So-net無料ブログ作成
検索選択

FC東京 vs ガンバ大阪(2014 J1 第14節) [FC東京]

江戸再興

025.jpg

2014年5月17日(土) 18:04 味の素スタジアム
J1 第14節  FC東京  3 - 0  ガンバ大阪
得点 : 1分 エドゥー、3分 武藤 嘉紀、52分エドゥー(東京)、観客数 26,485人、
天気 晴れ、 弱風、気温 20.5度、湿度 44%、主審 佐藤 隆治

003.jpg

いよいよ、ブラジルワールドカップ本大会の開幕が目の前に迫ってきました。

2014年のJリーグは第14節終了後、約2カ月の中断期間に入ります。

008.jpg

東京、G大阪それぞれのチームに2人ずつ代表がいるということで、
壮行会のような雰囲気。
ザッケローニ監督も観戦。

入場者数は26000人を超え、
もっともっと注目されてもいい一戦なのですが、
現実は下位チーム同士の対戦です。

でも、ま、こんなものでしょう。

010s.jpg 022s.jpg

東京は直近4試合で3敗1分け。
マリノス戦の東のゴールから、1点も獲れていない。
不調です。
麻雀に例えれば、聴牌しても聴牌しても和了れないような状態。

しかし、この試合は負ける気がしませんでした。
なぜなら、味スタでガンバに負けた記憶がない。 

007.jpg

で、調べたら、
東京がホームでガンバに敗れたのは
2002年9月14日のナビスコカップ準決勝が最後。
12年間負けていない。

以後は8勝4分。その間、味スタで7勝3分。

稲本がいなくなってから、
ガンバとのホーム戦ではいい思い出しかありません。

011.jpg

そんな、相性もあるんでしょうね。

キックオフ直後の猛攻
開始45秒で、右スペースに抜けだした河野がエドゥーにボールを回し、
あっさり1点ゲット。

015s.jpg 016s.jpg 

さらに、河野のヒールパスでの崩しから、
武藤がドリブルで突進。
ゴールにボールを流し込んで2点目。

電光石火。

018.jpg

たとえは古いが、

カップヌードルにお湯を注ぎ食べごろになるまで
ウルトラマンのカラータイマーが点滅し始めるまで
品川で山手線に乗り、田町駅で降りるまで

に2点獲りました。

4試合無得点であんなに苦労したのに、
いとも簡単に点が獲れてしまう。

サッカーって面白いです。

019s.jpg 020s.jpg

俗に、早い時間での2-0は危険だといいますね。

2点リードされたガンバは、
遠藤を中心に早いパス回しから、
徐々ゲームを支配し始め、何度か決定的場面を作る。
でも、完全にやられたと思った西野のシュートは
ゴールの中から太田がヘッドでのスーパークリアー。

粘り強く守り、前半を0点に抑えました。

後半も、ガンバペースになりましたが、

7分、セットプレーから、
エドゥーの美しいミドルシュートが決まり、

この時点で東京の勝利を確信しました。

036s.jpg 026s.jpg 

終わってみれば快勝。

ケチャップ一気出しとまで行きませんでしたが、
味の素のマヨネーズが、
ふたを開けたとたんニュルッと出た感じ?

千真と平山が悪いとは思いませんが、チームの活性化という意味で、
スターティングメンバーに、エドゥー、河野、武藤、三田、4人の名前をみたときに期待感が膨らみました。

027.jpg

まれに見る団子状態になっている今年のJリーグ 

脱落するのは、
獲るべき点を獲らず、
失ってはいけない勝点を失うチームです。

029.jpg

ちなみに、南アフリカW杯が開催された4年前
東京の第14節までの勝点は18でした。

この試合に負けていたら、
降格した年の勝点を下回っていたんですね。

まだまだ手放しで勝利を喜べる状況ではありません。

W杯開催まで、ナビスコのグループリーグの3試合がありますが、
とにかく、中断期間にコンディションを調整し、
いい状態で再開しないといけません。

031.jpg 

ヒーローはもちろん、エドゥーと武藤

エドゥーは、あまり笑顔を見せませんが、
試合中でも、声援に手をあげてこたえてくれます。

ただ、「今 応えんでもイイ」というときもありますが(笑)

030s.jpg 032s.jpg033s.jpg 034s.jpg

武藤の指導によるエドゥーとのシャー!!
シャーも、久々にやったという感覚。

エドゥー最高!!

7月から、こういうシーンを増やしましょう。

035.jpg


2014 AFC女子アジアカップの注目点 [なでしこ]

5月14日からベトナムで女子サッカーのアジアカップが開催されています。

大会は予選免除の4ヶ国と、予選を勝ち抜いた4ヶ国の計8チームが参加。
AB2つのグループに分かれ、なでしこが入っているのは、グループA

14日は、前回覇者のオーストラリアと対戦しました。
2点のビハインドから、後半、川澄の左サイドを起点に反撃。
大儀見の技ありゴールで同点に追いつき、結果は2-2のドローでした。

今大会は、来年6月カナダで開催される 2015 FIFA女子ワールドカップの出場権がかかっていますが、正直、なでしこのW杯の出場権獲得は問題ないでしょう。

2015年の女子W杯では、出場国数が前大会の16から24に増えました。
そのうち、アジア枠は5つもあります。
現在行われているアジアカップのグループリーグで、2位以内に入れば4位以内が確定、
その時点で本大会出場決定です。
日本がベトナムかヨルダンに負け、3位以下になることはないでしょう。

現在のアジアにおける各国の実力からみて、
5枚の切符は、日本、オーストラリア、中国、北朝鮮、韓国で決まりという感じですが、

今大会では、2011年W杯でのドーピング問題で、北朝鮮が出場停止。

4枚は日本、オーストラリア、中国、韓国で固い。
この4ヶ国の大会での興味はどこが優勝するかという点だけです。
なでしこの選手のコメントも、W杯出場権獲得より優勝になっていますね。

でも、私がもう一つ、この大会で注目しているのは、

W杯出場の5つ目の切符をどこが獲得するかという点です。
上記以外の参加チーム、地元ベトナム、タイ、ヨルダン、ミャンマーの4ヶ国は千載一遇のチャンスが到来していますからね。

おそらくベトナムとタイのプレーオフになるのではないかと思っていますが、
地元ベトナムが有利かな?
サッカーの世界大会にベトナムが出場したことなんてあったのでしょうか?

とりあえず、ベトナムと中国が同じグループじゃなくてよかったですね。

注目しています。


徳島ヴォルティス vs FC東京(2014 J1 第13節) [FC東京]

誰でもいい!! 決めてくれ!!

051.jpg

2014年5月10日(土) 14:04 
鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
J1 第13節
  徳島ヴォルティス  0 - 0  FC  東京
得点:なし、入場者数 7,451人、天気 晴れ、弱風、気温 21.6度、湿度 28%、主審:岡部拓人

021.jpg

2014年のJ1でダントツ最下位の徳島。
こうなると徳島でのアウェー戦は、来年はないかもしれないぞ。
いついくの?今でしょ。

そんなベタなことを考えたサポーターが多数いたかは定かではありませんが、

東京から大挙押し寄せた青赤イナゴ
狙いはバラ肉の入った徳島ラーメンや
地元B級グルメのフィッシュカツです。

015s.jpg 016s.jpg

フィッシュカツは、カレー味でスパイスが効いていて、
鳥栖のミンチ天の親戚といった感じ、
ボリューム感があるし、なかなか美味しいです。

しかし、フードコートでこのフィッシュカツを販売していたのは、
東大というラーメン屋1店だけ、
予想通り早々と売り切れてしまいました。

「徳島やる気がない!」

怒っている東京サポーターが多数発生していました。

フィッシュカツは、「かつ天」の名称で、徳島空港で普通に売られていましたが、
食べられなかった青赤イナゴは無事ありつけたかな?

027s.jpg 019s.jpg

徳島のマスコットは、ヴォルタ君とティスちゃん。
ドロンパと同じ、たぬきです。

”たぬきダービー” ?

025s.jpg 024s.jpg

東京ドロンパと同様、徳島のタヌキも身体能力が高い。

ヴォルタ君のパフォーマンスは定評がありますが、
ティスちゃんもなかなかアクティブなんですね。

052.jpg 037s.jpg

東京はマリノス戦までは上り調子でしたが、
GW後半から、全く得点が入らなくなくなりました。

リーグ戦3戦連続で0-1の敗戦。

003.jpg

CK時の一瞬の隙や一発のポカで失点したものの、
守備は中央をキッチリ固め、流れからの得点は許さない
それなりの成果を挙げていると思いますが、

攻撃がかなりの重症。

032.jpg

この試合も開始5分で、東京と徳島の選手の
身体能力や技術の差が感じられ、
東京圧勝の空気が漂っていましたが、

040.jpg

徳島の小林監督は、最終ラインに5人並べ、
その前の3人も守備に専念させる
8バックのような形で、ガチガチに守りを固めてきました。

043.jpg

東京は太田のクロスからゴールを脅かすなど、
圧倒的に支配しながら、
タイミングが合わない、シュートが枠に行かない、
枠に行ったかと思えば、GK長谷川の正面に飛ぶ。

前節大宮戦といい、東京は長谷川という苗字と相性が悪いのでしょうか?

045.jpg 047.jpg

そんないやな雰囲気のまま、時間だけが過ぎていきました。

後半、業を煮やしたゴール裏の青赤から
”だれでもイイ!”コールが出ると、
後半24分、河野に替えて・・・あれ?

だれでもイイとは言ったけど、鈴木って誰だよ?

ビジターサイドは、東京サポの苦笑いとツッコミで包まれました。
よりによってヴェルディの選手と間違えるとは・・・

もちろん、東京の14番はムトウです。

030.jpg 048s.jpg

アディショナルタイム、ゴール正面から蹴ったエドゥーのFKも、
この日大当たりの長谷川がスーパーセーブ

たしかに、攻撃がチグハグだけど、ツキもない。

049.jpg

勝って当然の試合でしたが、
相手の一発に沈む可能性もあったし、
負けなくてよかったですよ。

結果的には、先発メンバーを固定しだしてから、
点が獲れない。
河野もだんだん得点の匂いがしなくなってきたし、

大丈夫か?

050.jpg

鳴門で、

美味しい鯛の料理に舌鼓を打ったり

017s.jpg 055.jpg

大塚国際美術館の規模に驚いたり

054.jpg

鳴門海峡のうず潮の力強さに感動したり・・・・・は、今年十分に堪能しました。

008.jpg


えらいやっちゃ、が、えらいこっちゃ、にならないことを希望します。

は~~ぁ。。。。

018.jpg


FC東京 vs 大宮アルディージャ(2014 J1 第12節) [FC東京]



022.jpg

2014年5月6日(火) 13:04 味の素スタジアム
J1 第12節  FC東京  0 - 1  大宮アルディージャ
得点 : 90+3分 長谷川 悠(大宮)、観客数 23,722人、
天気 曇り、 弱風、気温 13.2度、湿度 70%、主審 扇谷 健司


001s.jpg 004s.jpg
(大青赤横丁開催 定番は肉)

1年間の長いリーグ戦の中には、
ここが正念場ともいうべき
絶対に負けてはいけない試合があります。

この日の大宮戦は間違いなくその一つ。

それだけに、結果が出なければ、
サポーターの評価が下がるのは当然です。

評価だけじゃない、気温まで下がって肌寒かったですよ。

007.jpg

ここまで、マッシモ東京は、
巧いこと選手をターンオーバーしながら
結果を出してきたという印象がありました。

起用された選手が、
これまで使われなかったうっぷんを晴らすかのように、
生き生きとプレーし、
観ている側としては、非常に気持がよかったわけですが、

この日は、前節から加賀と吉本を入れ替えただけの布陣で大宮戦に臨みました。

試合前、このメンバーを見て一抹の不安を覚えたサポーターも多かったのではないでしょうか?

009.jpg

もともと、東京は大きな運動量を必要とするサッカーをしています。
そのサッカーを、3日前に浦和相手にしたばかり。

そりゃあ、疲れが溜まってますよね。

太田のクロス、高橋のシュートの精度の低さも、
森重の後半ロスタイムの致命的なミスも、

疲労の蓄積が原因の一つであることは間違いないでしょう。

013.jpg

しかし、大宮も条件は一緒です。

大宮のスターティングメンバーで、前節と変わったのは渡部と横山だけ。

後半は、東京の波状攻撃に、DFラインが決壊寸前になりましたが、
菊池、高橋が身体を張って失点を防ぎ、
その踏ん張りに対して、ロスタイムにご褒美が出た格好になりました。

015s.jpg 016s.jpg

前半16分にズラタンが負傷退場し、
前節出番のなかった長谷川が出場したことが、
大熊さんにとって、かえって吉と出たように思います。

一方東京は、
不振の千真を河野に交代したのが後半17分
武藤に替え、エドゥーをピッチに入れたのが後半41分
交代枠を1枚残したままゲームセット。

前監督の亡霊が現れたかと思うような采配でした。

018m.jpg 019m.jpg

リザーブの元気な3選手

左サイドでの実績のある椋原、
クロスの精度の高い松田陸、
チームのカンフル剤的な突進力を持つタマ
彼らを使わなかったのはもったいないです。

たとえば、太田の代わりに椋原を使ってもよかったんじゃないでしょうかねぇ。

もちろん、結果論ですが・・・。

021.jpg

この敗戦で、東京はホーム味スタで大宮に4連敗。
大宮のホーム、NACK5では、今世紀東京は負けていないので、
東京vs大宮は、今や完全に「主客転倒」カードになっています。

あ~ 情けない。

試合後のビジターゴール裏の風景は、まるで昨年4月6日のリプレイのようでした。
よく見ると、去年より人数が増えていますね。

FC東京 vs 大宮アルディージャ (2013 J1 第5節)

023.jpg

順位は13位まで下降。
降格圏のチームとの勝点差は2

まだ悲観する必要はないと思いますが、
ゴールデンウィークに1勝3敗で、
得点わずかに1点というのはどうも。。。

徳島戦も厳しい試合になりそうです。

024.jpg


浦和レッズ vs FC東京(2014 J1 第11節) [FC東京]

またも CKから

002.jpg

2014年05月03日(土) 16:04 埼玉スタジアム2002
J1 第11節 
浦和レッズ  1 - 0  FC東京 
得点者:(浦和) 79分 阿部 勇樹、観客数 43,564人、
天候 晴れ、中風、気温 25.6度、湿度 37%、主審 廣瀬 格

015.jpg

埼玉スタジアムは、
最寄り駅の名前に、「浦和美園」と「浦和」がついていますが、
その位置はほとんど岩槻といっていいほど、
東京都民がイメージする「浦和」とは程遠いところにあります。

JR浦和駅へ接続するバスもありますが、
東京都民サポーターが利用できる公共交通機関は、
実質埼玉高速鉄道しかなく、
これがまた各駅停車で、しかも埼玉県内を遠回りしながら走るので時間がかかります。

レッズサポーターは、東京の住人も多いので
試合に敗れると、帰りの車内は、
上機嫌の赤いサポーターと
長時間一緒にいなければならなくなります。

これが実に屈辱的なんです。

014m.jpg 016m.jpg

だから、内容などどうでもいいから、
絶対に勝ってほしかったわけですが、

結果は0-1の敗戦。

前節の名古屋戦と同様、
セットプレーから獲られた1点に泣きました。

前半は守備的、後半に勝負というゲームの進め方をしながら、
後半の大事な時間帯に、コーナーキックからの一発でやられてしまい、
反撃及ばず・・・という負けパターンが、これで今季3試合目。

021.jpg

得点者は広島の千葉、名古屋の矢野、浦和の阿部と、
なぜか、苗字がひらがな2文字のディフェンダーばかりですが、

コーナーキックの時の東京の守備の穴が、
狙い目になっているのは明らかです。

004.jpg

しかし、本質的な問題はCKの守備じゃないですよね。

むしろ守備陣は、今季はよくやっていると思います。

やはり、最大の問題は、
一点奪われても、それを取り返せるだけの決定力が攻撃陣にない、
ということでしょう。

005.jpg 009m.jpg

数字で見ると、
東京は、11節までの得点が合計11点。
1試合平均1.0点だから、
相手に1点獲られたら勝てないという数字です。

これはJ1 18チーム中12位。
得点力がそのまま順位に表れている格好です。

シュート数(111)も、鹿島(156)、浦和(144)、川崎(143)と比べ
明らかに見劣りします。

019.jpg

相手によく守られている、ということかもしれませんが、

千真の昨年までの決定力はどこへ行ってしまったのか?
武藤はシュートを撃つタイミングがありながら、なぜパスをしてしまうのか?
エドゥーはいつになったら周りとの連携がよくなるのか?
東のシュートはなぜポストの外側へと転がるのか?
平山の判断の高速化は不可能なのか?

課題はいろいろありますが、

とにかく、黄金週間。

試合と試合との間隔が短く、
ハードスケジュールなので
選手もサポーターもタフに行きましょう。

浦和で失ったら、大宮で取り返せ。

012.jpg


FC東京 vs 名古屋グランパス (2014 J1 第10節) [FC東京]

俺たちの国立 残念な結末

022.jpg

2014年04月29日(火祝) 13:04 国立競技場
J1 第10節 
 FC東京  0 - 1  名古屋グランパス
得点者:(名古屋) 48分 矢野 貴章
観客数 25,851人、天候 曇り、弱風、気温 19.8度、湿度 54%、主審:村上 伸次

009.jpg

"俺たちの国立"でのこの試合までの戦績は
34勝16敗9分け、勝率.680
FC東京は聖地では強い。

前節、マリノスを相手に虎の子の1点を守りきり、
いい形で勝ち点3をゲット。
チーム状態は上り調子。
今節の相手は不調の名古屋。

負けるわけがない!

010.jpg

そう思いこんでしまったため、
敗戦という結果にはガッカリです。

いつもよりダメージが大きかったです。

国立通算17敗目。

011.jpg

今年は毎試合のように先発メンバーが入れ替わります。
この状況は前監督時代と対照的です。

でも、この日は先発メンバーが前の試合と同じ。
前節では東が結果を出したし、
マッシモは、このメンバーの収まりがいいと思ったのでしょう。

012m.jpg 013m.jpg

014m.jpg 016m.jpg

確かに、守備では、結果的には、セットプレーの失点だけに抑えたし。
ドタバタする場面もなく、落ち着いていて良かったと思います。
課題は攻撃ということになりますかね。

先制されたあとの跳ね返す力、
反発力が弱いといったらいいのか?
今年は先制されてから、逆転勝ちの試合が1試合しかない。

千真のシュートはバー直撃。
マリノス戦でも似たようなシーンがありましたが、
これが決まっていればなぁ。

この試合、東京は国立のゴールの女神さまにへそを曲げられていました。
もしかしたら舛添さんが、女神のタイプではなかったとか。。。

017m.jpg 018m.jpg

マッシモは、後半10分、右サイドの徳永を下げ、
攻撃力のある陸投入。
この交代には、おおおと驚きました。
負傷以外で徳永が途中交代したシーンは
今まで見た記憶がありません。

しかし、陸はピッチに入ると、右サイドを駆け上がり、
いいクロスを入れビッグチャンス創出。
そこから、猛反撃が始まりました。

マッシモ采配ズバリ的中か、、

019.jpg

と期待しましたが

闘莉王を中心とした、狡猾なリズムぶつ切り作戦に遭い
最後までゴールを割ることができませんでした。

020.jpg

前節の稼ぎを吐き出してしまうので、
最悪でも勝点1が欲しかったところですが、
内容は悪くなかったと思うので、
文句は言いません。

ただ、次のレッズ戦、
内容はどうでもいいから勝ってほしいですね。

021.jpg

ところで、聖地国立も5月で見収め。
東京にとっての国立ラストゲームを勝利で飾り
いい思い出にしたかったわけですが、
世の中そう思い通りに行かないと云うことでしょう。

ドロンパのスケッチブックは、
「ありがとう国立」ではなく、
いつもの「東京が勝つ」でした(笑)

007s.jpg 008s.jpg

001.jpg 002.jpg

天皇杯もナビスコも、
東京がタイトルを獲った時の記憶には、
国立の景色がありますからね。
その景色が、来年には無くなっているのかと思うと、
やはり、さびしいです。

004.jpg


メッセージを送る