So-net無料ブログ作成
検索選択

FC東京 vs 川崎フロンターレ (2014 J1 第4節) [FC東京]

変心するぞ

013.jpg

2014年3月23日(日) 19:04 味の素スタジアム
J1 第4節 
  FC東京 
 0 - 4  川崎フロンターレ 
得点者:(川崎) 31分、79分 小林悠、45+4分、59分 大久保嘉人
観客数 23,172人、天候 晴、弱風、気温 9.6度、湿度 54%、主審 岡部拓人


2014年3月23日は、
Jリーグファン全員の記憶に刻まれた日になりました。
さいたまスタジアムで、Jリーグの歴史で初めての無観客試合が行われました。

017.jpg

当初軽い気持ちで垂れ幕を掲げたのではないか、と思っていましたが、
結構根が深いとの話も聞こえてきました。
でも、浦和だけの問題ではないです。

016s.jpg 019s.jpg


異質なものや自分の嫌いなものを排除したいと
強く願っている人たちがサポーターに多くいるなら、
似たような事件がまた発生してしまうでしょう。

サッカーは宗教みたいなもの、
そう思っても、これはあくまでも娯楽、
カルトの世界へ入ってはいけません。
自分を客観視できる、良識ある大人に”変身”しましょう。

002.jpg

とか何とか言いながら、
わが東京は、4日前とは全く違う悪い姿に変身してしまいました。

前座のコラシコは5失点で完敗。
トップチームも4失点。

無様な負け方すんなよ!

怒りがこみあげてくる戦いぶりでした。

006.jpg

ヨネの横パスを大久保にインターセプトされ、
小林悠にゴール右隅に入れられて1点目

前半ロスタイム、前掛かりになったところをタマがボールを奪われ、
カウンターを食らった、もったいない2失点目。

太田と高橋の連携ミスからボール一気に前線に持っていかれ、
クロスから大久保が頭でズドーン!!の3点目

そして東京の左サイドで、タマが再びボールを奪われ・・・

005.jpg

味方がボールを持ったら、先を読んで後ろの選手が走りだしたり、
フォローに入っていたのが川崎。
一方東京は、パスの出しどころが見つからず、
モタモタしている間にチャンスが潰れてしまう。

細かい技術的なことはわかりませんが、
選手が自信を失くしてしまわないか心配。
”見捨てる”という呼び名、よくないです。

 011.jpg

ナビスコ杯は勝って、リーグ戦で勝てない。
2010年の悪夢がよみがえらないことを祈ります。

仮面ライダー 皆無

非日常から日常に切り替わろうとする日曜の夜。
フェスタになるはずのホームが
お通夜になってしまうような試合は勘弁してほしいです。
運動量、集中力、技術、戦術すべてにおいて完敗!
等々力でリベンジしてほしい!!

015.jpg
 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京 vs 鹿島アントラーズ (2014 ナビスコ杯予選リーグ 第1節) [FC東京]

広貴完璧古すぎ?

021.jpg

2014年03月19日(水) 19:00 味の素スタジアム
ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第1節 
 FC東京  3 - 1  鹿島アントラーズ 
得点者 (東京)8分 河野広貴、10分 太田宏介、71分 三田啓貴、(鹿島)72分 本山雅志、観客数 10,353人、天候 曇り、弱風、気温 9.9度、湿度 43%、主審:村上伸次

 022.jpg

弥生三月。
東京はまだまだ寒いです。

味スタでの平日夜のゲームは、
現地観戦へのモチベーションを維持するのが結構しんどい。

相手がブランド力のある鹿島でなければ、
入場者数も10000人を割っていたかもしれません。

それに浦和の垂れ幕問題。
リーグ全体の雰囲気を暗くしているように感じます。

002.jpg

しかし、FC東京は
ヴィッセル神戸戦からメンバーを8人入れ替えて臨みました。
まるで前節がうそのような快心の出来。

高い位置からボールを獲りに行く積極性、
相手ゴールへ向かって押し上げる推進力
よかったです。

久しぶりに”いい東京”が観られました。

003.jpg

特に河野
神戸戦ではピッチに入ると同時に、チームに活力を与え、、
あと一歩でゴールというところまで迫りました。。
しかし、シュートはGKがセーブ。

この日も、好調鹿島を相手に大活躍、
右に左に、鹿島DFを翻弄していました。

004.jpg

開始8分、米本のパスを上手くトラップ。
シュートコースを消そうと出てきたGKの裏をかき、
ゴール右に流し込んで先制

その2分後、千真とのワンツーから左のスペースを突進
太田のゴールを演出。

身体を張ってボールを奪いに行き、守備でも大いに貢献していました。

完璧。

006s.jpg 007s.jpg

河野の他にも、

守備に、チャンスメークに、
素晴らしい働きをした米本。

羽生先輩も、野沢も、吉本も
いい動きをしていました。

009s.jpg 008s.jpg

陸は、守備でハラハラさせられましたが、
71分のタマに送ったクロスは
非常に魅力的でした。

011.jpg

ただ、3点目を獲った直後に失点する
人の良さは相変わらずです。

いい点の獲り方ができたので、
リーグ戦もこのメンバーで行ったらどうか?、

そんな意見が出てきても不思議ではないです。

胸がスーッとしました。

010s.jpg 018s.jpg

次は多摩川クラシコ。

楽しみになりました。

015.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ヴィッセル神戸 vs FC東京 (2014 J1 第3節) [FC東京]

やっちまった

023.jpg

2014年3月15日(土) 19:04 ノエビアスタジアム神戸
J1 第3節   ヴィッセル神戸 
 2 - 1  FC東京 
得点者:(東京) 67分 エドゥー、(神戸) 52分 マルキーニョス、62分 森岡亮太
観客数 10,089人、天候 晴、弱風、気温 8.3度、湿度 45%、主審 前田拓哉

002.jpg

10年以上、負けがなかった神戸の地で敗戦。
寒さが骨身に堪えます。
いやあ寒かったなぁ~

第3節 アウェー神戸戦の結果は、麻雀に例えるなら、
チョンボして払った罰金を最後まで取り返せなかった
といった感じです。

001.jpg 004s.jpg

4-3-3
前線に張る、左右の二人。
武藤と千真にあと少し決定力があれば、
試合の結果もチームの評価も変わっていたはず。

しかし、期待の武藤は一瞬の判断の遅れからか
ゴールに嫌われているみたい。
千真もポジションになじめないのか、
どこかしら元気がないように見えます。

006s.jpg 010s.jpg

とにかく、なんでもいい
DFラインを突破したら、もっと強気に勝負してほしいです。
もっとシュートを撃ってほしいです。

それなのに、なぜか横パスで責任転嫁?

今年に始まったことではないけれど、
この東京に棲む弱気の虫の退治を、
フィッカデンティ監督に強く期待しているんですよ。 

014.jpg

河野にその役を担ってほしいと期待しているのですが、
この日はいいところまで行ったけど
神戸GKのスーパーセーブに合い結果を出せませんでした。

山本海人が当っていた。

♪それが海人のち~か~ら~ 

BEGINじゃないんだから

要するにツキがありません

019.jpg

後半7分、東の不用意なバックパスが
敵のオヤジFW マルキーニョスにつながってしまい、
痛恨の失点。

やっちまった。。。

後半17分には、東京の最終ラインが
森岡にドリブルで翻弄され再び失点。

020.jpg

2点のビハインドとなり、
やっとエンジンに火が点きましたが、
後半22分のエドゥーのビューティフルゴールで
一矢報いただけに終わってしまいました。

やろうとしていることは分かるので、
チームが自信を失くさないうちに
早く片目を開けたいです。

022.jpg

この日の寒さで、
10089人という入場者数は、多いのか少ないのか?

赤いチームの日本人限定の「やっちまった」は、
本当は根が深いという話も聞きます。

今回の一件では、Jリーグ全体に
ムードが悪くなっているように感じます。

一見さんの足が、スタジアムから遠のかなければいいのですが。

025.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京 vs ヴァンフォーレ甲府 (2014 J1 第2節) [FC東京]

だいじょうぶだぁ・・ろうか?

018.jpg

2014年3月8日(土) 15:03 味の素スタジアム
J1 第2節   FC東京
 1 - 1  ヴァンフォーレ甲府 
得点者:(東京) 5分 エドゥー、(甲府) 72分 クリスティアーノ、
観客数 22,398人、天候 晴れ、弱風、気温 7.9度、湿度 37%、主審 高山啓義

019s.jpg 020s.jpg

待ちに待ったFC東京のホーム開幕戦!
東京地方は雲ひとつない青空が広がりました。
気温もそんなに低くない。

飛田給から味の素スタジアムへ
甲州街道を跨ぐ陸橋に、
イタリア語の横断幕が貼られ
新しいシーズンを迎えるワクワク感がいっぱい・・・

021s.jpg 022s.jpg

といいたいところですが、

試合も青赤横丁も
どこか中途半端な感じがしました。
ステーキ丼は美味しかったです。

1000万人都市東京のチームだし、
その1%で10万人
開幕戦は、せめて30000人は来てほしいですよね。

入場者数22,398人は、
いつもの人数という感じですが、
この数字をどう評価するべきか。

まだまだ一見さんが増えていないということでしょう。

017s.jpg 005s.jpg

開幕戦のゲストは、志村けんさん。
東村山高校サッカー部出身だそうで、
サッカーとは縁がある。

ダチョウ倶楽部の肥後さん、
フジテレビの本田アナ、ゆってぃ
彼らと変なおじさんが絡むという設定?
開幕アトラクションでは過去にないパターンでした。

ただし、出演時間が短く、やや消化不良?

紹介の絵柄は東京の選手と同じにするとか、
おばあちゃん姿で、東京ガスCMのパロディで、
「あのときはごめん」に「あーんだって?」とやる、とか
東村山音頭でチョチョンとスタジアム全体がノリノリになるとか

ちょっと期待しすぎでした(笑)

017.jpg

試合の方は・・・

前節の柏戦が割とよかっただけに、
失望感があります。

柏戦は、しっかり守れて、速攻を仕掛けられて、
勝てなかったけれども、手堅く勝点1を持ちかえることができました。
今節はホームだし、当然勝利がノルマ。

苦戦するかもしれないが、
地力は東京の方が上だから、
きっと効率的に攻め、早い時間に得点し、
終わってみれば3-0くらい。

こんな試合になるだろうと戦前予想しました。

しかし・・・

011.jpg

開始5分、エドゥーが中央で放ったシュートは、
ボールがDFの足に当り、ボールが大きく変化。
岡がこの処理を誤り後逸。
ラッキーな1点目が入りました。

このまま一気に大量得点か
と思いましたが、エドゥーにボールを回した後
誰が得点を決めるのか?

追加点は獲れないが、しっかり守り、
相手にシュートを撃たせなかったので、
前半は1-0で折り返し。

009.jpg

これもマッシモ戦術。
きっと後半、甲府の運動量が落ち、
東京ペースとなり一気に追加点・・・と思ったら

ギアチェンジしたのは甲府の方で
東京の選手の方が足が止まってしまいました。

甲府の早いプレスに逢い、
この日、急きょFWで起用された長身盛田にフィジカルで負け
後ろから侵入してくる選手を抑えられずピンチになる。

004.jpg

後半25分、クリスティアーノにオーバーヘッドで決められ
ついに追いつかれてしまいました。
DFの人数は足りていたのに、動きについていけませんでした。

36分にもクリスティアーノに、
どフリーでシュートを撃たれてしまい、
これが決まっていれば黒星という結果もあっただけに、
フルタイムでの感想は、
勝てたなあ、と、負けないでよかったが五分五分

この日は城福甲府の方が、”甲斐性”がありました。

東京は米本の復帰は朗報ですが、
ボールを失って大ピンチになる場面があったし、
早く本調子に戻ってほしいです。

008s.jpg 002s.jpg

ところで、今シーズンから、バックスタンド中央のカテゴリーを分け
料金アップしましたが、あまり売れていないようですね。

通路が遮断され、導線が悪くなったように感じるし、
バックスタンドの自由席が従来より混むようになったし
テレビ画面を見ても、髪が薄くなった頭みたいだし、

あまり得策ではないですね。

023.jpg

さて、次の対戦相手は神戸

微妙な相手ですね。

この日のドローは残念でしたが、
まだ始まったばかり。
マッシモの学習能力に期待しましょう。

001.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

柏レイソル vs FC東京 (2014 J1 第1節) [FC東京]

マッシモ東京 手堅くスタート

待ちに待った2014年W杯イヤーのJリーグ開幕。
今年も備忘録を残しておきましょうかね。

東京は冷たい小雨の中、
柏レイソルとのアウェー戦に臨みました。

005.jpg


昨年は、ホーム開幕戦で3-0と蹴散らしたものの、
秋にキッチリ借りを返させられました。

で、今年の1回目の対戦は・・・

2014年3月1日(土) 15:00 日立柏サッカー場
J1 第1節   柏レイソル 
 1 - 1  FC東京 
得点者:(東京) 46分 三田啓貴、(柏) 64分 工藤壮人、観客数 14,623人、天候 曇のち雨、弱風、気温 7.9度、湿度 79%、主審 佐藤隆治

今年の柏、かなり強そうです。

002.jpg

日本代表FWの工藤と、Wレアンドロの攻撃陣は強力
中盤でボールを奪われると一気に大ピンチになります。

監督は名将ネルシーニョ。
流れが相手に傾くとすぐに修正を施してくる。
選手のモチベーションを維持するのも巧いらしい。

主力が欠けるなど、アクシデントがなければ、
間違いなく優勝争いに絡んでくるでしょうね。

003s.jpg 018s.jpg

そんな柏を相手に、アウェーで1-1という結果は
まずまず合格点でしょう。

007.jpg

東京は前半押し込まれましたが、冷静に対応
柏に決定的場面を作らせませんでした。
右サイドで千真が蓋をし、
中盤の東、高橋がよく走って相手のチャンスを潰していました。

スコアレスでの折り返しは、
マッシモの談によれば、プラン通りだったようですね。

008s.jpg 015s.jpg

後半立ち上がりに、相手の隙をつき一気に三田がゴールを奪う
その後も相手の守備の混乱に乗じて決定機を演出。
マッシモやるじゃん、と思いました。

勝負所の見極め、時間軸を意識した試合運びは、
前任者よりも長けている感じがします。

将棋や麻雀などテーブルゲームが好きな青赤サポは、
今年はストレスが減るかもしれません。

009.jpg

そうはいっても、

千真のコンディションが万全ではなさそうだし、
三田の守備はレアンドロ・ドミンゲスに歯が立たなかった。
クロスはエドゥーとうまく合わなかったし
DF二人を相手に華麗に突破した武藤には貪欲にシュートを撃ってほしい

課題はありますが、
ベストメンバーの柏相手にSOLIDな試合ができました。

意外といい線行くかも(笑)

014.jpg 016.jpg

いやいや、開幕戦と言えば

平山の劇的ゴールで勝利した2010年のマリノス戦
権田の神セーブでアウェーで勝利した2012年大宮戦
ホームで一蹴した昨年の柏戦
今年はいいねと喜んだ過去あり。

まだ始まったばかりだし、これから何が起こるかわからない。
あまりはしゃがないようにしましょう。

次節はホーム甲府戦
相手はガッチリ守備を固めてくると思うので
それをどう切り裂くか、マッシモ采配に注目。

たぶん・・・大丈夫だァ~?

017.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る