So-net無料ブログ作成
検索選択

FC東京 vs アルビレックス新潟 (2010 ナビスコ杯 予選リーグ 第3節 ) [FC東京]

大竹を忘れるなよ

2010052214.jpg

2010年 5月 22日(土)  14:00 駒沢陸上競技場
JI ナビスコカップ予選リーグ第3節
 
 F C  東 京 
  1 - 0  アルビレックス新潟 

得点 : 90分+4 大竹(東京)、
入場者数 13,098人 晴のち曇、風:無、 気温 27.4度
 

決勝点は大竹のゴール。
3分と発表されたロスタイムの90+4分の
劇的なサヨナラゴールでした。

調子がイマイチという印象の大竹ですが、
こういうシーンを観ると、
やはり彼は”何か持っている” と思っちゃうんですよねぇ。

フロンターレ戦のビューティフルループの
記憶が強烈だったせいかもしれませんが、
何かしてくれそうな期待感が湧く選手です。
 

2010052209.jpg

駒沢、暑かったですね。

やはり駒沢で開催された昨年の清水戦も、
カンカン照りで暑かった記憶があります。

この日は、少し雲があったので、
体感は思ったほどの暑さではありませんでしたが、

それでも、いつもより水分補給のペースが早くなりました。

2010052201s.jpg 2010052202s.jpg

試合前、西村主審以下

南アフリカW杯へ行く審判団に花束贈呈。

会場からレフェリーに暖かい拍手が贈られる光景って
そうないですよね。
普段の試合では、レフェリーの名前が発表されて、
周りからガッカリする声が聴こえることが多いですからね。

こういう雰囲気の試合がもっと増えないといけないのでしょう。

2010052203.jpg

試合の方は、正直言って
ゴールが入るまでの93分間、面白くなかったです。

とにかく、両チームとも得点の匂いがしない。

東京の決定力不足はいつものこと。

新潟DFは左の内田がサイドにつられ気味で、
穴が出来やすいのではないかと思って見ていましたが、
実際、最終ラインを突破しての決定的場面が何度かありましたね。

そこでシュートを外すシーンを観るのは、もう慣れっこです。

2010052204.jpg

新潟の攻撃は、迫力はありませんが、
よく統率がとれていますね。

サイドの選手が上がると、
ゴール前中央に等間隔で3人が走り込んでくる。

一方の東京はといえば、
サイドからクロス・・・あれ?重松しかいないぞ

こういう感じの場面が多くないすか?

平山はもっと真ん中で仕事をしてほしいですね。
重松との2トップで、
もっと面白い攻撃ができると思うんですけどね。

というわけで、この日キャプテンの平山と、
「もっと走らんかい リカ!」の叱咤に、笑顔で応えるリカ

2010052220s.jpg 2010052211s.jpg

この日初先発で、随所にいいプレーが見られた高橋。

初シャーのあとの、サポーターに向かって礼は
営業マンのような角度でした。

2010052215s.jpg 2010052216s.jpg


ということで、結果オーライかな。

ナビスコカップ連覇への道は見えてきたし、
がんばろう。

2010052213.jpg

 

で、ここからは余談です。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

東京ヤクルト vs 福岡ソフトバンク (2010 セ・パ交流戦) [野球]

5月15日の土曜日、
サッカーとはしごで、今年初のプロ野球観戦をしました。 

051501.jpg

場所は神宮第一球場、
東京ヤクルトスワローズ 対 福岡ソフトバンクホークス
セパ交流戦(第一戦)です。


051503.jpg

2010年5月15日(土) 交流戦 1回戦

東京ヤ
クルト 0 - 2 福岡ソフトバンク

福岡ソフトバンク 0 2 0 0 0 0 0 0 0    2
東京ヤクルト     0 0 0 0 0 0 0 0 0    0


勝 和田(5勝3敗)、敗 中澤(3勝2敗) S 馬原(13S)
試合時間 2時間49分、観衆 26,505

派手な撃ちあいのない、地味な試合になりました。

ソフトバンク目線では、

2回の川崎のタイムリーで獲った虎の子の2点を、
先発和田と3人のリリーフ陣とで相手を0に抑え、
守り勝ったという試合になります。

和田は立ち上がり投球数が多く、
ピリッとしませんでしたが、
6回まで粘り強いピッチングをしました。

051502.jpg

しかし、一方のヤクルト目線になると、
4安打で10三振の打線の不振が
問題ですよね。 

先発の中澤が、制球に苦しみながらも、
失点を2点に抑えていましたから

気の毒でいた。

051504.jpg

それにしても、ヤクルト打線って地味ですよね。

青木と外人二人さえ抑えればOK
あとは怖くない印象です。

若手選手に、
こいつは面白い!
こいつのこれからに注目!
という個性的な選手が見当たらないんですよね。

巨人以外は、選手層が薄くなっていません?
甘くないカルピスみたいになっていません?

051508.jpg

ブレークタイムに、
神宮のスタジアムDJのパトリックさんから、
インタビューで
「選手にメッセージを一言」 とマイクを向けられた少年が、

「えー おれ誰にしよう。」
と困っていた場面は場内大爆笑でしたが、

これという選手がいないというのも確かでしょう。

051505.jpg


ホークスも他人事じゃないんだよなあ。

051509.jpg


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京 vs 清水エスパルス (2010 J1 第12節) [FC東京]

逆転できかったぁ

2010051517.jpg 

あと一歩だったんですけどねぇ。

2010年 5月 15日(土)  14:04 味の素スタジアム
JI 第12節
  F C  東 京  2 - 2  清水エスパルス 

得点 : 26分 平岡 (清水)、68分 藤本 (清水)、85分 長友(東京)、 87分 松下(東京)
入場者数 28,114人 晴、風弱、 気温 19.0度
 

藤本に2点目となるFKを決められたときは、

 いい流れのときに点を取らないからこうなるんだよなあ
 ガンバ戦もこうだったよなあ、
 同じことの繰り返しじゃねえか

たしかに、そんなことを考えました。

2010051505.jpg

1点ビハインドになった前半も、
東京のペースだったし、
日本代表FWには、
ほとんど仕事をさせませんでした。

ただ、小野伸二は別格。

1点目、FKがドンピシャで平岡の頭に合いました。
あっぱれとしか言いようがありません。
守備でも東京の狙った場所に、スイ~ッと現れるし、
悔しいですけど、上手いです。
いまさらですが。。。

2010051501s.jpg 2010051507s.jpg

東京は、2点を失ってから、石川OUTの松下IN。

今野と長友を前に上げ、勝負の時間になりました。
29分にFKをもらい、さあ!行け!
と思ったところで、これをリカが外して
スタンドの空気はふにゃぁ~~

ああ、ダメじゃん、
このまま終わってしまうかもと
よからぬ考えがよぎった38分。

キム・ヨングンが強烈なミドルシュートを放つ!
これを西部が慌てて弾き、
CKゲット。

2010051504.jpg

このシュートで、
選手もサポーターも目が覚めましたね。
ヨングン素晴らしい!
こういうプレーで周りの気持ちを鼓舞できる選手って
貴重ですよね。

その直後、
松下のCKから、GKがはじいたボールを、
長友がボレーの虎になり、
直接蹴り込んで、ゴーーーーール!

2010051509.jpg

いやあ、すばらしい!!

これで、手のつけられないノリノリ状態になった長友。
42分には、相手ボールを奪い、
中央をドリブルでずいずいずいと攻め上り、
赤嶺クロ~スの、ボールこぼれ~の、の松下が蹴り込み~ので、

同点!!

さあ、逆転!!

2010051510.jpg 2010051511s.jpg

とは、行きませんでした。

世の中、そう甘くないです。

でも、まあよく追いつきましたよ。

面白かったです。

2010051520.jpg


試合終了後、日本代表に選出された
今野、長友、岡崎の3選手への
花束贈呈のセレモニーがありました。

試合が終わったばかりで、
どちらのチームにとっても悔しい結果だったに、
特に岡崎選手は思い通りのプレーができなかっただろうし、
顔色が冴えませんでしたね。

長友を除いて。

2010051514.jpg

花束は試合前に、渡せばいいのにね。

引き分けだからよかったものの、
東京が惨敗でもしてたら
どっちらけの悲惨なセレモニーになっていたじゃないですか。

優先度が 日本代表>Jリーグ 
という固定観念やマニュアル的な考え方に支配されているから
こうなるんでしょうね。


他の選手たちは、
どういう思いでこのセレモニーを観ていたのでしょうか。

2010051515.jpg

これでリーグ戦は7月17日まで中断。
その間、ナビスコカップの予選が4試合あります。

今野、長友、石川、徳永の4選手が抜けますが、
残った選手にとってはチャンスだから、
頑張ってほしいですね。

もちろん、
今野、長友は南アフリカで暴れてきてほしい。

徳永、石川も代表の誰かにアクシデントが・・・
いや、やめておきましょう。

長友は、アフリカの大地の神にきっと気に入られると思っています。^^

2010051519.jpg


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京 vs ベガルタ仙台 (2010 J1 第10節) [FC東京]

しっかり してくれよぉ

2010050501.jpg

気温は27.6度だったそうです。
先月の京都戦は9.2度で、朝、雪が積もっていましたからね。

急に暑くなって、参りました。
バックスタンドの住民にはつらい、
灼熱の季節になりましたね。

2010050502.jpg

2010年 5月 5日(水)  14:04 味の素スタジアム
JI 第10節
  F C  東 京  0 - 0  ベガルタ仙台 
入場者数 26,406人 晴、風弱、 気温 27.6度


試合の方はドロー。

長いシーズンを考えれば、
上位に食い込むためには、
勝っておかなければいけない
大事な試合だったのですが・・・・。

4月からの悪い流れを断ち切れませんねぇ。

2010050505.jpg


麻雀に例えるならば、

聴牌するけど和了れない状態。

自模らない。
リーチかけても当たり牌が出てこない。
振り込みもしないが、
点棒だけは出ていく。

その間、ほかの面子は確実に点数を稼ぎ、
自分は気がつくと沈んでいる。

2010050506.jpg


だんだん、気持ちがネガティブになって、
理屈ではわかるんだけど、
自分の力で、うまくいい流れを引き寄せられない。

そんな感じかな?

城福さん、
どうしたらいいのか
わからなくなっているんじゃないでしょうかねぇ。

2010050509.jpg


とにもかくにも、

決めてくれよぉ!! 平山!!

です。

相手の仙台も東京と同じ
得点力不足の問題を抱えているので
0-0 という結果は、
両方のチーム状態をそのまま反映した結果
ということでしょうか?

2010050511.jpg 

今日の仙台のサッカーは、
一言でいえば、中間省略でポォーーン

1日の広島の戦い方を参考にした
ふしがありますね。

次の山形はどう来るのでしょうか。

相手がどんな戦い方をしても、
ビッグチャンスは東京の方が多いから、

あとは潮目を変えるキッカケがほしい。

特に、石川のゴールが決まってほしい!!


山形戦は現地へ行けないので、東京で応援します。
勝ってほしい。。。

2010050513.jpg


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

サンフレッチェ広島 vs FC東京 (2010 J1 第9節) [FC東京]

23対8

2010050104.jpg

ゴールデンウィークの広島ビッグアーチへ行ってきました。

2010年 5月 1日(土)  19:04 広島ビッグアーチ
JI 第9節
  サンフレッチェ広島  2 - 1  F C  東 京
得点: 24分 山岸 (広島)、56分 森重 (東京)、68分 山崎 (広島)
入場者数 19,549人 晴、無風、 気温11.7度、 湿度 56%

 

負けました。


サッカーという競技は難しいですね。

観れば観るほどわからなくなります。

2010050117.jpg

この日は、シュート数で東京23本、広島8本
サッカーがシュートの数を競う競技ならば圧勝です。

しかし、結果は1-2の敗戦。

早い時間帯にゴール前へ攻め込み、
決定機を何度も作り、
あとは決めるだけというビッグチャンスではずす。

前節のガンバ戦と同じ空気が流れていましたよ。

2010050118.jpg

”ゲームは支配していた”

東京目線ではそうなるのでしょう。

でも、本当でしょうかねぇ?

同点に追い付かれてからの広島は、
細かいパスをせず、自陣にボールが来ると、
ポーーーーンと前線にあるスペースに蹴り込んでは、
攻撃陣がボールを取りに走る
ラグビーのプレーをしているように見えました。

2010050111.jpg

サッカーの戦術に明るくないので
よくわかりませんが、

それが東京の弱点といわんばかりに、
バウンドしたあとのボールの処理のもたつきを
狙っているように見えました。

「追いつかれても、押されているように見えたかもしれないが、
いい守りからカウンターで取ることができた。」

ペトロビッチ監督の試合後のコメントを読むと、
結局、術中にはまっていたのかなぁ、と感じます。

悔しいですね。

2010050112.jpg

まあ、勝っていれば、
城福采配の方が正しかった、

ということになるわけで、紙一重なんですけどね。


平山と佐藤寿人が入れ替わっていたら・・・

こう考えるのはタブーでしょうが、
28分での交代は仕方ないですかね。
最近の平山は、ゴール前で怖くないです。

2010050108.jpg

あと、心配なのは石川ですね。
17分のバー直撃のシュートも

なぜ入らないのか不思議。
きっと、去年なら入っていましたよ。

クロスでも精度が気になる場面がありました。


明るい材料は梶山の復帰でしょうかね。

次の仙台戦には、万全の体調で臨んでほしいです。

2010050105s.jpg 2010050109.jpg

過密日程が続き、疲労もピークだと思いますが、
頑張りどころですね。

下を向かず、行きましょうや。

仙台戦に集中しましょう。

2010050113.jpg


で、ここからは余談です。

2010050101.jpg

ビッグアーチを訪れたのは、今回が初めてです。


とにかく、遠いですよね。

GW初日ということで、
行きの新幹線は通路まで人が立つ混雑ぶり。
どこへ行っても人人人でした。

2010050116.jpg

ビッグアーチのある広島広域公園へは、
始発駅の本通駅からアストラムラインというモノレールで移動しました。

広域公園前までの所要時間は35分ですが、
路線図で見ると、クエスチョンマークのような形で遠回りしていて、
駅の数が20もあります。
のろのろで、短気な私の性に合いません。
バスに乗った方がよかったかも。

ちなみに、本通から広域公園前へは往復で940円ですが、
900円の一日券の方が40円お得です。

   2010050114s.jpg 2010050115s.jpg


あと、アウェー観戦では、
スタジアム風景も楽しみの一つですね。

ビッグアーチで面白いと思ったのは
電光掲示板での、
「お呼びだし」です。

あと、駐車場のライトを消し忘れたクルマのナンバー
の告知もありました。

国立競技場では考えられません。

2010050110m.jpg


そして、試合前の腹ごしらえは、

広島といえばお好み焼きじゃろ~

ということで、新天地の「お好み村」へ行きました。

2010050121.jpg

お好み村は、2階から4階まで
22軒のお好み焼き屋さんが入っている、
お好み焼き雑居ビルです。

すぐ横にも、やはり8軒のお店が入っている
「お好み共和国」というところもあって、
このあたりは、広島のお好み焼きのメッカといっていいでしょうね。 

2010050122s.jpg 2010050127s.jpg

たくさんお店があるので、目移りしてしまいます。
よくわからないので、
エイヤッで、オバちゃん二人が焼いているお店。
「桃太郎」さんにお邪魔。

おふくろの味っぽい空気のお店。
ノーマルなそば豚肉玉子を注文。

どこもノーマルなメニューは、
消費税込み735円というのが相場だそうです。

2010050125.jpg


美味しそうでしょ?

2010050124.jpg


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る