So-net無料ブログ作成

FC東京 vs コンサドーレ札幌 (2012 J1 第30節) [FC東京]

マヨネーズ一気出し

021.jpg

2012年10月27日(土) 17:00 味の素スタジアム
J1 第30節   FC 東京 5 - 0   コンサドーレ札幌 
得点:(東京)17分、チャン・ヒョンス、47分 田邉草民、59分 石川直宏、64分 石川直宏、81分 ネマニャ・ヴチチェヴィッチ、入場者数 20,696人、天気 晴れ、弱風、気温17.0度 主審:今村義朗

涼しくなりましたねぇ。

007.jpg

深刻な得点力不足に陥っていた東京が、
30節では札幌から5点獲りました。

本田さん風にいうなら、
ケチャップが一気に出た!!
ということですが、

この日、来場者に配られたのは味の素の一押しマヨネーズ「ピュアセレクト」
イメージ的には、マヨネーズがブチュッと出た感じでしょうか?

002s.jpg 013s.jpg

キックオフが夕方5時。

上位チームが軒並み引き分けていましたから、
ACL圏内に入るために、絶対に勝たなければいけない試合でした。

手負いのフクロウ 
札幌はJ2降格が決まり、失うものがない。

やりにくい相手でしたが、
しっかり相手の守備を崩して、得点を重ねてくれました。

010.jpg

復活ヒョンスのヘッド。きれいでした。

モタモタするな!とサポーターが怒りかけたところでの草民のゴール。

惜しいシュートが続いていたナオに結果が出たのは大きいです。

ネマはもっと早い時間から使ってほしい。

016s.jpg 017s.jpg

というわけで、この日の勝利で、勝ち点は44、順位は9位
残りは4試合、3位浦和までの勝ち点差は5

まだまだ狙えるぜぇ!!

015.jpg 014s.jpg

で、さすがにJ1残留が決まっただろう・・・・・
と思って確認したら、

もしも、東京が残り4試合に全敗し、
16位ガンバが残り全勝すると、
10位~15位のチームの対戦結果によっては
まだ降格の可能性が残っているようです。

一体どんなシーズンなの?
大混戦もいいところ。


下は、試合後の札幌の選手たち。
お説教タイム?

札幌には、また来年J1に上がってきてほしいです。

でも横断幕を見て思ったのですが、
一見さんが近づきがたい雰囲気に・・・・

なっていなければいいのですが。

019.jpg

最後はお約束のシャー!

ネマはアッパー気味

ヒョンスは下半身をもっと使ったほうがいいかも?

024s.jpg 028s.jpg

そして笑顔が素敵なナオ

次節も彼のゴールが見たい!!

飯がうまい!! なんのこっちゃ

023.jpg 026s.jpg


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

清水エスパルス vs FC東京 (2012ナビスコ杯準決勝 第2戦) [FC東京]

げんきの違い

0009.jpg

2012年10月13日(日) 14:00 アウトソーシングスタジアム日本平
ナビスコ杯 準決勝 第2戦
清水エスパルス
3 - 0 FC 東京
得点:[清水] 大前元紀(26分)(63分)(90+6分)
入場者数 12,155人、天気 晴れ、湿度 51%、気温22.6度
主審:扇谷健司


0015.jpg


FC東京の2012年のカップ奪取の闘いは、
10月13日で閉店ガラガラ。

12月は、リーグ最終戦で
ベガルタ仙台を(たぶん)ガッカリさせたあと

サッカー観戦以外の趣味に没頭できそうです。

0001s.jpg 001s.jpg

はぁ~・・・

サッカーは結果が一つあるだけで、
原因については、どれが正しいかは神のみぞ知る。

そんなスポーツですが、
スタジアムで感じたことを書き記しておきます。

0007.jpg


まず、この試合、
0-0でもよかったわけで、

勝負にこだわるなら、つまらない試合になっても、
相手の若さを利用、いなしながら、しぶとく守ってカウンター、

ポーーーンと放り込むプランもあったと思います。

0003.jpg

しかし、東京はコンパクトに、
あくまでもパスをつないで勝負しました。

このパス交換でミスが出て、
痛い失点につながったわけですが、

ノックダウン方式の試合で、
結果論と言ってしまっていいのか?疑問が残ります。

0002.jpg

また、当初のプランが狂ったときの対応として、
どういう絵を描いていたのか?

平山の元気な姿を見られたのはよかったですが、
彼の高さを生かした攻撃をする・・・かと思えばそうでもなかった。

後手を踏んだのは仕方ないにしても、
行き当りばったりの選手起用に見えてしまいます。

0004.jpg

パスミスも多かったですね。

想像以上に、ピッチ上をボールが滑るのか
つま先で触れたボールが清水の選手へのパスになり、
ピンチを招く場面が目立ちました。

こういうミスの後にファウルをして、
扇谷さんに笛を吹かれていましたね。梶山が不調。

0016.jpg

東京のミスを誘うため、ピッチの真ん中
特に梶山のプレーするエリアに重点的に放水したのではないか、影のMVPは清水の消防士では??
そんな穿った見方もしてしまいましたが、
要はゴトビ監督の策略にはまってしまいましたね。

0008.jpg

いずれにしても、点が獲れない。後半立ち上がりのビッグチャンスに決められなかったことがすべてしょう。
マリノス時代、新人で抜群の決定力があった千真、
今や仙台のエースとなった赤嶺、
優秀なFWが東京ではピカッーーー!と輝かないのは
なぜなんだろう??

とにかく、東京はまだまだ甘いと感じさせられた一戦でした。

いい天気で、富士山がきれいだったな。

0013.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

鹿島アントラーズ vs FC東京(2012. J1 第28節) [FC東京]

鹿に狩られる 

004.jpg

2012年10月6日(土) 15:03 県立カシマサッカースタジアム
J1 第28節  鹿島アントラーズ  5 -1
  FC東京  
得点:[鹿島] ドゥトラ(18分)、柴崎岳(38分)、遠藤康(69分)、ドゥトラ(71分)、ドゥトラ(87分)、[東京] 高橋秀人(83分)、入場者数 15,118人、天気 雨のち曇り、気温24.6度、湿度83%、主審:岡部拓人

3ドゥトラ払わされ
都合5点も失ってしまいました。

007.jpg

名采配と迷采配

結果が良いか悪いかの違いだけかもしれません。
でもねぇ・・・・

前節、エジミウソン、ネマの大活躍でジュビロを破り、
折角いい流れを引き寄せたと思ったら、

この試合では先発を3人入れ替えた選手起用が裏目に出て
流れを結果的に断ち切ってしまいました。

009s.jpg 008.jpg

ポポさん、優秀な監督だと思います。

でも、ツキの流れを感じる才能というか、
勝負勘はどうなんでしょうかねぇ??

練習で体がきれていたという千真は
岩政のマークに逢いボールが全然収まらない。
羽生のパスはずれる。
ヒョンスも裏をとられて抜かれまくる。

大外れじゃん。

011s.jpg 010s.jpg

結果論かもしれませんが、

試合前から気合い入りまくりのネマと、
決定力復活のエジミウソンを
もっと早く使ってほしかったです。

014s.jpg 020s.jpg

鹿島にとっても、
この二人が今一番いやな選手だったはず。

東京の目指す攻撃的なサッカー
理想を追究してほしいけど、

今はACL出場を狙える圏内にいながら、
降格の可能性もないわけではない。

勝ちにこだわるのなら
まず、いやだなぁと相手に思わせることが重要でしょう。

それなのに、無謀というか、
お人よしと感じます。

001.jpg 002s.jpg 

しかし、愚痴はこの辺にして、
この試合の結果は鹿の十月(=シカト)にします。

一週間後にはナビスコ杯の大一番。
再び清水を蹴飛ばしに行かねばなりません。

切り替え、切り替え

006.jpg


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る