So-net無料ブログ作成

東京ヴェルディ vs 愛媛FC (2013 J2 第17節) [サッカー]

J2も観に行こう!

家でゴロゴロしているのもなんなので、
J2の試合を観に行ってきました。

020.jpg

6月はJリーグの中断期間・・・

といいたいところですが、
正確には中断しているのはJ1だけで、
J2は営業中です。

代表の試合があるので
一般的には、えっ!Jリーグやってるの?
てな感覚になってますね。

2013年6月1日(土) 16:00 味の素スタジアム
2013 J2 第17節  東京ヴェルディ  2 - 1  愛媛FC 
得点:<東京V> 49分 飯尾一慶、59分 常盤聡、<愛媛>90+4分 代健司
入場者数 4,268人、天気 曇り
、無風、気温 22.8度、湿度37%、主審:飯田 淳平

002.jpg

ヴェルディはここ3試合勝っていない、一方愛媛も連敗中。
どちらも元気がない。

ヴェルディサポでも愛媛サポでもない
私のような第三者にとって
試合の見どころは何か?
チケット代2500円の元はとれるのか?

ヴェルディには元日本代表が3人。巻、西、高原
彼らの元気な姿を拝む?
正直、彼らはオワコン扱いされていますよね。
高原は元気そうだったけど、往年のキレはない。
巻は出場しませんでした。

ヴェルディの若い選手を観る。
ヴェルディはユースから次々いい選手が上がってきます。
前田、高木、中島ら
彼らのプレーに注目する
これは結構、いい観戦のモチベーションになります。

ちょっとマニアック。

004s.jpg 005s.jpg

一方の愛媛

重松健太郎が元気なら
愛媛側にもう少し東京サポーターが観に来たでしょうね。
でもベンチ入りはなしだったので残念。

006s-2.jpg 010s.jpg

では、スタジアムの雰囲気に浸る。

この日は、ヴェルディを応援する
稲城、日野、多摩、立川4市の合同サンクスマッチということで
試合前は各市のパレードが行われました。

ヴェルディも一生懸命ですが、、、

うらさびしい。

スタジアムはスカスカ

パレードに参加した人たちとユルキャラ君たちも、
ビジターゴール裏の通過して愛嬌をふりまけばいいのに、
ホーム側ゴール裏とメインスタンド前を歩いておしまい。
官僚的、事務的な印象

とはいえ、ビジター側の人数もさびしい状態で、
ゴール裏は300人くらいだったでしょうか?

立ち上がって声を出すコアサポは約50人。
土曜日だし、もう少し増えないものですかねぇ。 

012.jpg

試合内容。

ヴェルディは前半、テンポよくパスをつなぎ
愛媛の最終ラインを突破し、サイド攻撃からチャンスを創出。

特に18歳の前田が左でいい仕事をしていました。

27分の森へのラストパス、
31分のこぼれからのシュート
34分の高原へのクロス、

いずれも愛媛のGK兼田の好セーブなどがあり
ゴールマウスを割れませんでしたが、
ヴェルディのペース。

011.jpg

一方の愛媛、
浦田を中心にDF陣がゴール前で踏ん張って守りました。

攻撃ではミキッチにボールを集め、
28分そのミキッチ、
32分には加藤がシュートを放ちましたが
バーの上、力のないシュート。

浦田(たぶん)がダイレクトボレーで枠に飛ばしましたが
GK佐藤がセーブ。

スコアレスのまま前半終了。

015.jpg

ハーフタイム

この日のゲスト、格闘家の武蔵が応援スピーチ
ボロボロでした。

厚木にオープンしたスポーツジムの宣伝に来てたのかな?

014s.jpg 016s.jpg

後半はヴェルディの攻撃がスピードアップ。

開始4分、
鈴木のミドルシュートを兼田がはじいたところに
詰めていた飯尾が蹴り込んで先制。

60分、ヴェルディがボールをつなぎながら前進
高原のクロスを常盤がオーバーヘッドで決め2点目。

016.jpg

愛媛は、必死に反撃するものの、
焦りが出て、パスがつながらない。

赤井と交代で入った高橋泰にはボールが収まらない。
モタモタした感じで、
村上のミドルシュートなど、決定的場面もありましたが、
得点の匂いがしませんでした。

ロスタイム、ラストプレー
FKから代が蹴り込み一矢を報いましたが、
すでに遅し。

018.jpg

結果的には、
ヴェルディがホームで手堅く勝ち点3をゲット。

愛媛は攻撃が課題ですが、
戦力補強がままならないのかもしれません。

この試合だけで判断するのは乱暴ですが
J2の地方クラブは、企業としての体力、活力が
以前より低下しているような気がします。


試合後、
ヴェルディのGK佐藤が一人だけ
負け試合のようガックリしていました。

019.jpg

さて、この試合、2500円払う価値はあったか?

う・・・・・・ん

正直、ちょっと高い。


ゴール裏だけでも料金さげるとか、ホーム、ビジターに関係なく観客を増やさないといかんです。


J2のリーグ戦を娯楽として観に来る客にとって
コストパフォーマンスはどうしたら見合うのか
サッカー界全体で真剣に考えないといけませんよ。

とにかく、6月はJ2も観に行こう!!

021.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る