So-net無料ブログ作成
検索選択

強豪への通過点 [サッカー]

決勝トーナメント一回戦、
日本vsパラグアイは、
PK戦までもつれこむ死闘になりました。

結果は残念。
これで、2010年南アフリカW杯での
日本代表の冒険が終わってしまいました。

悔しいですねぇ。
今朝は何とも言えない喪失感に苛まれていました。

この悔しさをどう乗り越えたらいいか
この日の日本代表の戦いを
自分の中でどう位置づけたらいいか

眠い目をこすりながら
そんなことを考えていました。


W杯の過去の記録を見ると、

2006年ドイツW杯でのスイス
2002年のアイルランド
1998年のイングランド、
それ以前にもメキシコ、ルーマニアなど

日本と同じく
PK戦で敗れベスト8に進めなかった
強豪国がいます。

日本にとってもパラグアイ戦は
強豪国になるための通り道
ターニングポイントだった。

将来、そう振り返りたいですね。

今日の一発屋で終わるより、
明日のスーパースターになりたい。

この敗戦を無駄にしてほしくないです。


しかし、終わってみれば4試合で2失点。
デンマーク戦の1点はPKだったし、
スナイデルのミドルシュートも
完全に崩されたわけではありませんでしたし。

チームの状態を
よくここまで上げてくれましたよ。

大会前にボロクソ言って、本当に

ごめんなさい 岡ちゃん


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

負けるならスペイン [サッカー]

W杯南アフリカ大会
ベスト16が出そろいました。

スペインがポルトガルと対戦。
注目カードですよね。

もし日本がパラグアイに勝てば
ビジャかロナウドです。

どうせ負けるなら
スペインに負けたい!

火事場の岡力で
パラグアイを乗り越えて欲しいです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

やった!決勝トーナメント進出! [サッカー]

日本、やりましたね。
デンマークに快勝!
2大会ぶり、決勝トーナメント進出です。


3つの素晴らしいモーニングゴールのおかげで、
今日一日、上機嫌でした。

それにしても日本

ツイてるね、ノッてるね ♪
幸運の女神が私に微笑むの ♪ 

新聞によれば、
4の付く日は日本サッカーにとって
縁起のいい日なのだとか。

本当かなと思い、
JFAの過去の記録を見たら結構負けていました。^^

でも、相性という視点からは

日本は

十字旗の国が相手だといいゲームをするような気がします。

ベルリンオリンピックの歴史的なスウェーデン戦勝利とか、
男子ではありませんが、北京オリンピックで
なでしこがノルウェーをボコボコにしたゲームとか、
イングランド相手にも結構善戦していましたよね。


それから
アフリカ大陸で開催される大会

というのもいい感じですよね。

西澤のスーパーボレーが鮮烈に記憶に残っている
モロッコでのフランス戦や
ナイジェリアでワールドユース準優勝。

いい思い出があります。

それから、今大会は、本田、長友、大久保の
原人系の3人の大活躍を見るに、

遠い祖先から引き継いだ遺伝子の何かのスイッチが入ったのかな? 
とか、
アフリカの大地の神の恵みかな? 
とか、

SF的神秘主義的な連想をしてしまいました。

さあ、次はパラグアイ戦。

11年前のコパ・アメリカではボコボコにされました。

あのとき17歳だったサンタクルスも28歳。
勝って、借りを返したいですねぇ。


東京サポーターとしては、長友に頑張ってほしいです。

ただ、秋の味スタで彼の姿が見れなくなりそうなのが、
ちょっと、さびしいですけど。。。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

最良のシナリオ [サッカー]

W杯、E組のグループステージ第2戦
デンマークvsカメルーンは、
デンマークが2-1で逆転勝ち。

結果的には、
第3戦、引き分けでも日本は決勝トーナメント進出!
最高ではないが最良のシナリオになりましたね。

仮にオランダとの試合を引き分けに持ち込んでいても、
最終戦は引き分け以上が必要だったから、

オランダの得点の直前のハンドを見逃されたこと、
長友のPKをとってくれなかったこと、
岡崎がシュートを外したこと、

これらがどちらに転んでいても結果は一緒。

川島の好セーブと粘り強い守備で、
最小失点に抑えたことが、
引き分けと同じ効果を生んだ

というのが、現実主義者の見方でしょう。

勝点4に浮かれてデンマーク戦を迎えるよりも、
よかったんじゃないですか?

大久保も闘莉王も
累積で出場停止となる選手もいないし、
今の日本の実力での最良のシナリオで事が運んでいますよ。

これで、早朝のデンマーク戦が楽しみになりましたねぇ。
この一戦のためにカメルーン戦とオランダ戦があった
といっても過言じゃない。

久しぶりにしびれるゲームが観られそうです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs オランダ [サッカー]

悔しいですねぇ。

W杯のE組、グループステージ2戦目
日本はオランダに 0-1 で敗れてしまいました。

でも、よくやりましたよ。

試合直後のテレビ番組では、
なぜ最初からもっとチャレンジしなかったのかと、
セルジオ的不満が渦巻いていましたが、
そもそも、みんな始まる前は惨敗を予想していたじゃないすか。

トルシエなんか、オランダには勝てっこないから
捨ててデンマーク戦にかけろとか

ダメダメ感が支配していたじゃないすか。

同じE組のカメルーンvsデンマークのキックオフがまだですが、
もし、この試合でデンマークが1点差で勝利すれば、
日本は最終戦引き分けでも得失点差で2位になれるわけで、

失点を1で抑えたという結果は
もっと評価されてもいいと思います。

いずれにしても、
最終戦は勝ちに行かないといけませんがね。

それにしても、岡崎。

あそこで決めないでいつ決めるんだよ!
彼もヒーローの器じゃないのかなぁ。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

どうみてもFC東京 [FC東京]

昨日、仕事で名古屋にいまして、
移動中、地下鉄の車内でこんな広告をみつけました。

001.jpg


ドラゴンズの青とグランパスの赤という意味でしょうが、
本当にこの柄のプリウスが当たるなら
応募したい東京サポーターは結構いるんじゃない?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

80勝56敗4分け [野球]

80勝56敗4引分け、勝率 .588(6/13現在)

セパ交流戦における
パリーグ6球団を合わせた戦績です。

優勝はオリックスで、1位から6位までパが独占。
また極端な結果になりましたねえ。

パの貯金24のうち、18がヤクルトと横浜からのものということで
セではこの2球団が足を引っ張った感があります。

しかし、一番成績の良かった7位の巨人が勝率5割だから、
セリーグ総崩れの状態でした。

元西鉄の豊田泰光氏が、
6月10日の日本経済新聞のコラムで、

セリーグ、深刻な球団格差」と題し、

「巨人、阪神、中日が日ごろ下位相手に積み重ねている勝ち星の価値はいかほどのものか・・・」

と、セリーグ球団間の戦力差を問題視していました。

確かにセは2001年のヤクルト優勝を最後に、
以後、中日、阪神、巨人の3球団でペナントを回していますね。
パが、同じ期間に楽天以外の5球団がリーグ優勝を果たしているのと対象的です。

今は、パの方が戦力が拮抗しているし、
全体的に、セよりもダイナミズムがあるように感じます。

今年、神宮へは2回足を運びましたが、
正直、ヤクルト打線は観ていて面白くないです。

特に横浜とヤクルトの2球団は、
戦力的に魅力が乏しいというだけでなく、
観客を巻き込んだムーブメントを起こす活力を失っているように見えます。
選手を燃えさせる何かが足りない感じがします。

長年、巨人と戦える既得権にしがみつき、
新しい観客層の開拓や時代の変化への対応など
努力が足りないということなんでしょうね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

また清水だ [FC東京]

東京は、梶山の劇的なゴールで、
ナビスコカップ準々決勝への進出を決めました。

次の対戦相手は相手は清水。
おかげで9月の楽しみが増えましたね。

昨年リーグ戦、カップ戦と合わせ
5回当たった相手なので、
またかいな、というのが正直な気持ちです。

9月1日が味スタ、8日がアウスタ。
いずれも平日開催なので、
応援に行くには厳しいものがありますが、
8日は、新幹線なら、その日のうちに東京へ戻れそうです。

それにしても、
6月9日に長居へ行けた東京サポーターがうらやましい!


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京 vs 京都サンガF.C. (2010 ナビスコ杯 予選リーグ 第6節 ) [FC東京]

YOUNG GWON! 

2010060610.jpg

2010年 6月 6日(日)  15:00 味の素スタジアム
JI ナビスコカップ予選リーグ第6節
 
 F C  東 京 
  1 - 0  京都サンガ F.C. 

得点 : 53分 キム・ヨングン(東京)、
入場者数 17,014人 晴、風:弱、 気温 24.4度、湿度45%

相性の悪い京都に4年ぶりに勝ちました。

後半8分、赤嶺が倒されて得たFKを、
キム・ヨングンが直接狙い、
ポストに当たった跳ね返りが
GKに当たりゴールイン!

この得点が決勝点になりました。

左足から繰り出された、強烈なシュート!

2010060601s.jpg 2010060603s.jpg

そこまではパッとしなかったんですよね。 

京都の選手は東京には自信を持っているのか、
前半、東京に攻めこまれても落ち着いて対応していました。

増嶋を中心にした3バックが、
東京の選手がボールをもつと、
サイドの中村と渡邊が最終ラインまで下がり、
5バックになってスペースを作らせない。

どうせ、東京の選手はシュート撃たないから、
怖くないも~ん、てな感じ。

前半、得点の匂いがあったのは、
33分の石川が中央から放ったシュートくらいだったでしょうか、

2010060606.jpg

京都の攻撃は
ディエゴ、ドゥトラ、柳沢の個人技のある3人におまかせでしたね。

これに対して、東京は、森重とヨングンを中心に粘り強く守り、
前半はこれというピンチはありませんでした。

2010060604.jpg

後半に入っても、
京都の固い守備を崩せない。
引き分けでグループリーグ突破が決まる京都は、
堅守で乗り切ろうという意図が見えました。

そんな目論見を、ヨングンがひと蹴りで崩してしまいました。
ヨングンはいい選手ですねぇ。

清水戦でもそうでしたが、
彼が強烈なキックを蹴ったあとに、
東京は攻撃のスイッチが入るんですよね。

今日も、彼のFKからイケイケになりました。

もう一点、取れば楽になったんですけど、
ロスタイムはピンチの連続でハラハラしました。

2010060605.jpg

とにもかくにも、この勝利で、
東京の予選リーグ突破が見えてきました。

秋の楽しみが減らないよう、次もお願いしますよ。

2010060612s.jpg 2010060609s.jpg

6月9日の長居でのセレッソ戦は、
応援に行けませんが、

しっかり勝ち点を奪取して、
決勝トーナメント進出を決めてほしいです。

2010060611.jpg


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る