So-net無料ブログ作成
検索選択

FC東京 vs ジュビロ磐田(2010 J1 第15節) [FC東京]

負けなかった 

2010072809.jpg

2010年 7月 28日(水)  19:00 国立競技場
JI 第15節
  F C  東 京   1 - 1
  ジュビロ磐田
得点 : 47分 大黒(東京)、51分 Own Goal
入場者数 26,534人 晴れ  中風、気温 28.8度
 

前節、平塚でベルマーレに快勝し、
いい流れで東京に戻ってきましたが、
磐田戦は勝ち点1止まり。 

サッカーの試合は、いろいろな見方ができますが、
全体的に観れば、負けなくてよかったな、
という試合だったと思います。

前半は磐田の厳しいプレスに遭い、
ボールを前に運べず、
なかなかシュートまで行けませんでした。

逆に前田に決定的なシュートを撃たれ、
それを返ってきた権田がスーパーセーブで阻止する。

そんな感じで前半は0-0

2010072810s.jpg

この日の権田は本当に素晴らしかったです。
彼のセーブがなければ、磐田はあと4点入っていましたね。

後半立ち上がりに大黒のヘッドで先制したときは、
今日も行ける!と思ったのですが、

すぐに同点にされるあたりが、
上位へ行けないチームの脆さなんでしょうね。

でも、2戦連続となった大黒のゴールはドンピシャで
見ていて気持ちよかったで。
キッカーの梶山とアイコンタクトが出来ていたらしいですね。
大黒と梶山の相性はよさそうです。

大黒は、全くやる気がないタラタラ歩きをしていたかと思えば、
急に走り出して、絶好のポジションへ行ってしまう
あのコントラストがいいですね。
ストライカーはこうでなきゃ。

もう一人のFW赤嶺。
ジュビロキラーのはずなんですけどねえ。
決定的場面もありましたが、
この日はゴールを決められませんでした。

あと、磐田の前田。
ロングボールをショートバンドでトラップし、
スピードを落とさずスペースへコロコロと転がすプレーとか、
ホントに上手い!
権田のセーブで2点損したけど、得点王の可能性大でしょ。
きっと秋には代表に呼ばれるでしょう。

2010072803.jpg

この日の観衆は26,534人 

平日なのに、バックスタンド、
特にホーム寄りは満席でした。

ナイトゲームとはいえ、暑さを心配しましたが、
風があって、しのぎやすかったです。

ハーフタイムには花火も上がり、季節は真夏。
ビールが飛ぶように売れていましたね。

売り子の女の子は、一度に何杯も注文が来るので、
休む暇も、階段を上る暇もない状態でした。
ビールの補充でスタンドとコンコース内のテントとを
行ったり来たりで見ていて大変そうでした。

2010072801s.jpg 2010072804s.jpg

62分からは金沢浄登場。お久しぶりです。

対峙した石川が抑えられていましたね、
というか、石川の身体のキレがイマイチ。
ちょっと心配です。

2010072813s.jpg 2010072807s.jpg

さて、三日後にはもうアウェー新潟戦があります。
暑いし、体力的にキツイと思いますが、
大事な試合が続くので頑張ってほしいです。

夏休みだし、きっとたくさんの子連れ東京サポーターが
新潟へ向かうんでしょうね。

私も準備しなきゃ。

2010072802.jpg


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

湘南ベルマーレ vs FC東京(2010 J1 第14節) [FC東京]

大黒点出現!! 

015.jpg

2010年 7月 25日(日)  18:00 平塚競技場
JI 第14節
 湘南ベルマーレ 1 - 3
   F C  東 京  
得点 : 39分 森重 (東京)、44分 羽生 (東京)、
58分 大黒(東京)、61分 中村(湘南)
入場者数 12,737人 晴れのち雨、気温 29.0度
 

勝ったからいい気分で家路につきましたが、
もしも、負けていたら降格争いに参戦という状況だったから、
天国と地獄ですよね。

001.jpg

今日も、序盤からいいリズムで攻めていましたが、
点を獲れず、湘南に押し込まれる展開。

東京の試合で、今年よくあるパターンです。

ようやく39分、リカからのクロスに
ボランチ森重が頭で ずどおおーーん!!
と決めて先制。
森重はこの豪快な一発で、前節の借りを返しました。

44分にも、リカが左から出したボールが、
大黒が潰れて流れて、がDFを引きつけ
ボールを出したところを、羽生がシューーート!! 
で、2点目

010.jpg

リカが左で勝負し、
中央で大黒が相手DFをかく乱、
3人目の選手が決める

という得点パターンが、
出来あがってきましたかね。

2点のリード。
前節はここからバランスがおかしくなりましたが、
今日は、最後まで落ち着いてボールを回し、
ゲームを支配することができました。

006.jpg

後半13分、
羽生がボールを奪取、すばやく左サイドの赤嶺へパス!
赤嶺から中央を疾走する大黒にボールがつながると、
あと目の前にはGK都築のみ。

この1対1の勝負で、
大黒が確実に決めて3点目!

大黒のゴール前での落ち着きはさすがですね。
物が違います。

東京にもっと早く来ればよかったのに。

014.jpg

その後、中村祐也に1点を返されましたが、
終わってみれば快勝!

ナビスコ杯で好調だから、
強いと勘違いしてしまいますが、
リーグ戦は、まだ11位なんだよなぁ。

020.jpg

本日の東京サポ楽しみの一つ。
元FC東京の、
阿部、ジャーン、エメルソンの3人との再開です。

彼らに、これといった見せ場はなかったけど、
(なくてよかったんだけど)
久しぶりにプレーが観られてよかったです。

004ss.jpg 019ss.jpg

さて、東京は土曜日まで猛暑日が4日間続きました。

この日は少し気温が下がったとはいえ、
やはり暑かったです。

しょっぱいキュウリの一本漬が、
塩分補給に最適でした。
値段も150円とリーズナブル。

しかし、喉が渇くので
ビールが進んでしまいました。

002s.jpg 003s.jpg
007ss.jpg 005ss.jpg

空模様は、試合前は晴天、

暑さにとんがった東京サポは、
ウェーブで遊んでいましたが、
何度もくりかえすので、
湘南サポも途中から付き合ってくれました。

こういう風景を見ていると、
優しい気持ちになります。

私は、おういうの好きです。
折角の機会だから楽しまなくっちゃね。

021.jpg

日陰は、風がありしのぎやすかったですが、
前半が終わる頃から、
空に黒くもが漂い始め、
雨が肌に感じられるようになりました。

雷は鳴っているし、
これは本格的に降り出すかなと思い身構えました。

しかし、顔を上げれば、東の空に
丸い月が浮かんでいました。

この月が出ているうちはお天気は大丈夫
と勝手に解釈していましたが、

試合中、この月が隠れることは
ほとんどなく、
ゲーム終了まで持ってくれました。

012.jpg

今週は7日間で3試合もあります。

ハードな日程ですが、
選手には頑張って勝ち続けてほしいです。

018.jpg


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京 vs ヴィッセル神戸(2010 J1 第13節) [FC東京]

さびしくなるなぁ 

2010071714.jpg

2010年 7月 17日(土)  18:30 味の素スタジアム
JI 第13節
  F C  東 京  2 - 2  ヴィッセル神戸 

得点 : 10分 梶山 (東京)、18分 大竹 (東京)、
84分 ボッティ(神戸)、90分+6 大久保(神戸)
入場者数 25,781人 曇、風弱、 気温 27.1度
 

試合後、チェゼーナへの移籍が決まった長友の壮行セレモニーがある
ということで、スッキリと勝ちたかったのですが、

不本意なドローです。 

2010071702s.jpg 2010071706s.jpg

W杯の中断の間に加入した大黒が先発。

シュートの意識が高い選手なので、
すごくいい補強をしたと思います。

その大黒がいい働きをしましたね。
前半10分、倒れこみながら左サイドへ抜けたリカへ絶妙のパス出し。
走り込んだリカのシュートのこぼれを、梶山が流し込んで先制!

18分には、左サイドからリカがドリブルで抜け、
大黒がDF3人ひきつけてできた後ろのスペースにパス。

そこへ走り込んだ大竹が左足でゴールに蹴り込んで2点目。

2010071703.jpg 

スタンドは、楽勝ムードが漂っていましたね。

後半も、これといったピンチもなかったし、
ベンチまで勝ちムードになっちゃいましたかね。 

3点目はまだかいな?
と期待するも、少し消極的になったか、
点が入らないまま時間が経過。

あと10分で勝ち点3だぁ、と思った後半38分、
ドリブル突破をしたボッティの折り返そうとしたボールが
東京のDFの足にかすり、ふわりとゴールイン。
これで、神戸に勢いがついてしまいました。

それでも、もう時間はないし
勝てると思っていたんですけどねぇ・・・・。

2010071708.jpg

ロスタイムはピンチの連続。
最後のPKとなった場面は、
スタンドからはよく見えませんでした。

あとで、録画を見たら、
森重が左手でボールに向かいシャーをしているじゃありませんか。。。

あ~あ、
引き分けでがっかり。

PKになったプレーは残念だったけど、
そもそも、ゲームの流れを上手くコントロールできなかったということでしょう。

石川、平山など後から入った選手のプレスも甘かった。
平山の時間稼ぎのキープも少しタイミングが早かったし、
結果的には城福さんの采配ミス。
♪眠らない街 もフライング気味でしたかね?

まあ、こういう日もあるでしょう。

2010071710.jpg

途中、頭をうった塩田。
ふらふらしながらの退場で、心配しました。

検査結果は異常なし、ということで
とりあえず、ほっとしました。

2010071709s.jpg 2010071716s.jpg

青赤でライトアップされた味スタは、 
試合後、長友の壮行セレモニーがありました。

お茶目な明るい性格で、
この2年間、東京サポーターの心を癒してくれました。
W杯での活躍は、本当にうれしかったです。

見れなくなるのは、正直さびしいけど、

イタリアで大活躍して欲しいです。

2010071713s.jpg 2010071715s.jpg


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ウルグアイ、執念のベスト4 [サッカー]

W杯 準々決勝、ガーナ対ウルグアイ戦

サッカーは最後まで何が起こるかわからない、
とよくいいますが
この試合も、紙一重のところで天国と地獄が入れ替わる
おもしろい試合でした。

120分で決着がつかず、
PK戦でウルグアイがベスト4進出を決めましたが、
途中からガーナを応援していただけに、
割り切れない気持ちになりました。

延長後半15分、
スアレスがバレーボールのブロックで、
ボールを枠からはじき出して一発レッド。

最後のプレーがガーナに与えられたPK。
これが決まれば、ガーナ4強!という状況で
ギャンがボールをバーに当てて失敗!

駒野が外したシーンがフラッシュバックしました。

ああ、これで勝利の女神がそっぽ向いちゃったな
と思ったら案の定。。。

手を使ったとしても、その時点では失点とならず
相手チームにPKが与えられるというルールは
理不尽だとも感じますが、

ルールを限界まで利用するウルグアイの執念は凄いですね。、
日本はまだまだだなぁ、と思いました。

今夜、4強が決まりますが、こうなったら、
決勝はオランダ対パラグアイを希望します。

なんとなく、日本が3位みたいになるじゃないですか。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る