So-net無料ブログ作成

FC東京 vs 清水エスパルス(2009 J1 第15節) [FC東京]

感動しました

2009062711.jpg

2009 J League Division1 第15節 
FC東京 2 -1 清水エスパルス

後半17分の石川の決勝ゴール!!
いやあ、凄かったですねェ。

右足アウトでエイヤッと蹴ったシュートが、
バーに当たってマウスの中へストーーーン!
その直前にも、枠に飛ぶ強烈なミドルシュートがあったし、

神がかっています。

2009062702.jpg

清水は2週間前に駒沢で快勝した相手ですが、
あの日は攻撃陣に岡崎とヨンセンがいませんでした。

元々、したたかでフィジカルが強いチームだけに、
簡単には勝たせてくれないだろうと思っていましたが、
案の定、厳しい試合になりました。

後半は鋭いカウンターに苦しめられましたね。
セットプレーからの大ピンチも、今野や梶山が必死にクリア。

石川の勝ち越しゴールから終了の笛までが本当に長かったです。

2009062706s.jpg 2009062710s.jpg
2009062705s.jpg 2009062708s.jpg

東京は、石川が”絶好調”だし、
1,5列目の平山が機能し出してからは人もボールもよく動く、
別のチームになった感があります。

二人とも代表に選ばれてもおかしくないと思いますが、
選んでほしくないというのが正直な気持ちですね。(笑)

2009062712s.jpg 2009062715s.jpg
2009062717s.jpg 2009062718s.jpg

春には降格ラインのそばにいましたが、
6月に入って4連勝。
暫定とはいえ6位まで上がってきました。 

行ける!

最近の東京のサッカーは楽しいです。

2009062713.jpg


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

埼玉西武 vs 福岡ソフトバンク(2009 パリーグ10回戦) [野球]

2009062601.jpg

初めての県営大宮球場です。

埼玉西武は今年、大宮で3試合開催します。
今日はそのうちの一つ、ソフトバンク戦を観てきました。

大宮球場はべーブルースがプレーした由緒ある球場です。
地元の人によれば、
甲子園出場を賭けた熱線が繰り広げられる、
高校野球の球場というイメージが強いそうです。

座席は長椅子、電光掲示板はあるがスピードガンも打率も表示されない。
球場の造りがシンプルで、
昭和時代にタイムスリップしたような気分になります。

懐かしい感じ。

2009062602.jpg

外野の芝生席。

ライトスタンドは傾斜が急で、子供には野球観戦より
滑って遊ぶほうが楽しいかもしれませんね。

内野の一塁側からは、隣のNack5スタジアム、
ちょうど、ゴール裏のアウェーサポーターが見えました。
来月はあそこへ行かねばなりません。

2009062603.jpg

氷川だんごを食べ、
レオがファンサービス。
埼玉県のマスコット コバトンも登場。
モチーフとなっている埼玉県民の鳥 シラコバト 

知りませんでした。

この日の観衆は17215人。
ライトスタンドを除き、よく入っていましたよ。

2009062604.jpg 2009062610.jpg

2009062608.jpg 2009062612.jpg

埼玉西武 10 - 4 福岡ソフトバンク

福岡ソフトバンク 0 0 0 0 0 1 0 0 3    4
埼玉西武       0 0 0 4 5 1 0 0 ×  10

(勝)涌井 8勝3敗0S、(敗)藤岡 2勝2敗0S

6時試合開始で、球場に到着したのが、6時30分。
すでに3回裏、涌井と藤岡のテンポのいい投げ合いで、
この調子なら8時頃にはゲームセットになってしまうのではないか、
と、思っていたら、4回に藤岡が崩れ、
普通の試合時間になってしまいました。

四球で出した片岡を牽制で刺し、気持ちに隙が出来たのでしょう。
続く栗山、中島に連打を浴び、おかわりクンには四球。
走者が溜まったところで、石井に左中間を破られ3失点。。

カウントを悪くしては、ストライクを取りに行き痛打を浴びる悪循環。
5回、石井の打席で、左対左の火消しで登場した小椋が、
同じく四球を出して崩れ火だるまに。
この時点で、勝負ありでした。

結果論でしょうが、
ホークスは藤岡と小椋を引っ張りすぎましたよ。
4番手の神内が良かっただけに、もっと早く手を打ってほしかったですね。

7回のホークスの反撃。
小久保がヒットで出塁し、長谷川が左中間を破り、追加点だぁ!

と、思ったら、ありゃりゃ・・・小久保が本塁で憤死!

三塁を回ってから小久保が失速した感もありましたが、
中島の中継から本塁へのピンポイント返球はお見事でした。
中島はこの日1安打でしたが、
外野フライになった打球は芯に当たっていたし、
守備もキレがある。

調子が良さそうです。

2009062606.jpg

9回表、9点差がついた余裕でしょうか、
好投の涌井を休ませ、初登板の山本淳を送り出しました。

ホークスは山本に対し、松中から5連打で3点。

なめんなよ~
 でしたね。

ナベQ 甘いぞ!

HRが出れば2点差。
奇跡の追い上げが期待されましたが、

星野が消火に入って万事休す。

結局、ホークスは10安打を放ちましたが、
要所は締められ敗戦。

交流戦の元気はどこへやらで、少し心配になりましたが、
相手投手がエースの涌井。

仕方ないかな。


2009062609.jpg


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

東京ヴェルディ vs 湘南ベルマーレ(2009 J2 第23節) [サッカー]

2009062406.jpg 

2009 J.League Division2 第23節
東京ヴェルディ 2 - 1 湘南ベルマーレ

得点 (東京V)柴崎、大黒 (湘南) 阿部

仕事帰りに国立でサッカー観戦してきました。

面白かったです。

J2とはいえ、20世紀にはどちらもJのタイトルを獲得したことのある名門対決。
チーム状態は対象的。
首位を快調に走る湘南と、けが人が出て戦力が安定せずここまで9位と低迷しているヴェルディ。
ヴェルディにとっては、これ以上トップと離されたくない、
背水の陣で臨む一戦です。
試合前、サポーターも選手も悲壮感が漂っていましたよ。

2009062404.jpg 

前半はスコアレス。
双方集中力が途切れない、緊迫した好ゲームでした。

後半、湘南が右サイドから攻め上がりチャンス!
さあシュート!というところで例によってパス。
この消極的プレーで絶好のチャンスを潰すと、
その罰が当たったかのように、
13分、柴崎にミドルを決められてしまいます。

17分、湘南の反撃。
途中出場の阿部が、ゴール前の競り合いからこぼれたボールを
右足でジャストミートで同点。
デジャヴ現象でも起きそうな、
いかにも阿部らしいゴールでした。

2009062411.jpg

フィジカルな激しいゲームになりましたが、
決着をつけたのは大黒。
ジャンプでヒールに当てて押し込む変態ゴールが決勝点となり、
東京ヴェルディが貴重な勝ち点3をゲットしました。

東京サポーターとしては、かつて東京でプレーした、ジャーン、阿部との再会、彼等の活躍はうれしい限りです。
これで、トゥットも出場すれば完璧だったんですがね。
2009062410.jpg 2009062403.jpg

1位湘南が敗れ、4位甲府との勝ち点差は2。
J2は混戦になってきましたね。

ヴェルディも、土屋、服部、河野など、
スキルの高い選手が復帰し駒が揃ってきたし、
これから上位に食い込んで来そうです。

そうそう、

湘南を応援するチャントを聴きながら思ったんですけど、
聞き覚えのあるメロディーばかりですよね。

湘南の応援に限ったことではありませんが、
使える歌のガイドラインでもあるのでしょうか?
バモバモなど、メロディーが被っていることが多いです。

世の中には無数の歌があるし、
もっとオリジナルを増やしてみてはどうなんでしょう?

著作権やらややこしい問題はあるでしょうが、
加山雄三、サザン、最近なら湘南乃風?
湘南らしいメロディーのチャントが聴きたいです。

2009062401.jpg


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京 vs 清水エスパルス(2009 ナビスコ杯Bグループ 第7節) [FC東京]

予選突破! 

2009061313.jpg 

2009ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ第7節
FC東京 3 - 1 清水エスパルス 

快勝でした。 

駒沢での清水戦は7年ぶり。
前回もナビスコカップの予選、
宮沢、ケリー、福田で3得点で勝利しました。

公式サイトの記事を見ると、
「チャンスを与えた若手が伸び伸びとプレー。」
とあります。

2009061307.jpg

今回も、
カボレ、石川、赤嶺で3点
田邉、米本、権田の若手が伸び伸びとプレー。

東京が清水に、
7年前の試合の返り討ちした格好です。

2009061308.jpg

この日は、人もボールもよく動くし、

後半のガス欠を心配していましたが、
守備もまずまず安定していたし、

よかった、よかった。


2009061301.jpg 2009061302s.jpg

駒沢陸上競技場は久しぶり、
自転車で行きましたが、坂を上ったり、下ったり
意外と起伏があります。
いい運動になりました。

試合前はグラウンドでドロンパが愛嬌をふりまき、
仕事をする川口コーチには、サポーターから盛んに声が飛んでいました。

2009061304s.jpg 2009061305s.jpg

曇り空だから楽勝と思っていた暑さは、
晴れ間が出て、昼過ぎから気温がぐんぐん上昇。
怖れていた灼熱の駒沢になってしまいました。

大きな水筒を持って行ったのは正解でしたが、
ばてました。

2009061310.jpg

カボレにふわりとパスを上げた近藤。
アグレッシブにボールを奪い、2点目の起点となった米本。
ゴール前で身体を張ってピンチを防いだ梶山

随所にいいプレーがありました。

ちなみに、やり直しのなった赤嶺のPK。
線審が西部選手の足の位置をしっかり見ていますね。

2006061320.jpg

1点返され、いやな流れになりかけた時の
権田のPKスーパーセーブにはウォー!!!

叫び声をあげてしまいました。

その権田のシャー!!
塩田の笑顔・・・はちょっと複雑な気分になりますね。

2009061314s.jpg 2009061316s.jpg

絶好調 石川のシャー!!

今や、完全に東京の顔です。

2009061317s.jpg 2009061318s.jpg

初インタビューの草民。

インタビュアーが、赤嶺のPKを誘ったのは草民のプレーと
勘違いしていましたが、
こういうときは、

「そうそう、あれは前に行く気持ちが・・・
でも、あれ僕じゃないっすよ、あははは」
次回は、このくらいの余裕で切り返してほしいですね。

シャーもまだ弱いぞ。(笑)

2009061319.jpg

いい流れになってきました。

肝心なのはリーグ戦。

この調子で行きたいですね。

次の柏戦は欠席です。
現地に行かれる方、応援よろしくお願いします。

2009061315.jpg


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

6月10日、注目の一戦 [サッカー]

日本がW杯出場を決め、
同日、豪州、韓国、オランダも予選を突破したので、
開催国の南アフリカを入れ、5カ国が出場権を確保している状況です。

次のマッチデーは、6月10日。
日本の対戦相手のカタールは、この試合に勝たないと
オセアニアとのプレーオフへ進出可能性がある3位以内がなくなるので
おそらく必死でしょうね。
攻撃で前に出て来てくれれば、
日本としては対戦しやすいかもしれません。

アジアだけでなく、各地で最終予選が行われていますが、

その6月10日、私が注目しているカードがあります。

それは、北中米・カリブ地区の最終予選

ホンジュラス vs エルサルバドル です。

北中米・カリブ地区のW杯出場枠は3.5。
上位3位以内に入れば、自動的に出場権獲得ですが、
4位は南米の5位とのプレーオフで勝たなければなりません。

現在、南米の5位はウルグアイ。
どこが5位になるかわかりませんが、いずれにしても、
エクアドル、コロンビアなどの強豪と対戦しなければなりません。
北中米の3位と4位では天国と地獄ほどの差があります。

北中米・カリブ地区の現在1位はコスタリカ、2位が米国です。 

そして、3位がエルサルバドル、4位がホンジュラス。

サッカーファンならご存じだと思いますが、
この地理的に隣り合わせた2国の試合は、
因縁の対決です。

なんせ、1969年の有名な「サッカー戦争」の当事国ですから。

北中米・カリブ地区の最終予選は10月まで続き、
まだ中盤戦ですが、問題は現在5位にいる国です。

メキシコなんすよ。

メキシコは今のところ絶不調。
エリクソン監督の首を切り、アギレを監督にしましたが、
6日にエルサルバドルに敗れピンチです。
とはいえ、地力があるので、
おそらく後半巻き返してくるはずです。

そういう状況だけに、両国とも、
今のうちに勝ち点を稼いでおきたいところでしょう。

6月10日は、4位のホンジュラスのホームですが、

凄い試合になるでしょうねェ。

もし、エルサルバドルが勝ったら、
どうなってしまうのでしょうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

日本、2010W杯 出場決定!! [サッカー]

ワールドカップ、4大会連続出場 決定!
おめでとうございます。

日本 1 - 0 ウズベキスタン

引き分けでいいかな、と思っていましたが、
あっさり決めてしまいましたね。

チーム状態を最高に持って行った
岡田監督の手腕、お見事でした。

選手選考も、岡崎、大久保、長友、駒野・・・

結果的に、ガッツが顔に出るタイプが揃い、
感情移入しやすかったです。
頭で押し込んだ岡崎の決勝点は、
ゴンゴールを彷彿とさせましたね。

それにしても、シリアのレフェリー酷かったなァ。

まあ、相手が後のないウズベキスタンだし、
ホーム寄りの笛になることは、
想定の範囲内。

ショックを受けないように敗戦も結果の一つとして
受け入れる心の準備はできていましたが、
よく守り切りましたよ。

チームに安心感を与えた、楢崎の落ち着いたプレー。
素晴らしかったです。MVPですね。

来年のW杯が楽しみ。

おめでとうございます!!


nice!(3)  コメント(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

広島 vs 福岡ソフトバンク (2009 NPB交流戦) [野球]

週末、セパ交流戦を観てきました。

2009060621.jpg

スタジアムは、

MAZDA ZOOM-ZOOMスタジアム広島 じゃ

2009060601.jpg

今年オープンした、新しい広島のボールパークです。

広島駅から東へ線路に沿って歩くと
すぐに、デデーンと巨大建造物が現れます。
初めてだと、なかなか感動的です。

入場ゲートを入ると、広いコンコースがあり、
そのままスタジアムを一周できるようになっています。

2009060616.jpg

折角なので、ぐるりと見学することにしました。

二階席の前のテラスはテーブル付きの
オープンカフェになっています。

2009060604.jpg

ライトスタンドの横、
スポーツバーのチケットを販売していました。

2009060605.jpg

スポーツバーはライトスタンドのフェンスの中といったらいいでしょうか、
目の高さをグラウンドと同じにして観戦できる仕掛けです。

それからライト後方の看板、
「ユニコーーーーン」がやたら気になりますね。
ポルノグラフィティ、perfumeなど、広島、がんばってます。
横長の看板で、下の写真の「ユニコーーーン」の右に上の
「カモーーン」が続きます。

2009060625.jpg

うどん、串焼き、選手プロデュースのカルビ丼まで、
スタジアムグルメが充実しているのがいいですね。

2009060603s.jpg 2009060606s.jpg 2009060609s.jpg 2009060610s.jpg

バックスクリーンの横、
噂の寝っ転がって観られるシート、「寝ソベリア」

趣旨は日光浴かな?
ちょっと大勢の人に注目されるし、
水着になるのはちょっと度胸が要りますね。
グラビアアイドル軍団が使用なんてことがあっていいかもしれません。

このシート、
今日は7回表に悲劇が待っていました。

2009060607.jpg

ここから、グラウンドはこんな風に見えます。

2009060608.jpg


レフト後方のコンコース。
二階席が設けられていないので、
横を走る新幹線や山陽本線が通過していくのがよく見えます。

試合がつまらないときは、ビールを飲みながら
電車を眺めていれば気が紛れます。
鉄ちゃんにはうれしいスタジアムかな?

2009060612.jpg

他にも二階席が前に張り出しているビックリテラスやゲートブリッジ、
バーべキューのできるパーティーベランダなど、

楽しい仕掛けがたくさん用意されています。

好奇心旺盛の男の子は、試合そっちのけで
あちこち行ってしまいそうで、
お父さんは落ち着いて野球が観られないのではないでしょうかね。

2009060614s.jpg 2009060615s.jpg
2009060602s.jpg 2009060619s.jpg

試合前は、雨が降っていましたが、
プレイボールの頃にはお日さまが出て気温がぐんぐん上昇。
暑かったですね。

チケットは売り切れ。
私のいた内野自由席は超満員で、
通路まで人がギッシリ詰まっていました。

観やすさという点では、どうなんでしょうか。
二階の三塁側内野自由席は、
レフトのライン際の処理が死角になって見えませんでした。
非常にクセのあるスタジアムです。

2009060618.jpg

試合は

広島カープ 1 - 11 福岡ソフトバンクホークス

7回表攻撃中降雨コールド
勝: ジャマーノ、負:大竹
本塁打:小久保6号、田上8号、多村3号

ホークスは打線が絶好調。
2回で6得点。
セリーグ防御率トップの大竹を粉砕してしまいました。

来日初登板のジャマーノ。
球の速い投手ではありませんが、丁寧なピッチングで
広島打線を翻弄しました。

また、この日は
三塁松田、二塁本多等、バックの好守備も光りました。

2009060622.jpg

打線は完璧でしたね。

小久保、田上、多村3発のホームラン。
田上の一発は場外ですよ!!

多村も左中間深くの、いかにも多村なホームランでした。

ホークスはオーティズが加入し、
長谷川、田上が成長、
怪我から復帰の松田、多村も当たっている。
8番まで打線に切れ目がなくなりました。

犠打はしっかり決める、盗塁も期待通りに走る。
投手のジャマーノにまでタイムリーが出る。

2009060623.jpg

広島ファンにとっては最悪のゲームだったでしょうが、

大挙関門海峡を越えてやってきた
ホークスファンにはたまらない試合になりました。

2009060624.jpg

ところが、7回、
一天俄かにかき曇り
田上がヒットで出塁したところで、
バケツをひっくり返したような雨が振り出しました。

    2009060626.jpg

屋根のあるところに慌てて避難する人たち。

あっというまに、グラウンドが池に変わってしまい、
コールドゲームになってしまいました。

夕立ちもこのスタジアムの風景になるのでしょう。

堪能させていただきましたよ。

2009060627s.jpg 2009060628s.jpg

屋根のある場所が少ないので、

階段、コンコースは雨宿りの人で、
押しくら饅頭状態。
床は滑るし、なかなか外に出られず往生しました。

雨の日は危険なので要注意です。

ビショビショになって、
広島駅にたどりついたころには、
雨が上がって、また青空に。

いやあ、お騒がせなお天気でした。

2009060629.jpg


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京 vs モンテディオ山形(2009 ナビスコ杯Bグループ 第5節) [FC東京]

一発でお目覚め!

2009060310.jpg

2009 ナビスコカップ Bグループ 第5節
FC東京 3 - 1 モンテディオ山形

大逆転劇と言えば、聴こえはいいですが、
開始3分で点を奪われ、
前半は山形に押されっぱなし。
攻撃では石川だけがキレキレで、
あとは動きが鈍くどうなることかと思いました。

後半になっても、調子が出ないし、
特に梶山!
走れよ、何やってんだよぉ~、
と文句を言いたくなった後半12分

ゴール右に、目の覚めるミドルをズドーン!

あれれ?あっさり同点になっちゃったよ。

2009060302.jpg

この梶山のファインゴールを境に、
東京の選手の動きが急に改善、

そこからは怒涛の攻撃で、
カボレもお目覚め

カボレ!カボレ!と2点をゲットして逆転!

一気に勝負を決めてしまいました。

2位の山形を叩き、Bグループの首位確保ですよ。

2009060309s.jpg 2009060303s.jpg

このゲーム、山形のGKは、お馴染みの遠藤大志。
東京サポーターからは”大志コール”が贈られていました。

えんどう「たいし」
東京のDF平松も名前は”大志”ですが、こちらは「だいし」です。
どうでもいいことなんですけどね。。。

この日は、東京ヤクルトスワローズとのタイアップ企画でした。
神宮球場のスタジアムDJがパトリック・ユウという名前だったと
初めて知りました。

つば九郎の横で、ドロンパがいつもより
可愛らしく感じられましたね。

2009060304s.jpg 2009060308s.jpg

2得点のカボレのシャー!

インタビューは絶好調石川。

2009060312s.jpg 2009060313s.jpg

そうそう、米本の守備はシャープでいいですねェ。

さて、次はW杯予選を挟んで、駒沢のエスパルス戦。
しっかり勝って、決勝トーナメント進出を決めたいですね。

2009060311.jpg


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る