So-net無料ブログ作成

京都サンガ F.C. vs FC東京(2009 ナビスコカップ グループB 第4節) [FC東京]

録画再生

2009053019.jpg

京都まで行ってしまいました。

2009ナビスコカップ グループB 第4節
京都サンガF.C. 1 - 1 FC東京

2009053010.jpg

前半は試合を圧倒的に支配。
石川のゴールが決まってからしばらくは、
絶対に勝てると思っていましたね。

絶好調!絶好調!

ところが、後半になると、
落ち着きがなくなり、ヒヤヒヤの連続。

24分、ついに
途中出場の柳沢に決められ同点。

フリーにしてしまいましたね。
でも、もともとDFのマークを外すの上手いからなァ。
役者の違いもありますかね。

2009053011.jpg

東京のフィニッシュは、今日も石川頼みでした。

権田のスーパーセーブがなければ、
フロンターレ戦の再現になってしまったかもしれません。

後半12分、
ディエゴのシュートを左に飛んでセーブした場面は痺れましたよ。

2009053016s.jpg 2009053020s.jpg

それにしても、暑かったなァ。

2009053013.jpg

途中、雨に降られ、
邪魔なレインコートも役に立つ
と思っていましたが、

とんでもない!

試合前は、牛スジ食べ、
パーサくんとコトノちゃんの愛嬌に癒され

ノホホ~ンとした気分になっていたんですけどねぇ。

2009053007s.jpg 2009053009s.jpg
2009053005s.jpg 2009053006s.jpg

去年より狭いエリアに押し込められ

熱中症になりそうでした。

2009053021.jpg

カップ戦だから、まずはグループリーグ突破。
引き分けでもグループBの首位だし、

よしとしましょう。

塩田も元気そうだし、
激しいレギュラー争いが
リーグ戦でもいい結果に繋がってくれると、

期待しましょう。

2009053022.jpg 2009053023.jpg

余談ですが、、、

今回は出発地が名古屋だったので、
在来線で京都まで行き、帰りは東京までぷらっとこだま
という節約旅行でした。

京都駅から西京極駅へ行く場合、
烏丸で乗り換え、地下鉄→阪急と乗り継ぐと390円もかかり高い。

そこで、JRで京都市内までの切符で降車できる嵯峨嵐山まで行き、
阪急嵐山から西京極へ行くというルートで
阪急電鉄の180円だけで済ますことにしました。

折角の京都ですから、
嵐山観光もできれば、一石二鳥です。

2009053002.jpg

お昼時だったので、腹ごしらえ。

特にお目当てもなかったので、
団体客向けのレストランで、「嵐山御膳」などという
安易なメニューを選択してしまい、
少し後悔していましたが、

あつあつの溶き卵がかかったかつ丼と、
お蕎麦の組み合わせ。

これが予想に反して美味かったりしました。
レストラン嵐山で1050円。

全然節約にならなかったかな?^^

2009053001s.jpg 2009053004s.jpg

2009053024.jpg


東京ヤクルト vs 福岡ソフトバンク (2009 NPB交流戦) [野球]

神宮球場。セ・パ交流戦です。

2009052509.jpg

ホークスは交流戦になると強いですねェ。
5連勝ですよ。

連覇狙っています。

東京ヤクルト スワローズ 2 -3 福岡ソフトバンク ホークス

スワローズ石川、ホークス杉内の左腕対決は
なかなか見応えがありましたよ。

石川もいいピッチングをしていましたが、
初回、オーティズに打たれた7号ソロ、
杉内にうまくレフトに合された2点目のタイムリー。
この投手に投げた一球が最後まで響くところが
勝負の怖いところです。

2009052501s.jpg 2009052503s.jpg

ヤクルトは青木が当たっていないんですね。
2割3分台ですか。
それでも6回、彼らしいフェンス直撃のライナーが観られました。

田中、川島のヤクルトの二遊間は守備がいいですね。
ヤクルトは確実に去年よりいいチームになっていると感じました。

その他には・・・

川島慶三の登場の音楽が「africa」というのが気になる。

インフルエンザ対策でジェット風船自粛で、
ホークスラッキーセブンの応援が締まらない。

ヤクルトの復刻ユニフォームはえらくスッキリしている。

9回、リリーフで登場した木田。
レフトスタンドからオオッというどよめきがおきました。

2009052502.jpg 2009052506s.jpg

いろいろと、おもしろかったです。

こののほほ~んとした雰囲気、悪くないですね。

2009052505.jpg 


FC東京 vs 川崎フロンターレ (2009 J1 第13節) [FC東京]

オセロゲームのようでした。 

2009052416.jpg

2009 Jリーグディビジョン1 第13節
FC東京 2 -3 川崎フロンターレ

多摩川クラシコも年々ワクワク感がアップしてきましたね。

飛田給駅からスタジアムへ続く道のフラッグが特注だったので、
まずウオッ! 

2009052401s.jpg 2009052406s.jpg

試合に先立って行われた、ちびっこクラシコ。

こちらは東京の圧勝。

一昨年のトップチームのリベンジを代わりにしてくれた点差。

2009052405s.jpg 2009052403s.jpg

それから、東京スカパラダイスオーケストラの演奏。

よかったですねぇ。

ユルネバの演奏で、
東京サポーターがノリノリで歌い出したので

邪魔に入った川崎サポですが、

2009052418s.jpg 2009052419s.jpg

終わってから、またユルネバが始まったので

慌てて、また邪魔して、

あれ?
さっきのスカパラの演奏のときはやらない方がよかったんじゃない?
って、感じだったんじゃないすか?

結局、振り回されていましたね。^^

東京サポーターも、

「え!もう一回やるのかよぉ~」

大爆笑でした。

と、そんなこんなで

試合前に盛り上がり過ぎてしまいましたかね。

2009052409.jpg

試合は、今野の28分のゴール、
石川の54分の2点目、ファインゴーーール!

2009052414.jpg

ここまでは、完全に東京ペース

負けるわけはないさ!

という感じでしたね。

2009052417.jpg

ところが、ブルーノの退場、PKでの1点献上

ここから、オセロゲームの石が
バタバタバタとひっくりかえる展開になってしまい、

10分で3失点。

最後はガス欠?

10人で愚直なまでに攻め続けるアイルランド代表
みたいなスピリットは期待しちゃいけないのでしょうか?

2009052412.jpg

城福監督はレフェリーに不満を漏らしていましたが、
確かにおかしなジャッジもありましたよ。

しかし、いつになったら
流れを相手に渡さない、相手の流れを壊す
そういう試合運びが出来るようになるんでしょうかねぇ。

10人になってもしたたかに守り切る強さが
鹿島にあって、東京にはない。

単なる経験不足でしょうか?



は~ぁ。。。

曇って、晴れて、また曇り

2009052415.jpg


ジェフユナイテッド千葉 vs FC東京 (2009 ナビスコカップ グループB 第3節) [FC東京]

若い力! 

2009052015.jpg

福田電子アリーナ、通称「フクアリ」

フクアリの最寄り駅である蘇我は、
東京から快速で1時間程度で行ける場所です。

しかし、社会人なら、平日の夜に仕事を放り出してサッカー観戦
というわけにはなかなか行きせんよね。
入場者数8787人。

2009052003.jpg

Jリーグナビスコカップ グループB 第3節
ジェフユナイテッド千葉 0 - 1 FC東京

16日の横浜M戦からのいい流れをそのまま持ち込んだ
ナイスなゲームでした。

相手ボールを積極的に奪いに行き、
一たび奪ったら流れるようなリズムでパスを繋ぎゴールへと迫る。

今野、ブルーノはもちろん、米本も。
みんながいい動きをしていましたよ。

2009052017.jpg

石川、梶山につづき、この日は徳永まで、
怪我人だらけの東京ですが、若手選手にはチャンス到来です。

徳永のポジションには、急遽、椋原が入りましたが、
落ち着いたプレーで問題なかったです。

権田は好セーブ連発、
米本もクロスの精度がちょっと気になったけど、

小さいことは気にしない。

開幕当初はハラハラしましたが、
米本と権田は、安定感が出てきましたよ。

2009052005.jpg

それから、プロ初先発の田邉草民。

彼のいる右サイドはスペースが出来ることが多かったので、
もっとボールを回してやればいいのに、
と思いましたが、
ゴール前に飛び込んできたり、いい動きをしていました。

こういう、18~20歳の選手が活躍すると
チームの雰囲気が明るくなりますね。

2009052008s.jpg 2009052010s.jpg 

中村北斗、鈴木達也も調子がいいので
大竹の出番がないのがちょっぴり気になりますが。。。

いずれにしても、若い選手たちには
石川や梶山が帰る場所がないと焦るくらいの活躍をしてほしいです。

2009052013s.jpg 2009052012s.jpg

あと、平山が素晴らしかったですね。
得点こそありませんでしたが、
前線で身体を張り、何度も決定的場面を演出していました。

2009052014s.jpg 2009052009s.jpg

おっと、忘れちゃいけない。

決勝ゴールの近藤。
左サイドからジェフ守備陣を突破、
切り返してゴール右に決めました。
これぞストライカーともいうべきファインゴール!

ここ数試合、ガッカリさせるパフォーマンスが多く、
サポーターに叩かれていただけに、
本当にうれしそうでした。

シャー!

2009052016.jpg

さあ、次は味スタに戻っての川崎フロンターレ戦。 

今日のようないいゲームを、
ホームでも見せてくださいよ。

2009052011.jpg


横浜Fマリノス vs FC東京(2009 J1 第12節) [FC東京]

大き

20009051616s.jpg 2009051617s.jpg

日産スタジアムへ行ってきました。

試合前から、空は厚い雲に覆われ、
いまにも泣き出しそうでしたが、

北斗星が見られました。^^

2009051602.jpg

Jリーグディビジョン1 第12節
横浜Fマリノス 0 - 1  FC東京


快勝でしたね。

流れを変える大きな一勝になりそうです。

2009051611.jpg

試合前は、山瀬を中心としたマリノスの活きのいい攻撃陣に
相当かき回されるのではないかと警戒していましたが、

攻撃は最大の防御なり。
ポゼッションで優位に立った東京が序盤から圧倒しました。

危ない場面もあったけど、今野、ブルーノと権田で難なく対応。
権田も自信をつけてきましたね。
安心して見ていられるようになりました。

赤嶺、平山、達也のコンビネーションもよかったですね。
前半の達也のボレー、惜しかったなあ!

平山も使い続けてほしいですよ。
期待が大きいから、サポーターもボロクソ言うけど、
ポストプレーに加え、強引にシュートを撃つ場面がもっと増えれば、
不動のレギュラーになるはずなんですけどね。

2009051622.jpg

この日は何と言っても、中村北斗です。

負傷の梶山の交代で登場。
CKから、ゴール前の混戦でこぼれたボールを、
左足でズドーーーーン!

胸がスーーーッ!としました。

いいサッカーをしていたけど、シュートを撃ってくれ!
という場面で撃たない、イライラ感を払しょくしてくれました。

ゴールにならなかったけど、徳永のいいシュートもあったし、
観ていて楽しかったですよ。

2009051615s.jpg 2009051618s.jpg

2009051604s.jpg 2009051603s.jpg

スタジアム観戦での楽しみといえば、フード類も重要な要素ですよね。

ハイカラ亭のビフテキ串。
500円ですけど、他人が食べているのをみると、
美味しそうで、手が出てしまいます。

デカすぎて、遠すぎて、観づらくて、
サッカーファンには評判の悪い日産スタジアムですが、
フード類に関しては、味スタより特徴があるし、全然ランクが上。

味スタも種類が増えたけど、まだまだですよ。

2009051612.jpg 2009051607s.jpg

2009051601.jpg

次は、フクアリでのナビスコカップ 千葉戦ですが、


気持はすでに24日の

ban_t_classico_428_51_t.gif

向こうも、磐田を破って勢いに乗っていますが、

相手にとって不足なし!!

楽しみましょう!

2009051621.jpg


FC東京 vs 京都サンガF.C.(2009 J1 第11節) [FC東京]

誰でもいいから点を獲ってくれ! 

2009050909.jpg

エコDay だったんですけどね。 

Jリーグディビジョン1 第11節
FC東京 0 - 0 京都サンガF.C.
 

あそこでシュートしていれば・・・、
あそこで決めていれば・・・
という場面がテンコ盛りの試合でした。

本日のマッチデープログラムの、
「赤嶺の高い決定力を活かすサイド攻撃でゴールに迫れ!」
という見出しの太字が、終わってみればブラックジョークに見えました。 

2009050908.jpg

ポゼッションでは前半から東京が圧倒!

羽生のシュートがポストに当たる不運もありましたが、
ゲームは城福監督の狙い通りに進んでいたはずです。

問題は、シュートがゴールの枠に飛ばないこと。

京都は両SBがあまり上がらないので、
攻撃は、林、ディエゴ、パウリーニョ
3人におまかせ。

蟻地獄のような今野にインターセプトされ、
京都には、これといった決定的場面はありませんでした。

2009050906.jpg

東京はといえば、ボールは回るが

決定力不足!

それに尽きます。

平山は今日結果を出さないでいつ出すのよ?

チャンスは一度や二度ではなかったはず。
後半24分の鈴木達也からのドンピシャヘッドは外しちゃだめです。

2009050902s.jpg  2009050913s.jpg

赤嶺も昨年の、
どんなに不細工でもいいからゴールを決めてやる!!
という泥臭さが感じられません。

これを決めなきゃ、帰る場所がなくなる!

そういう危機感が必要なんじゃないですか?

2009050905.jpg


選手紹介で、拍手とブーイングが入り混じっていた京都のDF増嶋。

今日は気合が入っていましたね。

ジャーン、伊野波、中澤、そして増嶋。
東京から移籍したDFの活躍している姿を見るのは、
うれしいような、悲しいような。。。(- -)

2009050907s.jpg 2009050903s.jpg

ところで、5月10日は、母の日ということで、
成人女性先着4000名にクッキーが配られました。

ル・パティシエ・タカギ のクッキーで、
聴けば高級なお菓子だそうですが、

一枚だけじゃねぇ~。

これだけ?  

って感じです。

それから、キックオフ前、
プロレスラーの永田裕志選手が応援に駆け付けました。

「私が応援した試合はみんな勝っている!」

無理しないでいいです。

2009050901s.jpg 2009050904s.jpg


 負けたわけではない。

 ポゼッションの高いいいサッカーはできている。

 勝ち点1ゲットをポジティブにとらえよう

こういうご意見もありましょうが、

今日の東京には、やはり喝!が必要だと思います。

2009050910.jpg


FC東京 vs 大宮アルディージャ(2009 J1 第9節) [FC東京]

石川! 石川! 石川!

2009050203.jpg

Jリーグ ディビジョン1 第9節
FC東京 3-2 大宮アルディ-ジャ

石川が一人で東京の淀んだ空気を吹き払ってくれました。

2009050208.jpg

東京はCBに今野とブルーノ。ボランチに梶山と米本、
ツートップはカボレと赤嶺。
メンバーを入れ替えました。

今日は、エンジンのかかりが早かったですね。

いきなり、長友が左サイドを切り裂いてチャンスを作る。
この積極的なプレーが一気に流れを引き寄せましたね。

4分に徳永→カボレ→赤嶺とボールがつながり、
走り込んだ石川がドリブルからシューーート!!
先制!

25分、徳永からのロングパスを羽生が石川へ流し、
石川が再びゴール左に決めて2点目。

大宮のプレッシャーが弱く、
前半30分くらいまでは、面白いようにボールが繋がりました。

この時間帯に大量得点!
と行きたかったところですが、
カボレ、赤嶺のFWがチャンスに決められない。

かぁ~ぼれぇ~・・・・

と呻きながら何度も頭を抱えるサポーター。

前半で3点目を獲れなかったことが、
試合を苦しくしてしまいました。 

2009050202.jpg

内田にフリーキックから直接決められ、
いやなムードになりかけていましたが、

後半12分、石川がエイヤッと撃ったシュートが
バーに当たりゴールマウスに飛び込んだときは
勝利を確信しました。

ところが、ところが、

それから、大宮に攻め込まれ、
一点差に迫られてからは、ピンチの連続。

前半の余裕はどこへやら、
今日も閉店間際のドタバタがありました。

最後は何とか逃げ切ったぁ~ ふぅ~。。。



面白かったですけどね。

2009050209.jpg


ゴールキックは、もっとゆっくりリスタートするとか、

リズムを変えてボールをキープするとか、

今に始まったことではありませんが、
試合運びに狡猾さが足りませんね。

監督の采配にも係わってくる部分でしょうが、
昨年の国立でのヴェルディ戦、今年の千葉戦もそう。
同じことの繰り返しです。


大宮は監督のマインドコントロールが効いているようですね。

このメンバーでよくやっていると思いますが、
今日は、先発メンバー7人入れ替えが裏目に出ましたね。

あと、首都圏のチームなのに、
サポーターの数がちょっと寂しいなァ。

2009050201.jpg


何はともあれ、

石川がキレキレで、まさしく救世主。

怪我しないでくださいね。 

インタビューは米本。

パスミスや失点につながるファウルもありましたが、

闘う気持ちが客席まで伝わってくる
今の東京に足りないものを持っている選手です。

20090507s.jpg 2009050206s.jpg


喜びに浸っている暇もなく、
3日後にはまた広島で闘わなければなりません。

ポジティブに行きましょう!

タイトなスケジュールは、

勝ち点荒稼ぎのチャンスです。

2009050205.jpg


メッセージを送る