ろから来た武藤がズドーーーーーーン

同点!

のこりわずか
イケイケ状態になりましたが、勝ち越しならず。

終わってみれば、負け試合から盛り返し
勝ち点1をつかみ取った、という結果になりました。 

022s.jpg 023s.jpg

上位進出のため、対勝ちたかったので、
今一つすっきりしませんが、


ま、いいか。 

026.jpg

ところで、今回初めて、
公共交通機関を使ってカシマへ行きました。

行き方としては、京成で上野から京成成田へ行き、
JRに乗り換え、佐原経由、鹿島神宮経由で
カシマサッカースタジアムにたどり着く、というもの。

やっぱり、遠いですねぇ~。

なんでキックオフが19時なのでしょう?
鹿島でキックオフ19時だと、帰りがつらい。

鉄道だと、千葉周りでなんとか東京にたどり着けますが、
到着するのは日付が変わるころの時間で、
最終電車でなんとか自宅に帰れる。

せめて、あと1時間早ければ、
成田で京成の特急に乗れるんだけど、
結局、東京駅まで高速バスで帰るしかないんですよね。

バスは道路が渋滞するし、時間が読めないし。。。

そんなイライラもあってか、バスを降りてから
軽い肉離れ発症(泣)

最悪です。

先が思いやられます。 

028.jpg


FC東京 vs 浦和レッズ(2014 J1 第21節) [FC東京]

帳尻合わせ

019.jpg 

2014年08月23日(土) 18:34 味の素スタジアム
J1 第21節  FC東京  4 - 4  浦和レッズ 
得点者:(東京) 9分 高橋 秀人、15分 武藤 嘉紀、23分 河野 広貴、64分 武藤 嘉紀、(浦和)6分 梅崎 司、43分 興梠 慎三、60分 平川 忠亮、80分 李 忠成
観客数: 32,759人、天候 晴れ、弱風 気温 27度 湿度 69%、 主審 岡部 拓人


022.jpg

この記事は、管理人の妄想です。。。

今日は、FC東京と浦和レッズの対戦かァ
両チームのサポーターは人数が多いし、
ジャッジに不満があるととすぐブーブーいうし、

味スタだと、「クソレフェリー」コールが出るな。

いずれにしても、どっちを勝たせても、面倒くせえんだよなぁ~。

002.jpg

とにかく、試合後にケンカが起きないよう
穏便にことが運ぶように、無難なジャッジをしないと。

それにしても、今年の夏はクソ暑い。
天気予報で今夜は雨が降るって言ってたし
荒れなきゃいいんだけど。

さっさと終えて、一杯飲みに行きたいよ。

003.jpg

おや、今日は先発メンバーに外国人選手がいないぞ。
マルシオも、エドゥーもいない。

ブラジル人はレフェリーの眼をごまかそうとするし、
ジャッジに文句つけるから困るんだけど、
日本人だけでラッキー!!

よし、自信をもってジャッジしよう。

004.jpg 009s.jpg

いきなり、展開が速いね。

おやおや、早々とレッズが決めたよ。
梅崎のドリブル早いねぇ。
レッズは天皇杯でメンバー落として、
選手を休養させていたもんな、動きがいいはずだよ。

こりゃ、東京キツイかな?

と思ったら、

東京が追いついたよ。

いやぁ~、高橋、見事なヘッドだね。
ボールがあの角度で飛んだら、
さすがの西川も反応できないよ。

006s.jpg 007.jpg 

東京に勢いが出てきた。

おお、武藤が抜けた!!

ありゃりゃ、冷静にファーに決めちゃったよ。
開幕の頃は、いくらシュート撃っても決まんなかったのに、
どうしちゃったんだろうね。

東京イケイケだね。
スタジアムも盛り上がって、いいムードじゃん。
東京!東京!

あっ!! 吹っ飛ばした!!
PK PKだよ。

010s.jpg 011.jpg

え!ボディコンタクトだった?
え、そうかな?
でも、PKって言っちゃったから。
PK PK

決まったか。

う・・・・ん、3-1か。
ちょっと、東京に甘かったかな?

ああ~っ、今度は河野が抜けた!! 

外した~。。。

西川がよくセーブしたよ。
ヤバい。
危うく4-1になるところだった。

断幕も張らず、おとなしくしているのに
惨敗で、あとで騒がれても、
あのPKのジャッジで文句言われてもいやだな。。。

平山が倒れた。
こりゃ、平山のファウルだよ。

あれ?退場しちゃった。
もしかして、逆?

008.jpg 

それにしても、レッズが圧倒的に不利だ。
このまま惨敗はまずいかもしれないぞ。

よし、興梠がPA内で倒れた。
ラインを切れそうなボールだったけど、

森重のスライディング、
ボールに行ってなかったよね。

PK PK

一点差。
試合の流れを変えちゃったかもしれないけど
これで、面白くなったじゃないの。

005.jpg 013.jpg

後半もしっかりやらないとね。

東京の選手に疲れが見えるぞ。
きっと、3日前の天皇杯に出た影響だろうな。
徳永とエドゥーが身体が重そうだね。

東京が押し込まれている。
こりゃ、しばらく浦和のペースで試合が進みそうだな。

ほらぁ、

追いついた。これで3-3。

前半のPKは、怪しかったかもしれないけど、
まあ、お互いさまということで。
これでとりあえず平和。

平和が一番・・・・

え!! 

武藤!! 何してくれるんだ!!

016.jpg

いくら、アギーレが来ているからって。。。

最近、メディアが人気者探ししているからといって、

張りきりすぎだよ。

015.jpg 001.jpg

でも、まだ30分近く時間が残っているよ。

東京の選手の足が止まってきているし、
レッズがまた追いつくかもしれないな。

でも、よく守ってるな。

このまま・・・・お!!

今、徳永が足上げたよね。
李の方から飛びこんできた?

いや、これはPKだよ。PK

018.jpg

しっかり、李が決めたね。


あと、5分でお役目終了。

まあ、このまま、4-4で終わればいいかな。
死闘として語り続けられるゲームになるかもしれないし。

あっ!! 危ない。
浦和、そんなに攻めないでいいよ。
森重、よくクリアーした。

東京のCK、
ほどほどにね。

よし!

ふぅ~、ドローで終わったぜ。

この結果なら、東京と浦和、サポーター同士のケンカにならないし、
まあ、無難な線に落ち着いたと言えるんじゃないかな。

不満はあるかもしれないけど、あきらめがつくだろう。

日本語には、「帳尻合わせ」という言葉があるもんね。

******************************

最初に書いた通り、以上は管理人の妄想です。

選手には拍手!!

でも、正直、不愉快。 

020.jpg


FC東京 vs 松本山雅FC(第63回天皇杯 3回戦) [FC東京]

巧い!速い!高い!

010.jpg

2014年8月20日(水) 19:04 味の素スタジアム
第63回天皇杯 3回戦 
  FC東京 
  2 - 0  松本山雅FC 
得点者:(東京) 41分 河野広貴、54分 平山相太、観客数 9,446人、
天候 曇、無風、気温 26.9度、湿度 82%、主審 西村雄一

001s.jpg 003.jpg

浦和や川崎が先発メンバーを入れ替えたのに、
東京はベストメンバー

週末の浦和との試合を考えると、
得策なのだろうか?

心配になりましたが、
結果的には、メンバーを入れ替えたチームが
軒並みJ2のチームのジャイキリに遭い早々敗退。

東京は手堅くベスト16に進出。

005.jpg

前半は、松本の連動性ある攻撃に苦しめられましたが、
実力差は歴然。

前半41分、エドゥーの撃ち損ないぎみのボールを、河野が押し込み、
さらに後半9分にも、パス交換から平山が決め、
あとは手堅く守って勝利!

松本の反町監督には、巧い、速い、レベルが高い、
と日清のUFOみたい(古い!)に持ちあげられましたが、
好調なことに間違いはない。

平日にもかかわらず、
約2000人の松本サポーターにお越しいただき
スタジアムの雰囲気も悪くなかったです。

002.jpg

鳥栖では、千真がキッチリとゴールし、
この試合では、途中交代の平山が決めた。

最近のマッシモ采配、冴えてます。

008.jpg

週末、3日後は負けてはいけないレッズ戦。

疲労が心配ですが、メンタルではいいムードで試合に臨めそう。

カギになるのはこの選手。
東京サポーターはみんな、
河野に対して特別な想いを持っている。

私も120%応援しますよ。

006.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

サガン鳥栖 vs FC東京(2014 J1 第20節) [FC東京]

キラー健在!!

0012.jpg

2014年8月16日(土) 19:04 ベストアメニティスタジアム
J1 第20節 
サガン鳥栖 
 0 - 2  FC東京
得点者:(東京)5分、米本拓司、52分 渡邊千真、観客数 18,100人、
天候 曇り、弱風、気温 26.1度、湿度 72%、主審 山本雄大

0006.jpg 
鳥栖犬くんの頑張りますわん

2年前、2012年に鳥栖遠征したときは、
1年限りでJ2に戻るだろうから、
今のうちに行っておかねばチャンスを逃す。。。

という感じだったのですが、

その年、見事5位に躍進、昨年もしぶとく残留
そして今年は夏に首位に立ち
”鳥栖強いなぁ~”と感心していたら

0001.jpg 0002.jpg

いきなりの監督との契約解除。
首位に立っているチームが監督を解任するなんて聞いたことないです。
びっくりしましたよ。

そんな混迷した空気の中

鳥栖の方々には暖かくお迎えいただき

0005.jpg 

近所のスーパーでは、
いつもより多くのミンチ天をご用意いただき、
さらに、スタジアムの素晴らしい雰囲気
熱中飴と佐賀のみかん、
歓迎のスタンディングオベーションまで頂戴したのに、

0007.jpg 0008.jpg

前節からの悪ノリ続きで、
鳥栖の純なサポーターの皆さまに不快な想いをさせてしまい

申し訳ございませんでした。m(__)m

私はイケイケの中にはいませんでしたが、
「ユンジョンファン」コールには参加しました。

反省しております。

0009.jpg

あれは、前半7分あたり
豊田と権田の接触プレーのあと。
選手がエキサイトしていた場面だったと思いますが、
正直、意外でした。

あれ?そんなにいけないこと言っちゃった?
ごめん、そんなに傷が深かったの?
純真?

的な

確かにシャレにならないコールだったかもしれませんが、

0010.jpg

尹晶煥元監督は、
他チームのサポーターも一目置いていた人物。

個人的にはセレッソ時代のエレガントなプレーが好きで、
本国では、日本人みたいなプレーヤーと言われていた人が、
監督になったら、体力勝負の極めて韓国っぽいサッカーをした。
それが面白かったです。


0011.jpg

したがって、監督解任の経緯に怒っているのは、
鳥栖の人だけじゃないんですぜ。

何があったか知らないが、
いくらお金がないとはいえ、
現場がギクシャクしたとはいえ、
あの辞めさせ方はない。
要するに、鳥栖のフロントは自分たちのことしか見えていない。

そう感じます。

こちらだって、尹晶煥率いる”旬な”鳥栖だから、
勝ちたい!という気持ちが強かったのに
その楽しみを奪われガッカリなんです。

0023.jpg

ただ、この日の東京の応援

「恋人はサガン鳥栖」を揶揄しての♪恋人は東京(サンタクロース)、
アビスパから持ち込みの”跳ばないやつ~”は、
単発でやるならまだいいけど、繰り返しが多い。

この、イジメっ子ぽいしつこさは気になりました。

前節の長居では、自前のチャントを使い、
それなりにユーモアを感じたけど、

今回はあまり趣味がいいと思えませんでした。

0021.jpg

こういう空気がライト層の足を遠ざけるということを、
意識しないといけませんね。

0016.jpg

試合の方は、快勝。

5試合連続のクリーンシートです。

米本のグレートハンティング、秀人の献身、
吉本、森重の最終ラインの安定感。
権田はスーパーセーブ連発。

エドゥーを外し、鳥栖キラー千真の起用
その千真が決定的な2点目を決める。

マッシモ采配ズバリ的中。(結果的にかな?)


P8160547 (553x415).jpg

一方、鳥栖は

吉田新監督のホーム初戦でしたが、気合いが空回り。

焦って、飛ばして、後半バテバテ。
パスを回すんだけど、ミスが多く、
時間が経つにつれバラバラになったように感じました。

P8160548 (553x415).jpg

入場者数は18000人超え。

メイン、バック、ゴール裏は満員で、
ビジター側の3階も、かなりのお客さんがいて、

素晴らしい景色でした。

0026.jpg
(ゲストは知る人ぞ知るMinmiさん)


石川の復活。

0018.jpg


安田は途中、腰を押さえていましたね。
相当疲れてそう。

0015.jpg

来年も九州に来たいので、
鳥栖には頑張ってもらいたいです。

残留まで、あと2勝でほぼ決まりでしょうが、
この2勝が大変かもしれません。

吉田さんが有能なモチベーターかどうか、
次の大宮戦に注目しましょう。

0019.jpg

さて、東京は上位進出のための重要なゲームが続きます。

次の対戦相手は、絶対に負けられない浦和。
さらに苦手な鹿島。
ここで勝てれば、ACLも見えてくる。

この調子で行きましょう。

P8160593 (553x415).jpg


千真は鳥栖から7点目ゲット
鳥栖キラー健在

GK林がボールを千真の前に弾いてくれました。
FWにはこういうツキも重要。
千真に運が向いてきたのかもしれません。

0020.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

セレッソ大阪 vs FC東京(2014 J1 第19節) [FC東京]

試合はスコアレスドローでもセレ女は大好き東京

013.jpg

2014年8月9日(土) 19:04 ヤンマースタジアム長居
J1 第19節
  セレッソ大阪 
 0 - 0  FC東京
得点者:なし、観客数 16,211人、
天候 雨のち曇一時雨、強風、気温 26.8度、湿度 78%、主審 窪田陽輔

005.jpg

台風11号が四国に接近、
奈良や三重では豪雨で警報が出ている状態。

あーあ、折角大阪まで飛んできたのに、
中止になるかもしれないなぁ~
午後3時を過ぎても、試合開催が決まらない。

ハラハラしましたが、
無事試合が行われてよかったです。

006.jpg

まあ、風が吹こうが、ドシャ降りの雨に撃たれようが、
試合のある限り、応援にかけつけるのがサポーター。

FC東京では、
2010年 嵐の中の清水
2011年「屋根つけろ」コールが出た豪雨の中の熊本を思い出しますが、
こういう苦行も、振り返ればいい思い出です。

今回も、雨に打たれる修行に出る気分でしたが、
外に出て、あれ?
雨降ってないじゃん?
しかも、到着したヤンマースタジアム長居。
な~んだ、ゴール裏でも、
メイン寄りの上層階には、しっかり屋根があるじゃないですか。

007.jpg

そんな、雨に撃たれる心配のない場所に
東京サポーター集結。

キックオフ前は、
”緑は大っきらい東京”、のあと、”セレ女は大好き東京”になったり、
アーリアの東京でのチャント、ポポ東京コールで煽ったり、
やや悪ノリ感はあったものの、台風クラブのテンションで、
俺たちは止まれない状態でした。

008.jpg 004s.jpg

いつ、雨が吹き込んできてもいいように、
レインコートを準備していましたが、
結果的には、スタジアム周辺に大きな雨雲がやってくることはなく、
むしろ、気温は暑すぎず、強風も心地よく、
快適に観戦できました。 

010.jpg

試合はスコアレスドロー

勝てなかったけど、固く守って勝ち点1をゲット。
まあ、アウェーだし、こんなもんじゃないの、
という結果です。

米本と秀人がよく走り、危険地帯にボールが来ないよう蓋をしていました。
吉本も成長しましたね。
フォルランが放ったシュートは、私が記憶する限り2本かな?
完全に苛立っていました。

011.jpg

課題は攻撃。迫力不足かな。

大阪市内は午前中豪雨で、街歩きできず、
することがないので、なんばの映画館にふらりと入り、
「ゴジラ」を観ました。
こちらは大迫力。

この映画に登場する怪物の名前は「ムートー
これほどの迫力はいらないけれど、

武藤には頑張って決めてもらいたい!!

012.jpg

さて、来週も”対戦相手は監督解任”シリーズは続く。

次は鳥栖

何があったか知らないが、
功労者のユン監督にあの扱いはない、と思います。

そんなチームはツキが逃げるに決まってる。
負ける気がしません。
東京勝てるよね?

そうだよね、アーリア

014.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京 vs 清水エスパルス(2014 J1 第18節) [FC東京]

お祭りで~い!! 

022.jpg

2014年8月2日(土) 18:34 味の素スタジアム
J1 第18節 
  FC東京 
 4 - 0  清水エスパルス
得点者:(東京) 15分 エドゥー、43分 武藤嘉紀、45+3分 太田宏介、58分 武藤嘉紀、観客数 24,119人、
天候 晴れ、無風、気温 31.3度、湿度 58%、主審 木村博之

001s.jpg 002s.jpg

いつもなら、スタジアムへ来るのは
だいたいSOCIO会員入場開始少し前。
しかし、この日は約5時間前に来ました。

青赤横丁と東京の夏祭りを満喫しよう・・・
と思ったのですが、
なんせ当日の東京地方は猛暑!!クソ熱~い!!

水分を採りすぎて、
身体が水を含んだスポンジみたいになってしまいました。

004.jpg

青赤横丁の仮設ステージ
最初は社長のトーク、

続いて、FC東京VivaパラダイスのMC橘ゆりかちゃんの進行で、
ルーコンと梶山のトークショーがありました。
ルーコンは自分はエドゥーより男前と言ってました。

ゆりかちゃんは近くで見ると、やはりキレイですね。
アイドリングは勝利の女神なので、
ビジターにも足を運んでほしいです。

006.jpg 010s.jpg

その後は土屋礼央さんの歌。
礼央さんは持ち歌がチャントになった
アイドリングがうらやましいのかな?
FC東京魂メンバーが集合。
この光景、お馴染みになってきました。

012.jpg

スタジアムでは、別の土屋さん
土屋アンナさんのライブ。
六本木のクラブの雰囲気をスタジアムに・・・、
ということですが、

観客は中高年が多いから、反応はイマイチ。
本当は70年代の音楽の方がよかったんだけど、(笑)

とはいえ正直、脳みそが熱にやられ、
どうでもよくなってしまいました。

011.jpg

試合の直前にゴトビ監督が解任され、
後任は清水のレジェンドの一人、大榎監督が就任。
やりづらい相手、状況でしたが、
前節の勢いをそのまま持ち込んだ内容になりました。

P8020335 (553x415).jpg

016.jpg 014.jpg

清水に立ち上がりから攻め込まれ、
エース大前に危険なシュートを撃たれる場面もありましたが、
15分、エドゥーの弾丸ボレーで先制してからは東京ペース。
前半、清水の決定的な場面はほとんどありませんでした。

017.jpg

37分、吉本のロングフィードから
武藤が相手ディフェンスの裏に抜け出し、
左足でシュートを放ったが、わずか右にそれる。
あ~、ヨッチまたかよ、とため息

018.jpg

しかし、43分、河野→太田のクロスで、武藤がヘッドで2点目のGoooal!!

019.jpg

前半アディショナルタイムには、太田が直接FKを決め、
早々と勝負を決めてしまいました。

021.jpg

後半も東京が優位に試合を進める。
48分、53分にはエドゥーのシュート!!
ストライカーとタイミングが合うようになりました。

025.jpg 026s.jpg

ノヴァコヴィッチ、高木に、ポストへシュートも撃たれましたが、
ゴールの神様は東京のお祭りにご機嫌になったのか、
清水には得点を与えませんでした。

029s.jpg 027s.jpg

流れは東京

58分、ルーズボールを拾った武藤がドリブルで右エリアを突進。
相手を翻弄して右足でシュート! Goooooal!!

4点目

少し前までゴールに嫌われていたのが嘘のようです。

031.jpg

守りは、権田が安心して見ていられるし、
三田、平山を余裕で投入だったし、終わってみれば完勝。
3試合連続無失点、今季最多の4得点、3連勝で5位浮上。

この調子で行こう!

エドゥーのシャー!は力強い。

033.jpg


ヨッチとコースケ

祭りは続く。。。

035.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京 vs ベガルタ仙台(2014 J1 第17節) [FC東京]

アイドロング!!!ストロング!!!

030.jpg


2014年7月27日(日) 18:34 味の素スタ
ジアム 
J1 第17節  FC東京  3 - 0  ベガルタ仙台
点 : (東京)18分 平山相太、33分 河野広貴、43分 高橋秀人、
観客数 15,491人、
天気 晴れ一時雨、無風、気温 28.3度、
湿度 75%、主審 前田拓哉

004.jpg

家を出た時、空は晴れていたのに、
スタジアムに着いた途端、豪雨襲来!

バケツをひっくり返したような雨に振られ、
慌てて傘をさしましたが、全く役に立たない。

関係者テントに潜り込みレインコートを着ましたが、
びしょ濡れになってしまいました。

006 (251x188).jpg 005 (251x188).jpg

雨はすぐに収まりましたが、
今度は強烈な湿気がスタジアムを包む。
風がないので、非常に蒸し暑い。

いくら水分を採っても足りない、体中から汗が噴き出してくる。
最悪の天候でした。

天気予報が大雨だったこともあり、客足が鈍り、
入場者数は、リーグ戦としては少ない15000人台、
中高年の来たくない気持ちもよくわかります。

しかし、そんな苦行を体験した東京サポーターには、
最高の結果が待っていました。
無条件☆幸福ってやつですかね?

018 (251x188).jpg 020 (251x188).jpg

試合前は、アイドリング!!!と東京ドロンパのコラボ
アイドロングで景気づけ。

昨年もこの企画で大勝したので縁起がいい。
19号ゆりかちゃんは東京サポにはすっかりお馴染み。
サマーライオンはいい歌。
P7270167 (553x415).jpg

さて、今節の対戦相手はベガルタ仙台

前半の最終戦、
すぐ来週から後半戦になりますが、
きっちり勝って後半へ勢いを持ち込みたい一戦でした。
013.jpg 012.5.jpg

エドゥーが累積で出場停止、
代役は我らが平山。
その平山がしっかり結果を出しました。

前半18分、高橋のカットから、米本がボールを受けて前進、
太田からのクロスを、
平山が頭で合わせ 
GOOOOOAL!!

015.jpg

この先制ゴールからで、流れを掴みましたね。

この試合、羽生先輩が先発。その羽生が効いていました。
中盤で右へ左へ、ボールを持った相手選手を追いかける、
33分には、羽生がウイルソンからボール奪い、
平山経由の河野で、左足のシューーート!!!
GOOOOOAL!!!

017.jpg
さらに43分、CKから相手DFにクリアされたボールを、
秀人が右足で狙い澄ましてミドルシュート!!!
GOOOOOAL!!!

素晴らしい!!

秀人のゴールを見るのは久しぶりです。
3点リードで、余裕で前半終了


022 (251x188).jpg 024.jpg

後半は仙台が反抗。
仙台のサイドからのクロスを東京が跳ね返す展開になりました。

まもれ!!!

仙台の波状攻撃を受けシュートの雨状態になる場面もありましたが、
権田がスーパーセーブ連発で立ちはだかる。

マッシモは、河野に代えて東を入れ、
羽生とともに両サイドを固めましたが、
強烈な蒸し暑さもあり、
仙台のハードワークも限界にきていましたね。

そのまま、失点0でタイムアップ!!!

快勝です。

025.jpg 026.jpg

順位は一気に7位に浮上。

この調子を続けたい!!!
031.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る