So-net無料ブログ作成

FC東京 vs ギラヴァンツ北九州 (2011 J2 第5節) [FC東京]

関門突破

2011092810.jpg


2011年9月28日(日) 19:04 味の素スタジアム
J2 第5節  FC東京  2 - 0  ギラヴァンツ北九州 
得点:47分 椋原(東京)、75分 ルーカス(東京)、
入場者数 10.229人、
天気 晴れ、 気温20.4度、無風、湿度66%、
主審:岡部拓人



ギラヴァンツは難敵でしたね。

ひまわり軍団の進撃を、今回は食い止めました。

2011092808.jpg

しかし、三浦監督、いいチームを作りましたね。
去年、1勝しかできなかったチームとは思えません。

ゴール前でしっかりブロックを作り、
粘り強く東京の攻撃を跳ね返す。

引きこもってカウンター狙いかなと思ったら、
いやいや、中盤でボールを奪っては、
スキルフルにパスをつぎ東京ゴールに迫ってくる。

運動量が落ちるだろうと思っていた後半も
走って走って、果敢に攻め込んできて、
何度か決定的場面を作られました。

しかし、決定力はない。

助かりました。

2011092807.jpg

東京は後半2分
椋原の放ったシュートがDFの足に当たってコースが変わり
ゴールマウス左にボールが転がりこみました。

スーパームッくん、機動中。

2011092815s.jpg 2011092816s.jpg

後半の立ち上がり、
ゲームが落ち着く前の時間帯のゴールだったので、

北九州イレブンは、キツネにつままれたような気分だったんじゃないかな?
いや、ドロンパだから狸に化かされたというべきか。

後半30分には、見事なコンビネーションから
ルーカスがフリーでボールを受け、
ゴールマウスに丁寧に蹴り込んで2点目ゲット!!

これで勝負あり!!

ルーカスの身体からは、東京への愛があふれ出ていますね。

2011092812s.jpg 2011092811s.jpg 

さて、次節の対戦相手は
昇格争いに加わっている徳島。
大事な一戦になります。

私は、飛行機で日曜日のトンボ返りツアーも考えましたが、
体調と翌日の仕事のことを考え断念!

東京から応援することにします。

首位固め、たのんます。

2011092814.jpg


さて、10月1日はドロンパの13回目のお誕生日。

今回はお祝いに、ビッグな世界的スターが駆けつけてくれました。

Hello Kitty!!

実は、キティちゃんは、11月1日で37歳になるという噂が・・・。

フローラン=ダバティ と一緒の誕生日じゃん。
小池知己と9日しか違わないじゃん。

などという、

夢のない野暮な話はよしましょう。

2011092801s.jpg 2011092802.jpg

しかし、ドロンパは本当に可愛いですよねェ。
しぐさや運動能力に、感心してしまいます。

東京にマスコットなんかいらねぇ、
と言っていたコアサポも
今ではその愛らしさに魅了されちゃってますもんね。

サッカーはよくわからないけど、
ドロンパ目当てに来場するキッズや付添いのお母さん

みたい人たちが、そのうち激増するかもしれませんよ。

まじで。。。


というわけで、Hpppy Birthday Show の主役は、
やくざに絡まれ身体を張ってレディーを護る勇敢なタヌキ。

たまにはこういう寸劇もいいものです。

楽しいですね。

2011092803.jpg


クルマの運転手は社長さんですか?

社長もドロンパの中の人 も

みんな一生懸命仕事をしていて、頭が下がります。
目頭が熱くなってきます。

私もまじめに応援しよ。

2011092805.jpg


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京 vs 横浜FC (2011 J2 第29節) [FC東京]

羽生におまかせ!

2011092523.jpg

オヤジ丸出しの感想ですな。 

それゆけルーカス!羽生におまかせ!

昔、似たようなタイトルの外国TVドラマがあったんですけど、
ほとんど、分かる人はいないでしょうね。(^^;

2011年9月25日(日) 15:00 国立競技場
J2 第29節  FC東京  3 - 0  横浜FC 
得点:8分 梶山(東京)、66分、68分 羽生(東京)
入場者数 21.330人、
天気 晴れ、 気温23.4度、弱風、湿度42%、主審:中村 太 

2011092512.jpg

”危機一髪”の場面もありましたが、結果的には快勝。

前半8分の梶山が後ろ向きに頭で決めたゴールは、
いつぞやの大宮で決めたゴールを思い出しました。

勝負の方は後半、東京1点リードの場面での横浜のCK。
ここで失点しなかったところで、行けると思いました。
その直後に2得点。

横浜FCは後半運動量を上げましたが、
ボールがつながらないし、リズムも悪いし、
負ける気がしませんでした。

キレキレになったルーカスの前線からのチェックも効いていましたね。

結果は勝ち点3で、首位をキープ。
今後の昇格争いを考えると、非常に大きな1勝でした。

2011092514s.jpg 2011092520s.jpg

今ちゃんもニッコリ!

これから北九州、徳島と難敵が続きますが、
この調子で乗り切ってほしいです。

2011092517.jpg

ところで、いい天気でしたね。

スタジアムにトンボが飛んでいましたよ。 
キッズチアもかわいらしかった。

2011092503s.jpg 2011092505s.jpg

試合の前週から気温が下がり、
秋の気配も感じられるようになりましたが、

日が射すと暑い。

ドロンパも暑かったんじゃないかな。

ホッピングで場内一周していましたが、
どんどんレベルアップしていますねぇ。
大したものです。

2011092510s.jpg 2011092511s.jpg

大したもの、といえばカズ。

別格。

敵だけど、ブーイングしずらいですよねぇ。

2011092508.jpg

試合前の草民の恐縮した背中が印象的でした。

そりゃそうだよな。
アメリカW杯予選のときはまだ3歳だったんだから。

交代で退く時の東京サポーターからのカズコールに
右手を挙げて応えてくれたシーンは少し感動的でしたよ。

2011092506.jpg

入場者数は21330人。
今年3回目、8月の草津戦以来の20000人超えです。

SOCIOで優先入場してからしばらくスタジアム内はガラガラで、
15000人がいいところかな、と思っていたら
キックオフの時間に近くなってから、一気に座席が埋まりました。

今年は、この傾向が強いですね。
やはり、SOCIOになっていないファンが多いのかなァ。
これがJ2

来年は絶対にJ1に昇格しないといけませんね。

2011092521.jpg

とにかく、応援に行ける試合は行きますよ。

宇宙的活躍の羽生のシャー!!

2011092524.jpg

最後は、
この日バーに当てた素晴らしいシュートも撃った徳永

28歳のHappy Birthday シャー!!

2011092525.jpg


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ナビスコカップ J2参加白紙 [サッカー]

あんりゃ~ J2ナビスコ参加が白紙になっちまった。

ナビスコ杯のJ2参加案にJ1クラブは反対 (2011年9月16日 スポニチアネックスより引用)
主に来季の日程について話し合われ、ナビスコ杯に関してはJ2も加えた全クラブによるトーナメント方式での開催が提案されたが、全会一致だったJ2実行委員会とは異なり、大半のクラブが反対した。現行方式に比べてホーム試合数が減ることによる収入減が主な理由という・・・


残念だけど、仕方ないという気持ちもあります。

サッカーファンは、
ナビスコさんに気を使ってあまり言わないけど、
ナビスコカップは、自分のチームの試合と決勝以外は興味がないと思います。

・参加しているのがJ1だけだから、対戦カードに目新しさがない。
・カップ戦の醍醐味であるジャイアントキリングもない。
・メンバーを大幅に代えればベストメンバー規定で文句を言われるから若い選手のフレッシュな大会という位置づけにもならない。

つまらない。

サッカー好きだけど面白そうじゃないから観ない。


今回のJ2参加については、
J1チームがホームゲームが減るという理由で反対したとのことです。
そりゃそうですよ。
初めから収入が読めないトーナメントで提案する方が間違っています。

どのクラブも経営が苦しいのに、安定的に収入を確保できなければ消極的になるに決まっています。
現場感覚がない。
外野からはそう見えます。

それなのに、経営状態は監視されて文句を言われるんだから、あんまりですよね。

グループリーグ制なら検討できたんじゃないかと思うけど、
そうするとJ2の試合数が多すぎてしまう。

だから、私はJ2を22チームにすると聴いたとき
ナビスコはどうするんだろう?
大局観がね~なぁ、
リーグ全体のバランスが崩れるんじゃないかな?
と危惧していましたが、不安が現実になってきたような、嫌な気分です。


Jリーグの事務局って、何やっているんですかね?

先日、東京の応援で富山へ行きました。
その試合で8600人以上が入場しましたが、キックオフが日曜の夜。
翌日の地元の新聞は、サッカーがなかなか盛り上がらない富山で、過去2番目の来場者数と報じていました。

この試合については、月曜の朝から仕事の私は、
2月のJリーグの日程発表の時点で行けないと一度観戦をあきらめました。
その後、何とか仕事の調整をつけ、翌日を休日にし、なんとか行くことができました。

富山は、こういう機会でもないとなかなか行けない場所だし、
行きたいけど行けなかった、という東京サポーターはたくさんいるのではないか思います。
きっと、1000人以上はいますよ。

試合が土曜日、あるいは日曜の早い時間だったら、
もっと多くのサポーターが入場したはずです。
クラブの入場者数の記録となり、地元の大きな話題にできたかもしれません。
入場料だけで1,000×1500円=1,500,000円。他に飲み食いするから、
カターレ富山さんにとっては、試合開始時間を日曜の夜にしたことによる逸失利益は100万円以上になるでしょう。

会場の都合とか、いろいろ事情があったのかもしれませんが、
この日程はあまりにも野暮じゃないかと思いました。

聴けば、富山は7時に店が閉まってしまうほど、夜が早いとのこと。(それで夜の試合にしたのかもしれませんが。。。)
旅行者の眼には、そんな土地柄で日曜の夜の試合設定はありえない、と映りました。


で、何をいいたいかというと、

Jリーグは、"分かりやすいからJ2は日曜開催ね"という前に

事業部か事業戦略室かセクションは知らないけど、
それぞれのクラブの事情をくんだうえで
そのクラブがホームゲームで最大の利益を実現できるよう、
1試合1試合フォローしてあげるべきなんじゃないすか?

それがやるべき仕事でしょ?

ホームゲームは2週間に一度しかないんですぜ。
一律に日曜って、粗っぽすぎません??

ナビスコカップもそうです。

部外者も試合を観たくなる仕掛けにしてほしいですね。

今回は、ナビスコさんだって、全国のJ2スタジアムで入場時に配るビスケットで
ヤマザキナビスコっていい会社だな、と喜んでもらえる機会を逸したわけで。。。

いくらマスコミに媚を売ってもダメですよ。
ファンはスタジアムへは足を運びません。

プレーオフとか一時的な話題づくりばかり考えていないで、
地道に足元を固めていかないと、
負のスパイラルに陥りますよ。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

J1土曜、J2日曜開催に反対です [サッカー]

来年から、J1は原則的に土曜日、J2は日曜日の開催となるんですって?

J1土曜、J2は日曜開催 Jリーグ事務局が提案

同時に、ナビスコカップをJ2まで参加させる。
ナビスコは水曜開催でトーナメント方式にする。 

う~ん・・・・

ナビスコカップにJ2を参加させるというのは大賛成です。
対戦カードがマンネリ化していますからね。

ただし、J1、J2の開催曜日固定は反対です。

報道によれば、J1J2の曜日固定の理由は、
「わかりやすさ」とのことですが、
誰にとってのわかりやすさなんでしょうか!ねぇ?

一見さんにとって?
それがどんな価値を生むのか?

集客面では、逆にJ2チームにはマイナスになりません?
J2チームが経済的に苦しいままなら、
戦力補強がままならないから、
J1の顔ぶれがほぼ固定してしまい、
ダイナミズムがない魅力の乏しいリーグになりゃしませんかね。

今年、FC東京はJ2にいます。

FC東京サポーターは、
アウェイ観光旅行を楽しむ人が多いんですけど、
私も、最近アウェー観戦の楽しさに目覚めまして、
あちこち出かけるようになりました。

このアウェイ観光旅行は、海外旅行ほどお金がかからないし、
子供に手がかからなくなった夫婦の娯楽として最適、
Jリーグ特に地方のチームが多いJ2の魅力の一つとして、
この分野は伸びると実感しています。

サポーターの一週間のサイクルはさまざまでしょうが、
おそらく一番多いのは月曜日から仕事を始動する社会人パターン。
このパターンのサポーターにとって、
日曜日はホームゲームでも腰が重くなるのに、
ましてや、アウェー参戦のモチベーションはなかなか湧きません、
というか物理的にその日のうちに帰れないケースが多い。

J2の開催日を日曜日に固定してしまうと、
こうしたアウェイツーリズムの芽をつぶしてしまいませんかねぇ。

Jリーグ事務局の人は
きっとメインスタンドの指定席から観戦するからわからないんでしょうね。

サポーターが使う時間は試合の2時間だけじゃない。
雨の日も、猛暑の日も、
試合の2時間も前から濡れて、汗を流して並んでいます。
サッカー観戦は、結構体力を使う。
だから日曜日は辛い!!


試合が始まってからマッタリと入場が当たり前のプロ野球とは観戦スタイルが違います。
むしろJ2も土曜開催中心にすべきだと思っています。


日本の有力選手が海外リーグへ行く流れができた今、
代表選手での集客は難しいでしょう。
大金はたいて海外のスター選手を連れてくるのも無理な状況。

ならば、Jリーグの試合が注目される方法として、
ダービーマッチなどのチーム同士の対抗心、
フレッシュさ、目新しさなど、
その試合に何かの意味をもたせる必要があるのは分かりますが、

開催曜日固定が観戦する者にとって特に意味があるとは思いません。
日曜日ならむしろマイナス。

あと、ナビスコカップでは、
J2チームはリーグ戦との間が中二日でJ1より一日短くなります。
もしも、トーナメントの醍醐味がジャイアント・キリングにあるというのなら、
J2チームの方が体力的にきつい制度になっているのはいかがなものでしょうか。

私は、J2が活性化してこそJリーグが面白くなると思うんだけど、

違うかなァ?


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこ トップ通過!! [なでしこ]

女子サッカーのロンドン五輪アジア最終予選
なでしこがきっちり中国に勝って、堂々の1位通過です。

出場権獲得という当初の目的は達成済みだから、
最終戦は控え選手に経験を積ませる絶好の機会。

したがって、
どうしてもトップで通過しなければならない!
というこだわりは日本にありませんでしたが、彼の国はそうではなかったようです。

タイから5得点、コメントなどを読んでも一位通過にこだわっていた節があります。

そりゃ~ァ、そうでしょうよ。

将軍様の手厚い支援を受けた国家のエリートたち。
21世紀はアジアのトップに君臨してきたのに、昨年、FIFAランキングで日本に逆転され、今年はW杯の優勝まで先を越されてしまった。

だから、このアジア最終予選では日本を叩きのめしたかったでしょう。
それなのに、自分たちより内容が悪いのに、中国にも勝って、無敗のまま首位通過されてしまった。

すっごく、悔しいと思います。

そういう意味でも、なでしこ痛快!!

とはいえ、なでしこもアジアの女王だと、奢っていられる状況じゃないです。
11日の中国戦では、またまた、レギュラー組と控えとの差が見えてしまいましたね。

得点を決めた田中が試合後に落ち込んでいましたが、高瀬も田中も上尾野辺も、球際が甘いですもんね。ボールを奪われたらもっと必死に追いかけろ、一生懸命やっているのはわかるけど、なんでフル出場の鮫島の方が走っているのかよ、
と思いました。まだまだ全体のレベルアップが必要です。

それに澤がピッチにいないと、何か物足りない。
キャプテンマークをつけた宮間は、責任の重さからかいつもより表情が険しかったですね。
澤のスピリッツは、是非なでしこの遺伝子に刻みこんでほしいです。

その澤は中国戦勝利の笛が鳴っても心配顔。
ケガでピッチに倒れ込んだ丸山にみんなが駆けよっているシーンに
少しホロリとさせられました。大野が丸山の頭をポン!
本当にみんな仲がいいんですね。

さあ、ロンドン五輪という楽しみが出来ました。

次はなでしこリーグ。
これまで女子サッカーに興味のなかった関東のみなさん、
9月23日はフクアリへ行きましょう。

スター軍団 INAC神戸が参上しますぜ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京 vs 京都サンガF.C. (2011 J2 第27節) [FC東京]

スーパームッくん

017.jpg

 ムッくんは左サイドへ回ると
 スーパームッくんに変身する
 シュートをガンガン撃ちゴールを決める
 野暮なクロスはあげないのだ

2011年9月10日(土) 18:30 味の素スタジアム
J2 第27節  FC東京  6 - 1  京都サンガF.C  
得点:11分 宮吉(京都)、31分、57分、85分 ルーカス(東京)、36分 椋原(東京)、47分 森重(東京)、90+3分 坂田 (東京)
入場者数 15.517人、
天気 晴れ、 気温27.4度、弱風、湿度76%、主審:扇谷健司 

004.jpg

京都の先発は、攻撃陣では宮吉、駒井が19歳、伊藤はまだ18歳
そのほかに、チョン21歳、中村(太)22歳、酒井23歳
登録選手をみても二十歳前の選手が12人もいます。

2年後、3年後を見据え、
若い選手を育てていこうというコンセプトが見えます。

003s.jpg

京都は東京が5月に西京極で4点奪い、完勝した相手ですが、
若いチームだけに、勢いづかせたら怖い。

案の定、試合開始直後から活きのいい攻撃に遭い
前半11分、谷澤が右サイドで森下にボールを奪われ
フリーの宮吉へきれいにパスを通され失点。

京都のアウェーのユニフォームは黄色。
今年相性の良くない色なので、嫌な感じがしましたが、
その勢いも前半15分まででした。

002s.jpg

若さでしょうか?
集中力が切れ、雑なプレーが目立つようになり、
ゲームの主導権が東京へ移動。

31分には草民の早いクロスにルーカスが合わせ同点。
その後は、梶山を中心に右へ左にボールを配給。
中盤の選手が、マークの緩い京都ディフェンスの裏へ走り込んでは決定機を演出。

中でも、この日は椋原が躍動しました。 
ゴール前に現れては決定的なシュートを放つ。
36分の逆転ゴールとなったミドルシュートはお見事でした。

いつもとは勝手が違う左サイドで、
本人曰く、”クロスを上げられないのでシュートしたら入っちゃった”
とのことでしたが、このゴールが、スーパーカーのギアを入れましたね。

006s.jpg 007s.jpg

勝負としては、後半立ち上がり、
コーナーキックから森重が頭で決めた3点目が効きました。

京都がファイティングポーズに入る前に
いきなりビンタを喰らわせたような得点。

ゴラァ、若造なめんじゃねえぞ! 

といわんばかりの、ケンカ戦法で威圧。
これで委縮した相手を、ボコボコ状態にし、終わってみれば、6得点。

つい、2~3日前までの「決定力不足だなぁ~」はどこへやらです。

008.jpg

ということで、久々のゴールラッシュに沸いた味スタ。
今年はこういう画が少なかったですよね。

ムッくんこと椋原は、
栃木戦では、久々に先発したのに、
シュートチャンスでスカッとやったり、いいところがなかっただけに、
この日の大活躍がとてもうれしそうでした。

009s.jpg 010s.jpg015.jpg


ルーカスは魂のハットトリック。

そして魂のシャー!

016.jpg


新加入の坂田が得点したことも、
今後のことを考えると大きいです。

坂田は初シャー!

え、どうやるの? これでいいの?

いや?ちょっと足の角度が・・・

018s.jpg 019s.jpg

ちょっとへっぴり腰だけど、

腕の角度は・・・ま、いいか    シャー!!

020.jpg

ユース+U22のようなチーム構成の京都相手に
負けたら惨めになるところでしたが、

地獄ではなく天国へ行けてとりあえずよかったです。

圧勝したものの、
すでに成熟したチームになっている東京と
未熟な若い京都との対戦で、ある意味順当な結果ですが、
3年後にそれぞれの立ち位置がどう変わっているのか、
一抹の不安は覚えます、

が、とにかくJ1昇格を優先。

そんな中、21歳の草民が
未成年たちを相手に貫禄を示してくれたのは良かったです。


ジャンプする前には一旦しゃがむ。


さあ、この試合からジャンプ!と行きたいですね。

013.jpg


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこ ロンドン行きチケットゲット! [なでしこ]

女子サッカーのロンドン五輪のアジア最終予選。
2枚しかないチケットのうちの一枚をなでしこがゲットしました。

おめでとう!!

今回の予選は、7月のW杯と比べ、
リプレーして見たい場面が圧倒的に少ないし、
今一つ気分がスッキリしないけど、
3勝1分け無敗で最終戦を残しての予選突破!

結果は最高じゃないですか。

いいゲームをしながら惜敗、
よくやった! 感動をありがとう! 
日本の団体競技はこういうパターンが多いですからね。
泥臭くても結果を出せるのは強いチームの証。
本当に頼もしいです。


ところで、北朝鮮戦の後半40分、日本が1点をリード、
安藤のシュートが相手ディフェンダーに当りコーナーキックをゲットした場面。
ここで佐々木監督がボールキープを指示。
この采配がネットで批判されていました。

全国の視聴者が、コーナーキックに行った宮間の「まじか!」
という口の動きを目撃してしまいましたしね。

この5分後、ミスから失点。

なぜ、いい流れを断ち切ってしまったのか?
なぜ、攻撃的な気持ちを削いでしまったのか?
なぜ、交代枠を使い時間を稼がなかったのか?

私も「まじか?」「なぜか?」状態で
この8分間の監督采配には不満を覚えました。

気持が守りに入ったなでしこが、
サッカーの神様にダメだしされたように見えました。

北朝鮮戦の終了後は、

北朝鮮は残りが1弱タイとの試合だから負けるわけないな、
ロンドン行きはほぼ決定、
日本は、夜の試合でもし中国がオーストリアに勝ってしまうと、
最後は、超アウェー状態で中国と対戦しなければならないからいやだなぁ~

とまあ、計算して憂鬱になってしまったわけですが、

結局、オーストラリアが中国に勝利してくれたおかげで
北朝鮮戦の勝ち点1が効き、
最終戦を待たずにロンドン行きが決定!!

サッカーは変数の多い競技だから、
悪いと思った現象があとでいい方向に働いたりするんですよね。

だから面白い!

W杯のとき、グループリーグでイングランドに敗れ
相手がドイツに決まった時の失望感。
しかしドイツに勝ったおかげで、日程、移動など
いいコンディションで決勝まで行けた。
あの、イングランド戦の敗戦がなければ、
なでしこの優勝はなかったのではないかと言われていますよね。

勝負の行方を知っているのはボールだけだから

計算してもあまり意味がないんだけど、
つい楽をしたくて計算してしまうんだよなァ。
カオス状態を楽しめないという点で、
サッカー観戦者としては未熟ということなのでしょう。

なでしこのサッカーは、
これからもっと研究されるでしょうが、
意外性のあるプレーをする岩渕真奈の大ブレークに期待! 

ロンドンでは色はなんでもいいから、
是非メダルを獲得してほしいです!

あと、最近は小柄な宮間あやの中に
剣術に長けたサムライがいるように思えてしかたないです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京 vs 栃木SC (2011 J2 第4節) [FC東京]

混戦模様

0021.jpg

2011年9月4日(日) 18:04 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
J2 第4節  FC東京  0 - 0  栃木SC  
入場者数 6.795人、天気 曇り、 気温25.1度、湿度78%、無風
主審:早川一行

愚痴っぽくなりますけど・・・

0001.jpg

いろいろな事情があって、
新宿から湘南新宿ラインで1時間以上かかる熊谷でのホームゲーム。
遠いなァ。

お天気は、
台風12号の影響でもしかしたら雨に降られるかもしれない。

日曜の夜。
明日から仕事だから、あまり疲れたくない。
帰りのバスが鬱陶しいなあ。

熊谷は観光するところがないし、
楽しみは食べることくらい

とにかく、東京がスカッと勝ってくれればいいや。

それなのに・・・

私を含め、東京サポーターの多くは
きっとこんな気持ちだったんじゃないですかね。

0011s.jpg 0010s.jpg

終始東京がペースを握り、

いつものようにパスをつなぎゴールに迫るも
いつものように決定力不足

栃木に中盤でボールを奪われては
前線のブラジル人コンビの逆襲に遭う。

しかし、決定的な場面は作らせない。

0014.jpg

後半は引いた相手の守備網をなんとかぶち破ろうと
突破を試みるが、攻撃が迫力不足。

決まった!
と思った羽生のシュートもはじき出され
結局スコアレスドロー。

栃木のチェックが厳しく、レフェリングも不安定で
やや荒れたゲームになったのは残念でした。

パスを出す判断が遅いですよね。
正直、面白くなかったのです。

が、これがJ2の戦いなのでしょう。

無理やりポジティブにとらえれば、
ホーム無敗!

ということになりますが、
場所が東京よりも栃木の県境に近いので、
実感がありません。

0013.jpg

これで栃木には1敗1分け。
相手にとっては最高ではないがまずまずの結果。

してやったり、でしょうね。 

0015.jpg 0016s.jpg

こんな状況でも東京は勝ち点42で、
首の差で首位堅持。

ほかのクラブの勝ち点は、
栃木42、徳島41、千葉40、札幌40、鳥栖39
J2は、勝ち点差3の中に6チームがひしめく大混戦になってきました。

東京としては早くこの混戦から抜けだしたいところですが、

上等じゃないですか。

このカオス状態を楽しみますよ。

0017.jpg

次は味スタ、京都戦。

アウェーでは完勝だったけど、
昨年最終節で足を掬われた相手だし、
まだ借りを返し切っていないですからね
勝たなくてはいけません。

とにかくシュートを撃って、点を獲りましょう。

0018.jpg


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る