So-net無料ブログ作成
検索選択

大宮アルディージャ vs FC東京 (2013 J1 第27節) [FC東京]

5得点で5位浮上

025.jpg

2013年9月28日(土) 19:04 NACK5スタジアム大宮
J1 第27節 大宮アルディージャ 2- 5 FC東京
得点 : (東京) 7分 ルーカス、47分 ルーカス、66分 ルーカス、90分 三田啓貴、 90+4分 平山相太、(大宮) 13分 渡邉大剛、37分 ノヴァコヴィッチ、観客数 11,539人、
天気 晴れ、 中風、気温 21.2度、湿度 52%、主審 村上伸次


東京好調です。

NACK5で、
味スタでの敗戦の5倍返し。
これで公式戦5連勝で、
順位も5位まで上がってきました。

五尽くしです。
 
009s.jpg 010s.jpg

気温が下がり、
秋の心地よい風が吹く。

絶好のサッカー観戦日和でしたね。

012s.jpg 013s.jpg

NACK5スタジアムは、
ビジターゴール裏が狭く、やや窮屈

ですが、東京サポーターが大好きな場所
なぜなら、21世紀になってから、
FC東京はここで負けてませんから。

014s.jpg 015s.jpg

正直、この日も負ける気がしませんでしたよ。

005.jpg

リーグ戦3連勝の勢いを残したまま臨んだゲーム。

東京は、キックオフ直後から、
素早いパス回しで相手陣内に攻め入り、
強引にでもシュートを撃とうという積極性が感じられました。

006.jpg

開始5分、左からのクロスをアーリアがスルー。
待ちかまえていた千真がシューーー・・・

は左のポストに当る。

惜しい。

7分、左サイドで東が粘ってボールをキープ。
アーリアのマイナスのクロスをファーにいたルーカスが
ダイレクトでシューーート!!

GOOOOOAL!!

東京が先制!!

016s.jpg 017s.jpg

しかし、大宮も早めのクロスから、チョのパワープレー。
ヘディングシュートはバーにヒット。

危ない。

大宮は渡邉兄が元気で、
東京の左サイドの裏へ侵入され、
13分には、渡邊大剛クロス、ヒョンスはじく、クロス、権田がクリアー・・・
で、ボールが渡邉兄の前にこぼれ、
お兄ちゃんに思い切りよく蹴り込まれてしまいました。失点。。。

37分、一瞬のすきをつかれ、
左からのクロスを、走り込んだノヴァコヴィッチに頭で合わせられ
ゴールマウスに叩き込まれてしまいました。

007s.jpg 008s.jpg

東京は、逆転されてからはリズムが狂ってしまい、
ラインコントロールなどで、ミス連発。
大宮に流れを渡してしまいました。

38分のゴール前の混戦、40分はGKと1対1、42分はFK
つづけてピンチが到来しましたが、
なんとか踏ん張りました。

このまま前半終了かと思われたアディショナルタイム。
右に脱け出した千真からグラウンダーのクロス
アーリアが合わせ、決まった!!

と思ったら江角がスーパーセーブ。

しかし、このプレーでもらったCK.
東からファーのルーカスにピンポイントでボールが届けられ
これをルーカスが、頭で決めて、

GOOOOOAL!!

東京にとってこの1点は大きかったですね。
気持ちから「焦り」を消し、余裕で後半に入ることがましたから。

逆に大宮は、この失点が効きました。

ゴールしたルーカスの後ろにはニール、前にズラタンがいましたが、
フリーで撃たせてしまったのは明らかにミスでしょう。

018.jpg

後半は、立ち上がりは激しく攻守が入れ替わりましたが、
大宮はパスミスが目立つようになり、

徐々に運動量で勝る東京が
ゲームを支配するようになりました。

63分、アーリアのスルーパスから、徳永の放ったクロスはあわやOG
64分、東が渡邉兄に倒されもらったFKから、最後はヒョンスがDFを振り切ってシュート!!
66分、東のCKから、DFがクリアーしたボールを、太田がダイレクトでゴール前のルーカスへパス。
ルーカスがこのボールを落ち着いてゴールマウスに流し込み、ついに逆転!!

019.jpg

セットプレーから、得点へつながっているところは、
過去の問題が解決できているように感じます。

また、ミステリアスな選手交代のタイミングについても
この日は上手くいっていたように感じました。

70分 千真⇒平山、87分 東⇒ネマ、88分⇒タマ

東は、フリーキックをもらい、
「さあ蹴るぞ!」と構えたところで交代させられちょっと気の毒。

020s.jpg 022s.jpg

しかし、交代で入った選手が全員躍動しました。

平山は、高いキープ力と献身的な守備で、
東京にいいリズムをもたらしていたし、

タマは持ち前のスピードで、
切れかけていた大宮の選手の気持ちを、
完全にぶち切ってしまいました。

さらにアディショナルタイムには平山。
豪快に決めてくれました。

023s.jpg 031s.jpg

大宮ファンは、
タマのゴールが決まるや、
ぞろぞろと出口に向かって大行列。

薄情と感じましたが、仕方ないでしょう。
失点の原因は江角の致命的なミスでしたから。

030.jpg 

さて、これで東京はリーグ戦 4連勝。

2015年から導入されるという2ステージ制。
もしも、今年が2ステージ制だったらどうなっていたでしょうか?

27節現在の後期首位は鳥栖で勝ち点19、
東京は勝点18で3位につけ、
十分優勝を狙えるポジションにいることになる。

こういうポジションにいるチームにとって、この制度は一見よさそうに感じますが、
どうなんでしょうかねぇ???

ちなみに、2013年の前期優勝は広島、2位が大宮です。

大宮は後半(第18節以降)勝点3で17位。
2ステージだったら、もう無理する必要がない。
本音は「プレーオフに備えよう」になっても不思議じゃない。

今年の場合、年間勝率1位が横浜Fマリノスとすると、
プレーオフ出場チームは、前期から広島、大宮
後期からは、たとえば鳥栖と東京

みたいなことになる。

勢いに乗って、年間13位の鳥栖が優勝!?

なんてことがありうる。

これはこれで面白いですが、
年間3位あたりのチームにとっては、
浦和とか、鹿島とか、釈然としない気持になるでしょうねぇ。

やはり、リーグ戦の意味がぐちゃぐちゃになりそうです。 

032.jpg

さて、この日のヒーローの一人

タマのシャー!!

033.jpg

ルーカスはハットトリック

034.jpg

いい笑顔

037s.jpg 036s.jpg

さて、お次は国立で、苦手鹿島が相手 

鹿島に勝てば、順位がまた一つ上がります。
鹿島戦が東京の強さのメルクマールになりそうです。


038.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る