So-net無料ブログ作成

チケット争奪戦 第1ラウンド [FC東京]

2月25日は、FC東京のアウェー戦のうち、
大宮戦と浦和戦のチケット発売日でした。

どちらから買うべきか迷いませんでした?

無事ゲットできましたが、
すでにゴール裏は売り切れだそうですね。 

さいたまスタジアムなんて、60000人も入るのに
FC東京サポーターの席は少ししかないですから。
そりゃ、すぐになくなりますよ。

一度、バックスタンドで赤いユニフォームに囲まれて観戦したことがありますが、
居心地は最悪でした。
だから、さいスタだけは、ゴール裏以外へ行く気になりません。

しかし、近年はさいスタも二階席に空席が目立つし
ならば東京の席を少し広げてくれたっていいじゃないの、
その方が浦和サイドのメリットも大きいじゃん、

とか、思うんですがねぇ。。。。

003.jpg


でも、今日の争奪戦は、
ナビスコで優勝した2004年頃と比べれば
まだ大したことないなぁという印象です。

明日26日は仙台戦のチケット発売日。

ユアスタも席が限られていますが、
ゴール裏以外も行けるから何とかなるでしょう。

ほかに川崎戦、柏戦あたりは争奪戦を覚悟しないといけないかな?

むしろ、争奪戦で苦労させられるくらいの
快進撃を期待しますよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

U-20女子ワールドカップの日本開催決定 [なでしこ]

U-20女子ワールドカップの日本開催が本決まりになりました。

開催予定だったウズベキスタンが準備不足ということで、
FIFAから開催地を変更させられてしまったそうで、

JFAとしては、ワールドカップ優勝後で女子サッカーが盛り上がっているし、
FIFAも、大震災から立ち上がろうとしている日本で開催することで世界にアピールできる。
両者の思惑が一致した、というところでしょうか。

一方、開催予定だったウズベキスタンはお気の毒。
開催国枠が無くなり、韓国が繰り上がりで出場しそうですね。
まだわかりませんが、
韓国は、日本ばかりにいい思いをさせてたまるかと、
いつも考えている節がありますよね。

韓国女子代表のこの世代は、2年前のU-17W杯で優勝したのに、 
今回の予選落ちにガッカリしていましたからね。
チャンスが転がり込んで来い!と期待しているでしょう。

しかし、ウズベキスタンという国は、ことサッカーに関しては
日本に美味しいところを渡してしまう
そんな巡り合わせみたいなものがあるようです。

フランスW杯アジア予選のときの日本戦での終了間際の失点。

GKブガロはアウェーUAE戦でシュートを防ぎまくり日本をアシスト。

アジアではサッカー強国なのになぜか日本と相性が悪い。

そして、今回は開催地の権利を日本に渡してしまいました。 

日本関連でウズベキスタンにいい思いをしていただいたのは、
1994年のアジア大会での男子サッカーの優勝くらいでしょうか。

あのときも、日本が韓国に不可解な判定で敗れた後、仇を取ってもらいました。

何かとウズベキスタンのお世話になっているのに
ドイツW杯のアジア予選では日本のレフェリーが大誤審。

申し訳ない気分です。


そんな経緯もあっての、今回の日本開催となったU-20女子サッカーのワールドカップ。

注目は「リトルなでしこ」たちですね。

今年からINAC神戸に入った、田中、仲田、京川のトリオは
実力もあるし、ルックスもいいので、
たくさんメディアで取り上げられるのでしょうね。

秋には人気者になっているだろうな。

あと、北朝鮮相手に5人抜きでゴールを決めた横山や、
飛び級でなでしこに入るかもしれない猶本、
体調万全ならなでしこへ行くであろう岩渕など、

日本のこの世代はタレントの宝庫ですね。

どうなるかな?
いい結果を出してほしいですね。

楽しみです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

日本の団体競技 ロンドンへの険しい道 [五輪]

昨日、男子サッカーのロンドン五輪予選で、
日本代表チームが躓いてしまいました。

自力での一位突破がなくなりましたが、
まだ何が起こるかわからない。
残り2試合をしっかり勝てば果報が来ると信じています。

サッカーだけでなく、
他の種目でもオリンピックの出場権をかけた熾烈な戦いが繰り広げられていますね。

北京五輪のとき、日本の金メダルは9つ。
柔道4、女子レスリング2、競泳2、
個人競技が中心です。
あとはソフトボールが金ですが、
今回はメダルが固い野球とソフトボールはオリンピック種目から外れてしまいました。

その前のアテネ五輪では、金メダルを16個獲得。
内訳は柔道8、競泳3、陸上2、レスリング2、そして体操の団体1。
やはり個人競技が中心。
個人で獲得した金メダルも自分のことのようにうれしくなりますが、
華である団体競技で勝ちたいですね。

別に思想は右翼じゃないけれど、
団体競技で勝つと、身体の中のプチナショナリズムが刺激され、
幸福な気分になります。

そういう意味では、アテネ五輪の時のアルゼンチンがうらやましかったです。
獲得した金メダルはわずか2個ですが、
その2つが男子のバスケットボールとサッカー。
何となく、金メダル20個分くらいの価値があるような気がしませんか?

ということで、
私は団体競技、特に球技に期待してしまいます。、
五輪の団体の球技は、
サッカー、バスケットボール、バレーボール、ハンドボール、ホッケー、水球、
それぞれ男女の種目があるので全部で12あります。

テニス、ビーチバレー、卓球、バドミントンは競技者が二人以下なので、
個人種目のイメージです。

上記12競技のうち、現在日本のロンドン行きが決まっているのは、
サッカー女子のみ。
なでしこにはすでに日本国民から過剰な期待がかけられています。

では、残りの競技はどうなっているでしょうか?

気になったので調べてみました。

北京五輪では、上記12の競技のうち出場できたのは
サッカー男子と女子、バレーボール男子、女子、あとホッケー女子の5競技でした。
今回も出場権を獲得できるのか?

地元開催で敗退が決まった水球など、
正直、日本の旗色は良くないんだよなぁ。


バレーボール(Volleyball) 

男女とも出場枠は12。

女子ですでに出場が決まっているのは、開催国の英国。
昨年のワールドカップの上位3カ国 (米国、イタリア、中国)
残り8つを 大陸予選(5)と世界最終予選(3)で決めます。
このうち、大陸予選でアフリカのアルジェリアが出場決定済です。

アジア予選は世界最終予選と兼ね、5月に日本で開催されます。
日程は5月19日~27日 
ここで3位以内に入るか、アジア1位になれば出場決定です。
中国が一抜けしているので、日本の今の実力からみておそらくロンドンへは行けるでしょう。

男子も同様のレギュレーションです。

すでに出場決定しているのは、開催国英国。
ワールドカップの上位3ヶ国(ロシア、ポーランド、ブラジル)
あとはアフリカ予選を突破したチュニジア。

アジア予選を兼ねた世界最終予選の日程は、6月2日~10日
男子は女子と異なり、日本、イタリア、ドイツでの分散開催です。
敵はイラン、中国あたりになりますが、
日本開催で盛り上げて、なんとかアジア首位で勝ちぬけたいですね。


バスケットボール(Basketball) 

バスケットボールも出場枠は12。

男子はもう終わっています。
アジア地区予選で、中国、韓国はおろか、レバノン、フィリピンにも負けて敗退決定。
メディアでもろくに報道されない情けない状態です。
男子はどん底状態が続いていますね。

一方、女子は昨年8月のアジア予選で中国、韓国に次ぎ3位となり、
出場のチャンスが残りました。

現在、米国、豪州など7カ国の出場が決定しており、
残りの枠は5つ。

この5つの枠を、6月25日からトルコ・アンカラで開催される世界最終予選で決めます。

参加チームを見ますと・・・
≪世界最終予選 参加チーム(地区予選順位 FIBAランキング)≫
マリ
(アフリカ3位 19)、 モザンビーク(アフリカ5位 37)
アルゼンチン(アメリカ2位 12)、 カナダ(アメリカ3位 11)
プエルトリコ(アメリカ5位 24)、 韓国(アジア2位 9)、
日本(アジア3位15)、 トルコ(ヨーロッパ2位 21)、
フランス(ヨーロッパ3位 8)、 チェコ(ヨーロッパ4位、4)、
クロアチア(ヨーロッパ5位 31)、 ニュージーランド(オセアニア2位 16)

FIBAランキングでは、日本は参加チーム中6番目です。

8年前のアテネ五輪予選の時は、韓国に劇的な勝利を挙げて出場を決め大興奮、というゲームがありましたが、今回もギリギリのラインにいますね。

厳しいけど、応援のし甲斐があるというもの。
メディアももっと取り上げてほしいですね。
ただ、個人的には、“隼ジャパン”という愛称はあまり好きじゃないです。

ハンドボール(Handball)

ハンドボールもまだチャンスが残っています。

男子は、4月に開催される最終予選でグループ2位以上になれば出場決定。

対戦相手はクロアチア、アイスランド、チリの3カ国
開催地はクロアチア、クロアチアは強豪だからまず勝てないでしょう。

2位狙いとなりますが、チリには勝てそう。
問題はアイスランド。

アイスランドという国は、過去オリンピックで金メダルを一つも獲得していません。
銀メダルを2つ獲得しただけ。
で、その銀メダルのうちの一つが北京五輪のハンドボールですよ。。。。

こりゃ厳しい!!

日程は
予選第3組 クロアチア ヴァラジュディン・アリーナ
4月6日(金) 日本vsクロアチア、
4月7日(土)日本 vsチリ、
4月8日(日)日本 vsアイスランド

チリに勝てば、出場権がかかるアイスランド戦は注目の一戦になります。
中継は観たいですね。

女子も同様、
最終予選でグループ2位以上でロンドン行き決定です。

開催地はフランス、日程は5月25日~27日

日本が入る予選第1組の顔ぶれは 
フランス(世界選手権2位)、モンテネグロ(世界選手権10位)、
ルーマニア(欧州予選3位)、日本(アジア予選2位)

12月の世界選手権で、日本はフランスには敗れたものの、
ルーマニアとは引き分けています。

ただし、モンテネグロは日本が勝てない韓国よりも格上ですね。
正直、よくわからないけど突破は厳しそうです。

ホッケー(Field Hockey)

女子はアテネ、北京と2大会連続で出場しています。
オリンピックの年になると注目される競技です。

今回は、アジア予選で中国、韓国に先を越されてしまい、
日本はアジア3位で世界最終予選を戦うことになりました。

出場枠は12
うち9つがすでに埋まり、残りの枠は3つ。

世界最終予選では、3組に分かれ総当たりで対戦。
1位になることがロンドン行きの条件です。

日本が入る予選第3組の開催地は日本。

岐阜県各務原市 岐阜県グリーンスタジアム
日程 2012年4月25日~5月6日 

出場国(2011.11世界ランキング)、
日本(9)、アゼルバイジャン(15)、
チリ(17)、ベラルーシ(22)、マレーシア(23)、
オーストリア(29)、トリニダード・トバゴ(35)

ランキングだけなら、日本が一番格上じゃないですか。
順当に行けば出場権をゲットできるんじゃないのかなあ?


問題は男子。

男子も女子と同様、出場枠12のうち9つがすでに決定済。
残り3つの枠が世界最終予選で決まります。

レギュレーションも同じです。
3組に分かれ、各組1位のみがロンドン行きチケットをゲットします。

日本が入る組では、世界ランク4位のスペインが大本命でしたが、
アフリカ予選で出場権を獲得したはずの南アフリカが、
なぜか最終予選に回たっため、自動的にスペインの出場が決まりました。

おかげで、日本にチャンスが巡ってきました。

開催地は、女子と同じく、岐阜県各務原市、
日程 2012年4月25日~5月6日

出場国(2011.11世界ランキング)
南アフリカ(12)、日本(15)、中国(16)、
オーストリア(21)、チェコ(23)、キューバ(29)

地元開催ですからね、
絶好のチャンス到来。注目です。

以上から、
各日本代表チームのロンドン五輪出場の確率を
勝手にはじいてみると、こんな感じかな?

100% サッカー女子
 75% バレーボール女子
 50% サッカー男子ホッケー女子
 33% バレーボール男子バスケットボール女子
 25% ハンドボール男子ホッケー男子
 10% ハンドボール女子
  0% バスケットボール男子水球男子、水球女子

出場は4競技、
へたすると、2つになってしまうかもしれませんね。

チャンスは是非ものにしてほしいです。

応援します。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ロンドン五輪 アジア最終予選 シリア vs 日本 [サッカー]

ロンドン五輪出場権をかけた男子サッカーアジア最終予選。

日本はシリアにアウェーで敗れてしまいました。

ホーム国立でのシリア戦では、
関塚監督の采配がハマってないなぁと感じていましたが、
この試合でも前節から続くモヤモヤを晴らせませんでしたね。

戦術的な問題もあるでしょうが、このチームはなんとなく”低温”なんですよ。
見ているものに熱さが伝わってこない。
あえて探せば大津と権田ぐらいだったんだけど、
頼みの大津が欠場、
権田は去年からプレーが不安定。
流れが悪いです。

それでも、シリアが次のアウェーのバーレーン戦でつまづき、
日本はマレーシアに勝ち、最後の国立のバーレーン戦に勝てば五輪出場が決まる、

というのが私の予想ですが、

シリアも国難状態で、モチベーションが高いですからねぇ。
グループ2位も覚悟しておいたほうがよさそうです。

では、2位になったら・・・

アジア地区プレーオフに回り、
3月25日、27日、29日 ベトナムでほかの二つのグループの2位チームと対戦し、
1位にならなければなりません。

おそらくオマーン、イラク、UAEあたりが出てくる。
もたついている韓国の可能性もある。

こりゃ相当厳しくなりそうです。

で、ここで1位になったら決まり、というわけではなく、
さらに大陸間プレーオフがあります。

4月23日、英国コベントリーで
アフリカ予選4位 セネガルと対戦して勝たなければなりません。

ここまで行けば、ドラマチックで
それはそれで面白いかもしれませんね。

苦労して勝ち抜けばチームも成長するし、
その方が本大会の結果が良くなるかもしれません。

負けたら悔しいけど、いろいろな発想で楽しみましょうや。

そうなったら中心選手を出している浦和、大宮あたりは痛いでしょうね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2012年の日程 [FC東京]

2012年のJリーグの節ごとの対戦カードと日程が発表されました。
アウェイも遠征するサポーターは、
この日が待ち遠しかったことと思います。

私もその一人。
FC東京の公式HPに、試合日程がアップされたので、
早速、チェックしています。

う~ん・・・・

やはり、この日は避けてほしかったよ~
という試合がいくつかありますね。

たとえば、5月6日の新潟戦。
日曜日の19時キックオフ。
GWの最後の日でしょ?
もう一日休日にしないと厳しいですよね。
勤め人は無理ですわ。

あと、3月のACL蔚山戦、9月の多摩川クラシコ
どちらも絶対に負けられない好カードなんですが・・・

いずれもお彼岸と被っています。。辛い。。。

あと、5月12日の札幌戦は試合開始13時と早め。
応援に行かれる方は、飛行機のチケットなどは早めに手配した方がよさそうです。

あと、アウェーチケットの発売開始日もアップされています。

開幕のアウェイ大宮戦のチケット発売日が2月25日。
8月4日のアウェイのレッズ戦も発売開始日が2月25日、
被っているじゃないですか。

正直、そりゃないだろ~、って言いたくなりますよね。

翌26日がアウェーベガルタ仙台戦の発売開始日で、
慌ただしいったらありゃしない。

多少手数料がかかってもネットで予約し、
抽選に当たればいいのでしょうが・・・

2月25日はコンビニの機械の前が大変かもしれません。

まあ、でも全般的には、
開催日が土曜日中心になってから遠征しやすくなったかな?
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る