So-net無料ブログ作成
検索選択

FC東京 vs 東京ヴェルディ (2011 J2 第33節) [FC東京]

今年のダービーは引き分け二つ

2011103005.jpg

2011年10月30日(日)  13:00 味の素スタジアム
J2 第33節  FC東京  1 - 1  東京ヴェルディ
得点 : 45+1分 ルーカス(東京)、71分 O.G.(ヴェルディ)
入場者数 35,911人 天気晴れ、 気温 18.4度、風無、湿度 50%、
主審 早川 一行

意地と意地がぶつかる東京ダービー。
2011年は引き分けが二つで
勝負が決着しないまま終わりました。


2011103006.jpg

ダービーマッチといってもねぇ。。。
確かに入場者数も35000人を超え、今年最多。
スタジアムは盛り上がりましたが、
ヴェルディ・サポーターの数がちょっとさびしいです。

人数のバランスが悪いと、
いじめみたいな感じになるので、
ほどほどにいてほしいと思ったりします。

とにかく、ダービーマッチだから、
お祭り気分で盛り上がっちゃおう、ということで
応援も試合前からヒートアップしていました。





そんな”熱”が選手たちに伝わり、
ダービーらしい白熱した好ゲームになりました。

東京は、試合開始からしばらく
ヴェルディの気迫に押され攻め込まれました。

しかし、最終ラインが粘り強く守りながら、
次第にリズムを取り戻し、
前半ロスタイムには、速いリスタートから、
谷澤→草民のクロス→ルーカスヘッド で先制!

その直後に、ヴェルディ菊岡の直接フリーキックが
バーに当りヒヤッとしましたが、
東京1点リードで前半終了。

2011103007.jpg

後半は始まって早々に、東京のビッグチャンスがありました。

うまく草民がゴール前に侵入し、
フリーでシューーー!!は、うまくヒットせずGK正面。

ここで決められなかったのが大きかったです。

後半16分、ヴェルディ河野のCKからの低いクロスを
土屋がジャンプでまたいだところを、
ボールが森重の足に当ってしまい、オウンゴール。
同点に追い付かれてしまいました。

そのあとは、殴り合いのケンカのようになりましたが、
どちらも相手を倒せない。

20111003018.jpg

勝ち越せないまま時間が過ぎて後半42分、
セザーが左で溜め、右に走りん込んだ石川にパス!
ナオシューーーー!!も、GKにセーブされてしまいました。

逆にロスタイムの阿部のシュートには肝を冷やしました。
あと10センチ左に飛んでいたら、
悪夢になるところでした。

そんなこんなでドロー。
勝ち損ないましたが、
モチベーションが上がったヴェルディは強いです。

東京ダービーはいつもいい試合になりますね。
楽しいです。

2011103012s.jpg 2011103017s.jpg

試合前に、MXTVの「F.C.TOKYO魂」の
土屋礼央、ジョナサン両氏の姿が見られました。
サッカー中継のゲストとピッチレポーターだったようです。

お馴染みドロンパは、はち巻き姿。
”Battle of Tokyo” ”オレタチノチカラヲミセテヤロウゼ”
と書いてありました。

2011103015s.jpg 2011103016s.jpg

さて、今節は4位徳島が千葉に勝ってしまいました。
このため、次節の湘南戦でのJ1復帰決定の可能性はなし。
連勝して、その次のホーム水戸戦で決めたいですね。

しかし、そんなことは忘れ、
勝ち点を積み上げていかなければいけませんね。
何が起こるかわかりませんから。

心配なのは、秀人と梶山がイエローカード累積で、
湘南戦は二人揃って出場停止になってしまうことです。

前節大分戦では、今野不在の穴を、
CBが本職ではない徳永で埋め、結果が出ませんでした。

次節は二人のボランチの穴を誰で埋めますかねェ。
監督の手腕が問われる一戦になりそうです。

2011103011.jpg


FC東京 vs 大分トリニータ (2011 J2 第7節) [FC東京]

ホーム初黒星

2011102614.jpg

2011年10月26日(水) 19:00 国立競技場
J2 第7節  FC東京  1 - 2  大分トリニータ
得点:22分 OG(東京)、45+1分 前田(大分)、90+4分 長谷川(大分)
入場者数 10.660人、
天気 晴れ、 気温14.6度、中風、湿度34%、
主審:佐藤隆治

勝とう!ではなく、勝てるはず!
という気持で闘ってしまいましたね。

国立競技場で大分を観るのは3年ぶりです。
今は低迷しているとはいえ、3年前のナビスコ杯の決勝では、
スタンドがこんな状態 ↓ になったチームです。

選手は入れ替わっても、
こういう大きな勝利を経験したチームは
プライドみたいなものが残っているから、
侮ってはいけないんですよね。

2008110105.jpg

それなのに、自分たちが格上という感覚で闘ってしまいましたかね。
ロスタイムの失点は、そんな邪心から生まれたような気がしました。
田坂監督はしてやったりでしょう。

22分、谷澤のシュートが大分のオウンゴールを生み、東京が先制。
キックオフから30分間は、歯ごたえがなく、
つまらない試合でした。

しかし、この大分の不甲斐なさが、
逆に東京に隙を生んでしまったように感じられました。
終わってみれば、仕掛けられた罠のような。

2011102610.jpg

前半ロスタイムに失点。
胸トラップから振り向きざまで撃ち込んだスーパーゴール。

感想はさまぁ~ず風に、

前田かよ!

大熊監督がその能力を高く評価していたという前田俊介。

持っているのはわかったけれど、
ならばその能力、去年出せよ!
と言いたくなりました。

2011102620s.jpg 2011102615s.jpg

後半は大分の選手が元気になる一方、
東京は、全般的に動きが重い。
早く点を入れなきゃ、入れなきゃ・・・ の焦りからか、
ミスを連発。

ミスはいろいろありましたが、、
極めつけは後半ロスタイム
閉店間際のセザーのプレー。

前掛かりになったところでボールを奪われ
森嶋のドリブル突進から、
ポッカリ空いたスペースに長谷川に走り込まれ痛恨の失点。

絵にかいたようなカウンター攻撃を食らってしまいました。
今野不在の影響があったとは思えませんが、
あまりにも不用意でした。


2011102613.jpg

この日の入場者数は、10,660人。
1か月前の国立での横浜FC戦が21、330人だからちょうど半分。
東京のホームゲームとしては少しさびしいですかね。

寒かったせいもあるでしょう。
私はヒートテック着用の防寒対策が功を奏し
風邪をひかずにすみましたが、
背広で駆けつけて震えていた人も多かったです。

これから特に、時間の遅い湘南戦など
冬の恰好が必要ですね。

2011102601s.jpg 2011102621.jpg


そんな中、

ハロウィーンのドロンパに癒されつつ、

2011102605s.jpg 2011102611s.jpg


次は、東京ダービー!

負けられない一戦がすぐ来ます。

切り替え、切り替え。

2011102619.jpg


サガン鳥栖 vs FC東京 (2011 J2 第32節) [FC東京]

サガン砕けず

2011102325.jpg
11人いる!

2011年10月23日(日) 17:00 ベストアメニティスタジアム
J2 第32節 サガン鳥栖 
 0 - 0  F C 東 京
入場者数 15,489人 天気晴、気温22.4度、弱風、湿度59%
主審 松尾一

2011102307.jpg 

このゲームまでの東京は、6試合連続無失点で7連勝中。
一方の鳥栖は、11試合連続負けなしの4連勝中。
好調チーム同士の対戦。

また、鳥栖は悲願のJ1昇格が見えてきました。
選手もサポーターも非常にモチベーションが高い。

2011102304.jpg

そんなこともあって、
結果はスコアレスドローですが、
緊迫した好ゲームでした。

前半は、鳥栖の前から激しくくるプレスに苦しめられ
徳永や秀人がロングシュートを放つも枠を捉えられない。

逆に34分、左サイドを攻められ
ゴール前で豊田にどフリーでシュートを撃たれヒヤッとする場面も。

豊田がクロスバーの上に外してくれましたが、
京都戦以来の失点必至という場面がありました。

2011102322.jpg


鳥栖は前半明らかに飛ばしていたので、
きっと後半足が止まり、東京の得点シーンが見られるだろう
と期待しましたが、
鳥栖の選手がよく頑張りました。

石川、セザー投入も、森重の攻撃参加も
全員が引いた鳥栖の固い守備に阻まれ
有効なシュートが放てないまま、スコアレスで終了。

勝ち点1を分け合う結果となりました。

勝てなくて残念でしたが、東京は相変わらず守備が安定しているし、
このまま試合数が消化されれば、
来月にはJ1昇格が決まるでしょう。

鳥栖にとっても価値ある勝ち点1だったんじゃないかな。

2011102321.jpg


私の方は、急遽、鳥栖日帰りを決意しまして、
早朝に家を出て九州までやってきましたが、

来てよかったです。

ベストアメニティ・スタジアム。
本当にいいスタジアムですね。

サッカー専用で、芝生はきれいだし、
スタンドの傾斜が急で見やすいし、
「イングランドのスタジアムみたい」
という声も聞こえました。

2011102309.jpg

2011102311.jpg


この試合の入場者数は15489人。
鳥栖のホームゲームでは、今年最多だそうです。

J2の地方開催で10000人超えはなかなかないですからね。
もっとも、この頂上対決で入らなかったらいつ客が入るんだ、
という見方もできるけど、
日曜の夕方という不利な条件でよく入りましたよ。

2011102327.jpg


試合前からスタジアムDJが興奮して煽っていました。

 駅からのサポーターの列が途絶えません!!
 今日は一体何人入るんだ!!
 先輩サポーターは席を詰めて座ってください・・・

一度潰れかけたチームだし、この日の盛況には
感慨深いものがあるかもしれませんね。

アウェイサポーターとしても悪い気はしないし、

いい試合になってよかったですね。

選手もこのスタジアムで、
満員のサポーターの前で試合をしたら最高でしょう。

2011102319.jpg

http://www.youtube.com/watch?v=bL0BHgA2oDg

ただ、アウェイ席だけなのか、
試合の残り時間を示す時計がないんですよね。

日帰りなので、帰りのフライトの時間が気になって仕方ありませんでした。

2011102313s.jpg 2011102308s.jpg

ただでさえ、小さなJR鳥栖駅に、
家路に急ぐサポーターが押し寄せ
入場規制でもされたらどうしよう、とか

ゲームは最後まで目が離せない展開なのに、
終了の笛とともに、
ダッシュでスタジアムを後にせざるを得ませんでした。

2011102302.jpg


来年はゆったりと観戦に来たいですね。

J1に昇格してください。

2011102303.jpg


横浜FC vs FC東京 (2011 J2 第6節) [FC東京]

劇的勝利

2011101919.jpg

2011年10月19日(水) 19:30 ニッパツ三ツ沢球技場
J2 第6節  横浜FC   0 - 1   FC東京
得点:90+5分 石川(東京)、入場者数 6.230人、
天気 曇り、 気温14.9度、弱風、湿度55%、主審:福島孝一郎

喜びすぎて記憶が少し飛んでしまいました。^^

ナオはやはりナオでした。
試合後の本人のコメントにもありましたが、
昨年の天皇杯準々決勝、福岡戦での土壇場で追いついたゴール。
あのゴールがフラッシュバックしました。

後半ロスタイム5分、
あとワンプレーで笛という瞬間のゴール!
そりゃーもう東京サポーターにとっては言葉にならない
うおー、ごわー、△×※@◎◆ 状態でしたよ。

2011101917.jpg 2011101911.jpg

平日の夜、
三ツ沢球技場は近いような遠いような微妙な場所にあります。

普段は青赤グッズに身を包むサポーターも
多くが仕事を終え、背広のまま駆けつけました。

移動の電車やバスの中では、
ワイシャツ一枚でも汗をかく状況だったのに、
スタジアムに着いたら、風があって寒い。
風邪をひいたサポーターもいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、三ツ沢のピッチは緑がきれいだし、いい。
とにかく、サッカー専用競技場はいい。
サッカーという競技が面白くなる。いい。
間違いないです。

2011101909.jpg

試合の方は序盤から横浜FCの厳しいプレスにあいました。

とにかく、カズの気合いが半端じゃない。
44歳とは思えない運動量だし、、
ほかの選手もカズに引っ張られよく集中していました。

しかし、東京の方が一枚上手。
横浜に攻め込まれても、落ち着いてボールをカット、
スキルフルにボールを前へと運び、
何度もチャンスを作る。

しかし、決められない。
ルーカスの右足も、田邉のヘッドもダメ、
そうこうしているうちに、
無得点のまま前半が終了してしまいました。

2011101916.jpg 2011101915.jpg

嫌な感じで、後半を迎えましたが、
攻撃では引き続き横浜FCを圧倒。
しかし、点が入らない状況は前半と変わらず。

椋原のクロスから、ボールが転がったところを
羽生が撃ち!決まった!!
ぁ・・・ああ!
クロスバーだぁぁぁ!!

サポーターが頭を抱える。

次は、来たぁ~ぁぁぁあ 
セザーーァァァ!
ごるぁ~決めんか!

といった具合で、
夜空に突き上げる準備をした両手が、
万歳ナシよ状態でぐにゃっとなるシュートが何本あったか。

2011101912.jpg

逆に、横浜FC高地と権田が一対一になった場面で、
ヒヤリとさせられる。

後半30分、
カズがベンチへ下がり、八角を投入。
それまで、激しく、愚直に戦っていた横浜FCの雰囲気が
この交代で変わったような気がしました。、

流れは東京。
それでも、妖術のような谷澤のCKからのチャンスも実らない。

2011101907.jpg

正直スコアレスドローか、と思った矢先

決めちゃうんだもんね~。 

横浜FCは中野が退場し、
佐藤謙介がゴール前で時間稼ぎで長々寝っ転がる
こういう邪念が、
石川の劇的なゴールへの伏線になったように感じました。

2011101906.jpg

ロスタイム5分
値千金のボレーシュート!

至福の瞬間でしたよ。

2011101905.jpg

7連勝!

2011101904.jpg

そして、

ナオのチャントがゆりかごダンスとなって、
スタジアムが揺れました。




ナオ
おめでとう!!

2011101902.jpg

さあ、お次は九州上陸。 

鳥栖にはそろそろJ1に上がってほしいけど、
こちらも、負けるわけには行かないんでね。

非情に行きますよ。

2011101903.jpg


FC東京 vs ファジアーノ岡山 (2011 J2 第31節) [FC東京]

ひでと~ ひでと~

007.jpg

2011年10月16日(日) 13:04 味の素スタジアム
J2 第31節  FC東京  3 - 0  ファジアーノ岡山 
得点:10分 森重(東京)、35分 高橋(東京)、41分 梶山
入場者数 17.384人、
天気 晴れ、 気温28.3度、無風、湿度36%、
主審:山内宏志

リーグ戦6連勝、5試合連続で無失点。
安定しています。

岡山は大分研究してきましたね。
東京は左サイドにできるスペースを使われ、
何度かやられるぅ~、と観念する場面もありましたが、
決定力不足に助けられました。。

28分の、小林のループシュート。
バーに当たり権田が身体を張って防いだ場面。
ここで失点しなかったことで、もう勝てると思いましたよ。

001.jpg

東京のこの日のヒーローは高橋秀人。
攻守に大活躍でした。

勝利を決定づける2点目は
くるっと身をかわし、スコーーーン!
決めたビューティフルゴール。 

岡山キラーみたいになってきました。

チームは前半3得点で、このまま大量得点か!
と思ったら、後半は無得点。
物足りない感じがしますが、世の中そう甘くありませんよね。

002.jpg

ところで、この日は「FC東京号」という京王電鉄の特別企画がありました。
私も申し込みましたが、抽選であえなく落選。。。

新宿駅から飛田給駅までの直行電車で、
ドロンパや車掌のコスチュームののジョナサンも一緒だったそうです。

残念だったけど、こういう企画は、
小さなお子さんがいるファミリー優先でいいんじゃないですかね。


004s.jpg 002s.jpg

003s.jpg 006s.jpg

さて、この好調を維持しましょう。
早々と昇格を決めてしまいたいですね。

気の早い事を言ってはいけませんが、
昇格決定試合は湘南戦あたりかな?

005.jpg


東京ヴェルディ vs 栃木SC (2011 J2 第30節) [サッカー]

2011100105.jpg

2011年10月1日(土) 16:00 味の素スタジアム
J2 第30節  東京ヴェルディ  0 - 0  栃木SC  
入場者数 4.311人、天気 曇り、 気温23.6度、湿度33%、無風
主審:扇谷健司

FC東京の試合観戦のための徳島遠征を断念。

土曜日は午前中の用事を終え、
午後になりふと思い立って
味スタでJ2の試合を観ることにしました。

2011100102.jpg

J2は昇格争いが熾烈になっています。
1位から5位までの勝ち点差は4。
6位栃木と7位東京ヴェルディにも昇格のチャンスが残っています。

しかし、この2チームはボーダーライン上。
となると、この両チームの対戦はサバイバルをかけた一戦。
絶対に負けられない。おお。おもしろそうじゃない。

というのが、観戦の動機になりました。

しかし・・・・結果はイマイチかな?

両チームとも負けちゃった、
という印象です。

涼しくて観戦するにはいい環境でしたが、
自由席当日券の2500円が高く感じられました。

2011100104.jpg 

前半は圧倒的にヴェルディが攻め込んでいました。

キックオフ直後から早いボール回しで
河野、マラニョン、菊岡ら攻撃陣が最終ラインを突破!
立て続けにビッグチャンスを演出しました。

前半20分あたりまでは、一方的な試合。
ヴェルディの大勝になるのではないかと思いましたが、

焦りがあったのか、フィニッシュが決まらない。

2011100103.jpg

後半は逆に栃木が反撃。

運動量の落ちたヴェルディにカウンターを仕掛け
ゴール前に迫りましたが、こちらも決められない。

終了前の撃ちあいでも決着がつかず、
スコアレスドロー。


2011100108.jpg

ヴェルディは土屋の奮闘が光りました。
ただ正直、そのほかの選手がよくわからなかったんですよね。

オーロラビジョンには、両チームの選手名がなく、
スコアが表示されるだけ。
名簿を見ながら確認していましたが、
ヴェルディのユニフォームは背番号が見づらくて誰だかよくわからない。
そのうち、どうでもよくなってきました。

土屋、河野、マラニョンあたりはすぐわかりますが、
そのほかの選手はコアなサポーターじゃないと判別できませんよ。

2011100111.jpg

久しぶりにヴェルディ主催ゲームを観ましたが、
スタジアムの雰囲気が、なんか楽しくないんですよねぇ。

絶対に負けられない試合という感じがしなかったし、
盛り上がりに欠けました。

ハーフタイムの歌も、小室哲哉が作った歌ですか?
DEENが歌っていた応援ソングとかどうなったのでしょうか?
We Will Rock You とか。

私はヴェルディを揶揄する気は全くないし、
クラブの厳しい状況も伝え聞いているので、
むしろ頑張ってほしいと思いますが、
やることが安易で、新しくならないなと感じました。

お人よしかな?

2011100113.jpg


メッセージを送る