So-net無料ブログ作成

東京ヴェルディ vs ロアッソ熊本(2009 J2 第11節) [サッカー]

2009042910.jpg

いいお天気。

FC東京が万博でアウェーゲームを戦った祝日。

西武ドームでパリーグ、味スタでJ2、
どちらに行こうか迷った挙句、
移動距離の少ない味の素スタジアムでサッカー観戦にしました。 

2009042908.jpg

Jリーグ ディビジョン2 第11節
東京ヴェルディ 2-4 ロアッソ熊本

面白い試合でした。

熊本は、37歳の藤田が元気です。

2009042904.jpg

おなじみの顔が結構いるんですね。

ボランチの元レッズの石井から元ジュビロの藤田へ、
藤田から元マリノス、トリニータの木島、
元ガンバの中山へとボールが運ばれる。

いずれもJ1での実績がある選手たちだけに、
役者に不足なし。 

元東京の喜名と小林はベンチ入りしませんでした。

残念。

2009042903.jpg

ゲームは前半、劣勢だったヴェルディが、
相手の隙をついて29分に先制。

後方からのボールを大黒がダイレクトに撃って決めました。

大黒らしいゴール。

31分には、その大黒がゴール前で粘り、
後ろから走り込んだ柴崎がゴールマウスに蹴り込んで2点。

このまま、ヴェルディが走るのか、と思ったら

38分、熊本が右サイドから攻め上がり、
クロスに藤田が頭で合わせて1点差。

逆襲開始です。

後半5分、左サイドをドリブルで駆け上がった木島が、
中に切れ込んで、DFをかわし、ミドルでズドーン!

2009042905s.jpg 2009042906.jpg

お見事でした。

東京の石川直宏のプレーを鏡で見るような感じかな?

その3分後、今度は中山が、
ゴールラインを割るかぁ、というボールに左足から飛び込み逆転!

泥臭いが根性の入ったナイスゴールでした。


熊本の勢いは止まらない。

65分には福王が4点目を決め、これで勝負あり。

2009042907.jpg

ヴェルディDFは球際での勝負にことごとく敗れ、

最後は足が止まってしまいました。

終わってみれば、熊本の快勝。

50人ほどの熊本サポーターにとって、
充実した遠征になったことでしょう。

関係ないけど、
熊本の監督は、謹慎したタレントと同姓同名なんですな。

2009042902.jpg

ヴェルディはいろいろな問題があるんでしょうね。

数年前と比べ、ゲームの演出その他、
まじめだけど、質素になってしまいました。

でも、チャントをマイクで拾って大音量にするのは、
止めましょうや。 

2009042901.jpg


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大分トリニータ vs FC東京(2009 J1 第7節) [FC東京]

最後のプレーでノルマ達成?


Jリーグ ディビジョン1 第7節
大分トリ
ニータ 0 -1 FC東京 

かなり遅れての録画観戦なので、もういいか、とも思いましたが、
興味深いゲームだったので、感想を残しておくことにしました。

32分にエジミウソンが2枚目のカードを貰い退場。
それからは、一人多い東京が圧倒的に攻め込む展開。
東京のシュートは全部で28本。
しかし、大分のGK西川がスーパーセーブ連発でゴールを割らせない。
0-0のまま、ロスタイム突入。

シャムスカ監督は勝ち点1狙いで、
金崎、ウェズレイをベンチに下げ守備固めをするが、これが裏目。
終了間際に大分DF高橋が赤嶺を掴んでしまい、東京がPKゲット。
梶山がゴール左に決め、東京が辛うじて勝利!

東京は、J1,ナビスコカップと、

開幕から10試合連続1得点  

ですか。

1点がノルマかい! 

大分は東京以上に悪い流れになっていますね。

ナビスコカップ優勝後にチームが低迷する
ジンクスみたいなものがあるのでしょうか?

こういう一方的に攻める展開で、点がとれないときは
得てしてワンチャンスで決められてしまうものですが、
後半、ウェズレイがコーナーから直接狙ったボールが
ポストに当たったとき、
今日は大分に相当ツキがないと思いました。

ちょっと厳しいという印象のエジミウソンの退場もそうですが、
レフェリーのゲームコントロールが酷かったですね。

怒りたい大分の選手の気持ちもわかりますが、
勝負に勝つには頭がクールじゃないとね。

ラストプレーでPKを取られる衝撃的な展開は、
ジャッジ、采配、選手の心理
いろいろな要素が組み合わされた結果だなと思いました。

東京の方は、勝ったからいいようなものの
攻撃が単調だし、内容はまだまだですね。

やはり今野のミドルシュートは魅力的。
あとはカボレ、赤嶺、近藤にもう少し元気が出れば・・・。

GWの連戦。

何とか、ガンバ戦も乗り切って
味スタへ帰ってきてもらいたいです。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

北海道日本ハム vs 福岡ソフトバンク(2009 パリーグ4回戦) [野球]

今年、初めてのプロ野球観戦は、
両チーム合わせて26安打の乱打戦でした。 

2009042103.jpg

北海道日本ハム 5 - 10 福岡ソフトバンク

H 102 400 003 10
F 110 210 000  5

勝 神内  2勝0敗 
負 多田野 1勝2敗 
本塁打 松中3号、4号、田上1号

千葉でマリーンズに勝ち越してきたホークスの対戦相手は
5連勝中のファイターズ。

ホークス打線は正直、フレッシュささが足りません。
いつまでも、松中や小久保に頼ってちゃだめだよなァ、
とボヤいていたら、

その松中がホームラン連発です。

2009042107.jpg

試合は、9回表にホークス田上が谷元から撃った3ランがトドメになりましたが、

もしも、この一発がなかったら、
最終回、勝負がどう転んでいたかわからなかったですね。

ホークスでは、中継ぎの森福がよかったです。

ファイターズにとっては、4回裏の攻撃、
1アウト2、3塁での稲葉の凡退が痛かったですね。

あそこが勝負の分かれ目だったと思います。

2009042109.jpg

それにしても、敗れたとはいえ、
今のファイターズ打線ははめちゃくちゃ当たっています。

昨年は貧打の印象がありましたが、

今年は森本が怪我で不在でも、
田中賢、糸井、稲葉、スレッジと続く左バッターが良く振れているし、

昨年、私がダメ若手社員と呼んでいた小谷野も4割近い打率を残している。
現在首位打者で打率5割超の金子誠が9番を打っているのは、
びっくりです。

ファイターズの新しい助っ人、ヒメネスはでかいですねぇ。
打席に立つと白い壁みたいに見えます。
昔のソレイタを思い出しましたよ。

名前はヒメちゃんだけど、相撲取りみたい・・・

~な~んていわないの

小兵の谷元と被ると、遠近感がおかしくなりそうです。

2009042108.jpg


さて、今年も5回裏が終わると流れる「YMCA」

私、これ好きなんですよねぇ。

まじめに、グラウンドキーパーが自分の仕事をこなしていると思っていると、

2009042104.jpg


歌の2番で突然踊り出す。

2009042105.jpg


一人だけ、派手なパフォーマンスをする兄さんがいる。

ちょっと、やりすぎかな。^^

2009042106.jpg


それにしても、

野球は試合時間が長すぎると思います。
この日は乱打戦になったとはいえ、

9回で試合時間 3時間45分はないですよ。


まあ、ホークスが勝ったのでOK!

ドームの外は土砂降りでした。

あ~ 疲れた。。。

2009042102.jpg 2009042101.jpg


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京 vs ジェフユナイテッド千葉 (2009 J1 第6節) [FC東京]

悪夢ふたたび

2009041812.jpg

Jリーグ ディビジョン1 第6節
FC東京 1 - 2 ジェフユナイテッド千葉

正直、あまり記事にするモチベーションが上がりません。

残り5分で2失点!

2008年のJ1最終節で、千葉の劇的な勝利を演出した
あの悪夢の再現です。

前節、大迫勇也のプロ初ゴールを献上したばかりなのに、
今日も千葉の今季初勝利をプレゼント。

大盤振る舞いです。

2009041815s.jpg 2009041802s.jpg


それにしても、何で残り5分で
あんなにドタバタしなければならないのでしょうか?

1点獲られたからといって、まだ負けているわけじゃない。

それなのに、スローインを急いだり、
慌ててパスを出したり、
相手の勢いに流されてしまい・・・。

千葉が谷澤を投入したのは
昨年の12月6日のフクアリのゲームと全く同じ63分。
交代選手の名前を聴いて、いやな感じがしましたが、

今日は、先発の米本が頑張っていたし、
何とか逃げ切れると思っていましたよ。

2009041811.jpg


むしろ、石川のファインゴールのあと、

2点目が獲れないことの方が問題ですかね。

スッポリ開いたスペースにボールが出ても、
サイドを駆け上がっても、
真ん中に選手が走り込んでいない。

今日の近藤はゴールマウスの位置を間違えていた(?)し、

徳永のゴールが認められなかったのは不運でしたが、
カボレがボールを持ったらこうしてこうなって、とか
攻撃の形がよくわかりません。


心配です。

2009041814.jpg

ところで、
試合前、鈴木大地氏による、聖火点火のセレモニーがありました。

2016年の東京オリンピック招致活動の一環です。

私、生まれて初めて「バサロコール」をしました。(笑)


2009041807s.jpg 2009041809s.jpg

今節は、ホトケの東京サポーターもお怒りでしょうね。

私も、愚痴やイヤミを連発しそうなので、
この辺りで止めておきます。

さて、次節はアウェーの大分戦。
その次も万博でのガンバ戦。

厳しい戦いが続きますが、
アウェーで勝利していい流れを引き戻してもらいたいです。

2009041803.jpg


nice!(4)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

東京ヴェルディ vs サガン鳥栖(2009 J2 第8節) [サッカー]

2009041508.jpg

2009 J2 第8節
東京ヴェルディ 2 - 0 サガン鳥栖

気分転換にビールでも飲んで、
フライドチキン食べて
サッカー観て・・・

鳥栖ってどんなチームだろう?
2006年には4位に躍進していたし、
ピチピチした活きのいいプレーが観られるのではないか。

そんなことを思いながら、やってきた味の素スタジアムですが、
期待はずれでした。

2009041503.jpg

開始9秒で、ヴェルディ菅原が退場。
期せずして最速退場記録のギネス達成の現場に
立ち会ってしまいました。

しかし、この退場劇。
もとはといえば、大黒のバックパスに
ヴェルディDFが誰も反応しなかった凡ミスが原因。

2009041501.jpg 2009041505s.jpg

鳥栖はといえば、相手が早々と10人になり、
ボールを自由に持てる状態になったというのに、
何を焦っているのやら。

テープの早回しみたいな動きで攻め上がるも、
クロスの精度は低い、つまらないミスでチャンスをつぶす。
シュートチャンスでシュートはしない。

鳥栖サポーターでなくてもイライラしますよ。


2009041504.jpg

ヴェルディは、1点リードしたあと、
守備固めに入ってしまいました。

個人的には大黒をもっと見たかったんですけどね。
前半45分だけの出場でした。

一方の鳥栖は、ヴェルディ相手に、
単調な攻めを繰り返すばかり。

ミドルシュートを撃つとか、
もう少し工夫があってもいいと思いました。


過密日程で疲れているのかもしれませんが、
プロなんだから、
もう少し、見どころを作ってくれませんと。

面白くないです。

2009041502.jpg

この日の味スタの入場者数は 3043人。
メインとバックで会話ができるほど閑散としていました。

平日とはいえ、J2、9試合の入場者数の合計が
30000人を超えないというのは困りものですねェ。

今年のJ2は、試合の質も、入場者数も
完全に負のスパイラルに入っていますよ。

2009041510.jpg


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京 vs 鹿島アントラーズ(2009 J1 第5節) [FC東京]

いい試合だったんですがねェ~

2009041201.jpg

飛田給駅からスタジアムへ続く道に
今年も八重桜の花が咲きました。

前節、磐田戦から調子が出てきたし、
弾みをつけたかったのですが・・・。

2009041209.jpg

2009 Jリーグ ディビジョン1 第5節
FC東京 1 -2 鹿島アントラーズ


鹿島の首位浮上を阻止できず、
敗れてしまいました。

ほんとに、くやしい!

2009041206.jpg

おまけに、日本サッカー界の目玉ルーキー
大迫勇也のリーグ初得点を許してしまいました。

敵の話題をマスコミに提供する
サービス精神旺盛なところがいかにも東京らしいです。

2009041210s.jpg 2009041211s.jpg

前半1分、まだ寝起きの状態の中、
マルキーニョスにラッキーゴールを決められ、
15分に、大迫のストライカー開眼ゴールで追加点を奪われ、
30分、東京が羽生から赤嶺へのドンピシャクロスで一点差に迫る。

東京もよく攻めたんですけどねェ。

特に、羽生がグレートでした。
走り回って相手の守備陣に穴をあけ、
前半11分、ポストに当たった目のさめるミドルシュートも、
あれが決まっていればなァ・・・

というのはたられば。

後半ロスタイム、
平山がつぶれてボールが大竹に渡り、あわやという場面。

大竹が、飛び込んだ曽ヶ端と接触し、
ゴールなりませんでしたが、
スタジアムで観ている東京サポーターにしてみりゃ、
空気を読んでPKにしろよ、とレフェリーに言いたいですわね。

権田が上がっての総攻撃も実りませんでした。

結局、しぶとく鹿島に守り切られてしまいました。

2009041212s.jpg 2009041213s.jpg

結果は1-2ですが、
鹿島との地力の差は素直に認めないといけませんね。

でも、あちらさんは世代交代をしながら結果も出している。
いつになったらこの差を埋められるのでしょうかねぇ?

気のせいか、東京のゴール裏の応援も、
いつものキレがない感じがしました。

伊野波も拍子抜けしたんじゃないでしょうかね。

2009041216.jpg

さて、試合前、

バレーボールチームのプレミアリーグ昇格の報告会がありました。

ちょうど、帰宅したら東レと堺の決勝のテレビ中継があり、
3-0で東レが優勝。
いつか東京もこういう日が来るのかな?
応援にいくにしても、サッカーと日程が被ってるな、

とか

余計なことを考えてしまいました。

時間があれば、私も応援に行こうと思います。 

2009041207.jpg

次は、国立。
今季まだ勝利のない千葉が相手。

人助けしている余裕はないので、
しっかり勝ち点3をもらいましょうね。

2009041218.jpg


nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

覚えられない選手の名前 [サッカー]

サッカースコットランドリーグの中継を見ていたら、
中村俊輔のチームメイトが得点を挙げたところで、
アナウンサーが

決めたのは、フェネ??????セリンク!」

ん?誰?

気になって、確認してみました。

Jan Johannes Vennegoor of Hesselink

苗字が、フェネホール・オフ・ヘッセリンク

長ぇ~の!

不勉強で恥ずかしいですが、
オランダ代表フォワードです。

オリンピック競泳自由形の金メダリストに
ファンデンホーヘンバンド という選手がいましたが、
サッカーでも、長かったり、語呂が悪かったり
覚えにくい名前がありますよね。

私はギリシャ人の名前が苦手です。

名前が覚えられない理由には、
年齢的なものもありますが、
語呂が悪いので、苗字の下に「ビッチ」がつくセルビアや、
「ネン」の多いフィンランドの人名などと比べ
覚えづらい。
というか、全く頭に入りません。


【ギリシャ代表】
GK
コンスタンティノス・”コスタス”・ハルキアス
アレクサンドロス・ツォルバス
DF
ルーカス・ヴィントラニコス・スピロプーロス
アブラアム・パパドプーロス
バシリス・トロシディス
ソティリス・キルギアコス
トライアノス・デラス
ソクラティス・パパスタソプーロス
バンゲリス・モラス
ギオルゴス・セイタリディス
MF
フリストス・パツァツォグル
ギオルゴス・カラグーニス
アレクサンドロス・ツィオリス
アンゲロス・バシナス
コンスタンティノス・”コスタス”・カツォラニス
FW
アンゲロス・ハリステアス
テオファニス・ゲカス
ゲオルギオス・サマラス
ディミトリス・サルピンギディス

スピロプーロス、パパドプーロス、パパスタソプーロス・・・

もう、チョコレートプラネットのネタですよ。

来年のW杯にはギリシャが出場しそうだし、
そうなると、
アナウンサー泣かせのチームになるでしょうねェ。 

ついでに、

ウェルパコフスキス、ペレプロトキンスとか、

ラトビア代表も苦手です。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

東京ヴェルディ vs ベガルタ仙台(2009 J2 第6節) [サッカー]

味スタで、J2 東京ヴェルディ×ベガルタ仙台戦を観戦しました。 

2009040501.jpg

2009 J2第6節 
東京ヴェルディ 1 – 3 ベガルタ仙台

仙台が逆転勝ちしました。

 2009040503.jpg

今年はこれが東京ヴェルディのゲーム観戦3試合目です。

とはいえ、当然私は仙台贔屓。


今年の仙台はJ1昇格の有力候補です。

2007年は11月10日、味スタでヴェルディに勝てば昇格に前進!
という大事な試合を引き分け。
昨年は入れ替え戦でジュビロ磐田に敗れ昇格ならず。

順番から行けば、今年はJ1昇格を決める年ということになりますが、

どうなるでしょうか?

 2009040505.jpg

ヴェルディは土屋の穴が大きいですね。
最終ラインの真ん中が17才の高橋では荷が重い感じがします。

後半、仙台に逆転された場面では、集中力が切れたか、
ボールウォッチャーになってしまい、
マークが外れたのが致命傷になってしまいました。

2009040508.jpg

攻撃陣は河野を欠き、
こじんまりした感じで、
正直つまらなかったです。

ただ、大黒だけは別格ですね。
セレッソ戦では孤立していましたが、
今日はボールに触れる機会も多かったです。

ダイレクトに決めた先制点は、いかにも大黒らしい。
その後、林の好セーブにあったものの、
何本か、決定的なシュートを放つ場面が観られました。

2009040510.jpg 2009040507.jpg

仙台は平瀬が健在ですね。なつかしく感じられます。

今日は3点取りましたが、
攻撃陣に、ゴール前の決断力とシュートの精度がもう少しあれば、
4点以上獲れたんじゃないでしょうかね。

 2009040506.jpg  

しかし、今年のJ2は観客の入りが悪いですねェ。

日曜日の午後、
陽気もよかったのに、7166人とは。

富山、岐阜では、3000人以下、
淋しいです。


 2009040512.jpg

試合のレベル感が今一つ。
観客層が高年齢化している。
コアサポが多く一見さんお断りの雰囲気が漂っている。

いろいろ理由が考えられますが、

試合数が多すぎて希少価値がない。
Jリーグのブランド力の低下が一番大きいような気がします。 

来週は東京対鹿島。
多くのサポーターが詰めかけると思いますが、

桜はもう満開。

今年、味スタのソメイヨシノは、
FC東京の試合と縁がなかったようです。

 2009040514.jpg


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ジュビロ磐田 vs FC東京 (2009 J1 第4節) [FC東京]

顔で負けない

今日のFC東京対ジュビロ磐田戦は、テレビ観戦でした。

天敵ジュビロ、鬼門ヤマハスタジアム。
それも昔の話になりましたね。

2009Jリーグディヴィジョン1 第4節
ジュビロ磐田 0-1 FC東京  

前半はジュビロの組織的な守備に、
ボールの出しどころがなく、
最近よく見る悪い東京でした。
ジュビロに攻められっぱなしだったし、
雨の中のサポーターが気の毒でなりませんでした。

しかし、GK権田の大活躍で前半を無失点で凌ぐ。

こういうときはワンチャンスで決まっちゃったりするんだよなぁ、
と思いながら観ていたら、案の定、

後半37分、最終ラインの徳永から、鈴木、赤嶺と
ポーーン、ポンとボールが繋がり、赤嶺ゴーーーーール!!

その時間だけ神様が降りてきたような気がしましたね。

それも、これも
権田が決定的なシュートを3本防いだ結果でしょう。

一本目のシュートは顔で防いだし、二本目は左手一本、三本目は左足。
いずれもスーパーセーブ!!
大きな自信になったでしょう。

悪いながらも勝ち点3ゲット!

次は鹿島戦。
流れはよくなってきているし、絶対勝ちたいなァ~。


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る